スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の補足

昨日の三昧補講が終わってから、ちょっとユカリ先生に質問してみたのです。

どうやったら、先生のように高い地声が出せるようになるか。

これは、健康なときよりもむしろちょっと風邪気味で、声の響きどころや当てどころがわかりやすいときに、無理をしない程度にいろいろ試してみるのがいいかもということでした。なるほど~

地声と裏声とヘッドボイスとミックスボイスと…

いろいろ見て聞いて、知識だけは中途半端にあるんだけど、実際に自分でどうやって出せばいいのか、歌で使いこなせばいいのかができないのです。小犬の鳴き声をして練習しても、地声でガンガン歌っているところから、高い音程に移るような、たとえば「Joyful joyful」のアルトの「which」以降のようなところで、自分ではこれがヘッドボイスで歌えているのかがわからない。

そもそも、ゴスペルの人がよく批判材料で使う「コーラスの声」も、よく例に出されるような裏声だけで歌っているわけではなく、表現する上で高音は固い裏声を使ったり低音は地声も使い分ける。スキャットや中低音域は、コーラスで使う声の方があきらかに響きがでるし、ただ、ヅカっぽいって言われるけどさ。ということはちょっと違うんだろうね。
正直、コーラス人間のsuwanに言わせれば、ゴスペルでありがちな子どもの声のような幼い地声が未だにうけつけないときもある。なんでこの幼い声に対して、注意がないのだろうというのは不思議だ。

ただ、「後頭部で響かせる裏声」がゴスペルに合わないのも理解している。

今suwanが「Joyful」で出している声は「前頭部にあてる固い裏声」だ。「Oh,Happy Day」のリードの高い高いミ、これを自分では裏声だと思って出していたんだけど、地声かもしれないと思うと混乱する。
4年半ゴスペル歌っても、母音発声は未だにすっきりしないなぁ。

最後にユカリ先生から、まずは自分の声にあった音域の曲を歌うこと、というアドバイスをいただきました。

師匠がsuwanをテナーに固定して、アルトに行かせたがらないのはここにあるんだろうなぁ。
曲中で高音を歌う機会がないと、練習ができないからますます高音地声の練習ができないんだけどね(>_<)。

パーティ練①

今日2個めの記事。芦原橋から横堤へ移動。
12月にある会社のパーティでゴスペルを歌う話があって、suwanもお声がけいただきました。その第1回練習です。
8人で歌うのですが、今日は7人で練習します。ソプラノ2人、アルト2人、テナー3人で歌ったのですが、めっちゃ声があわせやすくって歌いやすかった!

★Silent Night
①1番は日本語歌詞をユニゾンで。2番は英語で2部に分かれる。3段目から3部に分かれる。最後繰り返して、ソプ&アルトは音を動かす。
②「みはは」の「は」の発音、1つ目の「は」は子音h入れて歌い、2つめ「は」は鼻にかけるようにしてなめらかに。
③「infant so」の歌い方、「i~n」でふくらませて、「fant so」は軽めにやわらかくニュアンスを出す。
④「sleepin」からクレッシェンドかけてもりあげる。テナーは低いから声を押すのがせいいっぱいで抑揚つけづらい。その分、ソプラノ&アルトさん、たのんまっせ。
⑤「peace」のポルタメント、ラッパ型よりもおわん型で。
⑥ブレスしたあと、入りをそろえる。

★Joyful Joyful
suwan久しぶりのアルト(感涙)、うれしくってはりきりすぎて出しすぎに注意。。。
①原曲のように、ねちっこく歌う
②ラップ部分は、音の積み重ねをしていく。
   レミ→ファ#ソ→ラシ→レミ
自分のパート以外ではクラップ。自分のパートの入りのところではハンズアップ
③which以降の地声で出ない部分、「ヘッドボイス」で歌ったらいいんだろうなぁっていうのは全員頭でわかっているんだけど、どうやって曲中で地声からヘッドボイスに切り替えるのかがわからなくてできない。小犬の鳴き声は歌の途中ではできないし…(;^_^A
こればっかりは体も頭もまだ正解がわかっていないから、どうしようもないや…suwanの今の歌声が裏声なのかヘッドボイスなのか、できているのかできていないのかもわからない。これは師匠にきちんと個別に教えてもらいたいところです。
④yeah部長、無意識なのに「yeah~」ができていたようです
⑤「with the light of day,Lord」×5、音がどうしても取れずにみんなの足をひっぱりまくり…orz
本当にすみません。次回までに必ず音を取ってきますm(_ _)m
⑥最後の振り、右・左・ぎゅ!

