スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しんで歌えるようにしたい

19時から土7レッスン。
今日もアルトさんお休み。こぶちゃ~ん、Iさ~ん、最近お顔を拝見していませんが、大丈夫ですかぁ~
というわけで人数の多い(といっても3人だけど)ソプラノからはぴさんがアルトに移ってくれました。

今日も「I Believe I Can Fly」の確認です。
ほとんどのメンバーが過去に歌ったことがあることもあって、音はほぼ問題ない。あとは歌い方だね。

<本日のポイント>
最初の部分は柔らかく。
ベースドラムに合わせてリズムをいれる
ノリを意識。

同じ曲でもビートの違いで感じ方が変わるということを、キーボードに入っているリズムを変えて実践。
なにかと例えは演歌を使う師匠。
ほとんどのメンバーが話についていけません(^_^;)

次回からは新しい曲の音取りに入ります。
もっている人はvol.4(紫)の楽譜を持って行きましょうね~

スポンサーサイト

カーク・フランクリン ライブ!(ようやく追記)

今日は仕事帰りに夫婦でビルボード大阪に集合。カーク・フランクリンのライブを見に行ってきましたっ!

カーク   カークライブ

やっぱりカークライブは最高です!!

ライブから1カ月も過ぎてレポを書くことになってしまいましたが、ライブ中に走り書きしたメモを見て思い出しつつ書きます~!

* * *

朝から早く帰る宣言をして仕事を無事に切り上げ、旦那さんとビルボード入口で待ち合わせ。
1年ぶりのカークライブを思い出しながら期待に胸をふくらませます。ビルボードはあちこちにhumannoteメンバーが(笑)師匠らも登場。どまんなかのいい場所をとってはりました。

拍手の中、バンドメンバー登場。めっちゃ体格の良い黒人さん。みるからにすごい演奏をしてくれそうな雰囲気。歩いているだけで、その人の周りに♪が舞ってそうな感じ。
男声2名、女声4名のコーラス、そしていよいよカーク登場!!小柄な体からほとばしるエネルギー、ほんと、華があるよなぁ~

1曲目「September」
1曲目から全員スタンドアップ声を張り上げ、とびはね、歌い踊る!
ぱ~りら~♪たのし~~~~~~~!!!
はい、来年の土7のクラス曲はこれに決定だな

2曲目「Still In Love」
この曲で「I Love You」の歌詞に合わせてみんなでジェスチャー。カークもクワイアも客席にむけて「I Love You」を送ってくれて客席もそれに応えて返します

3曲目は曲名わからなかったけどsuwanメモには「I'm a クリスチャン」と書いてある。そんな歌詞から始まるバラード曲で、クワイアの男性が歌ってました。背の高い男性が歌い終わった後、マイクの位置が高すぎて、カークがマイクを見上げて困った顔をする(-_-;)というおちゃめな一面も(笑)カーク、自らの背の低さを利用して笑いを取りにいってます。

4曲目は「Gonna Be A Lovely Day」
知ってる曲キター!こりゃまた一緒にうたいまっせ。

5曲目、suwanメモには「キャンフィーリッ」の謎の走り書き・・・なんだろう・・・

6曲目「My Life Is In Your Hands」
なんど聞いてもこの曲はすばらしいね。カークが客席にマイクをむけると、お客さん全員で大合唱。すごかったです。カークやクワイアの皆さんも喜んでいた。さすがみんな歌える人ばかり(笑)

7曲目「Imagine Me」
ヤッターーーーーーーー!!!!!!\(^o^)/
ショコラでも練習しているこの曲、一緒に歌えるのが幸せです。

8曲目「Hosanna」
デターーーーーーーーーー!!!!!\(^o^)/
やっぱりこの曲があるとライブは盛り上がるね~生バンドの演奏はしびれますぅ~。

9曲目はカークの弾き語りによるメドレー
「サンキューロード」「He Will Take The Pain Away」「Why We Sing」「Without You」

10曲目は「Brighter Day」
知っている曲はテンションあがるね~。ぶらぃられー!ぶらぃられー!ぶらいられー!

