スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE GOSPEL Ⅱ ~ONE VOICE ONE HEART~

フェスティバルホールというのは演奏を見に来る場所、聞きにくる場所と思っていた。
まさか、このホールで歌うことができるなんて!
始まる前から幸せをかみしめる。

正直、5曲の暗譜はどうなるかと思ったけど、フェスで歌いたい、ライトの下で歌いたい、この思いを胸に、すきま時間さえあればずっと練習・復習をしてきた。
読書とかと違って音楽は、歩きながらでも活動しながらでも聴けるのが良かったわ~。

リハーサルで立ち位置が決まり、1本のスタンドマイクを2~3人で囲んで歌う。
先生方は何度もマイクに近づいて歌ってと指示をされていたけれど、
リハーサルのときはマイクをあまり意識せずに、客席の隅々をながめて、のびのびとうたってみました。>これこれ。ゆーことちゃんとききなはれ。
きもちよかったぁ~~~~~~(^ー^*)えへ

ちなみに「THE GOSPEL」では西日本のヤマハの6つの団体が集まってのライブ。
わが「NAMBA10,500(税込)Vクワイヤー」は総勢92名で6団体のトリを飾る!

演奏する曲は、ラテンのノリで血が騒ぐ「He Reigns」
愛する人に思いをこめて歌いたいバラード「Love」
おなかの底から吼える!叫ぶ!「Do you know him」
3曲の選曲と順番が良かったこともあって、いいステージだったと思います。

途中やばい場所やビミョーな音の場所もあったけど(あ~どきどきした…)
持てる力を十分発揮できたのではないでしょうか。
リハではほぼ無視していたマイクも、メゾの音を聴かせたい場所はマイクに近づいて歌う。
流石に本番ではお客さんに声を届けなかったら意味がないからね。

3曲が終わると、6団体合同演奏。約700人での大合唱。
U2の「I Still Haven't found what I'm looking for」
Rattle and Hum

ユカリ先生の指揮による「Worship the Lord」
このころには声がガラガラだったから裏声使って無理をしないようにしてたけど、最後の最後までみんなで歌うことを楽しんでいました。

タイトルどおり、声と心がひとつになったことを感じた。
一緒にうたった仲間、ライブを運営している方々、客席で聴いてくださっている方々、そして寺尾先生と大西先生に心からありがとうをいいたい。

全力を出し切っただけに、自分たちの演奏がどうだったのか、冷静に見てみたいし、聴いてみたいなぁ。
聴きに来てくれたみわにーやまめちに今度あったとき感想きこーっと。

comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。