それにしても、3時間一度も休憩せず、ずーっと立ちっぱなしで歌い続けていたんだけど、歌うことが、声を重ねることが本当に面白くて、あっという間に時間が過ぎた。今日のような練習は本当に楽しいわ意識とレベルがみんな同じなんだよね。次の練習が最後というのがさみしいくらい。

でも、今日みたいに歌える人が揃った中で歌うと、自分の歌の技術をもっとあげないといけないなと思います。
うん、がんばろう☆

ブライダル練②

来週、9月4日(土)にせまったブライダル・ゴスペルにむけて、大阪のスタジオBASS ON TOPにて最後の練習。

今日は、お忙しい中ににも関わらず、師匠が20分だけ練習を見てくれることになりました。「本番よりも緊張するかも…(-.-;)」といいながら、練習に臨みます。
師匠が来られる前に、メンバーで4曲を一通り通していく。う~ん、やっぱり歌いこみができていないから、みんなまだ探り探り歌っている。毎日原曲や前回の練習の録音は聴いているけど、耳で聞くだけでは曲が口や体に染み付いていないんだよね~。

そうこうしているうちに師匠登場。部屋に入ってきた瞬間から部屋に緊張感が走る。ええ、予想はしていましたが…{{ (>_<;) }}

師匠は「ゴスペルクラスの先生」の顔の時には、やさしくておもろいおにーちゃんという感じですが、一歩突っ込んだ世界では、ピリピリとした緊張感をまとい、顔に笑顔ひとつなく、目が怖く、とてもとても冗談をいえる空気ではありません。普段のやさしい顔しか知らない人はホントびっくりするよ。でも、今回は「生徒」と甘えられる状況ではないからね。こちらも真剣勝負です!

20分しか時間がないので、4曲を1回ずつ通して聞いていただき、ひとことコメントをいただく。
普段の師匠ならば「…ま、ええんちゃう。」から始まり、「ええんやけど…」といって言葉を選びながら注意点を言われるのですが。今日はその「ええんちゃう」すらない(滝汗)。はい。まだまだ修業がたりませぬ(T_T)げふっ

4曲ともに共通していることは、もっと原曲の聞き込みをして、「ニュアンス」をつかむこと。
音は取れている、ハーモニーもできている、4人の歌い方もそろってきている、発音もよくなってきている。でも伝わるものが弱い。こじんまりとしている。素人レベルの表現から抜け出せてない。

・・・あと1週間でどうしよう(ノ_・、)シクシク

以下、録音を聞いて、とりあえず改善したい課題。

★Oh,Happy Day(天ラブバージョン)★
全体的にメリスマの処理が雑で耳につく。ゆっくりひとつひとつの音を最後まで音を確認しておくこと。

【B・C】のラララの最初の音と最高音と最後の音、ピッチ高め意識。
【G】46小節の「yeah」、50小節の「yeah」のメリスマの音確認を
51小節のレの音、落ちすぎない。
【H】60小節の高い高いミの音、一発で安定させる。次の高いシの「shed」もちゃんといれる。
66小節の「me」のドbの音、ピッチ高く!
【J】が一番下手というか聞くに堪えない(T_T)。この8小節のドbがすべて低い。ここで声と意識の疲れ(中だるみ)がきていて、のどが絞まった声になっていて聞いていて辛い。感情を抜きにして、音をしっかり当てにいくこと。
【K】77小節の「sing」の音高く。78小節の「mean it」の音の動き要確認。
【L】83小節あたまの「day」のメリスマ処理、ていねいに。乱暴にならない。
【M】96小節の「oh」のメリスマ、ラストだからきっちり決めること!

