FC2ブログ

YouTube研究中

土7クラス曲のうち、アップテンポ曲がYouTubeにあるというのでいろいろみてみた。

もともとの歌手バージョン3つ、
クワイアバージョン、学生(?)バージョンなどあわせて10こほどみる。
って、1時間以上この曲ばっかり見て聞いてたよ(;^_^A
衣装、振り付け、歌いまわし・・・めっちゃ勉強になりました。

でも本家のあのスリットは…
あれが着れるのはべてぃさんとちーままとCooちゃんくらいでしょう
それであれだけ股開いて激しく踊るからすごいよなぁ~(。-_-。)ポッ♪

クラス曲研究チュー

12月15日の土7レッスンの記事書きリベンジだぁ~っっっ!!!

と思ったが、MDの調子悪くてレッスンの録音できなかったし、練習の様子ほとんど覚えていない…
というわけで、曲のお勉強記事にしましょう(;^_^A

【単語調べ】
りずん…復活した
うぃーぴんg…すすりなく
ぁのぉいんてぃんg…聖油を塗ること?
しぇっd…血を流す
とらんすぐれっしょんs…宗教上の罪
すとらいぷs…むち打ち、棒たたき
ひーるd…救われる
ぅわいぷ…ふく、ぬぐう
じぇいほうv…エホバ

このところ毎晩お風呂場でCDにあわせて歌っているおかげで、曲の雰囲気はずいぶんつかめた。
前半のウィスパー、これでもかというくらいの酸欠歌い。
そして常に息を流してレガート歌い。
目の前の人に語りかけるように歌う<お風呂場の壁にむかってかなりアヤシイ人である

って、今楽譜みててショックをうける。
最後の盛り上りソプラノだけだったんだ…
いいなぁ~~~~~~~~~~~~~~~~(T_T)<毎晩浸って歌ってた人

それにしてもこの曲もピアノ伴奏がなんとドラマチックなんでしょう。
ピアノ知識なっすぃんぐのsuwanは難しいことはわからないけど、音符の長さ、音の動き、和音の雰囲気、すべてに意味があるんだろうなぁ。ああ~~~~わくわくするぅぅぅ~~~~~~!!!!!!!

そしてなんといっても最後のフェルマータ!!
特に休符についたフェルマータがにくらしぃっっっ!!!

原曲は最後のフェードアウト具合がなんとも幻想的。このラストを土7はどのようにしようかなぁ。
昨日睡眠3時間だったので、テンション高く空想ふくらますsuwanなのでした~~~

前日準備

いよいよ明日は我らが土7クラスのCooちゃんの結婚式
歌で新郎新婦を祝福したいものです

パソコンに打ち込んだ音を改めて聞きなおし、基本に戻って音の確認。
残り2曲は原曲を聞いてイメージを膨らませる。

アカペラだからこそ、和音に敏感でありたい。
知らない曲だからこそ、美しさで聞かせたい。
有名曲だからこそ、思いの熱さを伝えたい。

★明日出る前にみること★
①リズムキープ。走らない。
②音量バランス注意。出しすぎず他の3パートを聞いてあわせること。
③私はアルト…私はアルト…私はアルト…

あとは笑顔で祝福を

寿ゴスペル練④

激闘カラオケの興奮さめぬまま、今週土曜にせまったCooちゃん結婚式二次会用の最後の練習のため、難波のスタジオSUBROCKへ向かう。
今日は7人全員がそろった!

昨日のライブ後でみんな声が疲れているので、無理し過ぎない練習を心がける。suwanはカラオケで発声してきたので、まずまずの出具合(笑)

まずは全曲通して歌って、その録音を聞いて注意点を確認していきます。
毎回1回目に歌うときは、正直青ざめるくらい音がはまらなくってボロボロなんだけど、2回目に歌うときは格段に上手くなる。本番がこの2回目以降のレベルで歌えたらいいんだけど・・・

以下、自分のためのメモ。

●パパパパーンの歌
テンポが走って安定しないので、本番も1拍子振ったほうがいいのかな。指揮を途中から円形に変えたら歌がなめらかになった。
録音をきくとブチブチフレーズが切れまくっている。緊張すると息があがってさらに切れやすくなるから注意。
日本語の言葉を聞かせるために、子音の歌い方を確認。

コーラスしていたときに、子音の発音、歌い方についてはかなり厳しく練習してました。
たとえば同じ「s」の子音を歌うにしても「わが思いしずしずと樹幹にのぼる」の「し(si)」と「岩がしぶきをあげていた」の「し(si)」の歌い方は違う、てな感じ。