11曲目、曲名不明の男性ボーカルの曲。

12曲目は「We Are The World」
この曲でも客席と一緒に大合唱です。suwanもなんとなく一緒に歌っていたけど、この曲は歌詞をちゃんと覚えて一緒に歌えるようになりたいなぁ。

13曲目「Lean On Me」
カークライブでこの曲もはずせないっっ!!カークと一緒に歌えるというだけで幸せすぎて倒れそうです。

14曲目「Looking For You」
キターーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!\(^o^)/
ライブ最後の曲がこの曲とはっっ!!夫婦で土7バージョンダンスを踊りましたぜ(どや顔)

しかしもちろんお客さんが大人しく帰るはずもなく、拍手鳴り止まずアンコール!アンコール!
その声に応えて、カーク再登場。「遅いのに帰らなくて大丈夫?」ってカークが問いかけるけど、お客さん帰るはずないやん~

というわけでアンコールは「Stomp」!!!\(^o^)/
久しぶりに歌ったけど、歌っていたら口から歌詞がでてくるものですわ。しっかり練習した曲は体の中に残っているもんだね。カークがステージ上にお客さんをひっぱりあげてすごいことになってました(笑)

続いて「Revolution」!!!\(^o^)/<こればっか

楽しい時間は本当に過ぎるのが早く、あっというまでした。

カークは、それぞれのステージで全力を尽くしてくれるので、2日目のsecondステージともなると、1曲目からちょいと声がかすれ気味。それでも全く手をぬかずに最高のパフォーマンスをしてくれました。客席をまわって、ハグしたり握手したり、suwanもカークにふれることができて大感激!!

クワイアの4人の女性たちの歌声がまたすばらしく、そして普段CDで聞きなれているのとはちょっと違うハモリ展開で、ゾクゾクしました。すごかった~!
男性の2名、ちょっとした動きがめっちゃかっこいい。手の動きとか参考にしたいものです。suwan夫婦が歌い踊っているのがよく見えたのか、こっちを見ててくれた気がします

帰りの車の中、ずっと「どぅゆわなれぼりゅしょ・おぅっおぅっ」を延々繰り返してて、旦那さんに「うるさぃっ」と何度も叱られたsuwanです。
しばらくは何かあると「おぅっおぅっ」、すっかりくちぐせになってました。

カークライブは何度でも見に行きたい。またそんな機会にめぐまれますように。

GTⅡ練習初参加

経緯はメインの日記に書きましたが、あれよあれよという間に話が進み、とあるクワイアの練習をみさせていただくことになりました。
といっても講師とかではないっすよ~。むしろコーチ。1月のライブにむけて、少しでも練習のお手伝いができれば幸いです。

以下、もう時間がないので、メイン日記のコピペ(^_^;)
手抜きおゆるしを~

* * *

今日やる2曲は全く知らないわけではないけど、自分が歌ったことのない曲。
パソコンから以前に自分が作った楽譜をプリントアウトし、簡単に3パートそれぞれの音をたどって歌って頭に叩き込む。歌詞を検索してA4用紙に打ち込み、そしてYouTubeで原曲を聞いて英語の発音のニュアンスをつかむ。このあたりでタイムアップ。もう出かけないと遅れちゃう~~~。

スーツのスカートをはきかえる余裕もなくバタバタと外出。15人分の楽譜をコンビニでコピーして、スタジオ到着は19時ジャスト!まにあった~

突然のsuwan登場に知らない人々が驚いていたけど、Takeさんがうまいことみなさんにお話をしてくださったのと、もともと温かい人々が集まっているので、初めてのsuwanの練習にも関わらず、みなさん楽しく歌ってくださいました。

今までどんな感じで練習を進めてきたのか、そしてどれくらいの実力があるのかとか、予備知識がほとんどないなかに飛び込みで練習進行をすることになったので、スタジオに行くまではどうしようかといろいろ考えていたけど、実際にみんなで歌いだしたら、なんというか、なんとかなってほっとしました。これはひとえにTakeさんのサポートのおかげです<(_ _)>

ピアノを弾けないsuwanのかわりにTakeさんがピアノを弾いてくださったので、suwanは各パートをぐるぐるまわって一緒に歌い、そして1人1人の近くに行って歌えているかを確認することができました。そして1人1人の声の特徴をつかむ。みんなええ声~♪テンションあがります。

練習をしながら、「ここはこう歌いましょう」とsuwanが決めてパシッと指示を出すところと、「ここはどう歌ったほうがいいと思いますか?どう歌いたいですか?」とみんなに意見を聞くところをあえて作りました。
技術的なことは明確な一つの方向を決めるのですが、表現については1人1人が主体性をもって考えて欲しかったので。そして自分たちが出した意見をひとつに絞って、歌声を一つにする。すると、人に言われてする表現よりも、考えて納得して自主的にする表現のほうが、1回ではまるのです。

