スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャラ男とミスター(-.-;)

8月3日以来、4ヶ月ぶりのchocolaTera!!
ちょうど夕方に元町のお取引先で打ち合わせをして、その後直帰コースにて、練習に参加することができました!!久しぶりのsuwan登場でも、みんな温かく迎えてくれて、本当にありがたい仲間たちです(*^_^*)

そしてなんとマサコさんが東京から来てくれていました!結婚して急に東京に行くことになって、なかなか正式にご挨拶できていなかったからということで、わざわざ来てくれました。そういう礼儀正しいというか義理堅いマサコさん、大好きです。お幸せに~。

そして、ケニア焼けで冬にスキー焼けのチャラ男っぽくなっている師匠(;^_^A でも、「チャラ男」と呼ばれてちょっと嬉しそう(笑)始まるまえに、ケニ刑のお話やライブの様子、ボランティアのお話などたっぷり聞くことができました!

さて、今日は震災コンサートの曲を中心の練習です。ありがたい!今日学んだことを自主練でみんなに伝えられるようにしておこう!!

★日本語曲M★
ショコラで歌うときというのは、周りの人のためにおっきな声で歌わなくっちゃとか周りのことを考えなくてよくて、ただただ自分の歌の表現と技術向上のための練習に集中できる。本当にありがたいっっ。そして、みんながそれぞれ意識して抑揚をつけていて、自然と歌に色が生まれる。合同練とは違ってていねいに歌いこめるありがたさよ。どうしたら甘く優しく柔らかく切ない歌声で歌えるか、ビブラートの入れ方をどうしようかなど、追求しながら歌うことができました(^-^)v
あと難関は「歌っている」か「祈ってる」かだな。

この曲は母音をいれすぎるとちょっといやらしいので気をつけるようにとのこと。
スキャットではフローさせる。

震災ライブでは、2ページのパート分かれるところ、一般参加者がメロディラインで、humannoteはスキャットを歌うことになりそうです


★日本語曲U★
この曲はショコラのみんなはこの前のライブで歌っているので暗譜できている&しっかり歌えている( ̄□ ̄;)!! 完成度が高いことで師匠からも特に指導なく、次の曲に行ってしまった。一人遅れをとっているsuwan…歌詞暗譜がんばらなくっちゃ…(-.-;)
けど、みんなが歌えているので、めっちゃ歌いやすくて気持ちよかったぁ【D】のスキャットの抑揚がみんなそろっていたり、「ひとり~」からの不協和音部分の和音がぴったりはまった感じに感動しました。早くみんなにおいつけるようにしたい。


★ゴスペル曲J★
第二外国語は中国語で、ドイツ語まったくわからないsuwanさん。とりあえずにわかで勉強することに。そしてドイツ語の発音サイトでこんなん見つけました\(^0^)/
ドイツ語発音
この発音をそれこそ何十回もきいて耳を慣らして、その上でこの前の合同練習の時にパルナスさんやyukaちゃんから教えてもらったドイツ語を「歌う」上での注意点を口で覚えるようにします。そして、ラッキーなことに、昨日第九の本番を終えてきたちょんさんの発音を練習前に聞いて、ニュアンスを確認することができました!
今はまだ必死だし7割くらいしか言えてないけど、ひとつひとつの発音をきちんと言えるようになりたい。

最後の「ヴァイルト」で伸ばす。

そして、ゴスペル部分のテナーの音程がようやく体に入りました。でも久しぶりに歌ってみると発音とかいいかげんになっているところがあるので、基本にかえってきっちり歌えるようにしたい。

「Lord」の発音注意
「full us」は「ふぃぅるぁ~す」という感じでねちっこく
「light of day」は1回目と2回目でリズムが違うので注意。そしてリエゾンして「ライ トv day」
「chorus」は「コーラス」ではなく「コールs」に近く
「the Father of love」が「ザファーザオブラブィズ」にならないようにしたい。「だふぁーだおvら~ヴィズ」
「what have you」は「わったっヴゅー」、最初の音取り難しいけど和音で一発で取れるようにしたい
「ev'rythin」の発音が「エブリスィン」にならないようにしたい、「えヴぃてぃん」
「drove the dark of doubt away」で休んでしまわないように。
「fill us」は1拍目の頭で「s」を切る。本当は裏で切るのがいいらしいけど、全体でそろえるのが難しいのでやめ。
ラストの「light of day」では狙いを定めて手をバッと。

全体的に今日の練習では、となりのにごぅさんとタイミングや切る瞬間を合わせることを意識してみました。師匠の指導を一番理解しているし、にごぅさんにうまくあわせることができたら大きく方針から外れることないだろうし。

今日はいろいろと実りある練習でした!

ただ、なぜ「ミスター」と呼ばれてしまうのか…、パルナスさんとにごぅさんとsuwanの3人が「メンズ」とか「男性陣」と呼ばれているのか…、「相手に有無を言わせずビシバシ物事を進める」役をsuwanが仰せつかるのか…、わけがわかりません(-.-;)
まだ一応新妻なのに…(ノ_・、)シクシク

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。