スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あきない祭り

昨日の体調不調にも負けず、イベント参加。
だって~、今年になって初めてヤマハを含むhumannoteAチームにイベントの話がきたんだもん。しかもテナーが少ないから頑張って来てほしいってちょんさんに頼まれたら、そこは行かなければ女がすたるってもんよ。

会場は谷町四丁目から徒歩5分ほどの難波宮跡公園。
運よく旦那さまに車で送ってもらえることになって、早めに会場入り。会場近くにきて、今日のイベントが実はかなりおっきなモノかもしれないということを知る。

すでにメインステージでは和太鼓の演奏があり、120をこす出店でにぎわっていました。イベントのことをあまり知らずに出かけたんだけど、天気に恵まれたこともあり、ものすごい人!出店を見て回るのも人をかき分けかき分けという感じです。いろんな美味しそうなものが売っていたけど、おなかの調子がまだイマイチなのでぐっとがまん。本番前におなか壊したら大変だもんね。

今日はヤマハを含むhumannoteAチームから20名が集まった。
ソプラノ5人、アルトたくさん、テナー3人、ベース1人とまぁ、確かに低音が弱い編成。これは確かにテナーがんばらないといけないわな。身を引き締めます。

練習もなくぶっつけ本番の予定だったんだけど、さすがに初めて集まる人ばかりの中でそれはコワイということで、日陰で15分ほど簡単に声出しをすることに。この練習があったから本番はちょいとましになったかな。

朝からメインステージはイベントがあって、ステージのリハなしで本番に臨まなくてはいけない。マイクバランスとか調整することもできません。しかもhumannoteの前のステージはダンスステージなので、ステージのマイクの様子をみることもできない。
野外ライブで本番リハなしでやる時は、たいていろくなことがないんだけどなぁと思っていたら、やっぱりそれは現実に・・・(>_<)

全員でステージにあがると、その場で8本のマイクスタンドがとりあえず置かれる。今回のメンバーはヤマハ以外はあまりライブ経験がないのか、マイクスタンドをどう扱ったらいいかわからない様子で、スタッフの方がしてくれないのかとボーっとマイクをみていたり、どうすればいいかわからなくてまごついたりしている。そんな中、ヤマハメンバーが中心となって各パートのマイクをセッティングしていきます。ソプラノ5人にマイク2本、ベース1人に1本、テナー3人に1本、アルトたくさんに3本、そしてリードの師匠にマイク1本という形。

1曲目「幸せの歌」の歌いだしの瞬間、全員が大きな声を出したこともあってか、マイクが妙な感じに。特にテナーのマイクは全く音が入っていないのではないかというくらいひどかった。マイクかじる勢いで母音も子音も必死にガンガン入れているにも関わらず、全くテナーの音が帰ってこない。この曲はただでさえ、テナーの音が低くて音が伝わりにくいのに・・・なんだかこんなこと、神戸での野外ライブでもあったなぁ・・・

師匠は声がでていないクワイアの様子が気になるのようで、演奏中になんどもクワイアのいる後ろを振り向く・・・こっちはこんなに声を張り上げているのに・・・ああ~、やばい展開。。。

1曲目が終わった瞬間、師匠はsuwanに、となりのベースのおとぅさんと一緒に2人でマイクを使うよう指示。よって、ベース&テナーの4人でマイク2本、つまり2人で1本のマイクとなりました。

すると2曲目の「みんなトモダチ」ではsuwanの声がマイクにびっくりするくらい入る入る。しかもリバーブ(エコー)までかかっている…これってもしかして、午前中のステージで二人の男性ボーカリストが歌っていた時のマイクなのかもしれない。マイク変わってみると、やっぱり1曲目にテナー3人で使っていたマイクは全然音が入っていなかったんだなと気付く。これだから、リハなしの複数マイクのぶっつけ本番は嫌なんだよね~(>_<)。

他のクワイアとかコーラスグループで複数マイクを使う人たちは、こういうリハなし本番の野外ライブの時どうしているんだろう。やっぱりぶっつけなのか、歌うまえに楽器が音合わせをするように、本番でもマイク調整したりしないのかな?

そうこうしているうちに3曲目の「幸せって」。この曲はヤマハチームにとっては歌詞暗譜が大変だった曲。suwanもぎりぎりまで歌詞暗譜していました。おかげで本番、いつも歌詞を派手に間違えるsuwanにしてはめずらしく、目立つ歌詞間違いをすることなく歌いきることができました!それでもチームとしては歌詞の自信のなさが出たのか、ステージ終わってから師匠から「歌詞が入っていない」と注意がはいりました(>_<)。

師匠のMCとリードのおかげで、お客さんは喜んでくれたのかもしれないけど、humannoteとしては厳しいことを言えば、今日のは精鋭になっていない少数で歌っただけの演奏だったと思う。

ライブやイベントに参加するにあたって、やっぱり練習をするというのは、音や暗譜だけでなく、イベント参加にむけての気持ちを高めたり、マイクワークの確認をするためにも大事だと改めて思った。今日のために、ヤマハは自主練2回設定して、そこに今日の出演者は1回は参加することで、危機感をもって、意識を高めて暗譜して参加することができたけど、他のクワイアの方のあまりに自信なさげな様子や、ステージで歌詞をみて歌ってもいいですかというような質問がでているのをみると、Aチームの合同練習が1回あればよかったのかなとも思う。