師匠に悪い歌い方例をあげられて注意された雑な歌い方、【K】のかーもんえぶりばーでぃーの「dy」の処理、特にメリスマついていないけど、だからこそ雑にほおって聞こえるのでしょう。む~(-.-;)これこそニュアンスを大切にして聞き込もう。

★明日に架ける橋★
1番と2番は主旋律ソプラノ、3番は最初主旋律アルトで、後半はソプラノ。自分の聞かせどころを意識して歌うようにとの指導がありました。
前の練習の録音聴いた後に個人的に思ったけど、逆にテナーが出過ぎないように、主旋律のパートを聞いて意識しながら歌うことにしよう。

歌詞と音程が一番アヤシイ曲なので、4人ともがまだ探っている。それがこじんまりとした出来になっているのでしょう。これは何度も歌って口慣らしをするしかないな。そうすれば自然と盛り上げどころ、聞かせどころを意識して歌えるでしょう。

*5ページ1段目1小節目の「your eyes」の入るタイミングと歌い方、要研究。
*1番のサビ部分、ソプラノが柔らかく歌っているのに対し、テナー出すぎ。つか、出ちゃう。ここは柔らかく歌う意識をもつとともにマイクを離し目で歌って調整しよう。
*2番で、テナーの低音で長く伸ばす音がぶれて安定しない。これはsuwanが一番できていない。注意!
*3番はアルト&ソプラノ主旋律。テナーようやく出しやすい音が来たからといって勢い余って主旋律を消さないように。

★Hail Holy Queen★
前半と後半の歌いわけ。シーン変化させられていない。オケのテンポが速くてたっぷりやわらく歌いづらいけど、歌声で変化をつけるしかない。

*4ページ下の段のテナー「Maria」の低いレの音、胸に音を落として響かせる。
*「salve」は「save」にならないよう「l」の入れ方工夫。
*5ページ下の段から声質を変える。できるだけ明るい声質に。
*6ページ下の段、テナーが後から入る「salve」2小節、テンポ遅れないように。
*8ページ「alleluiah」は低音ぶれないように。常に安定。

★Hallelujah★
長い前奏の間どうやって待つか、顔と姿勢を考えておこう。

入りの一発目の「Hallelujah」は思い切り良く!これですべて決まる!
【B】の後半の2/4の「reigheth」の符点8分音符への動きが鈍い。山を作るがテンポ遅れないように。
【B’】自分のパートが主張するとき、譲るときを意識して、聞かせどころを考える。
【D】「forever」の「ver~」と「and ever」の「ver~」の歌い方、要研究!
【E】アルトとテナーの抑揚、山の持ってくる場所がまだ微妙。原曲聞いて要研究。テナーのラストの「end ever」暴発しない。
【H】の低音ぶれないように安定させたいが、それを意識するがあまりに顔の表情と目線が固まってしまう…(-.-;)余裕を持って歌えるように。
ラスト回数をまちがえないように…(-.-;)

課題山積み、雪崩寸前ですが、あと1週間、毎日お風呂場練ぞ~!!

お勉強中2

ちょっと夏風邪ひいて、早く帰ってきて夕寝をしたせいで、夜中眠れなくなってしまった。
というわけで、今日は無理をしない程度にお勉強。

昨日は英語耳にする日だったけど、今日は理論的にゴスペル式歌唱・発声についてお勉強。

テキストはwassyさんにいただいたもので45ページにわたります。
いただいた直後に一度読んだんだけど、ちょうど仕事がピークにはいって、そのままになっていたので、もう一度読み返してみました。

ポイントはチェストボイスとpush。
この重要性はヤフー掲示板でもよく書かれていますね。
師匠も「ここはチェストボイスで!」と言われることがあります。

suwanはこのチェストボイス発声にかすりつつあると思うのですが、まだのどが完全にコントロールできていない。
無理に出そうとして首やのどに力が入って閉めてしまっているのが自分でもわかる。いかにしてのどを開いた発声ができるかが課題でしょう。

