スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Seeds Of Love vol.3 in 石山

2週間前、師匠にブログの存在がばれた日のこと、恥ずかしさのあまり顔を合わせられず、今日のライブも行くのやめて、Everlasting Joyのコンサートに行こうかと迷ってました。

そんなsuwanの背中を押したのはみほりんさん。何度も「ほんまに行かへんのぉ~」とあの魅惑のにゃんこ目で誘ってきます。まぁ、師匠一筋○年、筋金入り師匠ファンのみほりんさんとしては、石山まで一緒にいく相手が欲しかったのだと思いますが(;^_^A

(とか何とか言って、自分もほんまは行きたかったんやろ。(x_x) ☆\( ̄∇ ̄*)バシッbyみほりん)
(あんたら、ほんまによ~行くなぁ(-_-)(-_-)…by番長&コーチ)
(これでもたちなおるのに2日かかったんです(T_T))

でも、みほりんさんに大感謝です。だって、今日もめっちゃ良かったんだも~ん♪
師匠のライブ以外でもあちこちに出没するsuwan。基本は後で後悔したくないから。suwanは運がいいのか、いままで行って損したと思うことよりも、行って良かったと思うことの方が圧倒的に多いです。(^ー^*)えへ
今日も本当に寒い中だったけど、行って本当によかった。o(^-^)o

毎回みほりんさんは師匠のライブの時に素晴らしい場所をキープしてくださるのですが、その秘訣が分かりました。
まず、待ち合わせ時間の早さにびっくり。開場時間よりも早い時間に付くスケジュールです。suwanだけだったらもっと遅くに行ったでしょう。(;^_^A
おかげで今日も前から2列目ど真ん中という、すばらしい場所取りができました。わはは。

ただ、ひとつだけ。
早く行ったのに、開場が25分遅れたので、寒い中で待つのはちょっと辛かった。これは会場の受付の問題だと思うけどね。

師匠のホームグラウンド滋賀での初めてのワンマンライブということもあって、大阪や難波でのライブとはお客さんが違う。知り合いいるかなぁと会場を見回したとき、土6のKさんと土8のFさんを発見。いつものコアなファンでございます(笑)まぁ。ここまでおっかけてくるくらいだから、我々は相当の人たちだよ。(自画自賛?)



「小さな海」のプロモーションビデオ放映から始まる。

ライブは岩井ロングセラー氏のキーボードとのデュオによる「レミニ」で静かにスタート。「over and over」のせつなさげがなんともいえません。岩井氏の演奏、ピアニッシモまで聴かせます。おちゃめでかわいいキャラですが、演奏ではいろんな顔をみせます。

続いてハンサム野口氏とのギターデュオ「ここにおいでよ」。うわ~、この曲めっちゃ久しぶりに聞く気がする。この曲は最初からハリのある声で熱唱することが多いけど、今日は最初はファルセットで語りかけるように、だんだん盛り上げて最後は大熱唱。いつもながらあのアドリブはすごいです。

他のバンドメンバー、コーラスにハート&ソウルも加わって「最後ノ忘レモノ」。客席全員でクラップうちながら聞きます。安倍氏のドラム、やっぱかっこええ~(*^_^*)ハート&ソウルの衣装は白。今日はakkoさんのお胸にくぎづけのsuwanでした。ヾ(- -;)ドコ見トンネン!
Kozさんの「bye bye goodbye」の歌い方、すき~(*^_^*)
ベースのナカイ氏、suwanの場所からは残念ながらハート&ソウルの皆様に隠れて、ほとんどみえませんでした。残念。

本日の師匠の衣装は最初は黒のジャケットに白シャツ、黒の皮パン。ワンポイントアクセサリーが胸元で、クロスのペンダントが首元で光ります。いつもみほりんさんと今日の衣装はどんなんやろと期待しています。予想、半分あたり。

シャングリラのライブで気になっていた曲で、ようやく曲名が分かった「Lay Your Hands On Me」と「White Jammy」。全員が楽しそうに演奏されているのでこちらも負けずにノリノリでクラップします(^0^)//

