スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の土7はかわいいのよ(*^_^*)

16時から合同曲の1曲練習にむかう。
なんか人数少ないなぁっておもっていたら・・・在籍生は出ない練習だったことを知るそんな中、続々と集まる土7メンバー…すみません、これは確認メールまでしているsuwanが悪いのです。トホホ。でも、せっかく来たんだしということで、参加させていただきましたm(_ _)m

久しぶりの「You've got a friend」
過去の練習の音源を聞きながら来たおかげで音に不安はない。後は英語の発音と歌い方のニュアンス。日本人が英語を見て思い浮かべるカタカナ英語ではなく、耳に入る音をそのままマネをする。
「you've got a」を「ユーブゴッタ」と歌ってしまいがちだけど、むしろ「ユッガッラ」と歌うほうが英語っぽくなる。そしてそれができるようになったら、さらに英語っぽく「ユッvガッラ」とうたう。
「friend」も「ふれーん」よりも「fらーんd」というニュアンスで。

この前ショコラ練の時に師匠が、「ゴスペルを歌うときに何が難しい?」とみんなに聞いていて、「r」の発音とか英語の子音についての話がでていたけど、suwanがゴスペルで一番難しいと思うのはむしろ母音です。英語の子音は、中国語の有気音の練習を思い出してちょっと強めに発する訓練すればなんとかそれっぽくなる。アルファベットの通りに発音すればほぼ大丈夫だし。
日本語の「あ」「い」「う」「え」「お」にはない発音、「a」「i」「u」「e」「o」だけでも表現しきれないニュアンス、これが何より難しい。だからこそ発声練習というかボイトレをしたい欲がすぐに出る。

コーラスでは「u」はできるだけ「o」母音にして歌うと響く声になるとか、「i」母音はできるだけ口をたてにあけて「a」に近づけて歌うと大人っぽい発声になるとかテクニックがあるけど、英語の曲はそれだけではとても表現できない。口のあける大きさ、歯の見せ具合、あごを上にあけるか下にあけるか、おなかの使い具合…やっぱり母音発声で苦戦しています。
歌声が幼く聞こえるとか、音程が合っていてもうまく聞こえないとか、母音の歌いまわしとニュアンスによるものだと思う。youtubeとか映像で原曲を見て聞いて研究してまねするしかないなというのが最近の結論か。

そういう意味では、師匠とユカリ先生ののどやあご、口の動きを見て真似するのは非常に勉強になる。あとハート&ソウルのもんちさんの口の動きは本当にすごい。あんなふうに歌えるようになりたいものです。
suwanはテナーだから今はユカリ先生の歌い方が一番のお手本。口とあごの動かし方と体でのリズムの取り方を研究中。

    

18時からは土7自主練。
まずは前回の自主練の自分達の歌の録音を聴いて研究。そして原曲を聞いて違いを意識。そしてポイントを確認してから歌います。

師匠がよく「ニュアンス」をまねするようにって言う。これは原曲の聴き方を変えたらちょっと理解できる。
ただ「聞く」だけだと、音程の確認だったり、英語の発音の確認止まりなんだけど、真剣に「聴く」と母音発声、子音の出し方、強拍と弱拍、入りと語尾の処理など、何十回何百回聞いたはずの曲なのに、毎回発見がある。

今回みんなで意識したのは
①「praise you」の「you」をそろえる
②「oh~oh~hou」の最後の「ou」がかなりたっぷり切れずに残っていること
③「for e」のつながりと「you've」のはね方
④「au-vor」などの強弱と発音
⑤つなげる歌い方、おなかで切る歌い方、グーで押すような歌い方
⑥スルーよりも「スロー」
⑦「hallelujah」は「lu」をたっぷり長め、「jah」は「ユア(your)」
⑧「for」は「フォー」より「フォr」
⑨「pra」の「p」はかなり息を破裂させる

あと、前回がみんながバラバラすぎたから、今日はリードも含めて一円になってそろえることを意識して歌ってみた。これはなかなかよかった
ただし、音楽が小さくなるデメリットもある。大きく伸び伸びと歌うのと、まとまってそろえて歌うのを交互にして、表現が小さくならないように心がけたい。

