スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あせだく、息切れ

久しぶりの音楽活動となったGTⅡ練習。
昨日の晩から3曲の原曲聞きまくって、復習をして、今日やる練習について考えてきました。

GTⅡでは2時間の練習のうち、毎回20分~30分は体操・呼吸法・発声に時間をかけています。これは野球部でいう、基礎練習のようなもの。歌をただ歌うだけでは身につかないこともあるので、ここはかなり力を入れてていねいにします。ちなみに内容は3曲で歌う時のポイントを意識して、毎回メニューを変えています。練習会場には大きな鏡があるので、全員鏡をみて、ブレスをするときに肩や胸に力が入らないよう、そして顔の表情、口の形をしっかりみて意識してもらうようにします。

<本日の体操・発声>
・肩まわし、肩ストレッチ
・吸ってとめて、吐いて止めて
・フェイス・トレーニング
・母音発声(i・e・a・o・u)
・バズ(ソファミレド~)
・p子音(ヤパパパパ)
・m子音(ミメマモム~)

前回の練習のときに、2グループに分かれて歌って、それを録音してもらっていたので、曲の練習をする前にまず前回の自分たちの演奏を聴いて、注意点を確認してから練習に入りました。
2グループ(2人×3パート=6人ずつ)だったことで、おそらく自分の声がそれぞれよくわかったことでしょう。みんな顔をしかめたり、目をつぶったり、楽譜とにらめっこしながらじっと聞いています。思い出した後で、ホワイトボードに書いたポイントを共有することで、歌うのは久しぶりだったけど歌がガラリと変わった!suwanが仕事の研修の時によく言う「直後の強化」が、このGTⅡの練習でもまさに効果的でした。
さらに楽譜を全員はずして2回目歌ってみました。あやしいところたくさんあったけど、みんなそれでもよくがんばった!今日間違えたところを、次回はちゃんと歌えるようにマスターしたい。

んでもって、以下のポイントをホワイトボードに書き出して行ったら、みんな熱心にメモをとったり、携帯で撮影したり。その様子にこちらもさらに気合いが入ります。男性たちにはやっぱり具体的・論理的に伝えると注意点を受け入れてくれるかな。ちなみに女性に伝えるときには、「ぐわ~っと」「ドンドンドンドンパーン」とか擬音語というかイメージ重視の言葉が多くなる(笑)

★1曲目ポイント★
①リズムを感じる。「ツクツクツクツク」
  ハトのリズムを首で刻んでみて、裏拍意識
②シンコペーション「タ・ターン・タン」のリズムを意識して歌う
  hey hey hey、friend of mine,deep blue sea,you and me とか。
③切るタイミングをそろえる。
  「his wine~」は2拍伸ばす。
  「fine wine」は小気味よく切る。
  ※「girls」の伸ばす長さは1拍に変更(1か所、5ページ3段目だけ例外で2拍)
④「Joy」の「j」の歌う準備を早めに。
⑤【C】でリズムの変化を意識してはっきり歌う。1拍目の休符を全員が意識。
 【D】でもとに戻った安心感、安定させてしっかり歌う。

この曲はリードの音程がとっても高くて、なかなかみんな歌いこなせず、希望者がでてこない。
次回の練習の時に、試しにリードの音程を3度低くして歌ってみてもらおう。
あとトップテナーから2人、サビ部分上を歌ってもらおう。(タッキーさんとぬっくさんかな←今勝手に決めた)
後半のサビの繰り返しを間違えないようにしないとな。これは次回の課題。


★2曲目ポイント★
①入りの準備しっかり。「a」の口をして「o」
②ためるとぬく。「ツクツクツクツク」のリズムに合わせる。
  O M S I W D L ←単語の頭をしっかりためる。
③everyの発音。エブリ(evuri)にならない。「evri」
④pleaseの表現力。これは直前の休符の扱いが非常に重要
⑤wothyの発音。
⑥【B】の休符の間の意識(表現)。休まない。
⑦nameのクレッシェンド。ぎりぎりまで伸ばし、「me」でのみこんで、次でシーン転換。ここも直前の休符が大事。
⑧praises ringの「p」と「r」の子音しっかり。
⑨in Your wordはクレッシェンド。次の休符勝負!
⑩最後のフェルマータでドミソの和音を味わう。

あとは追加で、7ページ1段目でいったんmfまで盛り上げて、2段目はmpに。これは小さくするのではなく、いったん心を落ち着かせて、かみしめるように言葉を伝えるように歌う。
この曲は抑揚と表現重視。意味ある言葉たちを、語るように伝えたい。
リードは次回の練習で今回の欠席者の歌声を聴いて決めることにしましょう。楽譜にないフェイクを誰かにやってもらいたいなぁ。特に5ページ2段目、4段目、6ページ2段目の休符のところのかけあいね。


★3曲目ポイント★
①リズムを感じる。シャッフル(うんたんうんたん)×3連符(タンカ・タンカ・タンカ・タンカ)
②「p」の破裂音 presence,spirit,power
③「r」は舌を巻く Lord,here,phere
④伸ばす音の切り方そろえる
  alarmは「m」で切る、bowは「w」で切る、Lordは「rd」で切る
⑤【C-1】以降、音の変わるところ意識。
⑥「right now」は小気味よくはっきり。らいっtなぅっ→ら~いな~うにならない。
⑦ラスト全力で。

あとは追加で、【A-1】のユニゾンは音量よりもリラックスして楽しげに歌ってほしい。
ユニゾンから3パートに分かれるところはしっかり。場面転換を意識。
「is here」はセカンド全員上にしよう(←今勝手に決めた)
この曲はほんとにベースがおいしいよなぁ。本番もこの魅力を是非伝えたい。
最後だけ2回繰り返しじゃなくて1回でタイトルになる。これはsuwan含め全員がまちがえちゃったね。次回は間違えないようにしよう。
この曲も後半フェイクと言うか誰か「うぁぁぁぁ~~~」って絶叫してくれないかなぁ。


そんなこんなで2時間では全然練習時間がたりませぬ~。1曲30分しかできないし。12月はなかなか人数もそろわないだろうし・・・む~

そうそう、急遽GTⅡは12月11日(土)にライブ出演することになりました。でびゅー!でびゅー!ひゅー!ひゅー!
ただ、少人数での出場になるから、ステージ構成とかリードとか1月のライブとは別に考えないといけないなぁ。
1曲目と2曲目の2曲がいいとおもうけど、これは出演者と要相談だな。
あと、マイクワークとステージングの練習も次回しなくっちゃ。
いろいろやることできてきたぞ~

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。