スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良女子大学音楽部第45回記念定期演奏会

2009年歌い納めは、大学の記念定期演奏会でのOG合同ステージ。なら100年会館のガラス張りのめちゃんこ響くホールで歌わせていただきました。

毎年12月に行われる定期演奏会は、4回生にとっては卒業、3回生にとっては執行回生としての最後のステージということで、その年の締めくくりとなるため、学生たちにも気合いが入っています。そして5年に1度、OG合同ステージがあって、音楽監督の山本寿太郎先生の指揮で現役生にまじってOGも歌わせていただきます。

今回は高田三郎の「水のいのち」ということで、東京や名古屋などからもOGが集まりました。この「水のいのち」は、もともとは混声合唱組曲なのですが、女声合唱組曲の楽譜でも103刷というすさまじいベストセラーです。合唱界にいる人間ならば5曲のうちのどれかを聞いたことがあるでしょうし、歌ったことのある人も多いゴスペルでいう「Oh,Happy Day」のような曲。suwanは指揮者会合宿の課題曲で「雨」「川」「海よ」を歌い、指揮をしたことがありました。

12時過ぎにThaniwaちゃんと待ち合わせてランチをした後、会場入り。控え室にキーボードが置いてあったので、最後の音確認などをしていたら、自然とみんなが一緒に歌ってくる(笑)楽しいものです(^ー^*)えへ
14時に藤島先生の体操&発声をうけて、アカペラで歌ってみます。うん、声の調子はまずまずだ(^-^)

その後、ステージで立ち位置確認と入退場の練習をします。今回のOG合同ステージは70名で歌います。というわけで入場して立ち位置につくリハーサルもしっかりやっておきます。このとき、あまりに足音というか慣れない(?)ヒールの音をカンカン言わせて歩く人の多さに、諸先輩方をさしおいてまたもsuwan、だまってられずに注意してしまいました…(-.-;)こういう注意とかでしゃばった発言って言ったあとに落ち込むんだよね~(>_<)。まぁ、すぐに立ち直るけどさ。

そうこうしているうちにいよいよ定期演奏会が始まります!現役生達の演奏を客席から聞きます!
まずはエール(奈良女高等師範学校校歌)の演奏。今年の学生指揮者は柔らかい指揮で山本先生好みの指揮をするね(^-^)
そして第1ステージは「星の組曲」、リハの時は譜メクラーをしてて演奏をしっかり聞けなかったので、今回は純粋に演奏を楽しみます。第1ステージということもあって、ちょっと緊張と表情に固さがあったけど、姫野先生のピアノにも助けられてうまくまとまっていたと思います。

第2ステージは「ミルフィーユ王国物語」という名の企画ステージ。今年はミュージカル(?)。リハーサルでも一度見たにもかかわらず、やっぱりインドの踊りにウケて思いっきり吹き出してしまった。つか、なんで周りのお客さんはあれをみて冷静でいられるのか不思議だ。1回生が踊りを考え、2回生が歌詞を考え、3回生が華を添え、4回生が主役を演じる。いろんな工夫と努力がみられました。

第3ステージはいよいよOG合同ステージ!ダーリンに録音を頼んでステージにあがります。ステージでお客さんの目に触れる入場の歩き方から美しく、立ち位置についたときの姿勢も美しく。そして指揮者の山本先生とピアニストの姫野先生の入場を待ちます。

指揮の山本先生は80歳。練習の時は指揮ふる腕がなかなか思うように上がらなかった日もありましたが、本番では一番大きな指揮をふってくださいました。山本先生の気合いというか、このステージにかける思いを見て、歌い手もそれに応えるべく一生懸命歌います。

suwanは昨日イメージトレーニングをしたように、詩の思いや解釈を踏まえてできるだけの表現をしていきます。静かで穏やかで癒しで恵みの雨、小さなこころで悩みつつ空に憧れる水たまり、山と空にこがれつつも下にいくしかない川、すべてのものが目指す海、空の高みへの始まりであり「水のいのち」の海。

3ステ始まる前に、隣にいたThaniwaちゃんが「後ろにいたグリーメンたちが『水のいのちは混声合唱じゃないとなぁ…』と偉そうにしゃべっているのが聞こえた」と言っているのを聞いて、そう思っている人たちに「女声合唱でもいいな」といわせるくらいの演奏がしたいと燃えました(炎_炎)混声や男性の迫力にはかなわなくても、女声だからこその繊細さと情念をもってうたいあげたろうやないの!!

2009年様々あったことを振り返るように、いろんな思いを空へすべて昇華させていくように、声をのぼらせるように最後はライトを見上げて歌いました。1曲1曲に心を込めて歌ったので、5曲目が終わるころにはsuwanの額には珠の汗がしたたっていました。もともと歌うときに顔や体がかなり動くほうだしね。suwanの人生の大きな節目となった2009年の最後にふさわしい演奏ができたと思います。久しぶりに演奏後に「ブラボー!」が飛びました(*^_^*)やったね!

演奏終わってから、指揮の山本先生、ボイストレーナーの藤島先生、ピアニストの姫野先生に花束贈呈。そしてもう1曲アンコールで「旅立ちの日に」を歌います。この曲は最近の卒業式などで歌われている曲ですが…suwanはその上の世代なので曲を知りませんでした~(>_<)

最後演奏が終わった後、山本先生がOGたちにむけて投げキッスを!!(゚ロ゚ノ)ノびっくり!! ステージ上でざわめくOGたち。おちゃめに微笑む山本先生、いやはやびっくりです。そして山本先生がOGたちにむけて一言「また5年後に!」とおっしゃられました。ええ、もちろんです!!

