スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心霊現象!?

歌って飲んで帰ってお風呂はいってただいま1時。今日も充実一日でした。
今日も長くなると思うけど(;^_^A、張り切っていきまっせ~~~~!



14時から16時まで、部屋で一人自主練。
「He Loves Me」の楽譜修正しながら、キーボードとパソコンを駆使して音を取る。繰り返し繰り返し音を聞いたおかげで、だんだん音がとれてきました。

連日の飲みのせいで起きた時は声ガラガラだったんだけど、ここでsuwanの秘密兵器「アイストローチ」の登場!梅のど飴やカリンのど飴も好きだけど、今日明日はなんとしても声をいい調子にしたいから医薬品トローチの力を借ります。
この「アイストローチ」、クレープフルーツ味、青ゆず味、ルビーメロン味とかいろんな味があるんです。今日はりんご味にしました。(^ー^*)えへ



18時からみほりんさんと2人でリトル・キリヨシ錬(笑)。

「You Are」
ソロ部分、難易度を落としたのでなんとか歌えました。これでようやく確定できそうです。
明日に間に合ってよかった~(T_T)
土7で歌った曲なので、音や発音は不安が少ないのですが、問題は頭のアカペラ。
もうこれはひたすらコーチの指揮をみるしかない?

「He Loves Me」
コーチソロと3人のおっかけ部分、Oh,oh,ohで原曲をかえたところは、コーチからもらった楽譜の通りに歌うほうが音もシンプルだし、歌いやすい。
明日、番長に確認して問題なければこちらで進めたいものです。
最後の「love lifted me」のユニゾン部分、二人の声がぴったりはまって、あまりの美しさに感動した!気持ちよかった~~~♪こういう瞬間があるから練習も楽しいのです。

「My Life Is In Your Hands」
歌いこんでいないのでやっぱりイマイチ。歌詞もいまだに覚えられず止まってしまう…
(>_<)ごめんなさい…
ここで時間がきたので一旦終了。



19時からゴスペル・レッスン。今日はソプラノ1人、メゾ4人、合計5人。さみちぃ~(>_<)
本日の師匠。濃いブルーのTシャツと白ズボン。白以外のカラーも似合うじゃないっすか。

本日の発声。
バズ(唇をぶるぶると振るわせること)から始まる。次に息をツーを歯の裏に当てて無声音で4拍伸ばす。これによって腹式呼吸と、のどがちゃんとあいているかを確認します。
「分母に息がないと分子に声が乗らない」の言葉にし~んと静まり返る教室…(;^_^A

続いて低いシの音でハミング。のどをあけて響かせる。
「A」の4拍のばし発声はミの音から始まり、ファ、ソ・・・と音が上がっていく。いつもはこのあたりで発声終わるんだけど、今日は高い音までいきました。
ラの音はまだ余裕で出せるけど、シの音になると体が構えて、のどがしまってしまう。
シの音はsuwanの地声と裏声切り替えポイントなんです。(;^_^A

先生は高い声でも訓練の成果で体がのどをあけたまんまの状態である。
suwanは高い音だと思うとのどの奥がしまってしまう。舌の奥を下げたら楽勝ででるというけど、これはまだまだ訓練が必要です。(>_<)
大爆笑するときが一番いい発声をしているんだって。それならいっつもいい発声できてるはずなんですけどねっ。あ、でもそれは練習後か…(;^_^A

さて、今日はとうとう「明日に架ける橋」最後まで音取りをしました。5人で音取りなので椅子をまるく並べてお互いの声を聞きながら練習をする。
ここで先生が「なんか怖い話大会したくなった~」と言い出す。怖い話キライとYさん即答。意外にもQUEEN BEE嬢が怪談話好き。

「Sail on silver girl」の発音は難しい。先生の発音、やっぱりさすがです~。今日は何度も正しい発音を言ってくださったのでありがたかった。

この曲は音が複雑で難しいので、どんどん楽譜への書き込みが増える。
1番、2番、3番ともにメゾの音程は少しずつ違っているんです。
1番の入りはユニゾンだからファの音で入り、2番の入りはメゾはハモリだからレの音で入り、3番の入りはメゾが主旋だから再びファの音で入る。

1番では「I will dry them all」の音は「ファファミ~ドラソ~ラ~」だけど、
2番の「I will comfort you」の所では「ファファミ~ドラソ~ド~」、
3番「dreams are on their way」では「ファファミ~ファミ~ドシラ~」とちょっとずつちょっとずつ変化している。

他にもいくつかあるけど8ページ一番下2小節目のoverの音が今までの音と違うのが一番のまちがえポイント。誰かがかならず惑わされていた。ココは要注意ですわ。楽譜に黒々と○印をつけて、音符の前に「同音」と書き込む。φ(.. ) メモメモ

楽譜を見ながら歌っているときはまだいいけど、しっかり覚えないといけないなぁ。

それにしても「ワン・ツー・ドン」対策、なんとかしないといけません。
笑いすぎて歌えない…(-.-;)今日、番長いたらもっとやばかった。
私らが勝手にウケているだけだから、先生は何にウケているのか判らない。せっかく入りやすいように合図してくださっているのに、冷静に考えると感じ悪いかも…(>_<)ごめんなさ~い。でも笑いが止まらないんです。冷静に戻るのに必死。特に今日はソプラノがみほりんさん一人だったから、笑いが止まらなくてたいへんなことになってました(;^_^A 

