スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライダル練②

来週、9月4日(土)にせまったブライダル・ゴスペルにむけて、大阪のスタジオBASS ON TOPにて最後の練習。

今日は、お忙しい中ににも関わらず、師匠が20分だけ練習を見てくれることになりました。「本番よりも緊張するかも…(-.-;)」といいながら、練習に臨みます。
師匠が来られる前に、メンバーで4曲を一通り通していく。う~ん、やっぱり歌いこみができていないから、みんなまだ探り探り歌っている。毎日原曲や前回の練習の録音は聴いているけど、耳で聞くだけでは曲が口や体に染み付いていないんだよね~。

そうこうしているうちに師匠登場。部屋に入ってきた瞬間から部屋に緊張感が走る。ええ、予想はしていましたが…{{ (>_<;) }}

師匠は「ゴスペルクラスの先生」の顔の時には、やさしくておもろいおにーちゃんという感じですが、一歩突っ込んだ世界では、ピリピリとした緊張感をまとい、顔に笑顔ひとつなく、目が怖く、とてもとても冗談をいえる空気ではありません。普段のやさしい顔しか知らない人はホントびっくりするよ。でも、今回は「生徒」と甘えられる状況ではないからね。こちらも真剣勝負です!

20分しか時間がないので、4曲を1回ずつ通して聞いていただき、ひとことコメントをいただく。
普段の師匠ならば「…ま、ええんちゃう。」から始まり、「ええんやけど…」といって言葉を選びながら注意点を言われるのですが。今日はその「ええんちゃう」すらない(滝汗)。はい。まだまだ修業がたりませぬ(T_T)げふっ

4曲ともに共通していることは、もっと原曲の聞き込みをして、「ニュアンス」をつかむこと。
音は取れている、ハーモニーもできている、4人の歌い方もそろってきている、発音もよくなってきている。でも伝わるものが弱い。こじんまりとしている。素人レベルの表現から抜け出せてない。

・・・あと1週間でどうしよう(ノ_・、)シクシク

以下、録音を聞いて、とりあえず改善したい課題。

★Oh,Happy Day(天ラブバージョン)★
全体的にメリスマの処理が雑で耳につく。ゆっくりひとつひとつの音を最後まで音を確認しておくこと。

【B・C】のラララの最初の音と最高音と最後の音、ピッチ高め意識。
【G】46小節の「yeah」、50小節の「yeah」のメリスマの音確認を
51小節のレの音、落ちすぎない。
【H】60小節の高い高いミの音、一発で安定させる。次の高いシの「shed」もちゃんといれる。
66小節の「me」のドbの音、ピッチ高く!
【J】が一番下手というか聞くに堪えない(T_T)。この8小節のドbがすべて低い。ここで声と意識の疲れ(中だるみ)がきていて、のどが絞まった声になっていて聞いていて辛い。感情を抜きにして、音をしっかり当てにいくこと。
【K】77小節の「sing」の音高く。78小節の「mean it」の音の動き要確認。
【L】83小節あたまの「day」のメリスマ処理、ていねいに。乱暴にならない。
【M】96小節の「oh」のメリスマ、ラストだからきっちり決めること!

師匠に悪い歌い方例をあげられて注意された雑な歌い方、【K】のかーもんえぶりばーでぃーの「dy」の処理、特にメリスマついていないけど、だからこそ雑にほおって聞こえるのでしょう。む~(-.-;)これこそニュアンスを大切にして聞き込もう。

★明日に架ける橋★
1番と2番は主旋律ソプラノ、3番は最初主旋律アルトで、後半はソプラノ。自分の聞かせどころを意識して歌うようにとの指導がありました。
前の練習の録音聴いた後に個人的に思ったけど、逆にテナーが出過ぎないように、主旋律のパートを聞いて意識しながら歌うことにしよう。

歌詞と音程が一番アヤシイ曲なので、4人ともがまだ探っている。それがこじんまりとした出来になっているのでしょう。これは何度も歌って口慣らしをするしかないな。そうすれば自然と盛り上げどころ、聞かせどころを意識して歌えるでしょう。

*5ページ1段目1小節目の「your eyes」の入るタイミングと歌い方、要研究。
*1番のサビ部分、ソプラノが柔らかく歌っているのに対し、テナー出すぎ。つか、出ちゃう。ここは柔らかく歌う意識をもつとともにマイクを離し目で歌って調整しよう。
*2番で、テナーの低音で長く伸ばす音がぶれて安定しない。これはsuwanが一番できていない。注意!
*3番はアルト&ソプラノ主旋律。テナーようやく出しやすい音が来たからといって勢い余って主旋律を消さないように。

★Hail Holy Queen★
前半と後半の歌いわけ。シーン変化させられていない。オケのテンポが速くてたっぷりやわらく歌いづらいけど、歌声で変化をつけるしかない。

*4ページ下の段のテナー「Maria」の低いレの音、胸に音を落として響かせる。
*「salve」は「save」にならないよう「l」の入れ方工夫。
*5ページ下の段から声質を変える。できるだけ明るい声質に。
*6ページ下の段、テナーが後から入る「salve」2小節、テンポ遅れないように。
*8ページ「alleluiah」は低音ぶれないように。常に安定。

★Hallelujah★
長い前奏の間どうやって待つか、顔と姿勢を考えておこう。

入りの一発目の「Hallelujah」は思い切り良く!これですべて決まる!
【B】の後半の2/4の「reigheth」の符点8分音符への動きが鈍い。山を作るがテンポ遅れないように。
【B’】自分のパートが主張するとき、譲るときを意識して、聞かせどころを考える。
【D】「forever」の「ver~」と「and ever」の「ver~」の歌い方、要研究!
【E】アルトとテナーの抑揚、山の持ってくる場所がまだ微妙。原曲聞いて要研究。テナーのラストの「end ever」暴発しない。
【H】の低音ぶれないように安定させたいが、それを意識するがあまりに顔の表情と目線が固まってしまう…(-.-;)余裕を持って歌えるように。
ラスト回数をまちがえないように…(-.-;)

課題山積み、雪崩寸前ですが、あと1週間、毎日お風呂場練ぞ~!!

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。