スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイク使い練習

12月11日の北千里でのライブにG.T.Ⅱも出演させていただくことになりました!

それを踏まえて、本日のG.T.Ⅱ練習のねらいはマイクスタンドの使い方をマスターすること。発声&体操をいつもよりも5分早めに切り上げて、マイクスタンド8本出して並べます。
あきない祭りの本番の時に、ステージ上でマイクスタンドをどうすればいいのかわからずまごついていた人が多かったことを踏まえ、全員にマイクスタンドの扱い方を経験してもらうことにしました。

「マイクスタンドで歌ったことのない人~」と聞いてみたら、誰も手があがらなかった。ということは一度は使ったことがあるんだろうと思って、まずは何も言わずに8本のマイクを自力で調整してもらうと・・・
あらららら・・・
予想はしていたけど、みんな悪戦苦闘。かなり時間がかかってできあがったのは、高さも角度もバラバラで見た目に全く統一感なっすぃんぐ(^_^;)

ちなみに練習に使ったマイクはこのタイプ
マイクスタンド

子どもたちや普通の身長の人は直立部分の真ん中にある高さを調節するねじはあまり動かさず、T字部分からひょいと飛び出しているつまみで角度を調整、T字部分にある親指くらいのねじを使って斜めに伸びるスタンドの長さを調整。斜めに伸びる分のスタンドはあまり長くのばしすぎると不安定になるので注意ね。

このタイプのスタンドはライブハウスによくあるタイプだから、直立部分のスタンドの高さをどれくらいにしたらいいかつかんでおくと、T字部分から先の調整がしやすくなるかな。

子どもから大人までいるG.T.Ⅱはメンバーの身長差が大きいから、誰かにセッティングしてもらうのではなく、1人1人が自力で調節できるようになってもらわないといけない。教育業界でよく言う「魚を釣ってあげるのではなく、魚の釣り方を教えてあげる」ことを全員にします。これを機会にhumannoteの各クワイアで他のメンバーに教えてあげられるくらいになってほしいものです。

マイクは口の正面にくるようにして、地面とまっすぐになるようにしてセッティング。声がまっすぐマイクに入りやすいようにします。

「マイクスタンドの使い方なんて教わったのは初めて」「マイクの角度はどうしたらいいのか?」「マイクとの距離は?」などあちこちから感想や質問が飛んできます。

慣れてきたら、もう一度全部元に戻して最初からやり直してセッティングしなおしてみる。マイクスタンドが人数分なかったけど、順番に全員がマイクスタンドに実際にさわって、調節してもらいました。するとさすがは男性の集まり、2回目はかなりすんなりセッティングできました(*^^)v

マイクの数が出席人数の半分くらいだったので、2人で1本使って歌う場合と、1人1本でしっかり歌う場合とで実際に歌ってもらいました。
予想通り、2人で1本使用の時は二人ともがマイクから離れて歌ってしまうことが多い。1人1本あったときでも、控え目な態度が裏目にでて、全然声がマイクに入っていない人もいる。

前回の練習で歌についてはかなりみんな気持ちよく、自信をつけてきたと思うけど、マイクを通じて歌ったものの録音を聴くと、パートの人数に関係なく音量バランスが悪かったり、マイクを前にして緊張するのかきばってうたいすぎて前回までできていた抑揚や丁寧な表現がぶっとんでしまったりと課題だらけ(苦笑)
それでもその場で即、今歌った録音を聞いて反省会をして、2回目注意点に気をつけてもう一度歌う。ここでも教育に必要な「直後の強化」をはずしませんぜ。

すると2回目は1回目よりも断然よくなった(*^^)v
前回の練習もそうだけど、2回目に歌うと良いのです。だからあとはライブ本番の時に、注意点を冷静に考え、意識し、表現する頭脳を持って歌えるか。つまり「ウォームハート、クールヘッド」状態でステージに立てるかだ。そのために、当日リハーサル、もしくは本番直前の最終確認の時間を大事にしたい。


