スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BGMとしての演奏

今日はたっぷり睡眠&栄養をとって元気になったので、日記にミクシイにブログにとあちこちでかいてます(^ー^*)えへ

テレビで、もうクリスマスの準備をしているという特集をみて、昔、クリスマスシーズンに聖歌隊(?)として、ホテルのレストランでクリスマスソングを5~6曲歌ったことを思い出しました。(ホテルの食事付きやったし、あれは本当にいいバイトやったわ~遠い目)

今、suwanがゴスペルやコーラスで歌うような演奏会やライブというのは、ゴスペルやコーラスを聞きにきてくれている人、もしくはsuwanや他のメンバーの歌を聞きにきてくれている人相手。
野外ライブとしても、歌が好きな人が立ち止まってくれたりもする。

でも、レストランでの演奏というのは、お客さんは演奏を聞きにきたわけではないんです。食事、いやもっといえば、一緒に来た人との会話をしにきているようなもの。たまたまそこに生演奏があったというだけのこと。

あのとき、ステージのちょうど目の前のカップルが、こちらに「気を使って」食事中断して聞いてくれていたのが、嬉しい反面申し訳ない気持ちになった。本来は二人の楽しい会話のBGMになれたらよかったのにね。

演奏者としては歌を聞いてほしいという欲がでてくるんだけど、お客さんの会話を盛り上げるBGMになりきれるかというのも大事なことかもしれません。

いい料理が会話をはずませるように、いい演奏が会話をはずませる。
でもどんなにいい料理でも、シェフが前面に出てきて主張しすぎたら、ちょっと興ざめしたりする。

よくホテルのレストランやバーとかでピアノ生演奏とかしていたりするけど、あの人たちは「聞いてくれ~~~」オーラは出していない。あくまでも優雅な空間を演出している。だからそのままお客さんはそれぞれしゃべり続けているけど、演奏が終わったらいい演奏には自然と拍手が生まれる。そう、会話をしていても、合間に演奏は耳に入るもの。主張しすぎなくても聞こえているんだよね。

前面に出て表現しお客さんたちに楽しんでもらうライブ&演奏会と、控えめに音楽でお客さんたちの大事な時間に花を添える演奏と。

TPOを踏まえて、演奏に臨みたいものです。

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。