スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコカーワールド2008 in 神戸

本日は師匠にお声がけいただきまして、恐れ多くもバックコーラスをさせていただきました。
場所はメリケンパーク。suwanの家から徒歩圏内です。ラッキー

普段、生徒達にはあまあまの師匠ですが、自分のステージというだけあってアーティストとして求めるレベルも高く厳しくなります。今回は20名くらいの人と歌うことになり、初めてご一緒させていただく方もいました。同じ歌を通じて、知らない人たちが声と心を合わせる難しさと楽しさを経験しました。バックコーラスということは、メインボーカルと声質、歌い回し、ビブラートをあわせることが求められます。普段のように自己主張する歌とはまた違う。師匠のライブの歌をイメージして意識しながら声を出します。

曲はエコのイベントならではの「The Seeds Of Love」。よく考えたらsuwanが一昨年にこのバックコーラスの音を取ったときはアルトでした…テナーの音取り直しや~んアワワ ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ アワワ
時間ない中だったので、もう必死でしたわ。
あと1曲は「地球兄弟」、ただし、humannoteバージョンとは音程も音階も歌う場所も違ったのでこれまた余裕まったくなっすぃんぐ~。suwanは練習時間が取れなかったのでひたすらイメージトレーニング~と自主練あるのみ。すきま時間があればひたすら音源聞いてました。

リハーサルはもうヒヤヒヤものでした。師匠に何度にらまれたことか…。。。゛(ノ><)ノひぃぃぃ…
全然だめだ・・・自分の技術のなさと、暗譜のできてなさと向かい合って血の気引きました。本番までの時間、リハの録音を何度も聞きなおして本番までに少しでも歌えるように調整します。こういうとき超マイペースsuwanの本領発揮!自分の世界に入り込みます。でも、そんなsuwanの自主練にあわせて他の人たちも一緒に歌ってくれました。自然に声がそろっていく・・・まさにうた魂の世界ね!

本番は、さわやかに白シャツ×ジーンズの師匠と、「虚弱体質」Tシャツ(笑)のピアニスト太田氏のデュオによる「君そば2」「Natural Thing」。汽笛でうたがかき消されるハプニングも、師匠がいつものアドリブ歌詞で笑いをとりつつ乗り切ってはりました。

そしていよいよバックコーラス隊入場!
いきなり「The Seeds Of Love」で入り損ねたsuwan…なんでみんな前奏なしでいきなり音なしのあのカウントで入れるんだろう…って顔引きつりそうになったけど、どうやらあそこは入らないほうが正解だったらしい(;^_^A でも、歌いだしたから、演奏はそのまま進む。入れなかったことをごまかしつつ、声の輪に加わります(; ̄з ̄)♪~♪~~♪♪

1本のマイクに2~3人で歌う。いつもの慣れたメンバーと違って、はじめての人とマイクを共有するので、遠慮が出がちになる。そこをいかにマイクに近づいて歌うかを意識して、できるだけ近づいて歌うように心がけました。

晴天の下、海風の吹くメリケンパークの野外ステージで歌うのは本当に気持ちがよかった!うたっているうちに自然に笑顔になります。ただ、ちょっとあごをあげて歌いすぎたかな<一人反省会

「地球兄弟」では、他の出演者やモデルの子どもたちも一緒になって大合唱。suwanは前列センターだったので、河口氏のほぼ真後ろ。背中を見て呼吸をみながら歌いました。最後、「兄弟…suwa~」でバックコーラス隊の心がひとつになりました(笑)

今日も本当に素晴らしい経験をさせていただきました。でもこんなレベルではダメだと反省しきり。明らかに練習&トレーニング不足だ。また、このような機会があるように、精進あるのみです。

師匠、貴重な経験をさせていただきまして、本当にありがとうございました。

comment

Secret

見たかったな

時期柄、場所柄もよさそうだったので、体調が許せば母親を連れてメリケンパークに行こうと計画していたんです。周辺駐車場や神戸祭りに伴う交通規制範囲なんかもチェックして楽しみにしていました。
suwanちゃんのほか、うちのI氏、M嬢も参加していたそうで「この数年こんなんやってるねん」と見せるのに絶好の機会だったんやね。

でももうそんな機会は訪れなくなっちゃった。残念。

ん?

おお~!そんなにチェックされていたなんて!!
お越しいただけなくて残念でした。

最後の一行がちょっと気になるところだけど…
何かあったのでしょうか?
機会はすぐにではないにしても、願えば、いつかどこかにあるものと信じましょう。

実はありました

連れ出す予定だった人は、実はその日に亡くなりましてん。16:00だったから波止場では歌い終わった頃じゃないかな。

私の方は外出制限がなくなり、これから歌の機会は増やせるのですが、見てもらおうと思っていた人の方がいなくなってしまいました。
見てもらうといって、日頃ドライブ中に私がずっと歌っててうるさい理由を了承してもらおうといった程度のことだけどね。

まだしんみりモードの枡田一でした。

そうでしたか…

このたびは本当にご愁傷様でした。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
さぞかしお心を痛めていらっしゃることでしょう。
悲しみがなくなることはないと思いますが、時とともに少しずつ楽しいことにも目が向けられますように。

枡田一さんが楽しく歌っていることはきっとお母様に伝わっていたと思いますよ。
これから枡田一さんが歌っているときは、きっと近くで見守り応援してくれていますよ。

わりとシタタカなもので

長患い(引き伸ばしたのは多分私ですが)な上、心も体もキャリアもそれなりに消耗して支えていた事から、正直なところ解放感の方が勝っていて、告別式・初七日の数時間にゴスペルレッスンに出かけてしまった極道っぷりです。
その点はあまり心配は要らないと思います(^.^)

ただ、そこにいた痕跡が至る所にあるので触れるたびに引き込まれて、しんみりするのは当分仕方ないでしょうね。

オカルト的な事はあまり信じないタチですが、亡くなった直後から、思いがけない励ましや助けや誘いをもらったりして、何か守られている気はします。

それは、お疲れさまでしたm(_ _)m

そういえば、前にお話ちょっと聞きましたね。介護、お疲れ様でした。
仕事柄、ご家族の介護のお話はいろんな人から聞きますが、本当に大変そうですもんね。

きっとお母様は枡田一さんのことをこれからも守ってくれますよ。
気持ちに余裕ができたら、今度は自分のために新しい一歩を踏み出していってくださいね。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。