スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリスタ体験!

ヤマハの木昼クラスの激ウマ主婦キョーコ♪さんのお誘いで、南越谷のママさんゴスペルサークルBrilliant Stars(以下ブリスタ)の体験に行ってきました!
約1年ぶりのゴスペルということもあり、前日は楽しみで朝4時まで寝付けなかったsuwanさん…おこちゃまかよ(^_^;)

礼子連れでの外出ということもあり、早め早めで準備をしていても、外出直前のうんちで結局ギリギリになるワナ。しかも、途中で曲がる道を一本まちがえて遠回りしてしまうワナ(-_-;) それでも会場前でキョーコさんと合流できた時にはほっとしました。

ブリスタは千葉を中心として、東京、埼玉のあちこちで練習を展開。埼玉支部の講師が、ここ越谷の講師でもある満知子先生。かっちょいいおねーさんである(*^^)v 体験料支払いとご挨拶に行くとプリントを2枚と、歌詞のみが書かれた紙3曲分をもらう。

入会にあたっては、パート練習用CDを購入するシステムになっている。そして新曲が配られる月は新曲作成代金がかかる。練習は月2回だけど、月謝は1回しか参加できなくても、他の会場の練習に月何回参加しても同じ値段。ということは時間が許せば他の地区の練習に参加するとかなりお得。一斉メールに全地域の練習日程が書いてあって、参加する日程を返信するしくみ。全会場で同じ曲を練習しているからこそできるシステムだね。

さて、本日参加の越谷会場、集まってくる人は子連れのママさんばかり。そらもう、にぎやかにぎやか(笑) そんな中、体操で体をほぐすところから練習スタートです。立って動ける子は部屋で遊んでいたけど、suwanは気が散らないようにするためにも礼子をおんぶして歌うことにしました。

発声はノートPCに入っている音源の自動演奏に合わせて歌う。そうか、こうすれば講師1人でもピアノにつきっきりじゃなくて、発声しているメンバーのところに歩いていって声をしっかり聞くことができるね。ポータブルのスピーカーでもけっこう大きな音がでているので、たくさん声を出しても問題なし。

<本日の発声>
1.「a」で「ドレミファソー ファソラシド― ドシラソファー ソファミレドー」で転調。高音になったら「e」で。高い声は上に響かせないで、前に前に出す感じで。

2.バズで「ドミソドーソミド」。唇を震わせるスピードはできるだけ遅めに。オクターブ上の「ド」の音を出す時もバズのスピードを変えず、息を強くしない。今までにいろんな発声を受けてきたけど、バズの発声でぶるるるると震わせるスピードについて指導があったのは初めて。面白いわ~。

3.巻き舌で半音動きの「ドド♯レド♯ ドド♯レド♯ ドド♯レド♯ ド~」


<Ain't No Mountain High Enough>
参加者はSop3人、Mez4人、Alto3人(suwan含む)。
歌う前に先生がリードを3人を指定していく。指名された人たちがみんな上手でびっくり! というか、リード以外の人もみんな基本的にうまい。音を外す人はいないし、英語の発音もきれい。まだオープンして数カ月とは思えない。レベルの高さにびっくりしました。

久しぶりにキョーコさんのリードを聞けて良かった~ やっぱりうまいっっ! ワクワクした! テンションあがるわ~ キョーコさんのいるソプラノはピッチも安定していてパンチがあって、聞いてて心地よい。

suwanが土7で歌ったものとはハモリとかが違うので、最初は様子をうかがいつつ声を出す感じだったけど、だいたいのコツをつかんだら少しずつ声をだしていく。

満知子先生の指導はリズムとアクセントについての指導が多め。それによってグルーブと抑揚が生まれていく。ソプラノとアルトがお互いの声をよく聞いてハモリを合わせる。録音を聞くとsuwanはアルトの中でもピッチが低い~(>_<)。今までも低めだったけど、1年のブランクのせいか、その下がりっぷりがひどい… いやはや…びっくりだ。高め意識しないとな~。というか、久しぶりで周りの声を聞く余裕がないから、ピッチ下がっているのにも気付きにくくなっているんだろうな。

それにしても、suwanはこの曲歌っているから初回でもなんとか練習についていけたけど、歌詞のみの用紙をみて今日の練習についていくのはもう一人の体験の人は大変だっただろうな~(^_^;) 楽譜がないと、初見で自力でなんとかついていくというのができないから、スキャットとか教えてもらって覚えるまでは歌えなくて歯がゆい。それでも左右にいるアルトのお二人が音程もリズムも安定していたので、両耳で聞きながら歌えたから覚えは早くできたと思う。本当に歌いやすかった。

1時間みっちり歌ったら休憩。背中ですっかり寝てしまっていた礼子を降ろすとちょうど起きたので授乳。他の人もこの間に授乳していた。

後半は「Oh,Happy Day」。ヤマハのエドウィン・ホーキンスバージョンと違い「天使にラブ・ソングを…」バージョンなのでちょっとハモリや音の動きが違っていたけど、何回か歌っていたらわかってきた。
「happy」の発音のスピードというかリズムの指導、裏拍の意識と息遣いなんだけど、先生によって指導のアプローチの仕方が違うのが面白い。

エインノーのリードはみんな指名されていたらすんなり受けていたのに、オーハッピーのリードはみんな目をそらし、誰も受けようとしない。昔のヤマハのリード指名の時のような緊張感が部屋にみなぎり、笑いそうになったよ。先生がいろんな人に声をかけていたけど、結局誰も首を縦にふらなかったので、今日はリードなし(^_^;) 

最後に「さんぽ」も通す。それまで背中で大人しく寝ているか、無言で手足をバタバタさせているだけだった礼子が、さんぽの曲になったら、歓声を上げてきゃっきゃと喜んでいる! 別に胎教でも聞かせてないし、この曲知らないと思うんだけど、何か通じるものがあるのかなぁ。びっくりだ。

2時間みっちり、めっちゃたのしい時間を過ごすことができました! お誘いいただいたキョーコさんに感謝感謝でございます。平日の昼しかやっていないから、仕事復帰したら参加できないのが残念だ~。
スポンサーサイト
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。