スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠のライブ!VOL7♪

山あり谷ありではありますが、かろうじて皆勤賞の寺尾's RADIO WORKSHOP!

以前師匠から「来ないと損する!ゲストは内緒!」と言われていたのですが、今日は土7からはsuwanのみ。みほりんさん、最後までシークレット・ゲストを知りたいと2部直前までメールが来てたくらいに楽しみにしていたのですが、どうしても仕事抜けられない日がありますよね。(>_<)
も~~~~師匠、最近土7をいぢめるから、バチがあたったんや~(T_T)

さすがに一人で行くのは心細かったので、昨日までいろんな人に声をかけていたら、holyさんからMさんが行くらしいと紹介していただきました!
ええっ!!Mさんって、あのMさん!?!?
suwanが勝手に憧れている女性の一人です。(*^_^*)きゃ~!suwanのメルアドを連絡していただきました!
Mさんとおデート♪と思ったら興奮して4時くらいまで眠れなかったおばかsuwanヾ(- -;)

今日はいつもの席を取ってくださるメンバーがいなかったので、例の場所はとれませんでしたが、それでも1階席はどこのテーブルからでもステージがよく見える。(^-^)
Mさんも開始前に無事来られました!始まるまでおしゃべりさせていただいて、幸せいっぱい(。-_-。)ポッ♪(美人大好きsuwan)

時間15分ほど遅れてライブスタート!
本日の師匠のファッション、黒でまとめてはります。
最初の曲は「テノヒラ」。この曲、何回か聞いているけど、一人暮らしのさびしんぼにはたまらない曲ですわ。(T_T)

ここで、急に飛び入り(?)のような形で、師匠の知り合いで、元ヤクザで、今は本を書いているというこわ~いおっちゃんがステージで紹介される。ダブルのスーツに時代遅れのサングラス。「今でもやくざです!」といわんばかりの格好です。
師匠…いったいどんな人と知り合いなんでしょ。ちょっと引き気味の客席。

続いてサム・クックの「キューピッド」。
サム・クックは黒人音楽のパイオニアであり、レイ・チャールズなどに多大な影響を与えた方だそうです。ドラマの主題歌でウルフルズが歌った「ワンダフル・ワールド」の原曲は彼が作りました。

目で見るラジオ番組と謳う「寺尾's RADIO WORKSHOP」、第1部のゲストは師匠のHPでおなじみのシオケンことシオジリケンジ氏。
彼がゲストということは…
やった~!期待通り「君がそばにいるから2」!!\(^0^)/
シオケンさんのピアノの生演奏でのライブでした。

師匠の歌はバンドの編成が変わると毎回歌い方がかわるのですが、今日の君そば2、良かったぁ。
2番が終わって「毎日願う…」の前の間奏で、ピアノが「ジャッジャッジャッジャッ」とリズムを刻んでテンポを変えると、師匠の歌がガラリと変わった。乗せられて高められて歌っているという感じがしました。お二人とも見事です!

「最後ノ忘レモノ」はシオケンさんが、師匠がこんなこといいそうだとイメージする言葉を並べていたらできた曲だそうです(笑)。ウラ話を聞くと曲の聴き方が変わります。

そうそう、今日は土7を代表して、ラジオネーム「ヒューマンランド」でメッセージ出したら読んでもらえました(;^_^A

1部のラストはコーラス隊「ハンサムガイズ」と一緒に、客席も一緒に「Seeds Of Love」の大合唱で締めくくる。(^0^)/



第2部は「小さな海」のプロモーションビデオから始まる。
衣装は白系にチェンジ。あたたかく柔らかい感じでまとめてはります。

邦楽のカバーはさだまさしの「道化師のソネット」
♪笑ってよ、君のために 笑ってよ 僕のために…
うわ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(T_T)
この曲は1回限りの演奏会をするために集まった、学生指揮者軍団「合唱団流れ星」で歌った思い出の曲です。suwanのメインサイトLady Conductorのherstoryの中にも出てくる、suwanが憧れ、心の底から尊敬していたF先輩といっしょに、そして最後に歌った忘れられない曲です。若くしてこの世を去ったF先輩の笑顔を思い出しながら師匠の歌をきいてました。「ノー・ウーマン・ノー・クライ」を思い出させるレゲエ調の演奏が新鮮でした。

ぽ~っとしている間も曲はどんどん進んでいきます。
RADIO WORKSHOPでは2回目となるシンディ・ローパーの「time after time」
大好きな曲が連続し、suwanの顔がぱあっと明るくなります!

甘い歌声にうっとりとし、サビは一緒にくちずさみながら聞いていたら・・・
大声をあげて客席の後ろから前に出てくる男性が!なに??なにごと??
「なに裏声ばっかでうたっとんねん!!」と声を荒げてステージの方へずかずか歩いていく。
みるからにヤのつくご職業の方。( ̄□ ̄;)!!
師匠の歌が止まり、ハンサムガイズの演奏も止まる。さっきまでのおだやかであたたかな空気が一転、凍りつく。
2階席からさっき紹介された元やくざのおっちゃんの怒声が飛び、さらに別のヤクザまでもが出てきた。{{ (>_<;) }}
も~~~どうなってんのぉぉぉ~~~(ノ゚ο゚)ノオオオオオォォォォォ-----

あれ?でもよくよく聞いてみると…
「寺尾さんのは裏声あっての歌なんや」とか「おまえもうたってみぃ」とか妙な展開。
そして、いちゃもんつけてたヤーちゃん、服の下からマイクを出しちゃったりなんかして…
ガラの悪い4人が師匠と「Oh,Happy Day」うたっちゃったりしてますし。
って、サプライズって…シークレット・ゲストって…これかいっっっっっ(T_T)
劇団チームKGBの方々が2部のゲストでした。客席のみなさんもボー然。
もう、寿命が1年縮みましたわ。(-.-;)

気を取り直して、また最初っから「time after time」を丁寧に歌ってはりましたが、もうなんだか頭はぼーっとしてます。大好きな曲なのにぃぃぃぃぃぃぃ(T_T)

続いては再びサム・クックの「You Send Me」。
この曲は8年前に歌ったとき、ある人にまだ早いと言われた曲とのこと。でも今日聞く限りでは十分素晴らしかったです。師匠にとってリベンジになったのでしょうか?

シャングリラのライブの時にもうたってはった冬の曲、題名聴き損ねた~(>_<)ちょっとウキウキするようなクリスマス向けの曲です。今度曲名聞いておこう。

最後は「パートナーズ」熱唱!お客さん全員にエネルギー注入するかのごとく、声枯れるまで歌ってはりました。

つか、はっきりいって曲の印象とか歌の感想などが、サプライズのせいで記憶ぶっとんだ。
ただでさえ人並み以上に忘却力勝れているのに…(-.-;)

次回の寺尾's RADIO WORKSHOPは1月23日だそうです。今度こそみんなで聴きにきましょうね~

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。