今日のように何百人もお客さんがいるような大きなイベントで、他の出演者たちがものすごく練習をした成果を見せているステージばかりだったのに、明らかに練習不足なのが見える当日限りのクワイアで出るというのは、お客さんにもライブ運営者にも失礼だと思う。今の状況では、大きな会場でライブをすればするほど、humannoteの価値を下げることにならないのかなぁ。

今回参加のヤマハメンバーはまだステージ慣れ、マイク慣れをしている方だけど、他の人は明らかに初心者な感じであった。スタンドマイク1本に複数人数で歌うために、ぶっつけ本番のステージ上でどうすればいいか、誰かが教えなければいきなりではわからないのはある意味仕方ないと思う。今回は情報共有の時間もなさすぎた。

昨日の御堂筋kappoや万博公園のイベントに出た他のhumannote合同チームの演奏、もっといえば学校めぐりとか、いろんな合同チームで行われるhumannoteの他のチームのライブの音楽の出来具合ってどうなんでしょう?やっぱりチーム合同で練習設定しているのかな?

普段から合同練習をしていて、歌い方やポイントを理解している曲を、イベントに合わせた合同チームで歌うとかならともかく、全体で一度も練習したことのない曲を、初めてのメンバーで歌うというのでは、やっぱり声や気持ちをそろえるのは難しい。結局個人プレーでワンボイスにはほど遠い。

なんとなく、すっきりしない気持ちでの帰宅となりました。

comment

Secret

お疲れ様です

お疲れ様でした。
「あきない」の後、鶴見で「ケニア」があったので、師匠からチラリと「あきない」での事は話がありました。
後で調べてみると、「Aチーム」は比較的新しいクワイアが多い感じですね。
自分が輝に入って1年前後くらいの頃を考えると、マイクセッティングとか、確かに???だったな・・・。
経験しないとわからないことはありますよね。
「ステージで歌詞を見ていいですか」は、新人・ベテラン関係ないように思いますけどe-330

イベント単位の合同練習・・・出来れば1番いいんですけどね。
それぞれのクワイアの練習やライヴ・HN合同練習、そこへイベント用合同練習・・・もちろんプライベートや仕事の都合もあるし、
なかなか思うように時間をとれない現実もありますね。

他のクワイアと合同のライヴは、同じ曲でもクワイアごとに表現や解釈が微妙に違う事もあるので
(これは、講師によって教え方・解釈が微妙に違うというのもあるでしょうね)、
大勢で歌える楽しさの反面、「ワンボイス」を感じにくいというのもありますし・・・。

「歌い鯛i-276」で、そこを埋めるのかな~?

長文、失礼しましたe-466

練習の設定というのは

>それぞれのクワイアの練習やライヴ・HN合同練習、そこへイベント用合同練習・・・もちろんプライベートや仕事の都合もあるし、 なかなか思うように時間をとれない現実もありますね。


これって、humannote側の都合であって、お客さんやイベント主催者の立場に立ったら、練習せずに本番に臨むのはやっぱり失礼だと思うのです。。。

私は基本的に、聞いてくれるお客さんがいるステージに立つからには、その期待にこたえられるステージにしたいという思いが人一倍強いのかもしれません。
さらに言えば、20人のステージがあるとしたら、20人のソリストが集まって歌うのではなく、20人のクワイアとして歌いたい。

今のhumannoteは、震災コンサートやウタタネのような、おっきなおっきなライブと、一日にいくつもかさなるくらいたくさんのライブをしてことで、ひとつひとつのライブ出演に対する緊張感というかワクワク感が薄れているように思うのです。
もちろん、数をこなすことで積む経験値もありますが、今はうたうたいとしての、大事な基本を見失っているように見えてしまうのです。


あきない祭りがあれほど大きなイベントで、そこに集まるメンバーの人数にもレベルにも不安があるとわかっていたら、練習は組んだと思うのです。

本番の日程と曲のみ連絡で、とりあえず当日あいているから行けば少しはお役に立てるかなくらいの軽い気持ちで参加して、歌う前に「1人1人が表現して、楽しんで歌って」とだけいわれ、いざその通りに歌おうとしても、実際に求められる歌のレベルはそうではなかったというのでは、その時点ではこちらもどうしようもない。自分も周りも不安と不満だけが残って、せっかくライブ出演したにも関わらず、楽しかったという感想は残らなかった。そして、次のライブに今回の反省がどう活かされるのかもわからない。

それなら先に一言、求めるものを言ってくれれば・・・となります。

土曜の午後にAチーム合同練習設定のチャンスは2回あったし、当日12時半集合だったけど、11時に集合していたらそんなに負担かけることなく1時間練習できた。
たとえ講師たちが忙しくて練習設定の余裕がなかったとしても、状況に早くに気付いていれば、私がAチームの自主練することができたのにな、と思うと悔しいのです。