    

19時からのゴスペルレッスン。今日は初めてメンバー全員がそろった!!\(^0^)/
人数がいるだけで声が変わるものです。

suwanリード、録音聴くとどうもいまいち。
「are」は原曲に近づけるように変更しよう。
「name」のメリスマ、大げさに入れよう。
「there」は原曲は動き2音にしているから、ブレス調整して頑張って入れてみよう。

振り付け意識すると、どうしても「のぉお~」の動きが弱い。歌だけをしっかり強化する練習を入れてもいいな。
「stop」は「スタップ」

バラード曲は、suwanの合図出し方、要研究。つなげて歌って欲しい部分、刻まなくてもリズムを同時に表現できたらいいんだけどね。
ユニゾンから分かれるところ、もうちょっとだけテンポ早目がいいな。ここで重過ぎると次がしんどい。
低音から大きく動いた部分、テンションとともにちょっとだけテンポをあげたい。でも「hallelujah」で走らないように。
最後の転調部分がmaxにならないといけないのに、歌声にちょっと疲れが見える。これはもっていき方の段階を考えよう。
途中の休符と最後伸ばすところ、できるだけ長くしたいけど、あとはsuwanが冷静でいられるかどうかだな。

師匠、新人カズちゃんの動きに何か面白いおもちゃを見つけた子どもの目をしている。あ~あ(;^_^A

    

20時からの自主練。こちらも鏡のある部屋だったので、2グループに分かれて振り付け確認。
サビ部分、「首クイッ」に捉われず、「とん・ぱ~ん」のリズムを意識。
ロープ引き、思っているよりもかなり大げさに腰を出すくらいでちょうどいいな。
最後のページ部分、「1・2、1・2、1・ウン・ぱ~ん」に変更。

ソプラノメンバーのために、高い声を強く出す練習で、よく師匠がやるヘッドボイスの「小犬の鳴き声」をやってみました。

アンッ!アンッ!→アーン!アーン!→アーーーン、アーーーン→アーーーーーーー
てな具合。これをするとsuwanでものどを痛めずにソプラノがやかましいくらい楽に出ます。
コーラスのソプラノは声を響かせてあわせるために後頭部で声を響かせるから前に出にくいんだけど、ヘッドボイスは前に声がでる。というか、額からビームを出すイメージ。

今日で全員の声と動きがそろってきた!
来週の練習は歌、特にニュアンスをつかむのをもうちょっと強化しよう。
スポンサーサイト

ニュアンスをつかんでメリスマを

今日も仕事が終わらず45分遅刻(ノ_・、)シクシク
今日はchocolaTeraHPから体験希望の方がいたので、なんとしてでも練習に参加したくて焦りました。会社からスタジオに向かう電車の中で、原曲を聞きながら楽譜の英語にカタカナを書く。このとき、英語の読みを書くのではなく、聞こえる発音を書くのがポイントね。

練習に加わると、先週から音取り開始した「Hosanna」の音取りの続き。この曲はテンポが速くて英語の発音を読むのにせいいっぱい。ゆっくりめでしゃべりながら練習したときはいえるつもりになっても、実際のテンポになると口がまわらない~(>_<)かみかみや~

そして、さらに今日はメリスマの入れ方の練習。
原曲を聞いて、ここでこんなふうにメリスマ入れたいというイメージはつかんでいるんだけど、自分ののどがくりっとまわってくれない。なんやろなぁ~、メリスマのイメージは「くりっ」とまわる感じなんだけど、suwanの声は横揺れのビブラート止まりなんだよな~。だから演歌っぽい。これはまだまだ練習が必要だ。
あ~あぁぁあ~、あ~あぁぁあ~、あ~あぁぁあ~、あ~あぁぁあ~…

師匠がめっさ気に入っている韓国のグループの歌の話になって、そのメリスマがアジア人とは思えないということで、聞かせてくれました。そして、師匠もそれのコピーをする練習をしているということで聞かせてくれたのですが…すごいっっ!!韓国の歌手もすごいけど、師匠もやっぱりすごいっす!!
「まだ、できてません…」としょんぼりの師匠でしたが、十分です。はは~m(_ _)m

