スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白目ウィスパー

発声練習の最初の音でのどの調子悪さに気付く。さすがに昨日歌いすぎたか(;^_^A ピッチが常に低めで動いているし。おかげで普段でない低音が出たけどさ(苦笑)
睡眠不足のせいもあってか、いつも以上に歌うときに目を開けてられなくてついつい目が細くなってしまう。本当は目をカッと開けてたほうがピッチはキープできるんだけどな。これは本番までに表情特訓しておこう。

以下自分メモ。

●日本語曲●
作曲家による演奏ポイント解説をみんなで読む。おお~!これはありがたい。きっとこれは次の合同練あたりで配布されることでしょう。
簡単に紹介すると、優しい気持ちで柔らかな笑顔、スキャットは歌詞を引き立てるように歌う、サビは3パートのハーモニーを感じながら、最後は願いを込めて心の叫びを歌で表現。

がぎぐげごのビダク音がきれいに発音できるともっと美しくなるかな。「自分だけが」「悲しいことが」「夢が叶う」「ねがい」。
最後の「るー」はギリギリまで強く伸ばす。

●トラディショナル曲●
メリスマ、意識しすぎてやりすぎて完全に音符になってた(-.-;)自然に入れたい。
「m」の響きがイマイチ。たとえ一瞬でも響かせたい。
後半かけあいのアルトのリズム感特訓。歌い方を図形にあらわしてイメージをつかむ。くしゃみ寸前のような師匠歌いまわしにりーちゃん壁をたたいて大うけ。
テナー、微妙にピッチが低いのが気持ち悪い。常に高め意識を。

chocolaTeraで歌うときの立ち位置はいつもsuwanが右でにごうさんが左。にごうさんの右手を目の端で見ながら気付いたのが、にごうさんは歌詞の意味にあわせて手が動いている。suwanは音の動きと歌いたい声の出し方の図形イメージで手が動く。だからにごうさんが手を上げるときにsuwanは手を下ろしていたり、逆にsuwanが手を上げているときににごうさんが手を下ろしていたりする。それなのに歌が合うのが面白いなぁと一人にやけるsuwanなのでした。

●Always●
土7で歌うときソプラノ部分もみんなで歌うので、歌詞を覚えるためにも無声音で一緒に歌う。シーンごとにウィスパーと裏声と地声の使い分けがポイントです。
最後は失神するほどのウィスパーを。

●フルゴス曲●
ユニゾン部分、ねちっこくひっぱる。
3パート掛け合い部分、リズムとテンポを見失わないように注意。

●日本語曲2●
この曲はスキャットの注意をよくうけるけど、suwanはスキャットの方が断然のびのびと歌えます。でも今日は初めて歌詞をまちがわずに歌うことができた…(感涙)
めっちゃ次の歌詞を頭で考えながら歌いましたさ(笑)もうちょっと気持ちに余裕をもって歌いたい。

●フルゴス曲2●
ためすぎない、はしりすぎない。前奏の間に16分音符4つを感じておく。切るところ注意。


今週金曜の合同練習はいけないのです。いける方は是非あっちにレポお願いしますです~

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。