ステージを降りたらまた客席へ。第4ステージは客席で聞きます。アカペラのミサ曲で「Sacred Works」。けっこう難しい曲だと思うのですが、見事に歌い上げていました!
アンコールでの4回生のトリオソロも良かったし、ロビーコールで、suwanが学生指揮者だった頃にやった「なにをさがしに」はなつかしくて一緒に歌ってました(*^_^*)

終わってからのレセプションでは、くじでテーブルの席が決められたのですが、おかげで普段なかなかお話することのなかった先輩OGや後輩OG、現役1回生とお話をすることができました。なかなか楽しいテーブルで、時間があっという間に過ぎました。途中で先生方にご挨拶にいったら、山本先生に「5年後はフォーレをするぞ!」といわれました(;^_^Aもう5年後の選曲が決まっているとは(笑)レセの途中で今回の演奏の録音が流されたのですが、なかなかいい感じの演奏で、OGパワーを感じました。ここに集まってきている人たちは、今は歌っていないとしてもかなりの実力者ぞろい。歌っていて本当に楽しかったです。特に深いアルトの声の素晴らしさよ。ソプラノが目立つ合唱団はどこにでもあるけど、アルトとメゾがしっかりしているのが昔からうちの大学の特長。その中でも今回のOG合同のアルトは全国大会級だったと思います。

今日の充実感をもって歌い納めとなったことを本当に幸せに思います。
ではでは、皆様、よいお年を~!
スポンサーサイト

いよいよ明日

2009年最後のステージは、奈良女子大学音楽部45回記念定期演奏会!
この定演では、5年に一度OG合同ステージがあります。今年は45回記念で、OG合同の年。そこで高田三郎の「水のいのち」を5曲を歌ってきます。

過去の練習記事を読み返し、練習の録音を聞きなおし、お手本合唱団の演奏をきき、明日のステージのイメージトレーニングをします。

「水のいのち」は高野喜久雄氏の詩が非常に素晴らしい。
人生と置き換えて、ところどころ過去の自分の一場面と照らし合わせて、感情移入してしまいます。特に今月、会社で悲しい出来事があって、余計にこの詩が心に沁みます。

楽譜の後ろについている作曲家からの演奏上の注意も、歌唱テクニックではなく、詩を理解し内なる思いをいかに表すかを問うている。

前回の練習の時の大事な指導のメモを発見。
「休符を音楽にする」

あと、アンコール曲「旅立ちの日に」の音取りをしておかなくっちゃ(;^_^A
明日の移動中の電車で最後の確認をして、本番に臨みましょう。


そうそう、ちなみに明日ハーバーランドのスペースシアターでchocolaTeraのステージを初めとして、humannoteのいくつかのチームのステージがあります。お時間ある方は是非応援しに行ってあげてくださいね~
私も奈良の地から、応援しています!

楽譜作り

ダーリンのお部屋からキーボードを借りてきて、楽譜作り作業中。ダイニングの一角がなんだかプチスタジオみたいになってます。
Image868.jpg

楽譜作成ソフトに、ピアノ譜をみてまずはメロディラインをパソコンで打ち込み、YouTubeで原曲を流しては細かい音符を修正します。
そして、ハモっているところを何度も巻き戻して繰り返し再生して口で覚えて、そのメロディをキーボードで確認してハモリのメロディと和音を確認。
suwanはコードの勉強をしていないから、要領が悪くって人一倍時間がかかっていると思うんだけど、これはこれで耳が鍛えられるし、勉強になるからいいやと思って地道にやってます。

そして英語の歌詞を打ち込んで、自動演奏で音を確認しながら最終微調整をしていきます。
無料版のソフトだから、音楽記号が忠実に再現できないのが難点だけど、それでもとりあえずパートの音がわかればいいでしょう(;^_^A

5時間かけてようやく楽譜ができました!

とにかくがんばるしかない

17時~19時まで、ヤマハ木曜クラスと土曜クラス合同での震災コンサートにむけての自主練。

17時に集まったのは、3人のみでしたが、そのうちの一人がsuwan憧れのOさん。あと木8の方がアルトということで、1人ずつちょうど3パート(笑)suwanは予定があって出られないのですが、23日~25日にヤマハメンバーで今年もスイスホテルでゴスペルコンサートをします。「Holy Is The Lamb」「We've Come To Praise Him」「Holy Is The Lamb」の3曲をオケにあわせて歌ってみました。
クラスが3人とも違ってて、初めて一緒に歌うのに、もうライブができるんちゃうかというくらいの声の重なりにめっちゃテンションあがりましたやっぱりOさんの歌は素敵です~木8の方(お名前聞き損ねた(>_<))も音程が安定していて、3人の和音がぴったりはまります。同じ師匠に習っているせいか、歌う時のポイントがみんな共通で、めっちゃ歌いやすかった。途中でOさんは用事で帰られましたが、贅沢な練習に参加できて幸せいっぱい

その後、土7メンバーが続々と集まってきました。1月17日の本番までに残りはリハーサルしかないということで、それまでに音はもちろん暗譜をしないといけません。とりあえず、humannoteで歌う曲5曲と、合同曲を通して歌うことに。

1曲目、しあわせ
音はとれているのですが、難関は歌詞。母音とビブラートを入れて、しっかり伝えるように歌います。「かえてゆけるよ」のクレッシェンドしっかり。最後のソプラノは両方音をとっておいて、どっちを歌うことになったとしても歌えるように。

2曲目、リーン
この曲ってコーラスは実は少ないんだね~。だからこそ「child」「there's a child」の音程、「hou,hou,hou」の音程をしっかりはめたい。あとはこの前ショコラ練で確認した、「me」の伸ばすところを意識。

3曲目、地球
去年ウタタネに出ていないメンバーにとって、「さ」と「だろう」、「星に」と「空の」などの歌詞暗譜大変そう。この曲、そういえば今年はあまり練習していないもんね。今年から入った人にとってはしんどいのかな。