時間を作って、声だししながら訓練してみたいが…
仕事の山場と歌の山場がかさなるんだよなあ~(-.-;)む~ん

お勉強中

まずは英語の発音の基本にかえる。
久しぶりにお気に入りサイトで発音の勉強です。

http://pronunciation-english.com/
一生懸命まねして発音すると口が疲れるよ。


そして、耳と口が英語に慣れたところで歌う曲の歌詞の発音記号を調べてみる。
http://www.manabo.net/


ああ、あらためて基本に帰ってみると、英語の発音がカタカナ英語に戻っていたことに気付く。いつも師匠が言っていることを思い出そう。
「oh」「happy」「day」はオーハッピーデイではないんだよね。
ou haepi dei
日本語とは違う「h」「d」の発音、中国語の子音っぽく大げさに有気音を出すくらいのイメージで。


そして、英語と発音記号を叩き込んだ後に、いったんそれを捨てて、原曲の聞き込みに戻ります。
ここで知性と感性のバランスを逆転させるのです。

ちょっとだけ耳がカタカナ英語から離れた状況で曲を聞いて、聞こえたままの発音を心がける。
するとsuwanの口から出る歌も「おーはっぴーでー」でも「おぅはっぴぃでぃ」でもなくなる。

英語の母音発音は日本語よりものどの奥を使ったり、あごを動かしたり、息を大量に出したりするよ。
そっか、母音発音が気になるのは、英語用発音になっていないからかもしれないな。日本語の母音発声はひらたい。だから幼く聞こえるのかも。


3時間かけてようやく1小節目の発音が終わった(;^_^A


まぁ、suwanが天才的耳を持ってたらこんなめんどくさいことしなくていいんだけどさ。
あっちにも書いたけど、才能ない分、努力でカバーするタイプなの。


あんなに嫌いだった英語の勉強も、歌とリンクすると3時間休みなしで熱中してやってしまうよ。
口が疲れた~

ブライダル練①

メインの日記にも書いたけど、9月6日にブライダル業界で働いている方から声をかけてもらって、ブライダルで4人でゴスペルを歌うことになった。

友人代表として余興で歌うのだったら、少々下手でも失敗してもまあご愛嬌というか、許される部分もあるけど、今回はゴスペルグループとしてお呼ばれして歌うので、責任重大である。
練習は今日あわせて2回…
正直、録音聴いてもううぎゃ~(>_<)という感じだけど、あと3週間でなんとかするしかない。がんばるー(T_T)

★Oh,Happy Day(天ラブバージョン)★
新郎がリードを歌った後、suwanがリードを引き継ぐ。諸事情によりこの曲のみマイクなし。最初ウィスパー部分、マイクなしだと聞こえないかもしれないなぁ…

・washedの部分、切らずに伸ばす。
・shedの語尾、そろえる
・ラララ~の部分、なめらかだけどひとつひとつはっきり
・2拍3連と4分音符のリズムそろえる。
・16分で走らない。

<リード部分>
・happyの発音
・Jesus、whenのピッチ高く
・【F】から全体的にピッチ高めに
・転調後、高いドの音がぜんぶフラットしているピッチ高く!
・高い高いミの悲鳴音、狙いをさだめて、安定させる。

リード部分、suwan音域で地声がキツイところだから、全体的に必死感まるだし…時に声がひっくりかえるし…
てゆーか、てゆーか、てゆーか、全然ダメ…………(卒倒)
まだ、リードとる実力全然ついてないことを思い知らされた…(ノ_・、)シクシク
聞いてて声がキンキンしててしんどいわ(>_<)
歌いまわしとか、歌い方ではなく、完全に歌声の問題。
あ”~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!
ジタバタo(><)oジタバタ