このところ、ヤマハ発表会にむけて土7の曲しか聞きこんでいなくて、ショコラの曲の予習復習が全然できていなかった。そんなんなのに、suwanの口元に録音マイクあてて録音していたはぎちゃん…suwanの音程、だいたいの雰囲気で歌っているから間違ってますよぉ~発音もカミカミですよぉ~(;^_^A

英語の発音に苦戦するメンバー。音取りにあと1~2回かかるかな。
「次、ちょっとだけ山場があるけど、あとはぷ~やねん」の言葉に「どこがぷ~やねん(T_T)」とがっくり肩を落とす。これはちゃんと時間を作って原曲聞かないとだめだな(ノ_・、)シクシク

今日体験してくれたクッキー、来月からも入会してくれるようです\(^0^)/
初心者には「Hosannna」はかなり難しかったと思うけど、楽しかったと言ってもらってよかったわ。

今週は卒業式ウィーク。
帰り道、小学校の卒業式で歌う歌は何かという話になった。

suwanら30代は「巣立ちの歌」、40代は「蛍の光」(むっ…まだ30代やもん(-.-;)by師匠)だったけど、今は「Believe」という曲なんだってね。
それこそ20年ぶりくらいに「巣立ちの歌」を口ずさみながら歩いてたんだけど、口が歌詞を覚えている。小学校の頃の歌って、歌ってみると体が歌を覚えているもんだね~

自主練(クレオ北)

昨日に引き続き、今日も4月26日のライブにむけての自主練です。
今日は師匠とはっちゃんも来てくださるということで、メンバー一同気合い十分!!suwanも昨日の練習の録音をイアホンで聞きながら、部屋で振り付け自主練して、今日の練習に臨みます。

クレオの音楽室は広くておっきな鏡があるから、ふりつけ練習をするには非常にやりやすい。さらに、たいち氏がビデオを持ってきて録画してくれたので、歌うときは鏡で見ながら、そして即録画した映像をみんなで見て確認できたのは本当によかった!

例年、師匠もこのクレオ練習にきてくださるのですが、歌以上に振り付け指導に力が入る(笑)
今日も的確な指示をいただいて、いくつか修正しました。
ここに書いてもうまく伝えられないので、今日来れなかったメンバーには、次回の練習で伝えることにしましょう。

最初1時間は踊りまくり、その後1時間半は大熱唱。さすがにもうへろっへろです。
でも、2曲で2時間半の練習って、あっという間だなぁ~。

★アップ曲★
①手を下に動かすところ、ヒゲダンスにならないように、ちょっと上目で押し出すように。
②「to」で首をクィッ、「you」で両手広げ。
③ロープ引き部分、腰をかなり外に。コアリズム特訓だ~!
④最後のページのいっちょめいっちょめ部分も、腰を左右に大きく。

振り付けに必死になって歌が疎かにならないようにしなくっちゃ。「なぁあ~」が油断すると抜けちゃうよ。
suwanのリード部分、どうも3箇所イマイチなんだよなぁ…いつも部屋で一人で練習してて納得いかない。まだまだだ

★バラード曲★
今は全員が目をつぶってめくらめっぽう全力パンチ出してるんだけど、的外れという師匠からのご指摘。はい、ごもっともですすべてに力が入りすぎているんだろうなぁ。もうちょっと曲をしっかりと向かい合って、表現を考え直そう。

途中の切り替え部分とラストはsuwan合図出し。間を大切にしよう。

今日の指導ポイントは、リードとクワイアが別物になってしまっているというところ。そして、クワイアのまとまりがなさすぎるというところ。
去年はひたすら、パワー感をと散々言われ続けていたのに、今年はむしろそんなに出さなくてもよろしいといわれるようになったのは1つの進歩か。声が出るようになった次のステップとして、声を合わせることを目指そう。でも小さい音楽にはしたくないけどね(^ー^*)えへ

suwanは暴発注意だな。どこかに冷静さを持って表現したい。つか、この音域地声で出しやすいから出しすぎちゃうんだよね。マイクなしでもビルボードに声を響かせそうな勢いだ(;^_^A 当日はマイクワークを気をつけよう。かなり離してもOKかも。ハンドマイクで調整しよう。

