スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

humannoteリハーサル&自主練&レッスン

12時半よりhumannoteリハーサル。JR芦原橋駅なんて初めて足をふみいれたよ。

150人以上の中から「suwanを探せ!」(笑)
今回は客席から見て左から、アルト、テナー、メンズ、ソプラノの順に並びます。本番前のリハで変わるかもしれないけど、suwanはテナーの4列目あたりの予定です。
ま、suwanの歌いっぷりを知っている人は歌う姿ですぐにわかるかも。。。今回もめいっぱい顔の表情筋を使って歌いまっせ!(笑)

なんせ人数多いものですから、立ち位置決めるだけでもおおごとです(;^_^A 結局立ち位置決めるのに時間がかかって、練習では通して歌ったくらい。

歌っているとき、あまりにテンポ走りすぎてて歌いながらありゃりゃ~って思っていたけど、録音聴いてさらにいろいろアラが見えました。これ、練習の様子、他の人たちはちゃんと録音して冷静に聞いているんだろうか。今日の状態でステージあがるのは嫌だなぁ…
終わってから何人もの人から、早くて歌えなかった、歌いづらい、あれでは不安との声を聞きました。

全曲ともテンポがあんなに走った原因3つ。
①ステージにあがったとき、隣の人と近くてけっこう狭いので、体を揺らして歌うときの幅がいつもよりも小さいから、人間メトロノーム(?)が早くなっているのです。
②緊張すると体が固くなってブレスが深くできないからどんどん苦しくなってたっぷり歌えなくなる。そして早くなる。
③興奮のあまり頭まっしろになっている場合、冷静に他の人と合わせられなくなっている。

バンプ部分、あまりの速さに英語を発音できていない。横揺れよりも縦揺れ意識してしっかり拍をあわせて落ち着いて歌うようにしたい。

本番は楽しくはじけることが大事でしょう。
でもせっかくこれだけ必死に練習を重ねたんだもん。少しでも上手く歌いたいし、聞かせたい。せめて英語の発音、語尾、ニュアンスを伝えられるくらいのテンポで歌いたいものです。

せっかくの本番を満足いく演奏ができるように、今日の練習の悪いところを冷静に見直して調整しよう。あとは本番でどれだけウォームハート&クールヘッドで歌えるか。
本番もテンポ早くなった時の対策が必要だな。



15時から全出演者による合同曲リハーサル。
他のクワイアの方々は歌い方、伴奏が違っていて新鮮でした。ただ、今日の練習に出られなかった人はあちこちで戸惑うかも…



みんなで難波に移動して、18時から土7&土8合同自主練。
さすがに疲れが出てきて声が割れるわ、ひっくりかえるわ(;^_^A 無理しすぎないためにも外見を意識して練習してみることに。

おっきな鏡のある部屋で、参加人数もそんなに多くなかったので、みんなで一列に並んで自分の歌う姿をしっかり見ながら歌ってみました。全身を見ながら歌うのは自分との戦い(。-_-。)ポッ♪。でもいろいろ発見があるから現実から目をそらしてはいけない。

歌っているときは表情良くても、前奏、間奏、歌い終わりの伴奏時や、スキャットの時(つまり言葉を歌わない時)、全員見事に表情が悪くなったのでsuwan注意が飛びます。最初は他のクラスの人たちに遠慮してたsuwanですが少しずつ言いたいことを言うようになりました(;^_^A

ステージに立っている間は、入場した瞬間から退場してしまうまで、歩いている間も立っている間も一瞬たりとも気を抜いてはいけないのです。ましてや曲の間はなおさら。指揮者がブレスをして1拍目を生み出した瞬間からもう曲の世界は始まっている。そういえばコーラスやっているときは休符の時の表情も考えてたよなあ。
先日の天保山で、OSMのワカモノクワイアの演奏の何がよかったって、ズバリ!表情です!!前奏が始まった瞬間から全員の顔が変わった。声を出す前からその表情が生み出す緊張感で客席も引き締まった。あの感動を思い出そう。

suwan個人的には手の動かし方と手のひらの向きを修正。今よりもうちょっと口を上下左右に大きくあけて、背筋を伸ばして歌おう。
手や体はステージ上の状況によってはあまり動かせないかもしれない。緊張で体が固くなるとブレスが浅くなって、どんどん早くなるから気をつけよう。

(にしおかすみこ風に)それにしても、自主練用MDにカークフランクリンの「always」ではなくて、ボンジョビの「always」をMDに入れていた大馬鹿者は誰だ~?
あたしだよ!
ごめんて~(ノ_・、)シクシク



19時から土7レッスン。来年4月の発表会のクラス曲の音取りに入りました。おっ見学者が来ている!どんなに疲れていても話しかけて勧誘しておくことは忘れない(笑)
ねぶそくはっちゃん、顔色すごいことなってましたよ(T_T)

声に疲れがでているからあんまり無理はしたくないけど、suwanの声が小さくなるとみんなの歌声もどんどん自信なさげに小さくなる気がして、結局がんばっちった(笑)



20時からは土6&土7自主練。もうどんだけ歌うねんな!(;^_^A

これまた一列になって鏡をみて歌う。
さすがに疲れがピークに達していたから50%のエネルギーで歌おうと思ったけど、歌うメンバー違えばやっぱり新鮮でついつい80%で歌ってしまう…明日も自主練あるのに、のど大丈夫かいな。

comment

Secret

あまり合同練習でてないけど

昨日も含め2回しかでていないけど、どちらも走っていて困惑しています。
自分のグループだけの練習だとそんなことはないし、他クワイヤでもそうだと思うのだけど。。

本番での対策とはどういうものが考えられるのですか?
リハ中もなんとか通常より単語の言い回しを遅めするなどしてテンポを引き戻そうとしてみたけど、とても適いませんでしたし。

みんなで意識するようにするしかないですね

枡田一さん、リハーサルお疲れちゃんでした!!声かけてくれてありがとうございましたv-291

大人数の興奮と緊張感で、どうしても理性が飛んで走ってしまうんですよね。
本番、ステージ上であたま白くなると思うのですが、頭のどこかにひとかけらの冷静さを残しておきたいものです。

私はクラップ打つときに、ただパンパンパンパン打つのではなく、頭の中で16部音符をタタタタタタタタ刻んで(というか口ずさんで)裏拍を意識するようにしています。
そして、今日の練習やバンドリハでは、できるだけ身振り手振りで回りの人にリズム意識してもらうようにしてみました。効果があったかどうかは??ですが(;^_^A
でも、意識する人が一人でも多くいるのが大事。ささやかでも、できる人が、できることをひとつずつやっていきましょう!!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。