スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペル三昧「Kumbaya」

今日は2ヶ月に1度の「大西・寺尾のゴスペル三昧」。
18時前には仕事を片付けるつもりで張り切ってたのに、朝から仕事がトラブル続きで、思った時間に帰れんかった~(T_T)
30分遅れて入ったら、ちょうど「Stomp」が終わったところだった。うわぁ~ん(T_T)

久しぶりのユカリせんせはまっかっかのタンクトップ。髪型ラヴリー♪
寺尾せんせはいつもの感じ(笑)。

さて、本日の曲はKurt Carrの「Kumbaya」。
5月のゴスペルライブで土6クラスが歌っていためっちゃ盛り上がる曲です。(^0^)/
No One Else

Kumbayaの語源はCome by here。発音はクッバーヤに近い。
低音ユニゾンから始まり、同じような歌詞の繰り返しで、転調転調また転調でどんどん音があがっていく。ひ~~~~~(;^_^A

<本日の指導ポイント>
低音ユニゾン、女声は8年くらいのOLのつもりでイキル(笑)。
Woh oh oh ohではリズムにのりながらステップふむ。
7ページ2小節目の「Oh」はクレッシェンド後スパッと切る!
Lordで伸ばした時の「rd」はカンニングするときのゴムがピシッと戻る感じで(笑)
11ページ入りと14ページ下段の8分休符、リズム意識。
転調したときの音がいまいち取れていない。これは次までにしっかり音をとろう。

<本日の発音ポイント>
Lord:lとrの歌いわけ
praying:playingではない。
shower:カタカナの「シャワー」ではない。ショーwer
Lord I'm down to prays:16分音符にはめるとき、ローrダダォン トゥ プレィズ
I need to:アンニードゥトゥ

<本日の公式>
権力:寺尾<大西
12年間で逆転したのは1度だけ(笑)
てゆーか、逆転したことがあったのか…(爆)

今日もSasayan、めだってました(笑)



今日は歌いながらどんどん自分のテンションが落ちた。
高い声が出せなくなっている。。。

裏声だったら出るんだけど、地声で高い声が出せない。
ラ以上の音になると、裏声に逃げてしまう。
のどに負担がかかるとすぐに頭で考えるより先に裏声になってるんです。
このところ低音部ばっかり歌っていて、地声で高い声を出す機会を作っていないから出し方が分からなくなっているのかもしれない。
けっこう自分でショックでした。。。
練習後にお茶する気分にならないくらい。コーチごめんなさい(>_<)

帰りの電車でレッスン録音MD聴きながら思った。
あの低音のユカリ先生があれだけの高い声を地声で出しているということは、鍛え具合、出し方で高い声も出せるはず。
合唱の裏声発声でずっときているsuwanにとって、高音シャウトは未知の世界。
高音シャウトができるようになったら「lean on me」の高音部も挑戦できるかもしれない。

今日はぼろぼろだけど、がんばるー。

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。