4曲目、みんともC
去年ウタタネに出た人にとって、音程覚えなおしのこの曲。学校めぐりとか参加できないメンバーにとっては、戸惑いがあります。出ていない人は、歌詞覚えるのがまた一苦労。「世界中の」か「世界中に」か、これは去年でていない人はヤバイかも…

5曲目、メロディズ
最後、「melodies from heavon」と歌ってから、クラップのみ。合図があるまでこれの繰り返し。合図があったら「rain down on me」の繰り返し。このライブならではのやり取り、練習でちゃんと確認しておかないと初心者には不安かも。

6曲目、まちあか
前回一般参加者練習で全パートのガイドしたせいで、テナーの音程がわからなくなっていろんなパートを歌ってしまった(-.-;)今一度テナーの復習をしておこう。

7曲目、うまれくる
表現力が問われる曲だけど、なんか棒歌いだったり、声出しすぎだったりが気になる。「なにをかたろう」のクレッシェンドまでは歌詞部分でも音量出し過ぎないようにしたい。

ここで19時になったので、8曲目を歌うのをあきらめてレッスンへ移動したのですが、自分の歌と他のメンバーの様子をみて、いろいろ具体的な課題と問題が見えました。とにかく練習と歌いこみが足りない(>_<)リハ前日にも自主練をきっちりしてリハでは楽譜をはずせるようにしたいものです。

    

19時からの土7レッスン。4月のビルボードライブにむけての1曲目の最後の音取り、と思ったけど、途中でてこずって最後まで行き着かなかった~(>_<)

2ページ一番下の段のソプラノの2回目の音程、原曲を聞いてニュアンス研究しておきましょう。このテナーの低いファの音、胸に落として安定させたい。

3ページの「You saved」×8、音が上がって4回でソロが入り、4回歌ってYeah、yeah、yeah、4回目でyeah,yeah,oh,yeah、最後2回。ここは次回確認か。最後の終わり方はオケがどうなっているかによるね。

そして2曲目の選曲をできずじまいでレッスン終了。これでは不安ということで、21時までミーティングと自主練をした後に、師匠をみんなで待ち伏せして選曲の相談をしました。

現段階の候補の曲は難しいんちゃうかということで、師匠はまた考えようと言われましたが、10月からいろいろ考えて探して、いろんな人がいろんな曲の候補を言った上で今まで決まらなかった。それに年末年始になったらみんなも他の曲を探している時間がない。師匠もお忙しいから探す時間もないだろうし、1月のレッスンからは2曲目の音取りをしたいと思うと今日決めておきたい。

そこで師匠、しぶしぶながら最後の条件。
それはピアノ譜から3パートの楽譜を作ること。候補曲のピアノ譜をsuwanは持っているのですが、3パートのコーラス譜がないのです。

というわけで、suwanに宿題ができました。久しぶりの楽譜起こし、がんばります~

ゲネプロ

今日はならまちセンターにて、12月27日の演奏会のためのゲネプロ。
ゲネプロとは、最後の通し稽古で、練習とは違い、本番さながらに時間をはかりながら進行していきます。

まずはOGも含めて集合して、全員でボイトレの藤島先生の体操と発声練習。
体を柔らかくして軸を意識するのがポイントです。
発声でエール(師範学校校歌)を歌いました。久しぶりのエール、やっぱりソプラノの2番はしんどかった(;^_^A

そして、本番どおりの順番でゲネプロ開始。

第1ステージで、頼んでいた譜めくりのひとがまだ来ていないということで、急遽suwanが譜メクラーをすることに。

初見で譜めくりというのはけっこう緊張する。以前あるピアニストの人が、譜めくりの人のめくるのが早すぎるとか遅すぎるとか不満を口にしていたのを聞いたことがあるので、なんとなくどういうタイミングでめくってあげたらいいのか、気を使います。

ステージ上あまり明るくない上に、椅子に座っているから、近視&乱視のsuwanさんには楽譜の細かいところがあまり見えない。しかも、1ステの曲の楽譜、楽譜を目でおうのもけっこう大変…(-.-;)あまりうまくできなかった気がする…ピアニストの姫野先生が優しい人でよかったよ。姫野先生は弾きながらところどころ一緒に歌っています。そして歌にあわせて、いろんなタイミングをはかってくれている。本当にありがたいことです。
ピアニスト視点からの合唱曲へのアプローチの仕方や呼吸、間の取り方を間近に見て、めっちゃ楽しかったです。でも、譜めくりに必死で、肝心の後輩達の歌はほとんど聞けませんでした(;^_^A

第2ステージは例年企画ステージ。今年は劇(?)に挑戦しています。楽しませていただきました(*^_^*)本番がさらに楽しみです。

第3ステージは、OG合同ステージ!suwanらの出番です!!入場退場からしっかりと練習。大人数のステージではちゃんと入場練習をすることが大事だわ。これはhumannoteでもそうだね。

「水のいのち」5曲すべてを通す。前回の練習がサンタウォークの本番と重なって出られなかったこともあり、移動中の電車で復習をしっかりしていったつもりだけど、まだまだだなぁ(>_<)
歌いこみが足りないから歌にまだ余裕がないのと、全部に力が入りすぎている。もうちょっと抜くところを抜いて、メリハリある歌唱をしたい。どうやったら全体でppがうまく表現できるかなぁ。まだppが大きすぎて、演奏の幅が小さい。

第4ステージはアカペラ宗教曲。山本先生からピッチパイプの音が事務的とダメダしが出ていました(;^_^A なんだか懐かしいなぁ。suwanらが学生の時もよくこれで怒られてきたものです。ピッチパイプやピアノで最初の音をとる瞬間から演奏は始まっている。そこから美しく演奏しなくてはいけないのです。

ゲネが終わった後に30分、OGのみがステージにあがり、3ステの練習をさせていただきました。課題はいろいろあるけど、あとは本番までに自分の中でイメージを膨らませておきたい。