そうそう、12月11日と1月のヒルパンのライブにむけて、各曲のリードやフェイクの人を決定させました。
前回の練習の時にリードの希望を聴いて歌ってもらっていたのと、過去の練習での歌の具合、個人の歌と声の特徴とキャラクター、ステージパフォーマンスとイメージなどをもとに決めました。リードを決めてから初めての練習だったので、まだまだそれぞれ課題がありますが、個性あふれる歌声に、本番のステージイメージがふくらんできてワクワクする~!にやにやしっぱなしのsuwanさんです。むふふ・・・


以下、今回の注意点と次回にむけてのメモ

<1曲目>
・リードもクワイアも、最初の入り遅れない。準備早めに
・ツクツクツクツクのリズムを感じて、シンコペーションはっきり
・「Joy」の「J」の準備すべて早めに。これはブレスの練習だな
・繰り返し部分をまちがえないように
・「girls」がかみついたようにならない
・「fishes in」が「ヒッシン」に聞こえる。「f」の子音強化
・トップは2つにわかれる。その分もうちょっとマイクに声を入れる
・セカンドは他のパートを聴く&顔に余裕が欲しい
・ベースが一番安定しているな。
・リードの二人はめいっぱいふりきれてほしい(笑)

<2曲目>
・前奏の間の空気感
・1番部分は丁寧に。歌詞の意味と曲調をもう一度復習しよう。抑揚と表現、そして和音確認。
・リード前半、ビブラートが繊細さと色気にあふれているだけに、フレーズのラストがすべてあと半拍長めに欲しい。これはブレスの練習か
・リード後半、テンポをためた後の「戻し」で、リズムの帳尻合わせが必要。中間部分歌詞をしゃべるように自然に。「day and night」以降、今回の練習くらい本番歌えたら女性はクラクラきちゃうよ。何人か卒倒させとこ(笑)
・ソロ後のクワイア入りもまだ内にこめた感じ。「I want」から一瞬でシーン転換。ただし、テンポを見失わないように。
・トップ、ピッチ落ちないように。全体的にフレーズ短めなのでもう少し声をキープ
・セカンド、「the」で「ザ」が聞こえる。もう少し落とすところで落としてメリハリを
・ベース、タケちゃんがぬけてもがんばろうね(^_^;)
・everyの発音
・最後の和音、絶対に決めよう。

<3曲目>
・クワイア入り準備しっかり。最初は落ち着いているながらも楽しげ誇らしげに
・フレーズ最後、原曲っぽく粘ってずりあげる
・「p」子音、すべてしっかり
・ユニゾンから3パートに分かれるところ、音量アップ(特にトップ)
・「a blessing from」はブレッ・スィん・フロむの「ん」と「む」をリズムにはめる
・「Lord」3回繰り返し部分のビブラート、2拍3連で。
・パートの積み上げ部分、ベースはパート内で声をそろえて歯切れよく、セカンドは焦らない、トップはピッチ注意
・「I'm gonna」は「アイゴナ」ではなく「アムゴナ」
・中間ソロ、歌詞早く覚えてね(笑)。クワイアメンバーからいろいろ掛け合いあってほしい
・最後、全員でスパッと決めること!


今回の2回ずつの歌の録音と、原曲を何度も聴き比べるとまだまだ発音、表現で、本人たちがやっているつもりでも、聞くほうにはそう聞こえないことがいくつかある。
みんなに、とにかく原曲と自分たちの歌声を聴きまくって、何が違うのかを自分なりに分析してほしい。

ああ~、曲に飽きる暇なくまだまだ課題がたくさん見えた。やりたいこともたくさん。
本番まであと1カ月時間が欲しい~
練習時間が足りない~

スポンサーサイト

ウタノタネ in hillsパン工場 vol.4

つわりの具合がずいぶんよくなってきたので、久しぶりのライブ観賞です。
しかも今回は総合司会をたいち氏がすることになったので、応援しにいってきました!