「歌い鯛」・・・
土曜に話を聞いた時点では是非参加したいなぁと思っていたのですが、今回のライブでいろいろ考えてしまって、ちょっと熱が冷めてしまいました・・・
とりあえずは、ヤマハとGTⅡのライブ練習に集中したいと思います~

確かに・・・

「歌ってほしい」と声を掛けていただいたからには、全力で臨みたいものです。

私の所属する「輝」は、日々、小さなライヴを積み重ねています。
でも、「頻繁にライヴをしているから、練習しなくても大丈夫」なんてことは考えた事がなくて、どんな小さなライヴであっても必ず自主練習をします。
たとえお客様が小学生3人でも(実際にありましたv-388)、絶対に気を緩める事はしません。
なので、常に
>ひとつひとつのライブ出演に対する緊張感というかワクワク感
・・・これは失っていません。
もちろん輝に限らず、そういうクワイアがほとんどだと思いますが。

翻って、HNでのライヴの場合。
「あきない」と同日の「ケニア」に関しては、合同の自主練習をしました(ケニアメンバーで一回・鶴見区のメンバーで一回・輝&種of力で一回)。
それでも、「ワンボイス」というには程遠かったです。けれど、やっただけの成果は出せていたと思います。

「万博」・・・これは、していないですね。各クワイアの裁量に任せる・・・という感じなのでしょうか。割とベテランクワイアが多かった事が幸いしていたように思います。
ただ、そういう事頼みとなると、危うい局面も今後は出てくるでしょう。


急速に人数が増え続け、広範囲の地域にチームが出来、オファーもたくさん。ライヴが同日に重なるなんて事も当たり前になってきちゃって・・・。師匠・講師陣も大忙し。
目の前のチャンスを逃してはいけない!となると、こうなるのも無理はないですね。
もちろん、それにすぐ対応できるメンバーも多数いますが、600人全員がそれを自然に落としこめているのかといえば、疑問符が付きますね。
そもそも、こうなって行ってることを、みんなが望んでいるのかどうか。
>数をこなすことで積む経験値もありますが、今はうたうたいとしての、大事な基本を見失っているように見えてしまうのです。
・・・この意見に行き着いてしまいますね。

なんか、結論が出ないんですがi-195ただ1つ言えるのは、どういう編成のチームであろうと、
>とりあえず当日あいているから行けば少しはお役に立てるかなくらいの軽い気持ち
・・・これで参加できるライヴなんて無い!ということ。
どんな規模のライヴでも、初めから全力で挑む気が無いなら、参加しない方がマシ。
「参加することに意義がある」・・・そんなのは、ステージの向こうにお客様がいる限り、あり得ないですよね。

この1年くらいの色んな変化を思うと考え込んでしまう事がしばしばありますが、
ステージで歌う事の責任感や歌への真摯な思いだけは、忘れないようにしたいと思います。
やっぱり、ステージでみんなで歌うのは楽しいし大好きなので。


・・・スミマセン、長文のうえに脈絡無く、結論も出ず・・・

「GTⅡ」、めっちゃ楽しみです。
1月のライヴ、どんな風に仕上げてくるのでしょう♪

今回の場合

自分自身が楽しくなかったというのももちろんあるけど、今回のライブがもしかしたら初めてのライブとか、2~3回目のライブという人がいたと思うのですが、その人たちにとって、せっかく大きな舞台となった今回のライブが心から楽しい思い出にはならなかっただろうな・・・と思えてしまうことが残念なのです。

humannoteのヤマハメンバーはある意味、意識の高い人が集まっているだけに、その練習では見えない他のチームのところにまで意識が至らなかった。
そして前日体調を崩して、本番の全体の出来よりも、自分がステージに立てるかというのと初めて歌う曲の暗譜ができるかしか頭が回らなかった。

ヤマハだけの2回の自主練で満足せずに、全体のAチーム練習をセッティングすればよかったなということと、これを思いつかなかったり、要望しなかったのがsuwanだけではなく、他の人もそうだったところに、チームとしての弱さがあるなと。
それで他のチームはどうなのかなと思ったのです。


私の初めてのゴスペルライブは、ヤマハで出た読売テレビの24時間テレビのイベントステージで、今でもその時のステージがめっちゃめっちゃ楽しかったこと、ヤマハにいたらこんな素敵な経験ができるんだ!と感動したことを思い出せます。

今回、初心者の人たちが不安と気まずさが残って、あまりライブに対して楽しさや自信を感じられなかったとしたら、次のライブに対するモチベーションやワクワク感がどうなるんだろうと・・・
むしろ自信を失ってしまったら・・・

私は別に講師でも代表者でもなんでもないただのhumannoteメンバーですが、どうせならみんなで楽しく歌いたい。その楽しくというのは、「うまく歌えた」という自分の満足と「お客さんに喜んでもらえた」ということがあって成り立つと思うのです。だから歌の質と練習にこだわる。

とはいえ、このあたりは講師の方々と意見や価値観が一致しないというのも理解しています。

とりあえず、今回ので合同のライブにちょっと懲りたので、しばらく大人しくすることにして、自分に合った活動をしようと思います~。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。