練習終わってから今日も飲みに。
酔っ払っていたせいか、まちがって違う電車に乗ってしまって遠回りすることになり、かなり家に着くことが遅れてしまったワナ(ノ_・、)シクシク

自主練(サブロック)

4月26日の発表会に向けて、難波のスタジオで2時間自主練。

まずは前回の自主練の時に考えたアップテンポ曲のふりつけをみんなで確認し、練習します。
でもやってみると、やりづらかったり不自然なところがでてきたりするので、その場でみんなで考えながら修正していきます。
そうこうしていると段々完成度があがってきました!
明日の自主練で動きを確定させたら、次は再度歌の練習をしたいところです。

★アップ曲注意ポイント★
①リードはふりつけにとらわれず自由に。できれば歌う前に手をあげて合図を。
②「なぁあ~」の動きはしっかり。ちょっと鼻にかける感じで。
③スキャット部分、2つめは、くって入る。1つ目と3つ目は拍の頭で入る。
④ふううふううふ~部分、右手のみでぐるんぐるんぱー。同時に腰をいれる。
⑤はぴさんリード部分のクワイア、動きも歌もビシッと!
⑥その直後の横移動忘れずに…
⑦Ah~部分の後は左手右指しから始まって、forで構えて出す。
⑧最後のページの「なぁあ~」も忘れずに。

この曲は是非、お客さんにも一緒に手を動かしてもらいたいものです
歌う前にMC入れて、サビ部分の動き教えてあげたいなぁ。そんな時間あるかしらん。

アップ曲の練習に90分費やし、バラード曲の時間が30分しかなくなった
前回のレッスンの時に録音したはっちゃんの伴奏に合わせて1回通したあとで、英語の日本語訳を読み合わせて、どんなことを歌っている曲なのかをみんなで共有する。
この曲はやっぱりちぃままのリード部分の歌詞を理解したうえでクワイアが歌うことが非常に大事です。歌詞を理解したら歌い方と表情がかわるはず。

★バラード曲注意ポイント★
①that'sの発音。「ザッツ」は鋭すぎるから。「だっつ」で。
②「w」「p」「r」「f」「v」などの子音を、英語っぽく、息を大量に出して。でも、suwanの場合は巻き舌やりすぎ注意報を出しておこう。
③英語の発音、とにかくカタカナにならないように

さあ、明日は鏡のある場所で練習です。がんばりましょう!!

ライブ告知!!

年に一度のヤマハの発表会があります!!

13th Gospel Live

日時:2009年4月26日(日)
場所:Billboard Live 大阪
  ※JR大阪駅桜橋口徒歩5分、地下鉄四ツ橋線西梅田駅北改札徒歩5分
開場:16:30~ 開演:17:00~
入場料:前売1,500円(税込) 当日1,800円 自由席
  ※ビルボードライブ大阪によるドリンク販売があるので別途500円が会場でかかります。
出演者:ヤマハなんばセンター ゴスペルコース在籍生
チケット取り扱い:ヤマハなんばセンター 06-6647-1161
  ※電話受付時間 9:45~21:00(日曜のみ18:00まで)

現在ヤマハは6クラスあって、各クラスの演奏と、ライブの最後に合同演奏があります。
毎年のお楽しみ、師匠の講師演奏もありますよ

suwanのいる土7クラス(Earth Seven)は、2番目に出演予定です。
ふりつけありのアップテンポ曲と、壮大なバラード曲に挑戦します。
毎年、この発表会に向けて1年間練習を重ねているのですが、今年の曲はいままでの集大成ともいえる曲。ちぃままのリードが炸裂します。でもクワイアも負けませんよ。全力で戦いにいきます!!ヾ(- -;)勝負ちゃうって
よかったら、応援しにきてくださいね~~!!