今回のライブはhumannoteの4グループが出場です。
直前だったのにチケット手配してくれた、tomoちゃんには本当に感謝しています!ありがとう。

開場時間を早めていただいたおかげで、外で立ちっぱなしではなく、椅子に座る時間が多くなったのはありがたかったです。待っている間、各グループの紹介用紙があったり、プロモーションビデオが流れていたので、退屈せずに待つことができました。

プロレスの世界タッグ選手権の入場曲「オリンピア」に乗って、MCのたいち氏登場(笑)。各種アナウンスの後、拍手の練習までありました。ノリのよいお客さんばかりだったので、拍手だけで会場が温まった気がします。

1stステージは、あいりす&Bella Donna。2つのクワイア合同での出場です。
赤と紫のキラキラで、それぞれのクワイアがわかるようになっていて、1曲目「Melodies from heaven」は前列にBella Donna、2曲目「Lean On Me」の時には前後入れ替わってあいりすが前列。
プロモビデオには女性ばっかりだったけど、ステージ上では上江洲氏も黒一点で加わります。それならビデオやクワイア紹介にちょっとでも出ておけば自然だったんじゃないかなと思ったりもする。知らない人からしてみると、どこにも映っていない、書いていない男性が一番目立っている感じでした。
6人+6人の12名での出場でしたが、表情のすごく良い人と、緊張で固まっている人の差がちょっとみえたかしら。こうしてみると、視覚的要素の歌う時の笑顔ってすごく目線をひきつけるなぁって思います。

2ndステージは、choirソネーゼ。
ピンクのおそろいの衣装が一体感あるのと、顔うつりが良くって華やかでした。
「Hallelujah」「Total Praise」「生まれ来る子どもたちのために」の3曲の演奏でしたが、なんといっても「生まれ来る」のアレンジとスピーチのすばらしさに会場の涙を誘いました。suwanも今、子どもを授かっているからこそ、今までとは違う感性で受け止めました。言葉もすばらしいんだけど、その伝える方のしゃべり方と表現がとってもよかったです。とくに「あなたがゆく道、わたしがきた道」のところで、自分と母の姿と重なってぐっときました。

3rdステージは、tomoちゃんのいるpurple hydrangea singers。クワイア名の発音が難しい(笑)。肩出し黒衣装にロンググローブで、ここはベロニカかというあでやかさ。色気むんむん。
「時代」「Order my steps」「dancing queen」の3曲の選曲とそれにからめたMCが楽しかった。「歌以外の趣味」で1人1人全員が「dance!」「ダンス!」「ダンス!」「da~nce!」とウエーブのような掛け合いで「dancing queen」に入ったあのテンポの良さ!お見事でした。
「オダマイ」を聞いて燃えるsuwanさん。1月負けないようにしなくっちゃ(メラメラ~)他のクワイアの演奏を聴くと、いろいろな気付きがあって、本当に勉強になります。

4thステージは、種 of 力(seed of power)。金のキラキラをそれぞれがアレンジして豪華な衣装。
「show up!」「私と君の命」「You are good」の3曲で、トリを飾るにふさわしい、迫力あるステージでした。4クワイアの中で、一番ゴスペルクワイアっぽい演奏だったと思います。1人1人の歌唱と表現が良くて個性が引き立っていたのと、またMCの職業紹介のおかげで、個人に対して親近感をもって見ることができました。
ここの演奏を聴くと、表現表情の視覚的要素があるうえで、やっぱり音程がしっかりしていると、安心して聞けるなと改めて思いました。歌がある程度しっかりしていないと、お金を取るライブではなく、「humannote発表会」になってしまう。GTⅡもさらに歌と表現のレベルを上げられるようにしたいと思いました。

ただ、今回のライブに限らずそうなんだけど、どこもかしこも決まりごとのように「on piano 井高寛朗」と紹介し、賛辞を贈れば贈るほど、井高さんが同じ共演者というよりも「お招きしたお客さん」っぽく見えてしまうかな。自分のクワイアだけでなく、他のクワイアでも共通して井高さんにお願いする時は、紹介は最初のクワイアと最後くらいでもいいのかなぁ。あとはステージの途中で呼び込む時くらいか。他のライブで、ここまで同一人物を紹介するのをみたことない。次回のライブでの検討課題にしとこ。

最後に4グループ合同で「みんなトモダチ」。
会場にシェイカーが配られ、お客さんみんなも参加してシャカシャカ演奏します。これ、確かにたのしいわ(笑)。大盛り上がりでライブ終了となりました。

今回の4グループに共通していた2点、まずはMCがどこも本当にお見事でした!みんなあれだけよくしゃべれるよなぁ。しゃべりが堂々としているだけでも、なんとんく「慣れ」というか「余裕」を感じます。こういった雰囲気もステージのイメージを作る上で大事かもしれない。

