スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪あの地平線 輝くのは

いよいよ来週にせまった関西マンドリンフェスティバル。
今日も淡路のクレオ大阪北まで練習に行ってきました。
奈良のマンドリンアンサンブル「まほろば」のバックコーラスとして歌います。
マンドリンの演奏曲は「天空の城ラピュタ」シンフォニー「大樹」から6曲。
「大いなる伝説」「ドーラ」「ゴンドア」「鉱夫」「時間の城」「合唱~君をのせて」
このうち、「時間の城」と「合唱~君をのせて」でバックコーラスとして歌います。

行きの電車の中でラピュタのサントラを聴きながら移動。
ああ、こういうひたすら美しい音楽の世界もいいわね~。

前回の練習のときは、合唱組が集合してからマンドリンとの合同練習までに時間があったから、廊下の片隅でちょっと練習してから合わせることができた。
今回もそうしようと思ってたら、すぐに合わせるので練習室に入ってくださいといわれて焦る合唱組。
だって~、ほぼ寝起きに近いsuwanさんなのに(起きた時間が遅すぎ)
まったく声出し(発声)しないで合わせるって、楽器でいえば調律しないままに演奏するようなもんよ。ひー(>_<)

というわけで最初の合わせはぼろぼろでした。
ピッチ(声の高さ)がすべて下がっている。
自分で歌っててアイヤー(>_<)と頭の中で叫んでました。

それでも2回目にはかなり上達。
1回目の歌が発声練習代わりとなったというところか。
発声練習の大切さを痛感。

今日は前回の合わせにさらにパーカッションが加わっていた。
パーカッションが加わることでリズムが刻まれて演奏がひきしまる。かっちょええ~♪
星型のタンバリンがかわいい~。
隣のパーカッションのおにーさんに釘付けでしたわ(*^_^*)

休憩中に合唱組で相談。
今回の合唱組は10名ちょっと。
人数が少ないこともあって、歌っていて、全然メロディが聞こえないのである。
しかも合唱組は一番後ろで歌うので客席には一番聞こえづらいはず。
というわけで急遽suwanともう一人が最初っから最後までパートを無視してメロディラインを歌うことになりました。

ソプラノパートを歌っているときには分からなかったのだが、メロディラインを歌う、つまりメゾやアルトのパートにも進出してみると、低い音(ド)とかを裏声で大きく美しく出すのがけっこう大変。
というか、ゴスペルで低い音を地声で出すのに慣れてきていたから、低い音を大きい声で裏声で出せなくなってきている。
むむ~。地声だったら楽に出る音なんだけどなぁ。
それでも人数増えたら少しはメロディが聞こえるようになったかしらん。
本番は少しでも歌詞が聞こえるように子音をたてて歌おう。

いよいよ来週日曜が本番!
風邪をひかないようにがんばるじょー!

comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。