スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良県合唱祭!

さあ!今日は女声合唱団佐保の本番です!
昨日は21時半には就寝したので、無事6時起床できました天気はくもりとりあえず雨じゃなくてよかった~

ゴスペルほどのメイクではないので、思ったよりも準備に時間がかからなかった衣装も白ブラウス&黒、それもシンプルなものだから迷うほどでもなかったし。それで予定よりも1本早い電車に乗ったら、郡山に早く着きすぎた(;^_^A
すると、郡山駅前に山本先生を発見!まだ早いからお茶しようということになり、久しぶりに先生と奥様とお茶しましてん学生時代はこのシチュエーションでは緊張で手がガタガタ震えたものだけどさすがに今は普通にお話できるようになった。suwanちゃん、成長したなぁ~(遠い目)

山本先生に練習場所を確保していただいたので、リハーサル前に1時間歌うことができました。昨日歌っていないし、朝10時から声出るかなぁと心配してたけど、声は絶好調!全く不安なし

神戸からの移動中ずっと先週の練習の録音聞いて復習&対策練っていたので、歌の具合も我ながらいい感じ♪ゴスペルでは当日も不安なことが多いから、当日の練習でこれだけの手ごたえがあるというのは本当に嬉しいものです。

その後、会場入りしてそれぞれで軽く昼食。後輩Kちゃんとおにぎり食べながら、さっきの練習録音を聞いてぎりぎりまで自己分析。高音での「KYRIE」は「ケリエ」に発音変えようとか、慌てがちなところは意識してたっぷり歌おうとか。控え室で待っているとき、suwanがいつものようにイヤホーンで録音聴きながら歌っていたら、自然と歌の輪が広がって結局みんなで歌ってましたこういう瞬間が楽しいからコーラスはやめられないんだよね。

会場でのリハーサルは1回通すのみ。うーん、さっきの練習より悪くなった。緊張と焦りで息があがっているのか、ややテンポ走るなあ…先生も本番はゆっくりするとのことでした。

今回もステージ上で楽譜持って歌うため、余白に気付く限り注意点を書いていく。主に「笑顔」「顔」「落ち着いて」「響き」とか。あとは間違えやすい不安な歌詞部分を余白にでっかく「ドミネ」「デウス」など書いていく。これでやるだけの準備はした!

さあ、いよいよ本番です!

今年のインタビューは後輩Kちゃんが生贄に…(;^_^A でも全く動じることなく、堂々と話してましたすんばらしい

今回はsuwanはソプラノ後列メゾ寄り、先生の指揮が見やすく歌いやすいいい場所あんまり緊張せずに歌うことができました。
郡山城ホール、めっちゃ声が響いて歌いやすい!そして山本先生の言葉によると、某ホールと比べてこのホールの裏方さんがとてもいい人たちで、演奏者の立場に立って調整してくれるのが本当にありがたいとのことでした。なるほどね~。そういうことも大事だ~。

コーラスではもちろんマイク無しの生の声で歌います。2階席最後列の人にも歌声を届けるつもりで狙いを定めて声を飛ばしました。多分人数以上の声が出ていたと思います
ただ、やっぱり息があがってしまったようで、2箇所ブレスが変わった。ごめんなさい~m(_ _)m

そして、表情!
この前見た「うた魂」にも負けないキモいくらいの笑顔で歌いましたとも!いや~歌ってて本当に楽しかったわぁ~

   

毎年合唱祭では審査員から講評をいただきます。

「若いメンバー揃いなので、余分なヴィヴラートの心配もなくピッチも音色もgood。できたら「Kyrie」と「Gloria」は雰囲気が変わりたいですね」

「おそらく久しぶりに集まって練習しているのでしょうが、さすがに大学時代に培われた音楽性が素晴らしい女声合唱を演奏されていました。これからもどんな形でもいいので合唱を続けていくことを願います。」

「美しくていねいに音楽作りされています。中高音域にややあらいところが、相対的に低音域が控えめな印象です。幅広くのびのびとした表現でした。ますますの発展を!」

「オクターブや6度くらいの音が跳躍する箇所も多いですが、legatoで歌うことが求められているので、なるべく息を運び早めに身体であげるように気をつけられたほうがよいでしょう。上の音域もっとlegatoでやわらかく(ラインベッカーの音楽の持ち味ですから)歌えるようにしたいと思います。各々が体の柔軟さを心がけられ、日頃バラバラに練習されアンサンブルでは次の段階に進められたほうがよいと思います」

「宗教曲の標準的な歌い方だと思いますが、やや力みすぎの感があります。言葉も発音がややせまく、ハッキリしない感がありました。条件は悪いと思いますが、ずっと継続して頑張ってください」

褒め言葉だけでなく、揚げ足取りのようなものでもなく、その団を良くしてあげようという厳しくあたたかい講評は次回のはげみになります。
今回は本番の録音ができなかったからどのように聞こえたか自分では確認できなかったけど、まぁ今年のソプラノはY先輩とsuwanの声が強かっただろうから、確かにご指摘どおりだっただろうなぁ。
正直、音をあてようとするがあまりにヘッドボイスっぽい固い発声だったと思う。やっぱりコーラスではもうちょっと柔らかい発声にしないといけないなぁ。

それにしても、今回も名古屋、滋賀、大阪、神戸から奈良に集まって、先輩後輩たちと歌えたことを本当に幸せに思います。これで今年の佐保の活動も一区切り。来年は6月に奈良県合唱祭での佐保、そして12月に大学の定期演奏会で5年ぶりのOG合同があります!そこでまた再会し歌えることを楽しみに、今日の楽譜をしまっておくことにしましょう。

指揮の山本先生、ピアノの姫野先生、ありがとうございました。
M先輩、何から何まで手配いただき、ありがとうございました。
佐保のみなさま&現役学生のみなさま、一緒に歌えて幸せでした。感謝の気持ちでいっぱいです。

さあ、次は7月の心斎橋でのchocolaTeraライブの練習に照準を絞ります。
ひとつひとつ確実に進んでいこう!

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。