FC2ブログ

「心の再生プロジェクト」フェスティバル!

今日はいよいよ「心の再生プロジェクト」フェスティバルの本番!
雨の心配をしつつも、だからといってどうしようもないのでやれることをするのみ。

なんとなくリハーサルの時間はそんなにとれそうもない気がしたので、リハーサルでは立ち位置決めとかではなく、少しでも「歌の確認」ができるように、師匠が会場が自分のリハーサルをしている間、あらかじめメンバーたちだけでざっと立ち位置を決めていきます。

200人もいると立ち位置をきめるのはそう簡単なことではない。まず、マイクもない中で、声を張り上げて200人に何かを伝えることだけでも大変。こういうとき、suwanのデカ声は役にたったわ(^ー^*)えへ
場所の希望を聞き出したらキリがないので、考える間も与えることなく、パートの人数だけを計算してバッサバッサと切り捨てるように無理やり立ち位置を決めていく。ちびっこに対しても大人の中に混じっているときには、ちびっこ扱いせず容赦ないsuwan(苦笑)。身長もチームも配慮も何もあったもんではありません。まあ、どうせ師匠が後で調整するだろうと思っていたのですが…あんまり変更なかった(;^_^A

みんなでレインコートきて、雨がしとしと降る中リハーサル。足元がどんどんぬかるみ、くつもパンツも泥まみれでぐっちゃぐっちゃ。ステップを踏むごとに泥の中に埋まっていく~(>_<)
それでもだんだん雨が弱くなっていって、午後の本番にむけてちょっと希望が見えてきました。

休憩&昼食はさんで午後に別の広場で最後の確認です。ここでようやく人数がそろったので、立ち位置が完全に決まりました。今回はsuwanは他の人たちの立ち位置を決めてたから自分は、前から10番目くらい、つまりかなり後ろの方になりました。でもこれがまた後ろから周りの様子を見渡せてよかった!
前の方だと自分の声も他の人の声もあんまり聞こえないこともあって、マスクワイアで歌っているという実感がわきにくいんだけど、目の前に100人以上が並んでぐわーーーーーーっと歌っているのを目の当たりにして歌うと、普段の10人くらいで歌っているのとは全っ然違う迫力があります。前の方で200人の歌声を背中で感じるのもいいけど、また違う楽しさと一体感を感じながら歌うことができました。

とくに「みんなトモダチ」で、「この星、世界中のみんなトモダチさ~」と歌うところなんて、目の前に仲間達がいるからこそ、呼びかけるように歌うことができました!そして、前の人々が様々な表現をして歌っているのを見ながら、自分も負けじと表現する。後ろにいようと、200人の中の一人ではなく、自分なりの表現ができたのではないかと思います(^-^)v

さて、本番!みんなの願いが通じたのか、雨がやんだ
Image1417.jpg
humannoteはステージのトリだったのですが、その出番の直前がなんと橋下大阪府知事のスピーチでした!ステージ前に橋下知事と師匠とががっちり握手を交わす。あらためてすごい場に関わらせていただいたんだなぁと思いました。
そして、橋下知事はそのままステージに立って、「みんなトモダチ」を一緒に歌ってくれました!しかも一緒にちょっぴり恥ずかしい振りまでやってくれて…(感涙)めっちゃ笑顔で楽しんでくれはって、こちらも嬉しくなりました

<本日の演奏曲>
みんなトモダチ
なんといっても橋下知事と一緒に歌えたのが一番の思い出でしょう。ちなみに、詩を書いてくれた子ども達、大阪の有志の女子高生も一緒に歌ってくれました。

Hallelujah
200人で歌うハレルヤはやっぱり迫力あるわ~\(^0^)/テンションあがる!!

The Seeds Of Love
バンド(ギター藤野氏、ピアノ井高氏、パーカッション木村氏)の演奏で歌える幸せをかみ締めつつ歌います。

地球兄弟
師匠とバンドの間が20メートルくらい離れちゃったから仕方ないけど、かなり時差が…ゆっくりめの地球兄弟でした。いつもめっちゃ走る曲がゆっくりというのは不思議な感じ。

I'm Available To You
おそらくお客さんの誰もが知らないであろう英語のゴスペル曲は、せめて歌詞の意味、雰囲気をジェスチャーで伝えたいと思って、一生懸命表現しました。

Oh,Happy Day
おそらくゴスペルを初めて聞くようなお客さんが多かっただろうから、お客さんに歌ってもらうまではいかなかったけど、今回バンドリハや今日の練習で、ライブだからこそ、決め事ではない、緊張感をもってライブを楽しむことを全員が学んだことの価値は大きいでしょう。

スケジュールがおしてしまって、師匠の「NATURAL THING」がカットされて聴けなかったのは残念でした。その分、humannoteの6曲の時間を確保してくださって本当にありがとうございますm(_ _)m


今回のライブにむけて、各グループの代表者を集めて会議をしたり、4グループに分けて合同自主練習をしたり、全体合同練習をしたり、いろんな試みをした4ヶ月。去年よりも確実にみんなが自分自身で考え、師匠に頼りすぎず自主的に動けるようになったのではないかと思います。
今日のライブもひとつの通過点。次の2月21日のなんばハッチでの「ウタのタネ」ライブにむけて、さらに練習を重ね力をつけていきたいものです。

この素晴らしい歌う機会を生み出し、与えてくれた師匠には本当に心から感謝しています。
そして、今日は声と態度のデカイsuwanがついつい目立っちゃったけど、200人をとりまとめて何から何まで運営、手配、各グループへの細やかな連絡をしてくれたにごぅさん、ちょんさんがこのライブを一番の功労者です。本当にありがとうございました!
スポンサーサイト



カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索