スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

humannote合同練&一般参加者練習③

今日も午前中はhumannote合同練習、午後から一般参加者練習。
今回は前回よりも9時半からの準備手伝いの方が増えました。ありがたいことです

今日は指揮する時、同じ曲でも毎回指揮をちょっとずつ変えてみて、いろいろ試してみた。
その時に気付いたこと・・・指揮があることによって、みんなが前ではなく私にむけて歌ってしまって、曲の表現が小さくなる場所がある。そして、指揮があることによって、指揮に頼りすぎる恐れがある。
たとえば、左右に揺れるとき、suwanが左右にはっきりわかるようにゆれて動いているときはみんなそろうんだけど、指揮に集中してsuwanが揺れを止めるととたんにみんなの動きがバラバラになって、左右揺れがぐちゃぐちゃになってしまう。揺れをぴっちりそろえることがいいとは限らないけど、ぐちゃぐちゃすぎるのは確かにちょっと気になった。いつでもsuwanの動きに合わせるのではなく、隣の人と同じ方向に揺れるように自主的にしていただけると助かるなぁ。。。
あと、availableのサビ部分、200人が客席にむけて放射線状に声を発散して欲しいのに、逆にクワイアからsuwanに一転集中している。こりゃいかん。指揮は視界のはしっこにいれるくらいで、客席にむけてのびのびと歌ってもらいたいものです。

「Seeds Of Love」で、suwanが指揮の合図間違えて、全員が正しかった部分がありました。みんなありがとう助かります~m(_ _)m

以下、曲のポイント

★The Seeds Of Love★
しーぞーではなく、しーぞぉ
(ソーミー)ではなく、(ソーレミ)

★I'm available to you★
①「my will」「my storage」などでの「m」の発音。「ぅま~ぃ」というくらいためる。
②あたまはウィスパーで歌う。
③「aaa~」からはコントラストをつける。ヒステリックなくらい。

★みんなトモダチ★
「きぃぃみぃぃはぁぁひとりじゃなぁぁいぃ~」と母音を入れて歌う。

★地球兄弟★
スキャットからはパワー感を出す。

今日言われたことは、毎回必ず言われる注意だけでした。これは夕方のhumannote代表者会議の時に師匠が自ら言っていたけど、上記のことは絶対に守って欲しいことだから、ほかにもいろいろ言いたいことはあるけれど、いろいろ言ってもできなくなるから、ここに絞ってこれしか言わないようにしているとのことでした。

これは組織論でいうと、ボトムアップの考え方。
最低限の標準値を決めて、全員それをクリアしてもらうやり方ね。5段階の3に全員をするやり方。ということは、上記のことが全員できるようにならないと、次の指導は与えられないのかなぁ。

でもこればかりだと、毎回練習に出ていて、もっと上、つまり4や5を目指したい人にとって、ちょっとものたりなくてモチベーションが下がる。一般参加の分は初心者が多いから初心者むけの練習になるのは仕方ないと思ったけど…マスクワイアの練習だとこれはもう仕方ないことなのかなぁ。
今日の練習ではsuwanは指揮していたから歌っていないけど、クワイアの目の前で録音していたから録音聴くと細かいあらが聞こえてうずうずする~(;^_^A

でもまぁ、未だに「世界中の」と「世界中に」の歌詞を間違える人が毎回いるんだもんね。あとは、残り2回の練習までに少しでもみんなにできるようになってもらって、師匠に次のステップに進ませたくなるようするしかないか。がんばりましょう!

    

午後から一般参加者練。
初めて練習参加という人が少なかったこともあるでしょうが、既に3曲とも暗譜している人が何人もいる!ずっと音源聞いて練習してきているんだろうなぁ!ものすごい気合いを感じます!すばらしい!