新曲音取り!

仕事で20分ほど遅刻。
前回音取りをした「My Life,My Love,My All」の歌い方、表現をかなりつっこんで指導がありました。
まさに「my hands」の2小節だけで20分くらい練習したかな。
でも、マニアックsuwanはこういう練習、すごく好きです。
たとえレッスンではマスターできなかったとしても、師匠の言いたいこと、理想が理解できたら自主練することができる。ちょっと手が届きそうな、でもすぐに手が届かないハードルはsuwanの負けず嫌い心を刺激します。

押すところと抜くところ、そしてビブラート。
とてもエキサイティングで面白い練習でした。

惜しむらくは、花粉症でとにかくsuwanの喉の調子が悪くて、歌の途中でも咳が止まらず歌唱に集中できなかったこと。土曜の土7の時よりも悪化してるな(ノ_・、)シクシク

そして、後半で新曲の音取り開始。
これまたカーク・フランクリンの「Hosanna」です\(^0^)/
歌ったことのない新しい曲の楽譜をもらうとテンション上がるわ~。しかもこの曲大好き~♪
最初の部分が舌をかみそうだけど、カタカナ発音にならないよう、原曲を聞きこんでニュアンスを大事にしたいものです。


もう少ししたら告知します。

18時からの自主練。
前回のレッスンから2週間経っているので、まずは前回のレッスンでの師匠の注意点を確認します。
主に英語の発音を意識。

アルトが多かったので、アルトの方々の自主練メインとなりました。なかなかいい感じで進んでおります

19時からのレッスン。
今日からソプラノに新しいメンバー、カズちゃんが加わりました\(^0^)/よろしくです~
ライブまで残り1ヶ月ちょいだけど、とりあえずがんばって練習することに。無理しすぎず、でもせっかくやるならBESTをつくしましょうね!!

そして、ホワイトデーでたいち氏が女性全員にお菓子のプレゼントありがとう♪

★バラード曲
ちぃままのリード炸裂!めっちゃ研究&練習しているのがわかります。クワイアも負けていられませんわ。
suwanも歌詞の意味と表現を考えながら歌ってみました。
ただ、花粉症でのどがやられていて、声のコントロールがききにくかった。せきがでるし、暴発するし、ピッチあがりきれないし…(>_<)
伝えようとする気持ち、熱さは多分伝わるけど、まだまだ演奏としては荒い。完成度をあげるために次のステップに進みたい。

★アップ曲
サビのメリスマ入れるところ、もうちょっとしっかり。これは歌い方要研究だ。
スキャット部分、とくに動きの早いところがあんまりうたえていない。
ラスト、走らない。口やあごを大きくあけなくても発音できちゃうところだから、しっかり発音できていないんだろうな。要研究。

20時からの自主練は、アップ曲のふりつけを考えるのがメイン。歌は最後に1回通したくらいだけど、動きをつけたことで表現がしやすくなったきがします(^-^)v
お客さんが同じ動きをまねしやすいシンプルなもので、会場全体で曲を楽しみたいものです。

来週からレッスン日以外にも自主練始まりますが、おそらく振り付けの伝達と練習が多くなると思うから歌は各自でしっかり練習しておきましょうね。

2009健康文化フェスティバル

ウタタネライブの感動が残るまま、humannote神戸組(chocolaTera、Hug Hug Mommy-Go!、YMCA、KCC)25人で歌ってきました!
場所は長田の兵庫県立文化体育館。全員黒のジャケット&パンツでビシッときめます

もともとはこの文化体育館でやっているカルチャーセンター、サークルの発表会。ステージプログラム以外にも様々な展示をしていました。

小ホールでリハーサルがあったんだけど、CDラジカセしかなかったからオケがあまり聞こえなくて、歌が走る走る こりゃ、本番気をつけなくっちゃ。

本番は多目的ホールにて。本番のステージが始まっているからリハーサルなしだったんだけど、ちょっとだけ会場下見してびっくり…
なんじゃこりゃあぁあぁあぁあぁ~~~~~~~~~~( ̄□ ̄;)!!
http://www.pure.ne.jp/~buntai/tamokuteki.html
座席数約3000席。なんばHatchよりもおっきいのか???