その後は難波に移動。震災コンサート自主練と土7レッスンです。

飛んでるPVが見たい

今月は2回ともショコラ練に参加できた!\(^0^)/
震災コンサートまで、あと合同練習はリハーサルのみとなりました。そろそろ楽譜をはずして暗譜で歌えるようにがんばります。

★見上げてごらん★
①全体的に柔らかく歌う
②スキャット部分、動くときにフローさせる
③humannoteメンバーは【C】部分はスキャットを歌う

3パートに分かれるところのテナーの「ん」のミ~レ♯のところ、ピッチが悪いなぁ(>_<)要注意だ。
「うたってる」「いのってる」、まだあぶない…

★生まれ来る★
①「なにをかたろう」でギリギリまで伸ばす。伸ばしながらビブラートをかける。このときに口をあけていくとビブラートかけやすい。

ここでひさのっちがビブラートのかけ方について質問をした。久しぶりのビブラート練習!\(^0^)/
ひさのっち、ナイスな質問思わずニヤリとしてしまったよ。
おかげでていないなビブラート練習ができました!しかものどで調節するビブラートとおなかで調節するビブラートの実演まで見れたし

土7にせよショコラにせよ、経験者が多くなると、以前師匠が指導してくれていた基本的なことを聞くことが少なくなる。
おなかからしっかり息を出すこと、口の大きさでその息を出しやすくすること、ビブラートのかけかた(8beat、16beat)、口のあけ方、子音の発音の仕方、母音の入れ方、抑揚のつけ方、ウィスパーボイスとチェストボイスとか、師匠の注意を聞いたことのある人は、自主練とかで注意をしたときに伝わりやすいんだけど、師匠の注意を聞いたことの無い人はピンとこなかったりすることもある。
だからこそ、わからないときにちゃんと質問をするひさのっちのような存在はありがたいです

②3ページ3段目のユニゾン「こどもたちを」の「を」のドの音が下がりすぎている人が多いので注意。

③曲の効果(さぶいぼポイント)を意識して歌う


★Joyful Joyful★
ドイツ語部分、楽譜はずして歌えるようになったけど、楽譜見ない分、子音の発音が弱くなるなぁ(>_<)。あともうしばらくは歌詞を見ながらでもしっかりと発音することを体に叩き込むことを重視したい。
「fill us」の「s」のタイミングが揃ってきた!\(^0^)/


★Lean On Me★
①フレーズごとの切るところをそろえる
「me」は1拍目の頭で切る。つまりけっこう伸ばす。
「hou hou hou」の3つ目の「hou」は2拍しっかり伸ばす。
「will end」の「end」もギリギリまで伸ばす。
最後3回繰り返す「Here's my shoulder,you can lean on me」の「me」も4拍目の頭までしっかり伸ばす。

それぞれ切るタイミングがずっと気になっていたので、今日めっちゃすっきりしました(*^_^*)

ちなみにテナーの「there's a child」の入りの音、リードの歌う「there」「child」と同じ音です。低くなりすぎないように注意。



その後、師匠は「神戸ミュージックカンパニー」の生放送へ向かい、ショコラメンバーは、ルミナリエ最終日を楽しみます。そして、師匠に嫌がらせのように写真を送ります(*^_^*)ヾ(- -;)
先週はモツ煮こみでしたが、今日ははし巻きです♪
はし巻き


そして帰りの電車で、ちょんさんと二人で神戸ミュージックカンパニー宛てに、リクエストを送りまくります(笑)最初はまともな内容だったのに、どんどんアホな方向に…(;^_^A 気付けは7つも投稿してました(笑)
どうやら採用されてラジオで読まれたとのこと。ラジオ聞きたかったぁ~!!!

Santa Walk 2009

今年から神戸で始まったイベント「Santa Walk」!
300人のサンタが三ノ宮を歩き回るというもの。そこでhumannoteから7名がイベントの最初と最後にステージで歌わせていただくことになりました。

まずはゴール地点の貿易センター前でリハーサル。ビルの合間のステージということもあり、風が強くてめっちゃ寒い{{ (>_<;) }} そしてマイクがまた冷え冷えで。持つ手が凍えます(T_T) 朝で声が出ないのと昨日の一般参加者練習で声を張ったことでのどの調子イマイチ(>_<)。本番までに少しでも整えなくちゃ。結局全曲スタンドマイクで歌うことになりました。

続いてスタート地点の国際会館前に車移動してリハーサル。車移動だけでわいわい楽しめちゃったりして(^ー^*)えへ
国際会館前は人通りが多いこともあって、リハーサルをしているときからいろんな方が見てくれます。するとショコラのみぃみさんがたまたまご家族で通りがかったということで応援にきてくれました!テンションあがります~\(^0^)/

その後、控え室で全員がサンタの格好に着替えます(笑)主催者の方々とミーティングするときも全員がサンタ(笑)なかなか楽しい光景でした。
お昼のお弁当を食べながら、リハーサルの録音を聞く。練習なしで今日いきなり本番で歌う7人ということもあって、まだちょっと声が揃わないところがある。課題を明確にして、本番に向けて調整します。

      

13時からイベントスタート!
開会宣言があり、humannoteのステージです。

オープニングステージは「Silent Night」「Hallelujah」の2曲。
「Silent Night」は結局1番を英語ユニゾン、2番を英語ハモリでいくことになりました。マイクの状態がよいこともあって、めっちゃ気持ちよく歌うことができました(*^_^*)

santa
suwanは4番目のサンタです

そして300人のサンタが2列になって三ノ宮を歩きます!この様子はテレビのニュースや新聞にも取り上げられたようです。歩きながら町の人たちに手を振ると、みんなが笑顔になります。これはホント楽しいっっ。来年も是非参加したいものです。

      

3キロ歩き終わって、ゴール地点では出場者にスターバックスコーヒーがふるまわれます。その間にhumannoteが再度歌わせていただきます。

曲は「Joyful Joyful」「Silent Night」「White Christmas」「Hallelujah」の4曲。
出場者の皆様が一緒に踊りまくったり、クラップしてくれたり、大歓声をあげてくれたりで大盛り上がり!!めっちゃたのしいステージとなりました。

その後、ちょんさんと一緒に大阪の西区民センターへ。
ウタタネライブにむけての一般参加者練習の応援に向かいます。残り30分というときだったので、一番後ろから前に声を出していきます。昨日もそうだったけどガイドで歌うときって、無理して必要以上に出すからのどをつぶしてしまいそう(>_<)気をつけよう。

Aブロック自主練&葺合一般練

15時から2時間、芦原橋にてhumannoteAブロック自主練。
今日は予告どおりゴスペル曲Jの特訓です!

