スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の親娘共演!

2008年最後のchocolaTera練習日の今日は、ルミナリエの最終日でもありました。練習始まる前から「今日は9時ぴったりに終わってモツ煮込み(屋台)食べにいこ!」と気合い十分の師匠。いつも以上にちゃっちゃか練習が進みました(笑)

★Why We Sing
今日もbeatの感じ方を中心に練習。師匠の動きに合わせて自分も真似して体や手を動かして少しでも感覚をつかむ。
そうしていたら、学生時代に指揮法でメトロノームに合わせて練習した16分音符を意識した「叩き」の感覚を思い出した。それをしながら歌ってみたら、時々うまいこと、はまったっぽい。強拍と弱拍の意識だな。

あとは個人的に「glory」の「ry」の発音、「reason why」の「r」と「nw」をかなり意識して歌ってみた。「w」を意識するとどうしても「n」のニュアンスがまねできない。師匠は一瞬のうちにうまいこと「n」をひびかしてはる。まだまだだなぁ。

抑揚、こんな感じというのはなんとなくわかるんだけど、自分の歌で再現できない。この曲は本当に奥が深い。この曲が本当に歌えるようになったら、ひとつレベルアップできそうなんだけどなぁ。

★日本語合同曲
①スキャット…wooではなく、すべてfooで。同じ音が続いてもすべてfoo。

②han…極力柔らかく。hの子音出しすぎ、響かせすぎに注意。思っていたよりもかなり優しく甘いね。師匠のパート音取り用音源は音をはっきりわからせるために強めにうたってはるけど、今日のレッスンで求めているものはちょっと違うかもしれないと思った。これはリードにあわせて歌って初めてニュアンスがわかるね。リードが歌う「ちらちら」とか「ささやく」という言葉にあわせて、ぼわんと声の灯りをともす感じだ。だから強すぎず弱すぎず。

高校大学のコーラスの練習でsuwanが日本語曲の指導するときに、子音の歌い方でたとえば「は」という言葉でも、「激しい」の「は」と、「母なる」の「は」と、「春の小川」の「は」では「h」の子音の鋭さ、強さ、摩擦の長さを変えないといけないということを、マニアックにつきつめてきた。言葉の意味をあらわす子音でないと伝わらないから。日本語曲のコーラスはsuwanのマニアック魂をくすぐるわ(*^_^*)

③love…「l」の前にスクラッチ&息もらし。でも決してウィスパーではない。
確かに芯のある声があって、そこにかなりの量の息がまきこまれている。「ve」の息もかなりの量。
④is・・・これまたスクラッチ
⑤楽譜の歌詞変更!DA→DI。あ、確かに言われたらそうだ(;^_^A
⑥answerの発音。「アンサー」になった瞬間にこの曲のすべてが壊れる。「ae」と「er」ね
⑦最初からしばらくビブラートは3連符入れだけど、「love」から16分に変わって最後のリタルダンドの後のyouのビブラートはたっぷりと(16部)

今日は4人のメンバーがリードを歌いました。これがめっちゃ面白かった!
4人とも歌い方も声質も表現も全然違う。それにあわせて、クワイアのスキャットがかわるのです。

ママ&マサコさんのリードの時は、はかなげな歌い方だから、クワイアのスキャットもリードを生かすために、ぐっと柔らかく優しく歌う。
ちー&ちょんさんがリードの時は、かなり芯のある歌い方だから、クワイアのスキャットはさらに盛り上げるために強めの声で朗々と歌う。
師匠のリードの時は、2小節単位でそのときどきにあわせた抑揚をつけたくなる。

リードの様子を見ながらこういう調整をするのがコーラスの面白いところ。ワクワクする~
やっぱりsuwanちゃんはコーラスの人。ソロを歌うよりコーラスが好き(*^_^*)

今日の練習も楽しくってあっという間に90分がすぎちゃった。

さて、練習終了後、ルミナリエみて、今日も師匠はモツ煮込みにまっしぐら(笑)
寒さに震えながらタコヤキ食べながらかんぱ~いささやかな忘年会となりました。
すなっく、キャバクラなどの違いについて、実演つきで熱弁ふるう某氏や、絶ringの話にくいつく某嬢のことは2008年の思い出にしまっておきましょう。

みんな地下道をクリスマスソング歌いながらいい気分で帰る。よっぱらいに怖いもの無しですな(;^_^A

comment

Secret

ご無沙汰です

こっちにコメントするの久しぶりです。

どんだけルミナリエ好きな人々でしょ。
でも冬のイルミネーションは楽しい気持ちになるからいいよね。

週末に京都に行ったので、ロームがやってるイルミネーション見てきました。ルミナリエみたいに観光客が来るようなのじゃなくて、地元民がフラっと立ち寄るようなの。
ご近所さんと思われる子供らがキャッキャ走り回ってて、温かい雰囲気でした。

某日本語合同曲は某電力会社のCMソングですが、あの温かいくすぐったい感じのするイルミネーションでした。

練習場所が

ルミナリエ会場から徒歩1分くらいのところなんです。
しかも練習終わるのが消灯30分前だから、ちょうどいい具合に人も少ないので、ふらりと寄るのに最適!
おかげで楽しい12月を過ごしています。

あのCMが流れると、思わず手を止めて見て聞いてしまいますね。
本番で歌うのが楽しみですv-266
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。