スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西へ東へ…奈良女42回定期演奏会

福岡から11時に神戸へ戻り、13時からの練習のために難波へ。
そして17時には後輩達の演奏会を見に大和郡山へ。
本日の移動距離は700キロを越しました(;^_^A

明日はイオン大日ショッピングセンターでゴスペルライブをしてきますo(^-^)o
歌うのは11:00~、13:00~、15:00~、17:00~の4回。
ショッピングセンターでのライブなので、ゴスペル有名曲とクリスマスソングを(*^_^*)

そして、夜は難波のライブハウスROCKETSへ移動して5曲歌いますo(^-^)o

急な話だったので練習は2回のみ。
練習時間も限られているので、2回ずつ通すくらい。だからこそ、一人一人が集中して歌います。

歌詞がまだ完全でなく、しかも音程もアヤシイところ多いsuwan…他の4人がみんな歌えているだけに焦る…
他のメンバーとプロのピアニストの足をひっぱらないよう、明日、会場につくまでひたすら聞きまくります。



練習後、年に一度の後輩達の演奏会を聞きに奈良へ。今年はやまと郡山城ホールでした。演奏会前にThaniwaちゃん、Tama嬢と合流したとき、モスバーガーで明日のライブで歌う曲の歌詞暗記につきあってもらいました。

初めての歌と、リード歌う曲の不安はもちろんのこと…、予想外に苦労しているのが「ジングルベル」の歌詞。

suwan「♪はしれそりよ~・・・えっとなんだっけ」
Thaniwa「( ̄□ ̄;)!! 風のように」

suwan「♪はしれそりよ~雪の・・・中を?」
Tama「(-.-;)風のように!」

歌詞の1行目、「はしれそりよ 風のように 雪の中を 軽く早く」からして、なぜか覚えられない。。。
suwanの記憶力の悪さというか、忘却力の良さを、あらためて痛感。

ThaniwaちゃんもTama嬢もふたりして、ジェスチャーやイメージトレーニングで少しでもsuwanが覚えられるようにしてくれるのですが…

「ほんまにギャグかと思うくらい、覚えられんのやなぁ…(しみじみ)」
・・・すんません(T_T)



さてさて、今日のメインイベント!定期演奏会なのです!!
奈良女子師範学校校歌から演奏会がはじまります。

第1ステージは女声合唱とピアノのための「空の名前」。
藤島先生のボイトレ効果で、みんな声は本当に美しい。でも、ソプラノのピッチが気になった。慎ましやかで控えめな性格が悪い意味で出た演奏だったなぁ。
合唱曲でソプラノはやっぱり花形なのです。いかにアルトがええ声~♪でも、メゾの表情がよくても、ソプラノの音が下がっていたり主張弱すぎたら、コーラスとして評価が低くなってしまう。がんばれ~!

第2ステージは企画ステージで「コーラス・ライン」
歌あり、芝居あり、ダンスあり、よ~がんばったなぁ(T_T)ほんと、ものっすごく時間かけて練習した跡がみえたよ。

でも、suwanは指揮者の手の動きが気になって、アンケートにもややキビシメのこと書いちゃった。指揮は「型」が美しくないと歌い手への指示が的確に出せなくなってしまうのです。打点の位置と手の軌跡の基本は非常に大事。がんばれ~!

第3ステージは山本先生指揮、姫野先生ピアノで、モーツアルトの「Missa brevis in D-Dur」
なななななな~~~~んとっ!!ボイストレーナーの藤島先生がソプラノに入っている!!
学生主役のステージだから藤島先生は前面に出過ぎないように配慮してはったけど、ピッチの高さ、響きの美しさで、声の存在感は全然違う。さすが!!そしてソロ部分の先生の歌の素晴らしいこと!何より高音ピアニッシモでのロングトーンの美しさにまばたきと呼吸を忘れるsuwanでございます。ああ、やっぱり藤島先生と一緒に歌う機会がまた欲しいなぁ。

第4ステージは無伴奏女性合唱のための「青色廃園」
1~3ステージと比べて演奏の質が全然違った。合唱祭、ジョイントコンサート、コンクールでも歌ってきている曲ということもあって、さすがに自信あふれた演奏でした。
4回生はこれが最後のステージということで、頭にお花の飾りをつけています。今年は4回生が多かったんだなぁ。来年大変だねぇ(T_T)がんばれ~

山本先生、藤島先生、姫野先生に団員から花束が渡される。受け取った花束を客席に見えるようにそれぞれ指揮台やステージやピアノの上において、そしてアンコール演奏。こうすると花束がいきるね!

アンコールは、山本先生がミラーボールまわるなか、ちょっと暗めの青い光の中、夜店とかで売っている光る腕輪をつけてクリスマスソング。ムードたっぷりでした(^-^)

そして、正指揮者によるアンコール演奏は新実徳英の「聞こえる」。
ああ~、なつかしい。Thaniwaちゃん、Tama嬢もおんなじこと思っていたみたい。suwanは在学中にこの曲を何回か指揮振らせていただきました。手が曲を覚えていたよ(*^_^*)いますぐでも振れるかも(笑)




久しぶりに合唱曲をたっぷり堪能して、1つ発見が!
先日「My Life,My Love,My all」を歌ったときにしっくりこなかった答えの1つを見つけたんです。

それは「フレーズ感」!

たとえば「My hands … were made … to wor … ship you」の
「…」部分は楽譜では休符がついているんだけど、実際には「My hands were made to worship you」という一文だから、フレーズがぶちんぶちん切れてはいけないんです。
でも、楽譜では休符がついている。
そう、休符ひとつひとつで休むというか切るのではなく、意識は常につなげておかなければいけなかったんだ!

宇多田ヒカルの「Automatic」で「な・なかいめのべ・ルで受話器を取った君」の「・」部分が、音は切れてるんだけど意識が切れていないのとおんなじこと。

これは「My past has been erased with just one touch from you」のとこでもおんなじことが言える。

コーラスでは当たり前のようにやっていた表現方法を忘れていた。
今日、それを思い出したことは、suwanにとってものすごいことです。

明日、早速意識してみよう!!

comment

Secret

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。