この曲を歌うために、発声練習も考えます。
いつものようにバズをした後に、巻き舌で発声をしました。体操をしたりして上半身と舌の力を抜くことを心がけます。

その後、強い息を出す練習とsの子音の強化のために、「スー」「と息を歯の裏に強くあてて出しながら、8拍→12拍→16拍と、8拍→4拍→2拍→1拍→8分音符→3連符→16分音符でのアタック。
終わる頃には皆様かなりヘロヘロ(;^_^A でも、これをやった後に声だしをすると明らかに大きな声が出せるのと、のどに負担をかけない発声ができるようになります。

あとは師匠がいつもやる発声と同じく音の積み。はい、いい声が出るようになりました(^-^)

まずはドイツ語特訓。みんなで筆記用具を持って、ひとつひとつの子音の注意点を書き込んでいきます。かなりのスモールステップで練習を進めました。ウムラウトの母音も口のあけ方を気をつけて、少しでもドイツ語っぽくなるように口の形を研究。
まずは音をつけずに、しっかりしゃべることから。一つ一つの単語のていねいに発音繰り返し練習。3語ずつをリズムに合わせて繰り返し発音し、それが一定レベルまでできるようになったら、次の3語に移って延々繰り返し練習。かなり地道な練習になりましたが、おかげで音をつける前からかなり良い発音になったのではないかと思います(^-^)

音を付けて歌ってみると、なかなかいい感じ最初から発音しっかり叩きこんだことで、カタカナっぽくない!上手く歌えたというか、成長した実感がみんなの中にもあったようで、テンションあがりました

ドイツ語部分だけで1時間近く練習していたので、ちょっと休憩したのですが、みんなすぐに戻ってきて、次の練習が始まるのを待っているので、すぐに練習再開。みんな熱心!すばらしい!

そして、残り30分でゴスペル部分の音取りをしていく。ただ、suwanはあまりピアノがひけないので、ちょいと申し訳なかったなぁ
ひたすら全パートを歌って、声で伝えていく。練習をするときには全パート歌えるようになっておく必要があるね。

それでもなんとか無理矢理最後までやっちゃいました(;^_^A

今日の自主練はやるかやらないかの瀬戸際だったけど、なかなか濃い練習になって、やってよかったと満足いく内容でした

  

その後、三ノ宮方面、春日野道へ移動。
震災コンサートに向けて、葺合文化センターで一般参加者練習にヘルプで行ってきました

今日の講師はKCCのみなをさん。
参加者が結構多かったから、ガイド応援に行ってよかったわ

課題曲は去年もやった日本語曲。suwanは久しぶりだった上に楽譜持っていなかったから大焦り
しかも、ガイドでベースをと言われて尚焦る。全くわからない…
楽譜初見で必死にガイドがんばりました~(T-T)

それでも1曲が仕上がってくるとすばらしいハーモニーが生まれます。
これは全体練習が楽しみだわ~

さ、明日はサンタの姿で三ノ宮で歌ってきます。
がんばる~

週末活動告知

12月12日(土)15時~17時 humannoteAブロック自主練
もと浪速青少年会館 第1研修室(芦原橋)

明日は僭越ながら、suwanが練習進行させていただくことになりました。
よかったらAブロック以外のhumannoteメンバーも、よかったら一緒に練習しませんか~? 人が多いほうが歌いやすいですし。
でも、少人数なら少人数なりの練習でみっちりやりまっせ。むふ(*^_^*)

ちなみにゴスペル曲Jの特訓をしたいなぁと思っています。みんなで顔の筋肉を鍛えましょう!むふ(*^_^*)
時間&リクエストがあれば、他の日本語曲もします~


    

12月13日(日)13時~15時 「Santa Walk in Kobe 2009
神戸国際会館~貿易センター前

humannoteメンバー8人もサンタの格好をして、300名のサンタの行進に加わります!!!
(冗談かと思ったけど、まじでひげつけるのか??)
そして、ミニコンサートとしてクリスマスソングを歌わせていただきます!

イベントサイトをみたら、思った以上におっきなイベントです。。。
これは明日、一人でも自主練がんばろう・・・

チャラ男とミスター(-.-;)

8月3日以来、4ヶ月ぶりのchocolaTera!!
ちょうど夕方に元町のお取引先で打ち合わせをして、その後直帰コースにて、練習に参加することができました!!久しぶりのsuwan登場でも、みんな温かく迎えてくれて、本当にありがたい仲間たちです(*^_^*)

そしてなんとマサコさんが東京から来てくれていました!結婚して急に東京に行くことになって、なかなか正式にご挨拶できていなかったからということで、わざわざ来てくれました。そういう礼儀正しいというか義理堅いマサコさん、大好きです。お幸せに~。

そして、ケニア焼けで冬にスキー焼けのチャラ男っぽくなっている師匠(;^_^A でも、「チャラ男」と呼ばれてちょっと嬉しそう(笑)始まるまえに、ケニ刑のお話やライブの様子、ボランティアのお話などたっぷり聞くことができました!

