スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よどこん定期演奏会

大学時代の後輩みわにーの所属する淀川混声合唱団(以下よどこん)の演奏会にいずみホールへ行ってきました!
お盆というのに、いずみホールはほぼ満席。すごいっ!o(^-^)o

1ステはエストニア民謡「Jaanilaul」の1曲。
後半、パート内でさらに2~3の音に分かれる。それがまたぶつかりまくりの不協和音。ひぃぃぃぃ(>_<)聞いているほうもめちゃくちゃ緊張したぁ。
あれは正しいのか、まちがっているのか、と思って、演奏後にみわにーに直接聞いてみたら、正しい音だったみたい。恐ろしい曲だ。。。

2ステは谷川俊太郎作詞、松下耕作曲、混声合唱とピアノのための組曲「静かな雨の夜に」
伊東氏の指揮は、丸くて、柔らかくて、力強い。息の流れというか、作りたい曲のイメージを指揮が表している。何度みてもうまいなぁ・・・

3ステはオセアニアの合唱曲より5曲。
4つのステージに共通の黒のロングドレスの衣装に、赤や黄色の花飾りがかわいい(^-^)
手拍子や足踏みの仕方、研究してあるなぁ。キレがあって、かっこいい!ステージを広々と使って、のびのびと歌ってはりました。やっぱりいろいろ動いて歌えるのはいいなぁ。

ただ、合唱人は声の美しさを常に追求しているから、曲中で強い地声を出すのが苦手。suwanも昔はそうだったからよくわかる(;^_^A
歓声を上げる部分は、裏声の壁を破らないとお上品な歓声になってしまうんです。

4ステは谷川俊太郎作詞、北川昇作曲、無伴奏混声合唱のための「シャガールと木の葉」。作曲家の北川氏は大阪音大の学生さんとのこと!よどこんが初めて委託初演に挑戦ということで、一番気合いが入っています。演奏後、客席から北川氏がステージに上がったんだけど、若い!それであの合唱曲を作り上げたなんて、すごいわぁ。
みわにーがチケットを送ってくれるときに「とても素敵な作品です。合唱人なら歌いたくなる~という感じ」と手紙に書いているのがよくわかりました(^-^)

それにしても、よどこん、やっぱりうまいなぁ。声が本当に美しくて、アカペラでもハーモニーがまったく崩れないから、アカペラであることを忘れるくらい。

アンコール曲で、パートリーダーたちによる歌もありました。ちなみにみわにーはアルトのパートリーダー。昔からみわにーのまろやかできれいな声は大好きo(^-^)o
今日も堪能させていただきました(*^_^*)

みわにー、本当にお疲れ様でしたっ。素敵なステージをありがとう!

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。