★明日に架ける橋★
この曲歌うのは2年ぶりか。久しぶりすぎて、楽譜にかじりつき状態。最初から全力出しすぎるけど、3番をもっと盛り上げるために温存しておきたい。
録音きくと英語の発音や語尾の処理、伸ばすところ、歌い方のちょっとしたところが4人揃っていないなぁ。

・1番と2番は主旋律ソプラノ、3番は主旋律アルト。
歌っているときは必死すぎて周りを聞く余裕がないけど、本番はちゃんと他のパートを聞きたい。主旋律がソプラノか、アルトかを意識して、そこを盛りたてるテナーでありたい。時々主旋律よりもテナーが主張しすぎているな。特に1番はもうちょっとテナー音量落とそう。
伸ばしているところでどこかのパートが動くことで和音がかわる部分も意識して歌いたい。

・最後切るタイミング、1拍たっぷりブレスとってしっかりのばす。

★Hail Holy Queen★
土7で歌ったとき、前半部分番長の指揮にあわせて歌ったからゆっくりたっぷり歌えて歌いやすかったけど、今回はオケに合わせる。テンポが速くてちょっと歌いづらいけど、仕方ないか。

・前半、元気よすぎるからしっとりと厳かに
・後半、ユニゾンから3パートに分かれる瞬間の和音をきっちりはめる。ピッチ下がり気味。
・alleluiahは低音ぶれないように維持しながらクレッシェンドかけたい

★Hallelujah★
・「ハッレッるぅぅ~ヤッ」が基本
・【B’】最初3小節、アルトとテナーがしっかり主張して歌い、ソプラノとベースは軽やかに、
 次の2小節、ソプラノとベースがしっかり主張して歌い、アルトとテナーは軽やかに
 レイネスでソプ・アルト・テナーの3パートがそろえ、次のハレルヤ1つで4パート揃う。
 次の2小節、アルト&テナー主張、ソプラノとベースは軽やかに
 レイネスでソプ、テナー、ベースの3パートがそろい、アルトのレガートハレルヤがあって4パート揃う
・【C】の最後の「end of his Christ」気持ちよくなりすぎて暴発しない
・【D】のパート受け渡し意識
・【E】のソプラノとベースのオクターブそろえ、アルトとテナーの抑揚の波、大げさに。4パートそろう「King of Kings」のクレッシェンド劇的に効かせ、「Lord」と「Lords」をたっぷり歌い、最後おなかで切る。
・【H】の低音キープ、ゆれないぶれない
・【I】の歌詞、2つめは「エンデヴァ」(毎回間違えるsuwan)
・【J】は4小節、8小節、9コ目でラスト

それにしてもしょっぱなの「Oh,Happy Day」が一番下手ってどうよ…(-.-;)
4人での練習はあと1回のみ。それまでにリード、暗譜がんばらなくっちゃ~(T_T)

教会にてゴスペル・ワークショップ 

大学時代の戦友T.haniwaちゃんのおねーさまのつてで、おねーさまとT.haniwaちゃんとsuwanの3人でなんばの教会ホープチャペルなんばでのゴスペル・ワークショップに参加してきました!

場所は、なんばの府立体育館前のトルコ料理店の上。ええ~!こんな身近なところに教会があったなんて知らなかった!!ただ、下の階がちょっといかがわしそうなお店なので、一人で行くには相当の勇気がいります…

ワークショップは牧師さんのお話から始まる。
牧師さんは外人さんだし、参加者も国際色豊かだったから一瞬心配したが、日本語ペラペラで安心してお話聞くことができました。
そうか、ゴスペルではこういうことを感じながら歌うのか。コーラスで歌うミサ曲や賛美歌に近いものを感じます。

★発声★
ここからウォーレン・B・オルソン氏によるワークショップがスタート!日本語まじりの英語で、でも通訳の女性がいるから大丈夫でした!ウォーレン氏の進行とピアノが見事で、それに乗っかっていたら歌えたという感じ。歌と熱い思いは国境を越える!

