スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子大生にもターゲットを広げるらしい

土曜日は5時に起きて30分ラジオ番組(神戸ミュージックカンパニー)を聞き、二度寝して10時頃起きる生活になったsuwanです。まさに生徒の鑑!(特技:自画自賛)
suwanのラジオは録音機能がないので、起きて聞くしかないんです。低血圧で朝がモーレツに弱いsuwanが毎週5時に起きるとは!おかーちゃんびっくりするやろな。



今日もレッスン前後にキリヨシ練がありました。その模様は後で。
19時から久しぶりのゴスペルレッスン。
前回見学されていた沖縄美女Sさんが入会されましたっっ!o(^-^)o
さらに今日も新たに見学者がっっっ!!!\(^0^)/
今日もコーチが振り替えで来ていたので、ソプ:メゾ:アルト=3:5:3。通常のレッスンで10人以上集まるなんて…(感涙)

さて、今日のレッスンはインフォメーションから。
今年もまた師匠の紹介により11月3日NHK「わが心の大阪メロディー」テレビ生出演の紹介がありましたっっっ!!!ヤッターーーー!!!(昨年の模様はこちら
全国のsuwanファンの皆様、もしかしたら今年もsuwanちゃんの姿がテレビに映るかもしれません!(去年は幸運にもけっこう映っていたんです(^ー^*)えへ)

師匠の「出れる人~?」の声にハーイ(^0^)/と元気に手を上げるsuwan。

実は11月3日は天保山ゴスペルフェスティバルの本番なんです。
本宅サイトの方の昨日の日記にも書いたけど、キリヨシは見事!審査に通過したんです。(≧∇≦)きゃ~♪
おんなじ日におっきな二つのイベントが重なってしまいましたが、今回も「二兎を追って見せようぞ」作戦に向けてやる気まんまんのsuwanさん。
当日のリハーサルに出ずに本番に出ることは正直心配といえば心配ですが、練習とゲネプロに出て歌を前日までに覚えておいてなんとか頑張りたいと思います。
だからわがままを許してくださ~~~~い(>_<)



新人さん&見学さんがいることもあって、今日も発声は基本からしっかりと進めます。

★本日の発声★
1)バズ:唇をぶるるるると振るわせる
2)歯の裏に強く息を当ててスーッスーッと出す。
  このとき二人組で見合ってお互いののどが開いているか確認。
3)ハミングで8拍伸ばす。(のど開け意識)
4)「a」母音で8拍伸ばす。(のど開け&腹筋意識)
5)3パートに分かれて「fuu」でファラドの和音作って8拍伸ばす。
  久々の和音の発声。パートは4人ずつだけど音量バランス悪かったなぁ。

★Hold On,Help Is On The Way★
1)「hold on,help is on the way」のリエゾンの注意、今日で3回目です。
自分ではやっているつもりだけど、まだうまくできていないんだろうなぁ(>_<)。

2)「He may not come」はこの曲で一番熱くなる部分。ここをどう歌うか。
ちなみにsuwanは合唱時代の習性(?)で、音取りが一通り終わると、まずできるだけ全体をf(フォルテ)で歌ってみて、一番盛り上がる部分の最大音量を体で覚えてから、曲調や歌詞に応じてmf(メゾフォルテ)、p(ピアノ)、pp(ピアニッシモ)を逆算して表現してます。フォルテとピアノの差をつけられればつけられるほど曲にメリハリができる。
今日「He may not come」の音量の感覚をつかんだので、次は別の部分をどう歌い、「He may not come」をさらに盛り上げ、引き立てるか研究しよう。

ここで「表現するということ」の指導で、先生が尾崎豊の「I Love You」をちょこっと歌ってくださいました!(≧∇≦)きゃ~♪
「聞きたくないよ~」の「ないよ~」でせつなさの伝道師、寺尾節炸裂。

3)「hold on,help is on the way」で走らない。
先生がためて歌うお手本を示してくださった。ためることがうまくできるとリズム感が出てくる。体が自然に動くわ~。リズムを感じて「h」と「w」の子音をしっかり入れれば、それだけでためができるかな。