さて、今日は震災コンサートの曲を中心の練習です。ありがたい!今日学んだことを自主練でみんなに伝えられるようにしておこう!!

★日本語曲M★
ショコラで歌うときというのは、周りの人のためにおっきな声で歌わなくっちゃとか周りのことを考えなくてよくて、ただただ自分の歌の表現と技術向上のための練習に集中できる。本当にありがたいっっ。そして、みんながそれぞれ意識して抑揚をつけていて、自然と歌に色が生まれる。合同練とは違ってていねいに歌いこめるありがたさよ。どうしたら甘く優しく柔らかく切ない歌声で歌えるか、ビブラートの入れ方をどうしようかなど、追求しながら歌うことができました(^-^)v
あと難関は「歌っている」か「祈ってる」かだな。

この曲は母音をいれすぎるとちょっといやらしいので気をつけるようにとのこと。
スキャットではフローさせる。

震災ライブでは、2ページのパート分かれるところ、一般参加者がメロディラインで、humannoteはスキャットを歌うことになりそうです


★日本語曲U★
この曲はショコラのみんなはこの前のライブで歌っているので暗譜できている&しっかり歌えている( ̄□ ̄;)!! 完成度が高いことで師匠からも特に指導なく、次の曲に行ってしまった。一人遅れをとっているsuwan…歌詞暗譜がんばらなくっちゃ…(-.-;)
けど、みんなが歌えているので、めっちゃ歌いやすくて気持ちよかったぁ【D】のスキャットの抑揚がみんなそろっていたり、「ひとり~」からの不協和音部分の和音がぴったりはまった感じに感動しました。早くみんなにおいつけるようにしたい。


★ゴスペル曲J★
第二外国語は中国語で、ドイツ語まったくわからないsuwanさん。とりあえずにわかで勉強することに。そしてドイツ語の発音サイトでこんなん見つけました\(^0^)/
ドイツ語発音
この発音をそれこそ何十回もきいて耳を慣らして、その上でこの前の合同練習の時にパルナスさんやyukaちゃんから教えてもらったドイツ語を「歌う」上での注意点を口で覚えるようにします。そして、ラッキーなことに、昨日第九の本番を終えてきたちょんさんの発音を練習前に聞いて、ニュアンスを確認することができました!
今はまだ必死だし7割くらいしか言えてないけど、ひとつひとつの発音をきちんと言えるようになりたい。

最後の「ヴァイルト」で伸ばす。

そして、ゴスペル部分のテナーの音程がようやく体に入りました。でも久しぶりに歌ってみると発音とかいいかげんになっているところがあるので、基本にかえってきっちり歌えるようにしたい。

「Lord」の発音注意
「full us」は「ふぃぅるぁ~す」という感じでねちっこく
「light of day」は1回目と2回目でリズムが違うので注意。そしてリエゾンして「ライ トv day」
「chorus」は「コーラス」ではなく「コールs」に近く
「the Father of love」が「ザファーザオブラブィズ」にならないようにしたい。「だふぁーだおvら~ヴィズ」
「what have you」は「わったっヴゅー」、最初の音取り難しいけど和音で一発で取れるようにしたい
「ev'rythin」の発音が「エブリスィン」にならないようにしたい、「えヴぃてぃん」
「drove the dark of doubt away」で休んでしまわないように。
「fill us」は1拍目の頭で「s」を切る。本当は裏で切るのがいいらしいけど、全体でそろえるのが難しいのでやめ。
ラストの「light of day」では狙いを定めて手をバッと。

全体的に今日の練習では、となりのにごぅさんとタイミングや切る瞬間を合わせることを意識してみました。師匠の指導を一番理解しているし、にごぅさんにうまくあわせることができたら大きく方針から外れることないだろうし。

今日はいろいろと実りある練習でした!

ただ、なぜ「ミスター」と呼ばれてしまうのか…、パルナスさんとにごぅさんとsuwanの3人が「メンズ」とか「男性陣」と呼ばれているのか…、「相手に有無を言わせずビシバシ物事を進める」役をsuwanが仰せつかるのか…、わけがわかりません(-.-;)
まだ一応新妻なのに…(ノ_・、)シクシク

サンシャインbirds Christmas Live!

大学時代からの友人のThaniwaちゃんの出るライブに行ってきました!
とはいっても、他の出演者もhumannoteの仲間ばかり。お客さんも知り合いが多く、とくに東京からヒッコンさんがこられているのにはびっくりしました!
それにしても、もう去年のサンシャインbirdsライブから1年経つのか~。早いなぁ~

さて、ライブのサブタイトルに「何やら、今年は、Kurt Carr祭りやぁ!…何か!?」とついていたので、期待していきました!12月に大阪にもカート・カーが来ます。suwanは今回は残念ながらいけませんが、今日のライブで少しでもその気分を楽しませていただきました(^ー^*)えへ

オープニングは、サンシャインbirds合同曲の「Do You Know Him?」
まずは登場した出演者たちの衣装をみてとなりのThaniwaちゃんのおねーさまとも(≧∇≦)きゃ~♪
Thaniwaちゃん、めっちゃミニやん。しかもしかもへそだしやん。やるね~。ほかのサンシャインの方々も悩殺サンタ嬢ルック。きゃっ(。-_-。)ポッ♪


最初のステージは、サンシャインガールず。です。
ソプラノとメゾは真っ赤なサンタの悩殺ミニワンピ。アルトは茶色のミニワンピです。みんな足細い~
ソプラノのまぁちゃんと聖子ちゃん、色気出しすぎですって。たは~(。-_-。)ポッ♪
メゾのもっさんとしんこちゃん、これまたラブリィで困っちゃいます。たは~(。-_-。)ポッ♪
アルトのThaniwaちゃんとシステマさん、色は地味目ですが、異様な存在感です。たは~(。-_-。)ポッ♪

歌は「Melodies From Heaven」「Kumbaya」「You Are」「Hosanna」
普段、力技で歌うクワイアが多いのですが、ていねいに歌っている感じでした。そしてどの曲でも6人全員が楽しんで歌っているのがよくわかる。仲の良さが演奏からも伝わってくるようでした。3つのクワイアの中で一番楽しませていただきました。そして、どの曲もオケはオリジナルなのかな。自分達で作ったのかなぁ。今度聞いてみよう。最初マイクのスイッチが入っていない人が何人かいましたが、PAさんとクワイアの意思疎通がはかれて、すぐに改善できてよかったです

「Hosanna」では、Thaniwaちゃんのリード炸裂! LyrebierdsのTさんに「サンシャインの秘密兵器」とまで言わしめたすばらしいパフォーマンスでした!!つか、英語で話しているときと、日本語のMCに変わったときの声とテンションにツボつかれまくりです。やられました!


