スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウタのタネ in HOWLIN'BAR Chain of Music vol.3

humannoteメンバーによるソロライブ第3弾のライブが、塚本HOWLIN'BARにて行われました。
来月そのvol.4に出演することになったsuwanさん、勉強のためにライブのお手伝いをさせていただきました。

13時開場入りの予定だったのですが、ちょいと連絡に行き違いがあったのか(?)、お店の方が来られたのが13:30。そこからマイクや機材のセッティングだったため、リハができたのが13:50から。開場が14:30からだったから、リハができるのはぎりぎり40分。

4組+合同演奏の5ステージ分のリハを40分だったので、もちろん通し練はできない。大事な部分の確認のみのリハーサルとなりました。いやはや、ライブには毎回何らかのトラブルがつきものですが、こんなことになるとは・・・
今回の4組はみんなそれでも歌える人だからいいけど、もしもsuwanがその立場だったら困っちゃうなぁ。今回のことをもとに、次回自分がするときは万が一リハが削られても大丈夫なように事前に声出しと練習をしなくてはいけないと思いました。はい。

suwanは受付係をさせていただいたので、残念ながらステージ上の皆さんの様子は見えず、音のみ楽しむ感じ。
それでもお客さんの反応はよく見えたので、ライブ自体がとてももりあがって、いい雰囲気の中でおこなわれたのはよくわかりました(*^^)v

1番目は岡本恵子さん、suwan憧れのO様とはこの方のことです
♪パラリララリララァ~のメロディが有名な「There must be an angel」、小林明子さんの「恋に落ちて」、マライヤ・キャリーの「Hero」を歌われました。どれもこれもうっとりです
特に「Hero」は岡本さんの歌のうまさが前面に出た感じだったなぁ。ハリのある歌声とビブラートが本当に素敵なのです。

2番目は我らが土7クラスのhapiさん。
「Right Hand Man」、キャロル・キングの「君の友達(You've Got a Friend)」、「I'm available to You」を歌われました。渾身のアベイラブルに客席からすすり泣きの声が聞こえるくらい。ほとばしる感じが良かったです。hapiさんの熱い思いが通じたのではないでしょうか。

休憩はさんで3番目は坂雪恵さん。何度もソロライブをされていて安定感がある。
安全地帯の「ワインレッドの心」、映画ロミオとジュリエットより「I'm Kissing you」、ユニコーンの「すばらしい日々」
日本語曲、それも有名どころが2曲あったおかげでとても聞きやすいステージでした。ワインレッドは、歌声もなんとなくワインレッドな感じで、ムードたっぷりの空間ができあがっていました。

4番目はKAI with Daddy。
GTⅡでもおなじみのKAI君とお父様のユニットです。最初にKAI君が帽子を忘れて取りに帰ったところ、「今日はボクのために集まってくれて・・・」のトーク、歌声もMCも、女性客はKAI君にやられちゃったことでしょう(笑)
絢香×コブクロの「winding road」と「あなたと」、「stand by me」、東方神起の「千年恋歌」
父子ならではのカッコイイステージでした。つかwithではなくandでしょう(笑)

最後は出演者全員でhumannoteの「しあわせのうた」、ビートルズの「HELP」の演奏がありました。
全体を通じて、ピアノは井高寛朗氏。suwanの立ち位置からは井高氏が見えなかったのが残念でした(/_;)

それにしても、4組ともそれぞれの特徴がよくあらわれた、「らしい」ステージでした。自分の世界というのがしっかり確立されていたと思います。

先月のソロライブはsuwanはみていないからわからないんだけど、その反省点などが活かされていたようです。
来月、自分が同じステージに立たせていただくにあたって、本当に勉強になりました。来られたお客さんも本当に満足して帰られたと思います。
出演者の皆さま、本当にお疲れさまでした!

今回のライブを裏から聞いていてとりあえずわかったのは、suwanの今の歌唱技術では正直ソロでステージをするに耐えうるものではない。いろんな意味でまだまだだ。

でも、もうなんとかするしかない。

他の3人の胸を借りて、井高さんのピアノの力を借りて、そして特別ゲストからも力を借りて、「suwanらしいステージだった」と言ってもらえるようなものにしたいものです。
スポンサーサイト

アメリカなまりらしい

2週連続の土7レッスン。
今日も「It's Rainin'」の音取りの続きで、最後までいきました!