レッスンの録音を聞いているとアルトのスキャットは全然聞こえないや(;^_^A
この曲はクワイアが「hold on」の入りをパキッと入れたら迫力あるものになると思うけど、まだへにゃっとしている。もったいない。
これはブレスと入りの意識で変わるでしょう。次への課題です。
「Help!」では腹筋意識してがんばってみました。(^ー^*)えへ
ラストの「help is on the way」も勢いを消さずに最後まで息を出し切りたい。

今日は番長とベティさんのリードが入りましたっっ!o(^-^)oひゅーひゅー!
ホイットニー・ヒューストンのリードはアドリブとメリスマ入りまくりで、原曲なんど聞いても大変だったと思いますが、めっちゃ練習された様子が現れてました。
ベティさんはアルトですが、声けっこう高いトコまで出てます。(^0^)/地声高いですもんね。
前半:番長、後半:ベティさんが担当。番長、ベティさんのリードにめっちゃ刺激を受けた模様。こうして切磋琢磨することで歌が上達していくのでしょう。リードの練習をすることで明らかに個人のレベルが上がっていく。みんなでどんどん技術を高めていきましょうねっっ!!

★明日に架ける橋★
この曲はどんどん息を流して歌いたい曲。ゴスペルの楽譜にはめずらしくクレッシェンドやアクセントなどの記号がたくさん付いている。最低でもその表現はできるようになりたい。
感情移入しやすい歌詞&もともと好きな曲なので、本番はsuwanわーるどにひたりまくりで歌っていることが今から予想できる…(。-_-。)

レッスンの録音聴いていると語尾がどこもかしこもばらばら(>_<)。
曲名にもなっている「bridge」の語尾はなんとしてもキメたい。
英語の発音、母音も子音もそろっていない。これはまだまだ練習が必要ですな。

★Seasons Of Love★
今までメゾでしたが、アルトに初挑戦!思ったよりスムーズに歌えた。
ただ、やっぱりメゾの方が抑揚や強弱、地声とウィスパーなどの表現をつけやすかったなぁ。アルトの音階は低くて普通に歌うのでは聞こえづらいだけに音量が必要。表現までの段階にいくにはもうちょっと声を鍛える必要があるか。

この曲、全体的に走りすぎている。英語の発音がしっかりできていない証拠か。本当にしっかり発音していたら自ずとリズムが定まるはず。落ち着いて歌いたい。



18:30~19:00と20:00~21:00はキリヨシ練。

天保山ゴスペルフェスティバルの出場が決まったので、「He loves Me」の特訓。
もともとは5分以上の曲だけど、出演にあたって5分以内にしないといけない。コーチの教え子たちによるパッション軍団にすばらしいオケを作っていただいたのですが、それがなんと4分55秒。お見事っっ!!
練習の時に「こっちは原曲?オケ?」というくらい本当にすばらしいオケなんです。それに恥じない演奏を本番したいものです。

* * *

中間の見せ場の「love~ove~ove…」で3部コーラスとは別にみほりんさんソロ決定。

コーチ「次の練習までに音取りがんばってねっ♪」
 ( ̄□ ̄;)!! <みほりん

suwan「あれっ?次の練習って、あさってじゃないですか!?」
 ( ̄□ ̄;)!! <みほりん

番長「この前6時間耐久練習でも歌い足りんてゆーてたやんか。」
 ( ̄□ ̄;)!! <みほりん

(鬼~~~~~~~~~~~~~~~~~(ノ_・、)シクシクbyみほりん)



師匠と話をした後、4人で鳥なべ食べながら、天保山以降のキリヨシの活動、コンセプト、歌う曲をどうしようかを考えました。今は9月のライブ成功で熱く&天狗になっているのでイケイケドンドンで企画が出てきます。(笑)

今後の活動や曲などは決まりませんでしたが、これからのキリヨシ、まだまだ面白くなりそうです。乞うご期待!!(^ー^*)えへ

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。