そして、みんなふりきれていた!(笑)ステージ上での遠慮や躊躇がなく、歌も表現もパフォーマンスも前に前に出ていたのが共通してよかった。さっき書いたのと逆のことになるんだけど、ふりきれっぷりによって、多少音程や和音が崩れた時でもカバーできたと思います。

お金を取るライブにでるからには、やっぱり歌の技術を高める意識と努力は絶対にいると私は常々思っています。「歌は技術じゃなくて例え下手でも楽しさや気持ちが伝われば・・・」という考え方は、ボランティアライブや無料ライブなら通じても、1円でもお金を集めるライブならばお客さんに失礼だと思うのです。
歌の技術をあげる過程として、さらにお客さんを楽しませる手段として、笑顔や表情作り、ステージパフォーマンスや演出の工夫でテンションを上げることも必要。ただ、歌好きのお客さんは、パフォーマンスだけでは本当には満足しないから、やっぱり歌の技術が必要、という結論に至る。やっぱり音程や発音や発声が微妙だと、「がんばっている、熱意はわかるけど残念だな」って思ってしまう。

ただ、出演者の立場からすると、さまざまな事情で万全の状態になる前に本番を迎えることの方が多い。そもそも完璧な演奏なんてある意味ありえない。そのなかで、どこまでお客さんに喜んでもらえるような活動ができるか。

そういう意味で、今回のライブvol.4は、4グループともふりきれていて、過去のhillsパン工場ライブの中で一番見ごたえあって良かったと思います。たいち氏のMCもいろんな意味で楽しませてもらいました(笑)

出演者、スタッフの皆さま、本当にお疲れさまでした。楽しい時間をありがとうございました。

あせだく、息切れ

久しぶりの音楽活動となったGTⅡ練習。
昨日の晩から3曲の原曲聞きまくって、復習をして、今日やる練習について考えてきました。

GTⅡでは2時間の練習のうち、毎回20分~30分は体操・呼吸法・発声に時間をかけています。これは野球部でいう、基礎練習のようなもの。歌をただ歌うだけでは身につかないこともあるので、ここはかなり力を入れてていねいにします。ちなみに内容は3曲で歌う時のポイントを意識して、毎回メニューを変えています。練習会場には大きな鏡があるので、全員鏡をみて、ブレスをするときに肩や胸に力が入らないよう、そして顔の表情、口の形をしっかりみて意識してもらうようにします。

<本日の体操・発声>
・肩まわし、肩ストレッチ
・吸ってとめて、吐いて止めて
・フェイス・トレーニング
・母音発声(i・e・a・o・u)
・バズ(ソファミレド~)
・p子音(ヤパパパパ)
・m子音(ミメマモム~)

前回の練習のときに、2グループに分かれて歌って、それを録音してもらっていたので、曲の練習をする前にまず前回の自分たちの演奏を聴いて、注意点を確認してから練習に入りました。
2グループ(2人×3パート=6人ずつ)だったことで、おそらく自分の声がそれぞれよくわかったことでしょう。みんな顔をしかめたり、目をつぶったり、楽譜とにらめっこしながらじっと聞いています。思い出した後で、ホワイトボードに書いたポイントを共有することで、歌うのは久しぶりだったけど歌がガラリと変わった!suwanが仕事の研修の時によく言う「直後の強化」が、このGTⅡの練習でもまさに効果的でした。
さらに楽譜を全員はずして2回目歌ってみました。あやしいところたくさんあったけど、みんなそれでもよくがんばった!今日間違えたところを、次回はちゃんと歌えるようにマスターしたい。

んでもって、以下のポイントをホワイトボードに書き出して行ったら、みんな熱心にメモをとったり、携帯で撮影したり。その様子にこちらもさらに気合いが入ります。男性たちにはやっぱり具体的・論理的に伝えると注意点を受け入れてくれるかな。ちなみに女性に伝えるときには、「ぐわ~っと」「ドンドンドンドンパーン」とか擬音語というかイメージ重視の言葉が多くなる(笑)