★Hallelujah★
「ver」は「バー」ではなく「ヴォー」

★日本語曲★
初めて練習にもかかわらず、音源で予習してきている人がたくさんいたようです。
①音楽記号で「Hum.」とは「Humming(ハミング)」の略なのですが、この曲では「hang」と発音することになりました。口を閉じずに鼻に響かせる感じ。
②「DA」ではなく「DI」に歌詞変更
③「answer」の発音は「アンサー」ではなく「ぇぁんせ~」っぽく。アとエの中間音の「ae」とか日本語にはない中間の発音を英語っぽく発音すること

★Oh,Happy Day★
washedは「ウォッシュ」ではなく「ぅわっしゅt」
「エックスタイム」「ブレイク」「イン」などの解説と練習。

さあ、合同練習も残り2回と、バンドリハを残すのみ。それぞれ練習がんばりましょう!
スポンサーサイト

♪くまのこみていたかくれんぼ

先週は師匠の怪我による休講だったので、2009年はじめてのchocolaTera練となりました。今日も師匠は松葉杖。足がむくんでつらそうでした(>_<)

仕事で30分遅刻すると、体験者の男性&女性が!!
しかも女性はウタノタネ一般参加者!めっちゃ楽しそうに歌ってはる様子にこちらも嬉しくなりました。

というわけで、練習曲は「Oh,Happy Day」、フルゴスペル日本語曲、「地球兄弟」、「みんなトモダチ」。
今日のリードはヨッピー&マサコさんのアルトコンビ
前回よりもずいぶん声が出ているし、堂々と歌っている。かなりいい感じです歌っていてテンション上がったよ。

今日は鏡を真正面から見れる位置だったので、自分の顔を凝視しながら歌いました。(いつもは角度が悪くて自分の顔がみえない)
口をあけるときに、きれいな左右対称になっているか、母音で口の形は綺麗にあいているか、前歯がちゃんと見えているか、ほおぼねはあがっているか、あごがあがりすぎていないか、などチェックしていたら、地球兄弟の歌詞をおもいっきし間違えた( ̄□ ̄;)!!ヒィッ

三ノ宮への帰り道、松葉杖で一生懸命に歩きながらも、しんどそうな師匠…(T_T)全体重を腕で支えているようなもんだもんね。早くなおしてくださいね。

阿倍野ゴスペルワークショップライブ

阿倍野区民センターでゴスペルのワークショップがあり、その発表会ライブがあって、humannoteのBグループ、Cグループのメンバーが歌うということで、応援に行ってきました!

まずは講師の上洲氏のソロライブ。
「Amazing Grace」から始まり、洋楽、邦楽カバー、そしてオリジナル曲。humannoteで一緒に歌うことはあっても、ソロで歌を聞くのは初めて。もともとバンドをしていたというだけあって、いろんなボーカルテクニックが満載の歌唱でした。このおっきなホールでソロで歌うのは気持ちいいだろうなぁ

そして、humannote50人のステージ。50人がステージにあがると壮観です。
そして、車椅子に乗って松葉杖持って師匠登場( ̄□ ̄;)!! 師匠、まさか本当にステージにでてくるとは…MCしているあいだに車椅子が動いたり、それで松葉杖が倒れたり、なんだか大変そうでした。

そして歌が始まると車椅子に座っていられなくて、立って歌う、指揮する、しまいには松葉杖振り回して歌ってるし(;^_^A
あ~あ~、骨折している左足に体重かかってるよ、リズム刻んでるよ
これは今夜絶対悪化しているやろなぁ…ウタタネ本番までに少しでも治していただきたいんだけど、あの調子じゃあ、なかなか治らないやろなぁ・・・

さて、ステージをみていたら、ウタタネライブのイメージがつかめました。曲順覚えていないから、順番違ってたらごめんなさい。

「Seeds Of Love」は最初の「see」の入り、やっぱり聞こえない。「sof」あたりから聞こえてくる感じ。
「らぁあ~v」の切るのがバラバラ。つまり語尾の処理がそろっていないかな。
「peace」の入り、低いけどもうちょっとがんばって入りたい。
「しぞvしーぞv」部分、もっと息をしっかり出さないと聞こえないかも。ただし声を出すのではない。
最後の終わり方がちょっとしまらなかった。これはウタタネ本番でも気をつけたい。
でも、みんな楽しそうにめっちゃいい顔して歌ってた。これは本当によかった

「Hallelujah」は、かなり完成度高い!5つ目の「hallelujah」の「jah」の切るタイミングというか伸ばし具合がバラバラ。つまり、リズムの感じ方が揃っていないんだと思う。なんだかおしい。
パートソロの「reighn」が「レン」に聞こえてしまう。「ぅrein」というくらいしっかり発音したほうがいいな。
ソプラノのパートソロの入りが鋭くてよかった!