・【C】と【C’】では同じ歌詞でも伸ばす長さと歌い方が変わるから注意。
・最後のN.C.の後のテナーの「It’s」の音が今までと違ってファ♭になるから注意。


今日の指導ポイントは2つ。
1)「Rainin'」の「R」
2)【D】でのおなかでかけるビブラート

suwanはコーラスでずっとできるだけビブラートをかけないまっすぐな声を出す練習をしていたから、のどでかけるビブラートはいまだにちょっと苦手。そのかわりおなかでかけるビブラートは腹筋の使い方の問題なので、こちらのほうがけっこうやりやすい。というか、こっちの方がのどを酷使しないから楽だわ。

それにしても、このところ師匠がレッスンで妙なテンションの高さなのがおかしい(笑)
まぁ、テンション低いよりはありがたいけどね

ゴスペル三昧「My Life,My Love,My All」

久しぶりの三昧参加だ~\(^o^)/
昨日に続き、仕事がちょうど早く終えられる時期だったからちょうどよかった。はりきりすぎて早い時間に一番乗りでした(笑)
久しぶりのユカリ先生はやっぱりしゅっとしてはります

さて、今年は11月27日(土)にThe Gospelが中之島の中央公会堂であるんだけど、その日師匠はケニアでおらず、ユカリ先生も当日出られるかどうかまだわからないとのこと。それで、参加人数が少なければ今年は出演を見合わせるらしい
ヤマハメンバーにとってhumannoteの活動参加機会が少ないのと、他の全然違うクワイアの演奏がきけるから、むしろThe Gospelには出たいんだけどなぁ・・・

ただ、三昧自体がヤマハ内でも自分でちらしをみつけない限り、特にレッスンとかで告知されるわけではないからなんせ知られていない。せっかく素晴らしいチャンスなのにもったいないなぁ。。。

次回9月21日の時点で最終参加希望者を募って、出場するかどうかを決めるらしい。
どうぞ人が集まりますように。

* * *

さて、練習について。
以前にもやったことがある曲ということもあり、ヤマハ在籍生は歌える人が多かったので、初めて三昧参加した方がちょっと肩身がせまそうでした。初めての人がリピーターになりやすいような雰囲気作りができればよかったかな。

そうそう、今日は男性がいつもよりも多めだったんだけど、見事なまでに「全員メガネ」ということで、普段は「背広」と呼ばれる男性たちがきょうは「メガネ」でした(笑)

ユカリ先生は毎回言葉の語尾の処理とブレスについて指導がある。
今回も「changed」や「called」の「ed」をちゃんと入れるように指示がありました。こういうことが大人数でもリズムの感じ方をそろえ、入りと切りをそろえるポイントになると思います。これは別の曲でも応用させたいものです。

あとはブレスをしっかりとること。声を出すためには息を吸い方が大事だね。

「Well done」は1拍で処理して「n」で伸ばす

次回の9月21日の三昧も参加できるように、がんばりましょう。

メリスマって・・・(/_;)

ひさしぶりに最初っからショコラ練に参加することができました!
JRが事故のため、師匠がちょっと遅れることに。その間、来ているメンバーで30分ほど自主練習。

suwanがまだまともに音取りしていない「幸せって」を中心に練習してもらいました。
まずみんなに過去の練習注意点を聞いて確認します。


・この曲は4分の3拍子の中の「ズンタッタ」のリズムを感じる。
・とくに小さな「ッ」の部分の裏拍を感じるのが大事とのこと。
・最初の「wow」で音が動くところは「うぉぅおぅ」って歌いたくなるけどそうではなくて、「おーー」とまっすぐな感じらしい。
・全体的に1拍目にアクセント。「なくて」の「な」をしっかり、「くて」はぬく感じ
・【A’】のスキャットは固く。
・【C】からのスキャットは基本的には4小節単位でブレス。
・「unforgetable」で音が動いた後にブレスだが、次の「wow」2つは大きいまま、73小節目の「wow」から落ち着く感じ。
・その次の【B】は楽譜省略されているけど、全員ユニゾンで主旋律を歌う。