★1曲目ポイント★
①リズムを感じる。「ツクツクツクツク」
  ハトのリズムを首で刻んでみて、裏拍意識
②シンコペーション「タ・ターン・タン」のリズムを意識して歌う
  hey hey hey、friend of mine,deep blue sea,you and me とか。
③切るタイミングをそろえる。
  「his wine~」は2拍伸ばす。
  「fine wine」は小気味よく切る。
  ※「girls」の伸ばす長さは1拍に変更(1か所、5ページ3段目だけ例外で2拍)
④「Joy」の「j」の歌う準備を早めに。
⑤【C】でリズムの変化を意識してはっきり歌う。1拍目の休符を全員が意識。
 【D】でもとに戻った安心感、安定させてしっかり歌う。

この曲はリードの音程がとっても高くて、なかなかみんな歌いこなせず、希望者がでてこない。
次回の練習の時に、試しにリードの音程を3度低くして歌ってみてもらおう。
あとトップテナーから2人、サビ部分上を歌ってもらおう。(タッキーさんとぬっくさんかな←今勝手に決めた)
後半のサビの繰り返しを間違えないようにしないとな。これは次回の課題。


★2曲目ポイント★
①入りの準備しっかり。「a」の口をして「o」
②ためるとぬく。「ツクツクツクツク」のリズムに合わせる。
  O M S I W D L ←単語の頭をしっかりためる。
③everyの発音。エブリ(evuri)にならない。「evri」
④pleaseの表現力。これは直前の休符の扱いが非常に重要
⑤wothyの発音。
⑥【B】の休符の間の意識(表現)。休まない。
⑦nameのクレッシェンド。ぎりぎりまで伸ばし、「me」でのみこんで、次でシーン転換。ここも直前の休符が大事。
⑧praises ringの「p」と「r」の子音しっかり。
⑨in Your wordはクレッシェンド。次の休符勝負!
⑩最後のフェルマータでドミソの和音を味わう。

あとは追加で、7ページ1段目でいったんmfまで盛り上げて、2段目はmpに。これは小さくするのではなく、いったん心を落ち着かせて、かみしめるように言葉を伝えるように歌う。
この曲は抑揚と表現重視。意味ある言葉たちを、語るように伝えたい。
リードは次回の練習で今回の欠席者の歌声を聴いて決めることにしましょう。楽譜にないフェイクを誰かにやってもらいたいなぁ。特に5ページ2段目、4段目、6ページ2段目の休符のところのかけあいね。


★3曲目ポイント★
①リズムを感じる。シャッフル(うんたんうんたん)×3連符(タンカ・タンカ・タンカ・タンカ)
②「p」の破裂音 presence,spirit,power
③「r」は舌を巻く Lord,here,phere
④伸ばす音の切り方そろえる
  alarmは「m」で切る、bowは「w」で切る、Lordは「rd」で切る
⑤【C-1】以降、音の変わるところ意識。
⑥「right now」は小気味よくはっきり。らいっtなぅっ→ら~いな~うにならない。
⑦ラスト全力で。

あとは追加で、【A-1】のユニゾンは音量よりもリラックスして楽しげに歌ってほしい。
ユニゾンから3パートに分かれるところはしっかり。場面転換を意識。
「is here」はセカンド全員上にしよう(←今勝手に決めた)
この曲はほんとにベースがおいしいよなぁ。本番もこの魅力を是非伝えたい。
最後だけ2回繰り返しじゃなくて1回でタイトルになる。これはsuwan含め全員がまちがえちゃったね。次回は間違えないようにしよう。
この曲も後半フェイクと言うか誰か「うぁぁぁぁ~~~」って絶叫してくれないかなぁ。


そんなこんなで2時間では全然練習時間がたりませぬ~。1曲30分しかできないし。12月はなかなか人数もそろわないだろうし・・・む~

そうそう、急遽GTⅡは12月11日(土)にライブ出演することになりました。でびゅー!でびゅー!ひゅー!ひゅー!
ただ、少人数での出場になるから、ステージ構成とかリードとか1月のライブとは別に考えないといけないなぁ。
1曲目と2曲目の2曲がいいとおもうけど、これは出演者と要相談だな。
あと、マイクワークとステージングの練習も次回しなくっちゃ。
いろいろやることできてきたぞ~
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。