そうこうしているうちに、舞台そで待機時間が来る。前の女声コーラスがエーデルワイスとかポニョとか耳なじみのよい選曲で場が暖まっているのを感じます
リハーサルの様子をもとに、本番で少しでも走らないように、オケの「カチカチカチカチ」という音にあわせてステップ踏む冷静さをギリギリに確認します。

さぁ、humannoteの出番です!
緞帳(幕)が降りている間に、立ち位置につき、その間スタッフの方々がマイクのセッティング。師匠が1本マイクを取って、残りは25人でマイク5本だったので、マイクを高めにセッティングして、全体の音を取るようにします。広いステージだったので、クワイアは2列になりながらも1列目と2列目が接近してできるだけ全体的に前に出ます。

ここでちょっとしたハプニングが…
humannoteの紹介アナウンスで、「ヒューマンノー」といわれたり、師匠の紹介が「シンガーソングライター」といわれたり、全員ステージ上でこけそうになりました(;^_^A

いよいよ本番!
幕があがると同時にお客さんから拍手が生まれ、「Hallelujah」のイントロが始まる。ウタタネライブ同様、2回目のクラッシュとともに光さす方向に顔をあげます。前奏始まるところで師匠の合図ともに左右ステップ開始!このあたりはもうなれたものです

マイクがなくて、目の前の広々とした体育館で歌うときには、一番後ろのお客さんに声を飛ばすつもりで狙いを定めて入ります。入りの「Ha」に意識集中!!
歌いながらフレーズ最後の5つめの「hallelujah」の「jah」の切るタイミングがバラバラなのが惜しいなぁと思いました。バラっとして聞こえたな。
でも歌いながら、他のパートをみたり、周りの人たちを見るとみんなとっても楽しそうに笑顔で歌っていたから、まぁよかったかな
客席にはぴさんらhumannoteメンバー発見!応援ありがとうございます~~~(^0^)/

曲が終わって師匠のMC、「健康フェスティバルなのに骨折しててどうもすんません(笑)」

続いて、「街の灯り」
ソプラノ&アルトのスキャットの入り、弱い…マイクがなくて、しかも声がこもりがちな「woo」のスキャットの時は普段歌うよりも大きめで歌わないと客席に届かないのです。テナー歌わないところだからどうしようもなかったけど、これはもったいなかったなぁ。

最後に「Oh,Happy Day」
客席の皆さんが最初から手拍子をしてくれて、あたたかい空気の中、めっちゃ楽しく歌うことができました\(^0^)/
MCが短かったこともあって、3曲あっという間に終わったよ。

以下、今日の感想。
「なんか…テナーが濃かった…」
そうかなぁ~、suwanにしてはおとなしいほうだったんだけどなぁ…そっか!マミーゴのみなさんとにごぅさんが濃かったんだ!!

「マイクがピンポイントでしか音を拾ってなくて、あんまりバランス良く聴けなかった」
これはリハなし、マイク確認なし、マイク本数少ない、ステージ上の音の返りなしという状況のライブでは今後もありえます。あまりいい環境ではない中でも少しでもよい演奏ができて、伝えられるように今後も研究していきたいものです。

「アルトのとんちゃん&みなをさんの響きは、『ハレルヤ』で光ってました」
(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン humannote神戸組はアルトが強いのですこれはテナーとしても歌いやすい!!

「一緒に歌ってもっとノリたかったー。会場がだだっ広すぎて、恥ずかしくてノリ切れず」
確かに、ホントびっくりするくらい広い会場でした。でも将来はこれくらいの大きさの会場で歌っても、みんなが思いっきりノレるくらいのステージにしたいものです。

今日応援しにきてくれた皆様、本当にありがとうございました!!
そして、一緒に歌った神戸組の皆様、今日も楽しく歌えてよかったですねっっ!!また、是非一緒に歌いましょう!!
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。