この曲でいうと、「かぜが走る」の「が」は「かぜ」よりも主張してはだめ。「か」の「k」の子音を立てて、「が」は「んが」のビダク音歌いで。
子音のない「あいうえお」から始まる「愛し続ける」などの歌詞のとき、「あ」はテヌート歌いでたっぷり歌う。
大事に歌う言葉の歌い方ニュアンスがそろうといいなぁ。

●always
油断するとテナーを歌ってしまう…私はアルト…私はアルト…私はアルト…(自己洗脳中)

最初の女声ユニゾン部分、ピッチ低めだったり高めだったりする。
日本語曲を歌うように、英語でも言葉の抑揚をつけたい。
後半の盛り上がりどころ、suwanは裏声で歌うくらいでパートバランスが良くなるかな。興奮すると走るので注意。

●Oh,Happy Day
最初からハモリあやしい…(-.-;)
英語の発音意識。

女声5人男性2人の7人で歌うというのは、パートがそれぞれ1~2名。パート一人になってもしっかり音を保たなくてはいけない。その緊張感と責任感は大きいけど、がんばります~

それにしても、この二次会…
出席者200名以上いるらしい…
げふっ( ̄□ ̄;)!!
人数を聞いて青ざめるメンバー。フラミンゴで歌うよりも多いやんか…
しかもゴスペルライブと違って、完全アウェー…
が・・・がんばる・・・

寿ゴスペル練③

18時より難波のスタジオにてCOOちゃん結婚式二次会用の練習。
全員が練習に参加できる日程を組んだはずなのに全員集まったのは最初だけで、なかなか揃わなくなった。病気だったり用事だったり休む人にも理由はそれぞれあるんだけど、毎回ちゃんと参加している人のテンションや緊張感が落ちないようにしたいものです。

今日は5人でマイクを使って歌ってみました。
マイクを使うと、それぞれの歌声が逃げ場なくよくわかるので、一人一人がちゃんと歌うこと、そして気持ちと声を合わせる必要性を感じます。最初に通したときは正直えらいこっちゃ…という感じでしたが、円形になってみんながあわせることを意識したとたん、1回で歌もハーモニーも変わりました
とくにたいち氏とみほりんさんのデュオの時は、あまりの声の合い具合に、うっとり聞きほれてしまいましたぜ

●Always
どうもテナーを歌ってしまう…(ここではsuwanはアルト)
1番、2番の歌い方、先日せっかく歌詞の和訳をしたので、大事なことばや意味を意識して歌ってみる。サビの部分も思いを込めて歌いたい。

●パパパパーンの歌
もともと結婚行進曲がもとになっているこの歌。言葉は後付けなのでアカペラで美しい和音を聞かせたいものです。最初はボロボロでしたが、だんだん和音が決まってきた。聞いた人もあったかい気持ちになれるように歌いたい。

●Oh,Happy Day
時間がなくて1回通しただけ。

ここでwassyさんの論文より引用。

曲中の歌詞にこうあります。

Oh happy day, oh happy day
When He washed my sins away
(なんてすばらしい日、なんてすばらしい日
 ジーザスが私の罪を洗い流してくださった)

ここで注目していただきたいのは、
ジーザスが洗い流したのは“私”の罪であって、
決して“私たち”の罪ではないという点です。
これは、まさに2章2項で述べました「神対自分の一対一の関係」ですね。

ですから、歌の解釈としては、
「生まれ変わった自分、その歓びを大きな声で叫びたい、伝えたい!!」
という、他の誰のものでもない“私の歓び”というものを、
一人称単数形で表現しなければなりません。


しかし、わっしぃはこのようなクワイアをよく見かけます。

「そらぁー、皆の衆、今日は“はっぴぃでぇ”じゃー。踊れー、唄えー!!」
と、ステージの上はどんちゃん騒ぎ。
確かに、“楽しい”という表現はされているのですが、
肝心の“私の歓び”は、いくら耳をすませても、いっこうに聞えてきません。

“私の歓び”を、ひそかにかみ締め、
そして最後には、その歓びが抑えきれずにシャウト(叫び)となり、
一気に外へほとばしり出る心象表現であるはずの“Oh Happy Day”が、
まるで、村祭りの豊年踊りのようになってしまっています。


わは~~~~耳が痛い(;^_^A
最初かみ締めてうたい、こらえきれない思いがシャウトとなるという表現はずれていないのですが、曲に込められた意味や意図を把握せずに、ただ最初小さく歌い、後半盛り上げるというのではゴスペルのもつ力を表現しきれないのですね。気をつけます~

歌のテクニックを身に付けることと、歌に込められた思いを汲み取って表現すること、この2つをこれからもできるかぎり追い求めていきたいと思います。

ゴスペルとは

このところいろいろと忙しくなっているから毎日はみてまわっていないけど、時間に余裕ができたらのぞいているところがある。

Yahoo!掲示板-ブラックミュージック-ゴスペル情報交歓しませんか?

