スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿ゴスペル練③

18時より難波のスタジオにてCOOちゃん結婚式二次会用の練習。
全員が練習に参加できる日程を組んだはずなのに全員集まったのは最初だけで、なかなか揃わなくなった。病気だったり用事だったり休む人にも理由はそれぞれあるんだけど、毎回ちゃんと参加している人のテンションや緊張感が落ちないようにしたいものです。

今日は5人でマイクを使って歌ってみました。
マイクを使うと、それぞれの歌声が逃げ場なくよくわかるので、一人一人がちゃんと歌うこと、そして気持ちと声を合わせる必要性を感じます。最初に通したときは正直えらいこっちゃ…という感じでしたが、円形になってみんながあわせることを意識したとたん、1回で歌もハーモニーも変わりました
とくにたいち氏とみほりんさんのデュオの時は、あまりの声の合い具合に、うっとり聞きほれてしまいましたぜ

●Always
どうもテナーを歌ってしまう…(ここではsuwanはアルト)
1番、2番の歌い方、先日せっかく歌詞の和訳をしたので、大事なことばや意味を意識して歌ってみる。サビの部分も思いを込めて歌いたい。

●パパパパーンの歌
もともと結婚行進曲がもとになっているこの歌。言葉は後付けなのでアカペラで美しい和音を聞かせたいものです。最初はボロボロでしたが、だんだん和音が決まってきた。聞いた人もあったかい気持ちになれるように歌いたい。

●Oh,Happy Day
時間がなくて1回通しただけ。

ここでwassyさんの論文より引用。

曲中の歌詞にこうあります。

Oh happy day, oh happy day
When He washed my sins away
(なんてすばらしい日、なんてすばらしい日
 ジーザスが私の罪を洗い流してくださった)

ここで注目していただきたいのは、
ジーザスが洗い流したのは“私”の罪であって、
決して“私たち”の罪ではないという点です。
これは、まさに2章2項で述べました「神対自分の一対一の関係」ですね。

ですから、歌の解釈としては、
「生まれ変わった自分、その歓びを大きな声で叫びたい、伝えたい!!」
という、他の誰のものでもない“私の歓び”というものを、
一人称単数形で表現しなければなりません。


しかし、わっしぃはこのようなクワイアをよく見かけます。

「そらぁー、皆の衆、今日は“はっぴぃでぇ”じゃー。踊れー、唄えー!!」
と、ステージの上はどんちゃん騒ぎ。
確かに、“楽しい”という表現はされているのですが、
肝心の“私の歓び”は、いくら耳をすませても、いっこうに聞えてきません。

“私の歓び”を、ひそかにかみ締め、
そして最後には、その歓びが抑えきれずにシャウト(叫び)となり、
一気に外へほとばしり出る心象表現であるはずの“Oh Happy Day”が、
まるで、村祭りの豊年踊りのようになってしまっています。


わは~~~~耳が痛い(;^_^A
最初かみ締めてうたい、こらえきれない思いがシャウトとなるという表現はずれていないのですが、曲に込められた意味や意図を把握せずに、ただ最初小さく歌い、後半盛り上げるというのではゴスペルのもつ力を表現しきれないのですね。気をつけます~

歌のテクニックを身に付けることと、歌に込められた思いを汲み取って表現すること、この2つをこれからもできるかぎり追い求めていきたいと思います。

comment

Secret

どのように手配してる?

折角なので歌う機会をできるだけ設けるようにしているのだけど、その度にオケ・伴奏の手配に悩んでいます。
特にゴスペル曲はカラオケで録音するという手もあまり使えないし、どうしたものかと。。
簡単なピアノ伴奏なら打ち込みもできるけど、それでも連日徹夜で体壊しそうになるし。

いつもどうしてますか?

確かに

オケがある曲からしか選択できません~(;^_^A
みんなでお金を出してプロに作ってもらうという手もあるようですが…

パパパパーンはアカペラに挑戦。
Alwaysオケはたまたま友人から入手しました。
新曲したくても、オケがないとなかなか難しいですよね~。

結婚行進曲(メンデルスゾーン)

のファンファーレは華やかですし、アカペラかっこいいですねー。
どなたかがアレンジされたのですか?

ウチでアカペラやろうなんていい出した日には総スカン食いそうです。
楽譜とお手本音源を渡してあって、回数は多くなくてもレッスンでもやっているのに「出来ません」と返事されてしまう位ですから(-_-;)

オケ入手は、やはり他choirにお友達増やすのが近道そうですね。がんばろう。



決まればカッコイイですよ(*^_^*)

パパパパーンの歌の楽譜も●マハの人からもらったのです(^ー^*)えへ
持つべきものは友人ですv-290

中学・高校・大学とも小さなコーラス部に入っていたので、アカペラ曲は実はよくやってました。今は全然歌ってないから音感悪いけど、あの頃は毎日練習できたから、現代作曲家のアカペラを始めとして、民謡とか、琉球音階の曲とか、宗教曲(ミサ曲)とか、マザーグースの曲とか、J-popとかいろいろ歌う機会ありました。
マイク使わないコーラスでは、人数が少ないと下手すると音量でピアノ伴奏に負けちゃうのです。ハーモニーの美しさやリズムの面白さ、緊張感…アカペラはホントいいですよね!

ゴスペル始めたとき、アカペラでもピアノ伴奏でもなく、オケがあるというのが実は新鮮でした。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。