続いて、ゲストステージは、Boon Earth Choir(以下BEC)です。ひゅ~ひゅ~!
黒の衣装でビシッと決めてきます。シルバーの小物が効いてます

曲は「Blessing In The Storm」「My Life Is In Your Hands」
でました!BECのオハコですね!ていねいに歌いこんであるのがよくわかり、3つのクワイアの中で一番安心して聞けました。ジュリーさんのリードもいい感じでした
声に色気が増しましたね~。BECといえば声量で押すイメージがあったのですが、今日の演奏は歌唱で聞かせてくれた感じです。ひとつだけ言うとすれば、「hands」で伸ばす音が伸ばしている間に音が落ちてくるときがあるので、それがキープできたらさらに安定すると思いました。


そして、サンシャインbirdsライブ恒例の2チームからのユニット曲。
サンシャインからもっさんとしんこちゃん、LyrebirdsからTさんとなっつさんの4人で、平井堅の「Love Love Love」、それぞれのリードに個性があってみていて楽しかったです。


そして、Lyrebirdsのステージ。5人でそれぞれ赤・白・緑のクリスマスカラーにしています。

曲は「If I Tell God」「Deep River」「You Alone」「Blessed & Highly Favored」
難曲にチャレンジされていて、3つのクワイアの中で一番刺激的な選曲と演奏でした。ユニゾンの声質と発音のそろい具合には脱帽です。どういう練習をしているんだろう。歌いながらも常にいろんなことに意識をむけているのがわかります。Tさんのリズムの取り方はみていて勉強になります。今日も低音から高音まで、素晴らしい歌唱でしたくぼっちゃんはステージ上でも相変わらずの冷静さを発揮でも歌は熱い!まるちゃんは普段から表情豊かなのですが、こういう客席と近いステージではその表情がさらによく見えます。なっつさんはLyrebirdsで歌うときは、かなり他の人とていねいに声を合わせることに集中されているのがわかります。しげおさんも存在感ある歌唱でした。


最後に全員で「In the Sanctuary」の合同演奏。客席でも一緒に歌います\(^0^)/
転調、転調、さらに転調、終わってからもやってくれました! これがサンクチュアリの醍醐味! 最初から最後まで楽しませていただきました! 来年も是非見にいきたいものです。
出演者の皆様、本当にお疲れさまでしたぁ!

山を越した!

引き続き、土7レッスン。
ちょいと早めにヤマハ入りをして、練習室の前の待合室で「Hero」の予習・復習。イヤホンをして一緒に歌っていたら、どんどんその声が大きくなっていたようで、みほりんさんに「響きわたっとったで~」といわれてしまいました(。-_-。)ポッ

この曲は原曲のスピードについていこうとするとちょっと大変なのですが、8分の6拍子の「ツッタッタッ・ツッタッタッ」のリズムを意識しながら、ゆっくりめのテンポでリズム読みをすると、ずいぶん口がおいついてきました。

さっきの一般練習の受付で大声はりあげていたのと、練習でもかなり声を張ってうたってきたので、発声の段階でのどがかなり悲鳴をあげています。これは無理しすぎないように気をつけよう(>_<)


★本日のレッスン
【B】から【5A】までの音取りが終わりました。ようやく2ページまでが終わった~
読み方はあくまでもsuwanの耳に聞こえるものだから、参考程度に。ちなみに第1段階はざっくりと言葉をはめて、口がなれてきたら、より英語に近い発音になるように微調整します。今はまだ第1段階。

・うえんだかーtn はっくろーst えんでぃふぇるらいでぃいん(最後のendはイとエの中間くらい)
・2ページ3段目最後の小節のラストに「your」がぬけている。音はソプラノからラ・ミ・ドの和音
・よrぶらっこーだふぉーl・えとぅっかうぇいえーvriすぃん(原曲ではsin部分でメリスマ入れてるね)
・いーヴんぞーめんでぃな~い よでぃおんりさーくりふぁ~ぃs
・だっらーヴどぅすいなーふ ゆーらーヴどぅすそぅまっち ろーだっゆーげヴよーらいふ すぃゆーせヴdまいらーいふ
・5段目最後の小節の「see You saved my life」ソプラノの音程を「シシドレレ♭」に変更
・なーわーきゃすぃーゆ あのろんがーあしぇーmd よrぱーわrあふぃーるすぃーあわrらいヴsはヴいksちぇーんじd
・(ここはソプのみの可能性大)えヴriろんぎーずぃれーーずd
・(全パートで)じーずs

この前のレッスンの時も思ったんだけど、原曲と同じようにウィスパーで歌おうとすることで、師匠に歌声が伝わっていなくて、みんなが歌えているのか不安になって練習が先に進まないということがよくある。前回のレッスンなんてまさにそうで、前々回に練習したところなのに声が聞こえてこないから、結局【A】~【3A】の繰り返し練習ばかりすることになって、新しい音取りは【4A】の2段分のみだった。
この曲の音取りの段階ではとりあえず、音と言葉のはめ方がちゃんとできているかの確認が大事だろうから、ちゃんと師匠に聞こえる声で歌うことが大事だと思う。そしてできるようになったと認識してもらったら、師匠も安心して次に進んでくれるのではないでしょうか。あと、アルトの距離が師匠から一番遠いから、今度から椅子を前の方に出して、声が聞こえるようにしたほうがいいかもしれないね。