「I'm Available To You」は、最初のウィスパー部分、正直全然聞こえない。しかも「AAA~」までが非常に長く感じる。聞きなれている私たちでもそうだから、初めて聞く人は下手すると本当に退屈して睡眠ポイントになってしまうかもしれない…2つ目の「Lord」からはもうちょっと盛り上げてもいいかもしれません。
「AAA~」からはものすごい迫力。これがhumannote全員で歌うときにどんなことになるのか、めっちゃ楽しみです!でも、その後がなんか消化不良な感じがしないでもない。「you you you」はやっぱりむずかしいね。おっきく聞こえない。ここで出し切れないとおとなしく終わってしまう。
この曲が全体を通して一番課題大きい。

「みんなトモダチ」は最初から最後まで楽しそうでよかった。これは歌詞の心配さえなければ一番楽しく聞けるね。つか、松葉杖振り回して、新しいおもちゃを手にした子どものように嬉しそうに歌う師匠に目が行って…あまり歌を聞けてなかったかも…(;^_^A

「地球兄弟」はsuwan憧れのOさんのリードで目がはぁと状態しかも最後の最後までOさんのリードだぁOさんはいつもクールなイメージがあったのですが、今まで見たなかで一番笑顔で楽しそうに歌ってはると思いました。
クワイア、さすがに歌いなれていて、安心して聞くことができました。なんというか、余裕というか自信が歌に現れているのでしょう。これがもしかしたらアベイラブルとの違いかもしれません。

そして、阿倍野ワークショップの「beauty 4」のみなさまが合流してフルゴスペル2曲。日本語曲は、師匠のリードにあわせて、クワイアが曲の雰囲気をとらえてうまく歌っていたと思います。これも切るタイミングがバラバラなのがおしかった。最後の「love」からはもうちょっと練習が必要かも。歌のニュアンスの共通理解ができていないように思う。

最後は「Oh,Happy Day」。「beauty 4」の方々のリード、それぞれめっちゃ気合い入っていてパンチがきいてて、ニヤリとしました。
客席で歌っていて思ったんだけど、最後の「客席のみなさまも一緒に歌いましょう」のコーナーで、クワイアを切る合図が大きすぎると、お客さんも歌を止めてしまうんだよね。今日は私らのような「どうしたいのか知っている」人が多かったから客席も大きく歌っていたけど、クワイヤが歌わなくてもお客さんは切らずに歌っててほしいというのがわかるようにしないと、歌がとまっちゃうかな。

あと、今日は師匠が語りたいこと、ネタがたくさんあって、MCが全体的に長めだったんだけど、その間、クワイアの方々立ち姿がちょいと気になりました。顔や髪をいじっていたり、落ち着きなく手が動いていたり、長いこと立っているのがしんどいようで重心を左右に「休め」の体制でゆらゆらしていたり、ちびっこはあくびしてたり(;^_^A
これは本番も要注意だな。

って、全体的に厳しめコメントになったけど、演奏の完成度は去年のウタオトとは比べ物にならないくらい良くなっています!でも、ウタタネ本番はもっと良くしたい。うん、あと1ヶ月でもっと良くなれる!
昨日のバンドリハと、今日のライブで、ウタタネにむけてのイメージは固まってきた。

ウタタネ本番で、どの曲を指揮することになるかまだ決まっていないけど、どれになろうともがんばります!!

最後に、今日出演されたみなさま、スタッフのみなさま、本当にお疲れ様でした!めっちゃ勉強になったし、なにより楽しかったです!ありがとうございました。

クラス発表曲2曲目音取り開始!