suwanのように軽い気持ちでゴスペルの世界に入り、未だにジャンルとしてのゴスペルしか歌っていないものにとっては恐れ多くてROMしかできないけど、情報量といい内容の深さといい本当に勉強になります。それでいて、難しい内容をこれほどわかりやすくかみくだいて解説してくれるところはないでしょう。

久しぶりにのぞいてみたら「Why We Sing」特集してました。
suwanのような「なりきりシンガー」は曲の背景から理解して歌ったら、また違う表現ができそうな気がします。

次の特集が楽しみです(^-^)

Always歌詞

いまごろですが・・・Alwaysの歌詞を和訳してみた(;^_^A

なんとなくの雰囲気はつかんでいたつもりだけど
一行一行をしっかりと日本語にしてみたら、わかっていたようでわかっていなかったことばもある。
これで歌と表情のイメージ作りに役立ちました。
言葉自体はそんなに難しいものではないから、歌う方でまだ和訳されていない方は本番までにしてみられてはいかがでしょうか?



Always

You know I've had some lonely days
I've made mistakes and had to pay
I've had some friends that walked away
just like mama told me
But there's someone whose love is real
who cares about the way I feel (I know you feel)
every pain and erase every stain
there's peace when I call out your name

Jesus, you're my everything
The cross you did that just for me
So whatever you take me through
I promise you I'll spend my always with you

No one can touch my heart like you
or make me smile the way you do
I've finally found some one who
who really truly loves me
and when my strength has come and gone(oh)
your life in me it makes me strong
your hand is where my heart belongs
you took all my pain and erased every stain

Jesus you're my everything
The cross you did that just for me
So whatever you take me through
I promise you I'll spend my always with you

Jesus, my whole life has changed
since that day I cried your name
for every time you've brought me through
I promise you I'll spend my always with you



care about:~を気に掛ける、~を大事に思う
erase:消す
stain:染み、汚れ、汚点
call out:叫ぶ
take A through:Aに~を通らせる
spend:過ごす
come and go:見え隠れする、現れたり消えたりする
belong:所属する、あるべき所にある、なじんでいる
bring A through:(困難・病気・危機などから)Aを救う、切り抜けさせる

寿ゴスペル練①

我らが土7のCOOちゃんが12月に結婚式をあげられます
その二次会で歌ってもらえないかとクラスメンバーに声がかかりました。そこでEarth Sevenの8名が歌いに行くことに

15分の持ち時間なので3曲歌う。でも11月24日のライブもあるのでレッスン前後に練習時間をとることができない。というわけでこれから毎週日曜の夜は寿ゴスペル練で難波のスタジオに行くことになりました

みんなの負担を少しでも軽くできる曲をと思うけど、今年入会メンバーは「Oh,Happy Day」すら初めて歌う状態。そして二次会は150人ほどいるらしい。えらいこっちゃ!アタフタ ヘ( ̄□ ̄;)ノ ヽ(; ̄□ ̄)ヘ アタフタ

初回練習に8人全員が集まることができました!
今日は正直suwanは参加できるかどうか、どうなることかと思ったけど(今日の事件はメインの日記の方に書いてます~)、無事に行けて本当に良かった(感涙)

1曲目は日本語曲の華やかなお祝い曲。2曲目はAlways。2曲目はOh,Happy Day。
この8人で歌うのは初めてなので、パート分けから見直します。

パートのバランスをみてsuwanはアルトに行くことになりました(^ー^*)えへ
2曲目のアルトの音を取り直しです。大変だけどちょっと嬉しい(*^_^*)
久しぶりに歌うアルト。テナーの低音世界につかりっぱなしだと転調後の高いドの音を地声で出すのがちょっとしんどかったりする。本番までにここがまともに歌えるようになりたい。

1曲目、最初のインパクトが大事だよなぁ。今日は音取りで精一杯。次は歌い方練習しましょ。
2曲目、女性の歌うとこ、最初の練習バージョンに。たいち氏のSay!とHey!に期待
3曲目、チーママのリードに乞うご期待suwanはまたもカウント係(笑)ワ~ン・トゥ~、スリー、フォー!!