続いて「Hold Me Now」を通して歌ったあたりで師匠登場。
この曲はメリスマ命ということで、メリスマの集中練習。
以前に土7でこの曲を歌ったときに、「あーあぁぁあ~」のメリスマ練習を教えてもらったので、相当練習したんだけど、師匠には「それはメリスマというよりも演歌のこぶし」と言われてしましました
あの練習はいったい何だったんだ・・・(/_;)

師匠が何度も理想のメリスマと、そうでないメリスマを歌い分けてくれるんだけど、耳ではその違いがなんとなくわかるけど、自分でそれを歌うことができない。どうやればいいかがどうしてもつかめない・・・こりゃあ、ちょっと時間がかかりそうだなぁ・・・


そして、残りの時間でもう一度「幸せって」。
師匠から改めて注意ポイントを聞いて再確認。

次回の9月は仕事でお休みになりそうです。時間を見つけて復習しておかないといけないなー

ビブラートのある人生を

京都での研修会、そしてBECのトムとジェリーの結婚式に出た後、そのままの格好でヤマハへ(笑)まぁ、みるからに「結婚式に出てきました」という感じです。

19時からの土7レッスン、体験者が2名来られていました。そしてカトちゃんが土7入会!
今日もアルト2名がお休みだったので、はぴさんがアルトへ。

今日から「It's Rainin'」の音取り開始。


この曲はOさんがリードをしていたのを見て、モーレツに感動したのは今でも覚えています。その時からOさんのファンになったようなものです
ベテランのヤマハメンバーは過去に合同曲で歌ったことがあるので、音取りもすぐに終わりそうですね。

久しぶりのショコラ

7月はずっと練習に行けなかったので、2か月ぶりのショコラ練。
新しいメンバーが2名入ってくれていました!
そしてひさのっちが就職決まって復活!楽しい練習となりました。

しかも今日は師匠の誕生日ということもあって、ちょんさんと途中で合流して、サプライズ入場!
突然部屋の電気を消して、ローソクともしたケーキをもって入場。みんなでHappyBirthdayを歌っていたのですが、「はっぴーばーすでぃ!でぃあ、ひとっちゃ~ん!」と誰よりも大きな声で歌っていたのは師匠自身でした(笑)

練習中断して、師匠自らケーキを切り分けてみんなでいただきます。
(12等分するはずが8等分になってしまったことは内緒にしておきましょう)
食べながらひさのっちの近況や恋愛話で盛り上がる。とてもゴスペル練習とは思えない空間でした(笑)

さて、残り少なくなった練習時間でやった曲は懐かしの「Hold Me Now」
土7で苦しんだあの曲です・・・(>_<)ひぃぃぃ

あと「幸せって」を最後に1回通す。suwanは初めて楽譜をもらって初見でしたが、平さんのライブで1回聞いていたのと、アルトは主旋律だったこともあり、すぐに歌えました。
注意点とかは次回聞くことにしましょう。

着々と

19時からGTⅡ練習。
世間は淀川花火大会、さすがに今日は出席少ないかなと思ったのですが、過去最高の出席者数(笑)しかもニューフェイスまで(笑)

気合い入れて、今日は呼吸法と発声をしっかりしてみました(*^_^*)
暑いなか、汗だくの男性陣。

1月のライブにむけて、今日から新しい曲の音取りに入りました。
練習の時というのは、suwanは全パート一緒に歌うようにしているのですが、さすがに男性の音域は出ない(>_<)
オクターブ上で歌うのが、これがいいのか悪いのかちょいと悩みます・・・

でも、普段女性の歌声を聞きなれると、男声クワイアの歌声はめっちゃ新鮮で楽しい!トップ、セカンド、ベースの3パートで歌っているけど、本当はバリトンもいれた4パートにできたらいいなぁ。

歌っているときに、拍を意識してほしいところで、太ももをパーン!と打ったり、足をドンをふみならしていたんだけど、それがなんともムチ打っている人のようだったみたいで・・・
せっかくsuwanは紅一点なのに、可憐さのかけらもない練習でした(^_^;)

<練習ポイント>
・最初の「or」は「o」と「a」の中間にして入りをしっかり
・「Lord」で音が上がるときには抜く感じ
・「me」「day」も抜く感じ
・「Father」はファーザーではなく、ふぁーだー

次回は9月。今までやった2曲の復習をメインにしたいと思います。
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。