今日2つ目の記事。なんせおうた4時間半+4時間コース!そりゃ、のどもガラガラなりますわな。

17時~19時…humannote合同自主練
19時~20時…土7レッスン
20時~21時…土7自主練

さすがに移動で練習参加は17時には間に合わず、ちょいと遅刻。ごめんなさいm(_ _)m
今日はなんだか参加者が多く、はじめましての方もたくさんいらっしゃいました

フルゴスペルの日本語曲をまだ歌ったことがない人が多かったので、その音取り中心に練習を進めます。なっつさんが最新の練習情報をホワイトボードに書いてくださって、それをみんなで情報共有します。

歌ってみて、注意点を再確認して、また歌ってみるこれが大事。
ただ歌うだけだと、何度繰り返し歌っても上達しない。
注意点を確認して意識した後に歌ってみないと、そうかと頭で思っても実際に歌ってできるようにならないと、次の練習の時には忘れてしまう。合同練習だと時間が足りなくてできない「直後の強化」を、この合同自主練ではしっかりするように心がけています。

初心者でも練習に毎回ちゃんとでてきている人はメキメキ上達している。練習に来ていない経験者を越しそうな勢いです。これはみなさん、うかうかしていられませんぜ。

19時からの土7レッスン。
女性の見学の方が来られていましたそして、お休み中のbettyさんが見学に来てくれました!しかもウタタネライブのチケットお買い上げ、ありがとうございます~m(_ _)m

まずはアップ曲を通してみる。
・・・みんなめっちゃリード練習してるやんめっさテンションあがった
やればできる子、土7っ子。これは本番が楽しみになってきたぁぁぁ~~~~~私も今まで以上にリード練習、がんばります

そして、いよいよ待ちに待ってた、バラード曲の音取り開始!
はっきり言って、リードはかんなり大変だけど、クワイアは歌詞少なく、音程も難しくない曲。でも、だからこそ、めちゃくちゃ表現力が求められる。
かみしめるように自分に言い聞かせるように歌うシーン、その熱い思いを外に解放し主張するシーン、地下に溜まるマグマのように熱いものを湛えつつもこらえるシーン、火山が噴火するようにエネルギー放出するシーン…

自分なりにイメージはふくらんでいる。あとはそれを表現するのみ。
ちぃママのリードがどんなに熱くドラマチックでも、それに負けないくらいの熱い想いを持って歌います。リードとクワイアがおたがいをあおりあうような演奏にしたい。
テンポ遅い曲というのは本当に難しい。だからこそ、今までの歌い学んできた表現力のすべてを出しきるつもりで曲に臨みましょう。

ええ、めっさ気合い入りまくりですよ。去年指揮してあまり歌えなかった分、ウタタネも歌えないかもしれない分、全力で発表会で歌いますよ。
4月26日(日)、発表会の詳細がきまったらまた告知しますんで、みなさま、今から予定をあけておいてくださいね!

20時からの土7自主練では、バラード曲の後半音取り予習。早く音をとってしまって、うたいこみをしたいもんね。
さすがにのどが限界近かったようで、声が後半かすれてきた。「The Gospel」のライブ後っぽくなっていたので、無理せず声だしを控える。今、声が出なくなったら大変だもんね。

終わってから、虎ちゃんとたいち氏と3人で博多モツ鍋食べに行きました。
おいしかったぁ、楽しかったぁ疲れた体に、染み入るようでした。

虎ちゃん、状況が許せばまた土7に見学しにきてくれるみたいです
復活待ってるからね~
あせらずにね!

ウタのタネ、バンドリハ

はっちゃんのスタジオギアで2月21日のウタタネライブのバンドリハがありました。
ギアが移転してから新しいほうに行くのは初めて!
ギアのHPに書いてあった行き方を頼りに、張り切っていってきました!すぐにわかって一安心。

バンド編成はギター野口氏、サックス小林氏、ベース張木氏、ドラム安倍氏、ピアノはっちゃん、キーボード岩井氏。豪華だ~~~
そして、足の骨折のため椅子3つ並べて足を伸ばす師匠…こりゃ何をするにも大変だ…
humannoteからsuwan含め5名が参加。

humannoteの曲からリハーサル。
リハーサルというのは練習ではなくて、練習を全員がしっかりやってきている前提で、本番どのような構成で演奏するかを通しながら確認していきます。本番前の通し練習です。

