スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠のライブ!VOL4♪

毎回さまざまなジャンルのゲストを迎えてのコラボレーション・ライブ「寺尾's RADIO WORKSHOP」も4回目。
フラミンゴ・ジ・アルーシャへも迷わずに最短距離でいけるようになってきた。(^ー^*)えへ

結論から先に言っちゃうと、4回のRADIO WORKSHOPの中で一番盛り上がりました!

1部のゲストは江州音頭の志賀國天寿氏。
ラジオの神戸ミュージックカンパニーで2回くらいトークを聞いていたので、どんな人か見れるのを楽しみにしていたんだけど、想像以上に濃~い方でした。

天寿氏登場の前に歌っていた師匠の歌やトークをネタにして、すっかり自分のものにしてはった。
「僕がラララララと歌ったら愛してるって歌っているんだ」のトークのパクリにはもう筋肉痛の腹筋を震わせながら笑ってしまいました。
10秒に1回は笑わせる勢いの怒涛のトーク。
段取りも進行も全く無視した展開に師匠苦笑。会場爆笑。
この人は本業はいったい…??
ただ、おこちゃまもきていたライブにやはりあのビデオは…(>_<)

30分時間が押しての(笑)、第2部のゲストはサウス・サイド・ジャズバンドの吉川裕之氏と藤森省二氏。
1部とは対照的に穏やかな大人の時間。

このRADIO WORKSHOPはもともと公開ラジオ番組の感覚で展開されている。その場で質問用紙が配られ、うまくいくと読んでもらえる。
「初心者にオススメのジャズのCDは?」の質問が採用されました~o(^0^)/ヤッター
ラジオネームは「宇宙人」にしときました。ねっ!番長!(笑)
って、「宇宙人」を気に入っているのか??ヾ(- -;)

いま、「ほぼ日刊イトイ新聞」で、「はじめてのジャズ」というコーナーを連載しています。ジャズ初心者になろうと思う方は良かったらどうぞ。(上記「」内リンクしてます)

さて、歌の感想。
師匠の歌声を聞きながら、やっぱり歌声は「息の流れ」なんだなぁとしみじみ。
地声、裏声はもちろんのこと、息混じりのウィスパー、心地よいビブラート、すべて息の出し方の使い分け。ほんまにいろんな声を使い分けてはるなぁ。

2部の最初の曲は誰のなんという曲だったんだろう。ハンサムガイズとのハーモニーも美しかった。

ギターの弾き語りで、意識が歌から離れたときに音が狂ったり、表現がゆるくなりがちだけど、歌の質が落ちないのはさすが。

今日のBEST SONGはルイ・アームストロングの「What a wonderful world」!
優しいクラリネットと透明感あふれるピアノの音色、穏やかなギターと心に響くカホン、そして師匠のどこまでもあま~い声にもう身も心もとろけそう。やられた…うぅ~参りましたm(_ _)m

ジャズアレンジ「君そば2」も良かった。いい夢みれそうな気がする。
この曲も何度聴いても飽きないわ~

今週は金曜の営業会議まで残り4日間は日付越え覚悟で仕事となる。
元気いただいた分、がんばってのりきりましょ~~~!!

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。