スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回全体練習&レコーディング

今日2つ目の記事、いよいよ11月8日の「心の再生プロジェクト」にむけてのhumannote第1回全体練習です。

このたび、大阪府内の小・中・高校生から募集した歌詞のフレーズを、師匠が曲にして歌うことになりました。そしてその曲が大阪府内の小・中・高校へ配布されるということで、今日の練習後にhumannoteメンバーでレコーディング今日の練習が非常に大事。気合いが入ります!

師匠の練習入りが前の仕事のからみで遅れるということで、代理としてsuwanが発声をすることになりました。簡単な上半身の脱力と、この前Aグループ自主練でもやった呼吸法をやります。これをしておくと、師匠がいつもやる発声練習の時に、のどじゃなくて、おなかから楽に声が出せるようになるのよね~。

suwanは一応執行委員のメンバーだけど、運営面はほとんど手伝う余裕がない。会場手配やら、お金の計算やら、出演メンバーの確認やら、様々な連絡やら、にごぅさんとちょんさんは本当に大変でしょう。せめて技術面でお手伝い、貢献させていただきますm(_ _)m

そうこうしているうちに師匠到着してバトンタッチ。早速「心の再生」の曲をやります。パートごとに輪になって音を確認していく。1時間ほどで最後まで音取りをして、あとは残り2曲の日本語曲を1回ずつ通します。日本語曲についてはグループ自主練で音取りをしている前提で練習が進んでいきます。

そして、クワイアはそこで一旦解散して、レコーディング用のホールのある荒本へ移動。
その間、師匠は子ども達だけを集めての歌の練習。これは思ったよりも時間がかかって…本当にお疲れ様でした(ぺこり)
次のホール入りが20分遅れる。というわけで30分押しでレコーディング。

レコーディングっていうと、小さな防音スタジオにマイクがあって、そこで録音するんだと思っていたら、なんとホールにマイクが何十本も立っていて、そこにあがって音を取ります。いやはや、びっくりです。高性能マイクで、足音や紙のパサッという音も拾うから緊張感がすごい。ホールで聞いている人のちょっとした音も入ってしまうのと、何よりステージ上の人々が集中できなくなるので、録音の時はさすがに子ども達にはホールの外に出ていてもらいました。

3曲の録音をパートごとにするということで、まずはテナーから。靴をぬいでマイクの前に立ちます。
キンチョー

1曲目、さっき音取りした「心の再生」の曲。さすがにこれは歌詞覚えていなから楽譜を持ちます。顔が下をむかないようにと注意を受けていたので、できるだけ上めで持っていたら、腕がプルプル震えたよ

2曲目は、リズムをそろえるのが難しいところがあってどきどきしたけど、なんとかOKをいただきました。

3曲目「地球兄弟」は、去年humannoteでは歌わなかった部分が入ったことで、歌詞を間違える率アップ常に頭の中で次の歌詞「ほし」か「そら」か、「だろう」か「さ」かを考えながら歌いました。さすがに3曲目の最後のほうになると、のどに疲れがでて声が荒れているのがわかったから若干ボリュームダウンになっちゃった。

歌うとき師匠が前に立って、声を出さずに指揮して合図を出してくれているのですが、きっと自分のレコーディングの方が何倍も楽なんだろうな~って思いました。

一人でも歌詞や音を間違えると止めてやりなおしとなります。しかも時間厳守で20時半撤収ということになっていたので、もう必死に集中して歌いました。

テナーの後には、子ども達の出番。あれだけ外ではしゃいで走り回っていてもまだまだ元気な子ども達(笑)練習とちがって、師匠は声を出さずに合図をしなければいけないので、そりゃあもう大変です。客席にいるママさんやメンバーたちも声を出さずに子ども達にみんなで合図を出します。みんなの心が一つになりました

その後はアルト、ソプラノがそれぞれ3曲ずつ収録。テナーが何回かNG出してやり直している様子をみていたほかのパートの方々は、自分達の出番の時、さすがに気をつけていて1発OKしてました。さすが
男性の参加者が少ないため、途中師匠が男性に入るシーンが。ソプラノのリズムがズレそうなポイントでもあったので、客席から何人もが手を動かしてリズムキープ。こういう一体感がまた楽し。

最後に全員がステージにあがって写真撮影。200人ちかい人たちが集まっているのです。そりゃあもうすごいことになってました。

それにしても、こんな大々的なレコーディングなんて経験は本当にめったにないことでしょう。素晴らしい経験をさせてくださった師匠に大感謝です!ありがとうございました!!

comment

Secret

なんともいえない一時でしたね。私はhuman noteが200人いる!ってだけで大興奮で…ずーっとキョロキョロしまくって、輝のお子ちゃま達くらい落ち着きなかったです(笑)

せっかくいっぱい集まってたのに、意外に自分の声しか聞こえない時がありました。実は時々口パクでハーモニーを味わいました。
『皆で一緒に歌ってる!ひとつのものを創ってる!』感はもう最っ高ですねっ。まだ余韻に浸ってます。次の合同練習も待ち遠しいです~。

レコーディング、あんなに疲れるものとは思いませんでした。お師匠さんは、良い物を創りたい熱意に溢れていましたねっ。私達、素敵な師匠に出会えて、幸せですね。

面白かったですね!

はぴさん、土曜はお疲れ様でした!
あれだけの大人数で歌うことはあんまりないから、普段の土7とは違う楽しさが有りますね!

ステージ上で自分の声しか聞こえなくて不安になることはよくありますよね。そんなときでも普段の練習どおりに歌えるように、体に歌を染み付かせておきたいものですよね。

はぴさんは子ども達に囲まれてましたね(^-^)子ども好きなのが、子ども達にも伝わっていたと思いますよ(^-^)v
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。