練習終わった後、飲みながら話していたんだけど、練習の時に手加減というか力を抜くとすぐに音量は出なくなるし、高音の練習を怠るとすぐに音があたらなくなる。

毎週毎日歌うことができればいいけど、月に数回しか歌う機会がなく、通勤の15分で音源を聞くのと、家でお風呂場でちっこい声で鼻歌くらいしか歌えない状況では、なかなか上達していかない。
レッスン代なりスタジオ代なり、お金と時間をかけるからには、やっぱり毎回真剣に歌に取り組みたい。
suwanの24時間7日間はけっこうびっしり詰まっている。費用対効果、時間帯効果のあわないことはしたくない。歌のレベルはまだまだでも意識だけはハイレベルクラスに居たいものです。自分への挑戦はゆるめたくない。

11月の休日、見事に歌の予定で埋まりました。風邪と体調管理には十分気をつけます~

コーラス部分楽譜作成

←このライブ告知の色つき動く文字を作りたくって、昨晩4時まで夜更しした馬鹿者suwanです。
今日のsuwanちゃん、humannoteで追加で歌うことになった日本語曲の楽譜作成にチャレンジ!

パソコンのとなりにキーボードを置く。そしてパソコンで音源をかけながら、楽譜作成ソフト(Finale NotePad)に打ち込んでいきます。って書くと大したことないように見えるけど、けっこう大変なのよ~

音楽の専門家だったらもっと早く楽に耳コピーできいるんだろうけど、音楽のコードとか難しいことはわからないから、まずは聞こえた音を口で音を取って、それと同じ音(和音)を横のキーボードで確認して、パソコンに入力していく。もちろん音源は何度も何度も再生しては止めて繰り返し聞きなおし。この地道な作業が楽しいというか、音のパズルを解いているようではまるのです。

リズムのはめ方はsuwanの場合は歌いながらゆっくり指揮を振ると、何拍目にどのことばがくるというのがわかる。できてきた楽譜を自動演奏させた時にリズムがあっていたときの感動というか達成感はがんばったものにしか得られないもの(^ー^*)えへ

結局4時間半ほどかかった…でもオタッキーなんで苦痛ではない。というかかなり楽しんでやってます(;^_^A というわけで、バックコーラスの3パート分、楽譜起こしできました。
さて、これ、どうしようかなぁ。

生あたたかい視線をおくりましょう

6月2日のThe Gospelのリハで心斎橋へ。
歌詞を必死で覚えるため3曲リピートで電車の中、窓にできるだけ近づいてガラスにうつる自分の顔をみながら無声音で歌う。近くの人が不審そうに見ることなんて気にしてたらステージなんてたてませんとも(汗)おかげで、3曲とも暗譜で歌うことができました(^-^)v

リハに出られなかった方のために。
「Love」のラスト、先生の合図で全パート・ユニゾンで「To Love~」
「Melodies From Heaven」のアルト、Lalalalala~は「ラ」よりも「レ」。

ネスカフェ並みに違いがわかる指揮(?)に注目です。
本番、何が起こるかわからないし、先生の気分でどのくらいリピートやら変化があるかわかりませんが、その場のノリで(笑)、ステージを楽しみましょう(^0^)/

* * *

続いて、難波のスタジオで来週に迫った発表会のための土7最後の練習。
まず発声代わりに全体曲6曲を歌う。

・・・(-.-;)

かなり忘れていることが判明。

よりによって我らが土7のチーママのリードの曲で、

( ̄□ ̄;)( ̄□ ̄;)( ̄□ ̄;)( ̄□ ̄;)( ̄□ ̄;)あっ…

みんなで歌詞を間違えて歌がとまった…
えっと、みんなの心が1つになっていたっちゅーことで(苦しい…)
他にもあやしい曲いくつかあったので、残り1週間で歌詞覚えましょう(;^_^A

気を取り直してクラス曲の練習。マイクを持って練習したいけどマイクは4本しかない。

suwan「ね~ね~、鬼なこと言っていい?(はぁと)」
みんな「・・・イヤ(-.-;)(-.-;)(-.-;)」

suwan(ちっ、気付いたか)
みんな(suwanの考えることくらい想像つくっちゅーねん(-.-;))

はい、メンバー全員がうすうす気付いたパート1人ずつ代表者が出て歌う練習は却下でしたが、そのかわり、パートから一人ずつ出て逆に歌う人を見ることに。

表情、表現など人が歌っている姿をみること、そして見られていることを「意識」したうえで歌うことは、非常に勉強になります。

前回、2グループにわかれて歌ったときに比べて、格段にみんな歌も見せ方も上手になっていた!これ、ホント!!とくにAyaちゃんの表情はみんなから褒められまくりでしたな(^-^)v

いれかわりたちかわりで3回歌ったんだけど、毎回自画自賛して、ほめあって、ちょっとだけ注意して、みんなのテンションがどんどんあがっているのが楽しい!!
見ているときも一緒に歌いたくなるくらい熱かった!!

最後に全員で輪になって歌った時、みんなの心と声がひとつになったのを感じました。そう、まずブレスがそろったから歌がそろってきたのです。

歌についてはやれるだけのことはやった。後はそれぞれ体調管理に気をつけて、万全の状態で本番を迎えられるようにしましょうね!!
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索