日本語曲1曲目。ドラムのマーチからスタート、それぞれの演者紹介とともに楽器が増えて1曲目の前奏となります。
入りの「See」、かなりはっきり入らないと弱いな。ちなみにsuwan個人としてはビブラートを16部音符でもうちょっとコントロールできるようにしたい。
クワイアとしては、切るところがバラバラ。「ve」を入れるタイミングはそろえたほうがいいな。

2曲目のバラード曲はバンド演奏にクワイアのウィスパーが消されないように、ウィスパーでありながら存在感ある歌唱が必要だ。ただ小さい声ならば完全に消されてしまう。しかもサビにいくまでが長くて、だれてしまう。これは要注意曲だ。

3曲目の日本語曲2つ目、これはオケでの練習になれているhumannoteメンバーが入りをちゃんと入れるようにしておかないといけないな。それと、「君は~」からのメインテーマ部分は歌の音程が低めだからバンドの音にまけてしまう。かなりしっかり歌わないといけない。それと師匠の合図の声はバンドの音に消されてほとんど聞こえないことが想定される。しかも300人全員が師匠を見ることができないかもしれない。ステージ上でどう意思統一するか工夫が必要だ。

4曲目の日本語曲3つ目、途中のバンプをエックスタイムにするなら、300人とバンドの意思統一、同じことが注意点。あとやっぱりここは走ってしまうよ(>_<)

そして、フルゴスペルの曲のリハーサル。

1曲目はイントロの幻想的な部分はオケで、歌う4小節前からバンド演奏になる。これはオケになれていると戸惑って入れない、もしくはドラムにあおられてバンドインとともにすぐに動きたくなる。これは全体リハーサルで確認が絶対に必要だ。

2曲目はSAKURAさんの歌にあわせて、いかにクワイアが抑揚の調節をできるかがポイントだと思った。1番はちょっと抑え気味、2番は盛り上げ、3番の「han」部分は思っている以上に繊細であたたかく柔らかく、「Love」以降はシーン変わって力強さが求められる。

3曲目はいつものことだけど、ラストエックスタイムの可能性と、客席をまきこんでの大合唱の可能性があるので、「ブレイク」「イン」「あがります」などの合図をしっかりみる必要があるでしょう。

やっぱりプロのバンド演奏はいいっっ!!12時から16時半まで、負けないように全力で歌ってさすがに疲れましたが、本番のイメージができてきました
次の合同練習で何に注意すればいいのか、2月の全体バンドリハーサルで何に注意すればいいのかがわかりました。これを次に活かしましょう。

ここで、17時からの練習にむけてなんばに移動します~

humannote合同練&一般参加者練習

芦原橋にてhumannote合同練習。
練習は10時半からだったんだけど、なんだか寝ぼけていたようで9時半集合と勘違いをして朝からドタバタ。寝坊したぁぁぁ~~~~~!!!!!とあわてまくって、芦原橋に9時35分着すると、師匠らと同じ電車だったようで、なにかおかしいことに気づく。あ、代表者でお手伝いできる人が早め集合だったんだっけ?とりあえず、遅刻ではなくてよかった

倉庫からスピーカーや音響器材を運び出し(これが重い!)、マイクやスタンドなどステージセッティング。ピアノを前方にだしたり、ホワイトボードをステージに持ってきたりあとは午後からの一般参加者向けに名札や資料を準備します。suwanは前回風邪でお休みしたから知らなかったんだけど、これだけの準備を代表者数名でやっていたんだね。頭がさがります。

さて、午前中の練習スタート!
10時30分から実行委員長のにごぅさんからの各種説明。そして師匠からのインフォメーション。子連れのママさんたちへの理解依頼と、逆に歌の練習の場であるからこそ子どもの管理をママさんへ依頼。なかなか言いづらいことを前もって両者にしっかり伝えた師匠はさすがだなぁと思いました。
説明や補足が多岐にわたったのと衣装についての質疑応答が細かいところまでいったこともあって、歌い始めたのは11時30分。せっかく集まっても歌う時間がけずられるのはもったいない。なんとかならないかなぁ。注意を全員に紙で配るとまた経費がかかるし、メールだと長くなるしねぇ。