次は、レッスン前後に土7自主練ができますように。

震災コンサート一般参加者練習・大阪会場

今日から1月17日の震災ライブにむけての、練習が大阪、神戸各地で始まりました。
humannoteAブロック練習がなくなった(?)ため、午後の予定があいたsuwanさん、大阪会場のスタッフ手伝いに行ってきました。

suwanが受付1で、まずはお名前とパートを確認、humannote関連の人の紹介で、事前に申し込まれていない人はその場でお名前、連絡先などを書いてもらう。続いて受付2で美香さんやパルナスさんが楽譜や資料や音源を渡し、名札用シールを渡して名前を書いてもらう。

今日は大きなテーブルがあったので受付がしやすく、ありがたかったです。
ただ、事前申込ではなく、今日受付する人たちが一気に団体でこられると、名簿を書いてもらう人で受付がいっぱいになってしまって、事前に申込をしていた人の受付が遅くなってしまった(>_<)。こんなに当日受付の人がいるんだったら、記入用机を別に用意すればよかったな。反省。

それにしても大阪会場だけでも100人くらいいるかな。すごい!!今日は神戸でも練習がされているから、同じときにかなりの人がこの練習をしていることになります。

最初師匠から参加者にむけて30分ほどお話があったようで、受付を終わらせて中に入ったころ、ようやく発声が始まるところでした。
パートバランスとしては、ソプラノ:アルト:テナー=2:5:1という感じかな。というわけでテナーのガイドとして一緒に歌います。さっきまで練習をしていた歌凛の方々もけっこう残ってくださっていて、ガイドとして歌ってくれていました(^-^)

日本語曲は基本的にアルトが主旋律なので、アルトの音取りは問題なさそうですが、テナーで初心者の方にとっては、音の動きがけっこう難しくて苦戦していました。今日は時間がなかったので、パートごとの音取りの時間が短めだったので、音が自分のものにならないまま終わってしまっていた人が何人かいました。あとは、今日配布された音源で自主的に練習して次回の練習にきてくれることを祈るのみです。

師匠はヤマハのレッスンがあるので、途中で抜けられましたが、結局30分練習を延長することになりました。
suwanも土7レッスンの前に曲の予習復習をしておきたかったので、早めに失礼してヤマハに向かいます。
Kマネージャー、送ってくださってありがとうございましたっっっ!!めちゃ助かりました!

残念ながら

先日のオーディション、残念な結果でした…(;^_^A
でもまぁ、実力がついていない結果だから仕方ないでしょう。
真摯に受け止めます。

そのかわりに別の曲を歌わせていただくことになるようです。
なんだか気を使わせてしまったようで、申し訳ないというか、なんというか今はまだビミョーな感じです。

とりあえず気持ちを切り替えて、また練習がんばります~

一般参加者練習日程

どうもたくさんのメールの処理が追いつかないのと、スケジュール帳に書ききれないので、このブログに記録することにした(;^_^A
2つの大きなライブの一般参加の練習を、会場別じゃなくて日程ごとに並べ替えてみるとこんな感じかな。
間違えていたら、どなたかご指摘ぷり~ず!! <チェックする気力がもうない…(>_<)


◆震災コンサート 一般参加者練習日◆

12月5日(土)14:00~16:00 神戸YMCA(チャペル)
12月5日(土)16:00~18:00 もと浪速青少年会館
12月8日(火)10:15~12:15 ユースプラザKOBE EAST(多目的室)
12月10日(木)10:00~12:00 県立文化体育館(小ホール)
12月12日(土)19:00~21:00 葺合文化センター(音楽室)
12月15日(火)10:15~12:15 ユースプラザKOBE EAST(多目的室)
12月19日(土)14:00~16:00 神戸YMCA(チャペル)
12月19日(土)16:00~18:00 もと浪速青少年会館
12月19日(土)19:00~21:00 葺合文化センター(音楽室)
12月24日(木)10:00~12:00 県立文化体育館(小ホール)
1月6日(水)10:15~12:15 ユースプラザKOBE EAST(多目的室)
1月7日(木)10:00~12:00 県立文化体育館(小ホール)
1月9日(土)19:00~21:00 葺合文化センター(音楽室)
1月10日(日)16:00~17:00 浪速人権文化センター
1月11日(月・祝)13:00~14:45 県立文化体育館(小ホール)
1月11日(月・祝)15:15~17:00 県立文化体育館(小ホール)
1月16日(土)14:00~16:00 神戸YMCA(チャペル)


これだけあっても参加できるのが3つくらいしかないワナ( ̄□ ̄;)!!


◆ウタのタネ2 一般参加者練習日◆
12月13日(日)14:00~17:00 西区民センター
1月9日(土)14:00~17:00 浪速人権文化センター(大ホール)
1月16日(土)14:00~17:00 西区民センター
1月30日(土)14:00~17:00 浪速人権文化センター(大ホール)
1月31日(日)午後時間未定
2月13日(土)14:00~17:00 浪速人権文化センター(大ホール)


こちらはヤマハの練習とか考えると、しんどいスケジュールなワナ( ̄□ ̄;)!!


今日になってようやく、ライブにむけてのエンジンがかかりだしました…(遅っ)
本当は一般参加者の練習にもできるだけ参加した方がいいと思うのですが、なんせ12月は予定が重なりまくっていて、正直練習参加は難しいです。ごめんなさい…(ノ_・、)シクシク

その分、1月からは体に無理のない程度に、でもできるだけのことはしたいと思います~
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。