スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Meets. 神戸で出会う

先月、後輩達のジョイントコンサートに行った時のこと。
途中休憩の間、パンフにどっさりはさまっている他団の演奏会ちらしをみます。
「ああ、この曲歌うんだ、なつかし~」とか、「この作曲家はこんな曲を作ったんだ」とか、「この団がこの曲を歌うのか~」とか思いながらみていて、あるちらしでsuwanの手が止まる。

「Meets. 神戸で出会う、こんな演奏会。」
ぶっちゃけ、合唱団は知らない団でした(;^_^A
でも裏面に書いてあるソリストの名前をみて、時が止まる。suwanの思いは10年前にさかのぼります。

suwanが学生時代、憧れていた学生指揮者は、京産グリーの石原氏、同志社こまくさの浦氏、そして奈良女のF先輩。suwanより学年2つ上だったんだけど、3人はsuwanにとって雲の上の人々。3人の技術に少しでも近づきたくって、京都のいろんな演奏会やイベントに顔を出して、目で技術を盗もうと努力したものでした。3人とも本当に心から尊敬していました。

以前もちょっと紹介した、1年限りということで結成された「合唱団流れ星」、そこで憧れの3人の指揮で歌うことができたのはsuwanにとってかけがえのない経験です。

その石原氏の名前が、フォーレのレクイエムのバリトン・ソリストとして、ちらしに載っていたのです。
しかも、ソプラノ・ソリストはあの飯沼先生!そういえば飯沼先生の歌声って聞いたことないかも。
これは何が何でも絶対に見に行かなくては!
そして、できることなら石原氏に会って話がしたい。石原氏がsuwanを覚えているかどうかは別として…(;^_^A

演奏会は混声合唱団と女声合唱団のジョイントコンサート。
2部構成で、1部は2団の女性陣による「女の歌」3曲、男声による「男の歌」3曲、2団合同混声での「みんなの歌」3曲という面白いスタイルでした。

「Sireli,kas mul onne」という曲は女声合唱、男声合唱、混声合唱のそれぞれで作られているということで、女、男、みんなで3回聞きました。おんなじ曲なのに、曲の感じが違うものです。なるほどね~。

女の歌では、木下牧子作曲の「歌」がありました!
suwanが大学3回生の時にコンクールで指揮をして、銀賞をいただいた思い出の曲です。
「はじめての子を持ったとき 女のくちびるから ひとりでに漏れだす歌は この世でいちばん優しい歌だ」という新川和江さんの詩がまた素敵なんです。
曲の作り方が全然違ったので、suwanはあのころこう表現したよなぁと懐かしく思いながら聞きました。やっぱりsuwanは情熱的な曲作りが好きみたい(^ー^*)えへ

女の歌3曲目は「Hail Holy Queen」、合唱版だとやっぱりルバート部分は天使が出てきそうなくらいめちゃくちゃ美しい、でも後半はゴスペル版の方が勢いがある。
振り付けは、合唱はマイクを使わないから両手を使えて、しかもいろいろ動ける分いろんなことができるなぁと思いました。手を伸ばして横に動かしたり、まっすぐ上から下ろすような大きなふりは50人の大人数でするとダイナミックさがでていいなぁ。φ(.. ) メモメモ

男の歌の中で、黒人霊歌から「In That Great Gettin' Up Mornin'」が始まった瞬間、思わずビクッと体が反応!この曲、題名が分からなかったけど、めっちゃ好きな曲だったんだ!うわ~~~~!!!10年後に曲名が分かるとは嬉しいわぁ(*^_^*)

他の曲は初めてきく曲でしたが、練習した曲と練習が足りていない曲がすぐにわかっちゃいました(;^_^A



第2部はフォーレの「レクイエム」。はい、一般人にとっては睡魔と闘わなくてはいけないタイプの宗教曲です(;^_^A
でも石原氏と飯沼先生のソロを見るため、suwanは休憩中に席を移動して、前から3列目どまんなかに陣取ります。

ちなみに、このステージでは、この演奏のために有志が集まったオーケストラが結成。ビオラ、チェロ、コントラバス、トランペット、ホルン、トロンボーン、ティンパニ、ハープにオルガンと豪華な内容でしたo(^-^)o

拍手に迎えられて指揮者、ソリスト登場!
10年ぶりにみる石原氏、うはぁ!全然変わってない~~~~~~(一人でニヤリ)
大学卒業後、音大に入りなおし、大学院まで進まれたということもあって、バリトンの歌声すばらしいこと!声量あるのは学生時代から知っていたけど、声の響きが全然違う。プロのソリストとして活躍するってすごいことだわ~(ため息)
ソプラノの飯沼先生、歌声初めて聞きましたが、さすがです。

もうしわけないけど、歌をほとんど聞かず、指揮者とソリスト2人ばかりを目でおってました。ソロの部分、もっと聞きたかった~(>_<)

演奏会終了後、ロビーに出てこられるかなぁと待ってみましたが、さすがにソリストは出てきません。勇気を出して、楽屋まで行ってみました。
ステージに一番近いところに「石原先生」と書かれた部屋を発見。

部屋の前でうろうろと歩いてみて、勇気を出してコンコンとノック。
「はい」という声が聞こえたので、まさに、ドア|_・)そぉ~っ ←こんな感じでドアを開ける。
そこには既に着替えた石原氏が!

suwanの顔をみて、あっ!と反応をしてくださいました(T_T)
覚えてもらってたっっっ!!(大感激)

実はすっかりsuwanは忘れていたんですが、熊本のおんなじO小学校出身だったということまで覚えていただいてました!(T_T)

ちなみにsuwanの忘却力は非常に勝れているため、たいていの話は覚えていません。だから日記やらブログやらつけだしたんだけど、それでも忘れていることだらけ(*^_^*)ヾ(- -;)

10分ほど、お話をしたでしょうか。F先輩の話もでました。言葉にならない思いは共通していたと思います。先月からF先輩を話題にすることが増えました。空からF先輩も聞いてくれているかなぁ

かわいいお子さんの写真を見せるときは、音楽に厳しい石原先輩でも、ソリストの石原先生でもない、優しいパパの顔でした(^-^)

ほんと、勇気だして、会いにいって本当によかった!
また、演奏会を聞きにいく機会ができるかもしれません。

今日の再会に乾杯!

今日のゴスペル・レッスンの分はもうちょっと待って~(;^_^A

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。