今日は番長がレッスンお休みだったんだけど、途中で先生が「あれっ?Uさん(番長)は?」と部屋を見回す。
「今日はお休みですよ」の答えに「えっ!?さっきいてへんかった?」
怖い話大会しようとか言っていた後なだけに「こわ~い」の声が口々にあがる。

ここでみほりんさんがsuwanにこっそりと「常にそばにいるから」と耳打ち。( ̄□ ̄;)!!
番長、想いが積もり積もってついに生霊になって師匠の前に登場ですかっっ??
~~~~~~~~~~~(m ̄ー ̄)m
ってみほりんさん…あなたはsuwanをどれだけ笑わせれば気が済むんでしょうか。。。
そしていないにもかかわらず、このブログのためにネタを提供してくださる番長、お見事ですっ!その芸人魂に敬意を示します(T_T)
今日ほど歌う前に気持ちの切り替えが大変な日はなかった。。。

練習の最後に、次回のレッスンから新しい曲「Hold on,help is on the way」に入るという告知がありました。
先生「この曲はリードヴォーカルのオンパレード。2~3人いるんだけど誰がする?」
「Kさん(ベティさん)」「Uさん(番長)」
先生「じゃあ、KさんとUさんで。ほな、おつかれちゃ~ん!」

あまり記憶がないのですが、どうもsuwanに神が乗り移ったみたいなんですわ。
んでもって、suwanの体を使って何か告示したみたいなんです。
いやぁ、今日は不思議な出来事がいっぱいありましたね~。(; ̄з ̄)♪~♪~~♪♪

ここで実際に番長から来たメールをご紹介。
ブブブブラック ススススワ~ン(T_T) <中略> この鬼スワン <中略> あっ なんか 体調が…(>_<)
(; ̄з ̄)♪~♪~~♪♪

ベティさんと番長に次に会ったときに首絞められそうです…(;^_^A
って、明日番長に会うよ…
他のクラスではリード争奪戦があると聞きますが、土7は推薦で決まります(;^_^A
こんなことをしていたらいつか恐ろしいめにあいそうです。どきどき。

一応補足しておくと、ただ押し付けているわけではなくて、去年1年間で一度もリードをしていない人で、しかも歌える実力があって、練習に比較的出れる人を推薦してます。
合同曲のうちに歌の技術をみんなでつけて、クラス曲に備えよう。そのためにsuwanも含めた数名によって「土7全員ソロ歌い手になろう」作戦が立てられました。

ただ、今回のことでsuwanもついに覚悟を決めました。
ベティさんがソロになると人数少ないアルトがさらに減るんです。だから次の曲からアルトに移ることにしました。ベティさん、Nさん、番長、どうぞよろしくですm(_ _)m



20時からふたたびリトル・キリヨシ錬。
さっきあまりできなかった「My life~」から練習を再開。

特に音が難しいという曲ではないんだけど、下手をすると少年少女合唱団のような歌になってしまう。発表会の入場の際のバックコーラス曲だから歌自体はそんなに聞かれないかもしれないとはいえ、せっかくの名曲をただのキレイな曲に終わらせたくないんです。なのに、どのように歌えばいいのか。どう表現すればいいのか。いまだつかめていない。

でも、実は明日がバンドあわせ(リハーサル)なんです!
そして、来週はなんと師匠に聞いてもらうんです!
悠長なことはもう言っていられない。(T_T)

そこで、先生が20時クラスのレッスンを終えた後、勇気を出して歌うポイントを聞いてみることにした。この行動は本当に大正解!5分ほどの時間で、効果的に聞こえる抑揚のつけ方を教えていただきました。明日、早速番長&コーチに伝えます。

いい機会だからいろいろ細かいことも聞いておこうと思ったんだけど、迷ったら原曲に戻るようアドバイスをいただきました。そこで聞こえるニュアンスが大事。(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン

「強弱をびたっと完璧にあわせて歌うのは、クラシック音楽のように聞こえてしまう。」という言葉はまさに目からウロコでした!!
師匠っっっ(T_T)、やっぱりあなたはすばらしいっっ!ブラヴォー!!

カークとタバナの違い、ここにあったんだ~~~~~~~~!!!!!
タバナの方が確かに美しいのかもしれないけど、エネルギッシュな「ゴスペル」というよりも上品な「賛美歌」っぽいなぁという印象だったんです。(すみません、表現まちがっているかもしれないけど、ニュアンス感じてください。)
おんなじ曲なのに、歌い方、表現でずいぶんと変わるものなんです。ハモリはタバナバージョンでいいけど、やっぱり歌い方はカークバージョンをもう一度提案してみよう。
明日の移動中、しっかり原曲きいていきます~(^0^)/

実際にバンドとあわせてみたら、マイクがあるとはいえ今のキリヨシ4人ではバンドに負けてしまうかもしれない。いかにしてどのように伝えるか、明日で感触つかみたいものです。

comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。