これはコーラスの指揮、会社でのチームをまとめること、ゴスペルの練習のすべてに共通するsuwan流のやり方ね。

1曲目を最後に通した時は曲が形になって声もまとまって、めっちゃカッコよくなってました(*^^)v
こ~れ~は~楽しみだ~~~っっ

今日は急な飛び込み練習だったからsuwan自身が予習もほとんどできていない中で、音取り中心の2時間だったけど、次回はちゃんと曲について勉強して、レベルアップができるような練習にしたいものです。リードも決めていきたいなぁ。

そして次回は2曲目の音取りを最後まで行きたいところです。
あ~~~~なんだか楽しくなってきたっ!!

って、suwanさん、自分の9月のライブの練習もちゃんとしようね・・・

「I Beleave I Can Fly」音取り完了

19時から土7レッスン。
前回に引き続き「I believe I Can Fly」の音取りです。The Gospelで歌ったことのあるメンバーが多いこともあって、今回の音取りはなかなかスムーズに進みました。多少忘れているにしても、一度ステージで歌った曲はなんとなく体というか口が覚えているもんね。

以前にザ・ゴスで歌った時、ユカリ先生が語尾までもしっかり意識するといわれていたのを思い出し、それを意識しながら歌ってみました。

ザ・ゴスの時にはアルトだったので、油断すると以前歌ったアルトの音程を歌ってしまう。
音の動きがテナーはちょっと違うから気をつけないと、また間違った音程を覚えてしまう恐れがあるな。折をみて、正確な音取りもするようにしたいものです。

どのパートであってもこの曲はやっぱり好きだなぁ。サビの部分の歌詞がいいよね~。歌っているとどんどん気持ちが高まっていくよ。
ヤマハの楽譜はクワイアがずっとユニゾンで歌うけど、最初の部分とかはソロで自由に歌った方がかっこいいよなぁ。ヨランダ・アダムスの映像を見ればみるほどそう思います。

ビブラート&ものまねレッスン

勉強会を終えて、スーツのまま土7レッスンへ。今日はまた前回以上に少なくって参加者4人・・・(/_;)
ちょんさんが土7レッスンに入ってくれることになって、ソプラノ2名、テナー2名、ベース1名に(笑)
今日もはっちゃんがお休みでした。どうしたのかな~(:_;)

さて、今日は「Blowin' The Wind」の最後のページの音取り。前回できていなかった部分がようやくわかるようになりました(*^^)v

個人的な課題は「2-A」の最初の音がすぐに取れるかだなぁ。最初ちょっとさぐってしまいます。あとはほぼ音は大丈夫そう。余裕ができたら、他のパートとの掛け合いやバランスを考えて歌えるようにしたいものです。

そして、今日は人数が少なかったこともあってか、「5分後には全員がビブラートができるようになる」という、ビブラートの基本練習がありました。こういう練習好き~

1)1拍の中に3つずつ、息を「ふっふっふっ」
2)1拍の中に3つずつ、「あっあっあっ」
3)1拍の中に3つずつ、「あぁあぁあぁ」
4)1拍の中に4つずつ、息を「ふっふっふっふっ」
5)1拍の中に4つずつ、「うっうっうっうっ」
6)1拍の中に4つずつ、「うぅうぅうぅうぅ」
7)1拍の中に4つずつ、「あっあっあっあっ」
8)1拍の中に4つずつ、「あぁあぁあぁあぁ」
9)「オリビアを聴きながら」の「お~き~に~い~り~のうた/あっあっあっあっあっあっあっあっあ」
10)「お~き~に~い~り~のうた/あぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあ」
11)「I believe I can ふらぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぃ」

ポイントは意識して「言う」こと。
パルスを3つにするか4つにするかは、その曲によって違う。

としっかりビブラートの基礎廉をしたところで、新曲「I believe I Can Fly」の音取りに入ります!

R.Kellyの。


こっちはヨランダ・アダムスとクワイアのライブバージョン。


いやはや、ただただすごいのひとことですな。
今日は27ページ3段目のユニゾン部分まで音取りしました。

ちなみに、今日は久しぶりに師匠の五木ひろし、森進一、桑田圭祐、松田聖子のものまねを堪能させていただきましたおもしろかった~
(俺で遊ぶな…(-_-;)by師匠)
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。