「How does it feel」も久しぶりに聞いた~。suwanはこの曲もけっこう好きです。なんとなくじっくりじわじわ力を送り込まれるような気がするから。

プロモ第2弾「Love Is Symphony」、滋賀の人々はまじめに見ていますが、suwanは師匠の登場シーンで笑いをこらえるのに必死でした。これは大阪で見せていたらどっかーんと笑いが起こっていたと思います…(;^_^A
途中で音声フェードアウトして、サックス栗田氏とハンサムガイズ、師匠により生演奏。栗田氏サックス気合いはいりまくり。これでもかとテクをみせつけます。後ろから野口氏が「お~お~やりよるなぁ」みたいな目でニヤニヤしながら見ているのが面白かったです。(^-^)
ひそかに野口氏も歌をくちずさんでました。実は「ソプラノ」歌いかった!?

ハンサムガイズと師匠の3人による「テノヒラ」。切なさの伝道師の真骨頂。ファルセットとウィスパーとかすれ声とため息と…ああ。もう、ずるい。

4年に一度、2007年メルボルンと大阪の間で行われるヨットレースでのテーマソング「Into The Heaven」のプロモ上映もありました。昨日できたばっかりのプロモ、これは見るからに制作費高そう!お金がかかってます!海をバックにタキシードに蝶ネクタイで歌ってはります。これは海岸線をドライブするときに聞きたい曲ですね。

師匠お色直しで、黒シャツになってました。ボタンがキラキラ光ってる。
ハート&ソウルとのアカペラ「神の御子は今宵しも」の時、ずっとハート&ソウルの方を、つまり横を向いてうたってはったので、師匠ののどの動きというか開き具合を見ることができました。よ~開いてはる。

続いて「君がそばにいるから2」。今日もこの曲を聴けた!しあわせ♪
コーラスが入ることで曲に厚みがでます。もんちさんのソプラノ、きれいです。

(ここで記録途絶えたので、ここからは記憶を頼りに(;^_^A)
フルバンドでの「Seeds Of Love」では客席オールスタンディングで一緒に歌います。今日も自分がハート&ソウルの一員になったつもりでハモリを歌いました。

そうそう「Lean On Me」と「In The Sanctuary」もありました!期待してたからめっちゃうれしい!いっしょに歌詞を口ずさみながら歌います。ソロ一人一人を目で追って、少しでも歌い方を脳裏に焼き付けようと必死でした。大阪のシャングリラライブの時はゴスペル系の客が多かったのでこの2曲に対する食いつきはものすごく良かったと思うのですが、今日は「師匠の歌」を聞きに来た人たちが多かったので、一緒に歌える人が少なかったと思います。その分、みほりんさんとsuwanががんばって歌いましたさ。
akkoさんが客席を見ながら歌ってはったので、よく目があった気がします(^ー^*)えへ

「Don't Stop」で自然と客席オールスタンディング。歌い踊りながらもり立てていきます。「パートナーズ」でもハート&ソウルといっしょにハモリを歌ったことは言うまでもない。アルトのakkoさんのくちにあわせて一緒に歌いましたさー。
終わりに近づくにつれてどんどん客席もヒートアップ!(^0^)/もちろんそのまま終わりになんかさせません。鳴り止まないアンコールの声にハンサムガイズと師匠が登場。「小さな海」を生でも演奏。

師匠がはずれてしまったクロスのネックレスを客席に投げる。あっという間の出来事だったけど、受け取った方、めっちゃ喜んでいたようです。(^-^)

全員がステージから去った後もまだまな鳴り止まぬアンコールにまたもや師匠登場。バンドメンバーも続々とステージに戻ってくる。
が、まさか2回もアンコールかかると思っていなかったのか、衣装から私服に着替えていている。それもみなさん地味め(笑)せっかく全員そろったので、もう一度「Seeds Of Love」を全員で大合唱。イントロから客席もガンガン歌います。

すると師匠、胸いっぱいで、入りの歌詞をド忘れしてしまった。
全員コケル(>_<)ドリフのようにコケル。

ここでなんと客席から「かすみにけむる!」と入りの歌詞の助けの声がかかりました。再び歌いだすと、客席のほうもけっこう歌ってます。みんな本当に師匠の歌を聞き込んでいる~(^-^)やっぱり滋賀のファンはすごい!ものすごい一体感のあるライブでした。今日のこの熱い熱いライブにいることができて、本当に良かった。
番長、今日も逃しましたぜ~。

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。