スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーティライブ!

某ホテルにて、とあるグループのパーティがありまして、そこでgospelを8人で歌ってきました。
会場入りしてリハーサルしているとき、パーティ出席者の一人が今日お誕生日ということで、アンコールで「Happy Birthday」を歌うことに

リハーサルは15分しかなく、簡単な確認しかできない。初対面のピアニストとは本番初めてあわせる。マイクや音響も万全ではない。通し練習なんてする時間もない。今日のメンバーはそんな状況でも臨機応変に速やかに対応する人ばかり。ここにお声がけいただいたことを光栄に思います。今後もいろんなライブの機会があると思うけど、どんな方々とどんな組み合わせで歌うことになろうとも、またたとえ事前説明や練習が足りなくても、文句言う前に即対応できることが、今後の歌う機会を増やす道を増やすと思います。

さて、本番。
フルコースを食べてお酒が入ってすっかり大盛り上がりの会場に入場します。

今回suwanは2つ失敗した。

一つ目は、suwanの目の前のマイクスタンドがひとつだけ種類が違ってたんだけど、ねじが固くて全然高さも角度も調節できなかったそして、曲によってテナーかアルトを歌うsuwan。全員分マイクがないから途中でマイクを移動する…のがsuwanの事前確認不足で中途半端な立ち位置になってしまった。となりのメンバーともう少しちゃんと確認しておけばよかった。もう覚悟をきめて、途中大事な部分だけマイクに声を入れるようにして、あとは隣の二人との中間にバランスよく立つ見栄え(立ち位置)重視で歌いました。歌いだしたら目の前のお客さんのために歌います。今日は客席をみて歌う余裕があった。でも後で考えたら、あとちょっとだけ、スタンドの位置を右にずらせばもっとよかったな。こういう失敗を次は生かすことにしよう。

それともうひとつの失敗。それはスキャット「foo」と歌うときに、マイクがハウリングを起こしてしまった。ぎゃ~(>_<)これは「The Gospel」の本番と同じ状況だ!その瞬間suwanは悟った!ただでさえ息の量が多いsuwan、息を出しすぎてるんだ!というわけで「foo」から「woo」に変更。そしたらちょうどよくなった。マイクがないときには絶対に「foo」と歌うべきなんだけどね。

こういう失敗と成功も、また次のライブに生かすことにしよう。

「hallelujah」はまずまずの出来。一番練習してるだけあるかな。

「Joyful Joyful」はラップ後が乱れた。これは歌の技術不足。これは本番までに解決できなかった。練習以上の技術を本番で歌うことはできない。やはりヘッドボイスを使いこなせるようにしないといけないな。最後の「with the light~」部分、事前確認どおりオフマイクしたんだけど微妙だったな、自己採点40点

「Silent night」でも、どうしても子音の息の出しすぎでマイクが反応していたなぁ。あとブレスの息を吸う音がマイクに入りすぎ。これは今後のマイクワークの課題だな。
「sleepin」のテナーはさすがに低くて音量出すのは無理、胸に音を落として粘ったが限界か(;^_^A

お客さんたちは酔っ払っている割にはよく聞いてくださって、クラップをして一緒に盛り上がっていただきました反省はいろいろありますが、楽しく歌わせていただきました。
サプライズの「Happy Birthday」もみなさんに喜んでいただいた本当によかった。

今日のライブもいい経験となりました。これが2008年の最後のライブとなりました。
29日の神戸練習が歌い納めだけどね。

2009年もいろんなステージで歌う機会がありますように。

comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。