今日は人数バランスをみて、テナーに行きます。というか、一人では不安だったのでT.haniwaちゃんの隣に座りたかったというのがホンネ

1)柔軟体操で体をほぐしてリラックス。かなり時間をかけてしっかり体をほぐしました。

2)aのロングトーンで半音ずつあがる。

3)マ~メ~ミ~モ~ム~で「ドレミファソファミレ×4&ド~」をノンブレスでうたいきる。腹筋ぷるぷるですぅ~

4)腹筋使ってアタック
ハッハッハッハッ・ハッハッハッハッ・ハッハッハッハッ・ハッハッハッハッ・ハ~
これをヒッヒッヒッヒッ、ヘッヘッヘッヘッに変化させながら半音ずつあげる

5)ハーモニー
  ソプラノ:ソラソソソ~
  アルト :ミファミレミ~
  テナー :ドレドシド~
ハレルゥヤ~で3パートハモる。これで半音ずつあがっていく。うん、まさにコーラスでやる発声と同じだ。

さあ!いよいよ曲の音取りです。
曲は歌詞のみが書いてある紙を見ながら、ウォーレン氏の歌とピアノに合わせて歌っていく。

★God So Loved The World★
なんと、同じ歌詞でスロウバラードバージョンとアップテンポバージョンがあって、メロディが違うのです。おもしろい!!
ゴスペルの美しさと楽しさを体感しました。

ラストにウォーレン氏の友人の黒人さんがドラム叩いてくれて、テンション上がったヾ(=^▽^=)ノ
しっかし、楽譜がないと1回でしっかり覚えないとすぐわからなくなるから緊張感あるわ~(;^_^A

★You are my all in all★
シンプルだけど美しい~神への賛美に溢れていて、心が洗われるようです。ウォーレンさんの導きのままに楽しく歌うことができました

曲が終わってからも、牧師さんたちの熱いお話があり、非常に勉強になりました。牧師さんの言葉に対して、あちこちから「ハレル~ヤ!」「Amen!!」などの言葉が飛びます。なんだか映画の世界に入り込んだようでした。

このワークショップは毎月開催されているとのこと、suwanは土曜はレッスンと重なるからいけないけど、興味ある方は一度経験されたらよいと思いますよ。さすが、あたたかい人たちばかりでした。
いい経験をさせていただきました!
Thaniwaちゃん&おねーさま、ありがとうございました!

スタジオ自主練

普段とは違うスタジオで明日のリハーサルにむけての練習。
参加者全員分マイクがあったので、濃く充実した練習になりました!

このレポはまた後日~

発表会自主練

ひと仕事終えて髪の毛にも服にもジーパンにも絵の具をつけた状態で、4月20日のビルボード発表会にむけての自主練へ。
今日はたいち氏と師匠のおかげで本当にいい練習になりました。大感謝!

書きたいこといろいろあるし、亀渕先生のワークショップレポのリクエストを何人からもいただいているけど、明日も仕事で早いのでもうちょっとお待ちを(陳謝!)

もうちょっと待ってて

♪たまる~たまる~よ ブログがたまるぅぅぅ~
 よろ~こびぃ~ かなしみ くりかえ~ぇぇしぃぃぃ~

明日から2泊3日で、出張なのです。
かなり気合い入れる仕事なのです

そうこうしているうちに土曜も練習あるからなあ…やばい…
でも、一つの記事書くのに遅筆suwanは4~5時間かかるのです。
というわけで、今日も保留です。

とりあえずメモ。

土曜
●発表会の合同練
・ユカリ先生登場!
・リードの人々
・手作り桜餅ありがとう
●クラス自主練
・あまりねばらない
・できるだけ合図はシンプルに
・歌えている錯覚

日曜
●亀渕友香先生のゴスペルワークショップ
・もんちさんとakkoさん
・ゴスペルを歌うときに大事なこと
・発声練習、地声と裏声
●フラメンコ発表会
・リズム感
・衣装
・大人数で同じことをしているのに目立つ
フラメンコはsuwan's diaryをご参照ください。

月曜
●chocolaTera練
・ビブラート練
・英語発音
・新曲音取り開始
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。