今日、師匠が何度も口にした本日のテーマは、「歌うチャンネル」
一人一人が歌い手として、演じること。300人のうちの一人としてステージに立つのと、歌い手が300人集まって歌うステージでは全然違うことを意識しよう。

そうそう、今日はパーマをあてていた井高氏が格好のいぢられ役でした(笑)

★The Seeds Of Love★
①入りの準備。ぎりぎりまで隣とおしゃべりしていたり、歌う体勢に入っていなくて、うまく入りきれていないひとが多い。
②しーぞーではなく、しーぞぉ
 (ソーミー)ではなく、(ソーレミ)
③らーではなく、らぁあー
 (ファミー)ではなく、(ミファミー)

★I'm available to you★
①前半ウィスパーで。決して小さい声ではない。息の使い方を師匠の真似をすること。
②「Lord~」部分もまだまだウィスパー。気持ちが入る分、若干の抑揚は自然につけるが、音量maxではない。録音聞くとけっこう声張り上げて歌っているひとがまだいるもんだなぁ。む~ん。
③「my will」「my storage」などでの「m」の発音。「うま~い」となるくらいためる。
④「use me lord」はおさえ、「to show~」から盛り上げる。
⑤beatの感じ方、ツクツクツクツドドン

ここで写真撮影用に、全員を2つのグループにわけて、ステージにあがって歌います。ステージ上のグループと客席のグループが向かい合って歌うことになるので、おのずと表情がよくなります

★みんなトモダチ★
①スキャットしっかり入る。スキャット後のことばをしっかりはっきり歌う<歌詞忘れないように
②「世界中の」と「世界中に」を間違えない。
③「ひとりじゃなぁぁいぃ~」「さみしくなぁぁいぃぃ~」と弧を描くようにして、母音を入れて歌う。

★地球兄弟★
①リードがあまりにも素晴らしいからといって、それを聞きすぎて、自分も歌い手であることを忘れない。
②どの場所も入りをしっかり、はっきり。「あおい」の「あ」とか、スキャットの「foo」とか、普通に歌うだけでは入りが弱く聴こえるから、要注意!
③師匠の合図に頼りすぎず、自分でちゃんと曲の構成を理解しておく。「love the one you're with」だけは師匠の合図をしっかりみておくが、それ以外は自力でちゃんと入れるようにしておく。

ここで、休憩をはさんだあと、ステージで歌うグループをしてみた方から指摘があって、動きや歌い方がそろわないという話になった。そこで、恐れ多いことに…動きや入りや切りの合図と簡単な指揮をしてみることになった

まず、常にステップを右からするのに慣れているので、向かい合ったときに、suwanは左から動かなくてはいけないのが…何度もまちがえて、右にケンケンしたり左にこけそうなっていたことは、まぁご愛嬌(汗)
指揮の練習も何もしていないから、まぁ、とりあえず自分が普段歌うように身体と手を動かしてみまたのですが…
とりあえず、「世界中の」と「世界中に」を必死のジェスチャーで誰も間違えなかったのと、みんな温かい笑顔で歌ってくれたので、思いが伝わったことを嬉しく思います(笑)
しかし、まだまだ。歌い手の皆様が少しでも歌いやすいように次回までにもうちょっと研究しておきます~
つか、指揮したらまた歌えないやんか~~~~~あぅあぅ

    

13時30分過ぎまでみっちり練習したら、次は14時から一般参加者の方の練習。残れるhumannoteメンバーは歌のガイド役としてフォローします。これは次回はおにぎりか何かちゃんと買っておかないともたないね。

「Oh,Happy Day」をかなり丁寧に時間をかけていたので、ハレルヤはかなり早い練習進行。日本語曲までは行き着かなかった。まわりの参加者の様子をみていると、「Oh,Happy Day」は歌えていてもハレルヤがかなり不安そう。次回は逆の順番で練習していただいたほうがいいなと思いました。

ガイドとして、いつも歌う以上に声を張ってガンガン歌ったので、さすがに声がガラガラだ~
めいっぱいうたって、さすがにぐったりんこです~。みなさま、本当にお疲れ様でした。

ライブ告知

そろそろライブが近づいてきているので、改めて告知いたします!

ウタのタネ

日時:2009年2月21日(土)
    16:00開場 17:00開演
会場:なんばHatch
    http://www.namba-hatch.com/
出演:寺尾仁志・human note・Sound Of Joy・SAKURA....and more
料金:前売 ¥3,500 当日 ¥3,800
   〈全席自由 5歳以下無料・1drink別)

チケットご希望の方は、メールでもコメントでもmixiでもいいのでお早めに!

2009年歌い始め!

ようやく歌える~~~~~~~~~~!!!!!!!
練習が楽しみで、朝からワクワクo(^-^)o
部屋で13時から16時まで、PCに楽譜を打ち込んで予習&復習。うん、新曲もだいたい音取れたかな。

今日はおうた4時間コース!はりきっていきまっせ!
17時~19時…humannote合同自主練。
19時~20時…土7レッスン
20時~21時…土7自主練

17時~18時は、フルゴスペルの日本語曲を1時間かけて、じっくり練習。神戸合同練の時に言われた最新の注意点を皆に伝達・確認します。スキャット部分の表現は、リードボーカルが入らないとニュアンスがわからないからなぁ。いろんな歌い方を想定して、リードを引き立て、盛り上げるスキャットでありたいと思います。
途中で、男子練習を終えた「humannote東方神起」の方々が合流(笑)。男性が入ると歌声が全然違うわ。

18時~19時は、humannote曲とフルゴスペル曲をすべて通して復習。1曲歌っては、注意点を確認し合い、歌いっぱなしにしないように心がけました。けっこう忘れているし、細かい注意点の共通理解ができていないことを感じます。合同練習に参加して、さらに合同自主練に参加している人と、そうでない人の差が開いていくのは、どうしたらいいのかなぁ。

なんというか、師匠が同じことを何度も注意しているのを、時に「またその注意か~」って思うことがあるんだけど、でも実際にやっていない、できていないから、何度も同じ注意点を言わせてしまうんだよね。そして、練習に何度も出ている人は、同じ注意ばかり言われると逆に言われなれてしまって、意識が弱くなる。これはここ数年の課題だね~。

    

19時からは土7レッスン。
今日は男性の見学者が2名も来ている!勧誘の目が光る女性陣(・_☆)キラーン

まずはアップ曲を通して確認…のはずが、途中でアルトの声がなくなっちゃって、さすがに師匠に曲を止められてしまいました(>_<)そして、アルトのみピアノの周りに集まって歌います。う~ん、核になって大きな声で歌う人がいたらいいんだけどね~。土7の自主練を強化しないと、先に進めないなぁ。結局今回も2曲目の音取りに行き着かなかった。残念。。。土7の出席率を考えると、2曲目も音取りに2~3回分かかるだろうから、また直前に焦ることになりそうか。ただ、1月2月はhumannoteの合同錬と自主練が入っていてあわただしい。ただでさえ集まれない土7、課題山積みだ…

さて、今日の一大イベントは、アップ曲のリードの発表でしょう!
今回の曲は複数のリードが存在する。
もったいつけて、小芝居いれつつゆっくり発表する師匠と、時間がないからとまきにはいるたいち氏(笑)
まぁ、前回の忘年会の時に、ある程度言われていたから、みんなそれぞれ当たる可能性を想定していたけどね(;^_^A

suwanの予想はあたったりはずれたり。一応、suwanの希望パートは通りました。言ってみるもんだ。つか、テナーが人がいないから、suwanとたいち氏が歌う場所は、クワイアが歌わない部分と制限されているんだけどね(;^_^A
決まったからには、いい演奏ができるように、あとは練習がんばるのみ。

20時からの土7自主練。
リードの発表を踏まえて、それぞれリード部分の音取り。
後半はバラード曲の原曲に合わせてちょっと予習で通して歌ってみます。音程と歌詞はそんなに難しくない。あとは表現とパワーでしょう。

次回までにsuwanももうちょっと曲の研究をしておこう!
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。