スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルバード発表会

今日は新大阪のメルパルクへ、ソウルバード・ミュージック・スクールのゴスペル発表会を見に行ってきました!

ここはオーディションによって合格したら上のクラスへ進むという方式を取っていて、初級者のJoyfulクラス、中級車のPerformanceクラス、上級者のMasterクラス、講師レベルのSoulBirdクラスに分かれています。第1部は初級者とキッズたちのステージ。第2部が中級者、上級者たちのステージ、第3部が合同ステージでした。

16時開演なのですが、なんと20クラスが1曲ずつ歌い、クラス合同曲が2曲+2曲+3曲、全体合同曲が4曲あって、3部構成31曲の演奏会。終わったのが20時半くらい。さすがにちょいと疲れた~(;^_^A

31曲中知っている曲は7曲しかなかったけど、それぞれのクラスでそれぞれ特徴があって全く飽きずに聞くことができました。途中、特別ゲストのジョロ(笑)のステージもあったしね。

キッズゴスペル、めっちゃかわいかったぁ!でも指導する先生の苦労がしのばれます(;^_^A

初級者クラスと中級者クラスでは明らかに歌い方が違う。そして、中級者クラスと上級者クラスでは明らかに声が違う。上級者クラスのユニゾンはまさにワンボイス。ソプラノもテナーも見事に同じ声質で歌っている。どういう発声練習してどういう練習をしたらあのレベルの声質でそろうんだろう。
リズムのノリ方、クラップの打ち方、体の動き、顔の表情、どれをとっても上級者たちはお見事。お金とってライブができるレベルだよ。

歌の表現も明らかに差がある。でも、あそこまでクラスで差がはっきりしていたら、上を目指す甲斐があるだろうなぁ。そして、みんなが少しでも上を目指すことで全体のスキルアップ・レベルアップになるのでしょう。
講師の北出先生、Eric先生の魅力にみんながついていっているのがよくわかりました。
ピアノは太田氏!今日はさすがにカマキャラはでませんでした。

小梅さん、相変わらずの小梅節を聞かせていただきました!
ロッキーさん、貫禄!さすがです。
そして、会社の元同僚を発見!うん、まちがいない。ゴスペル歌っていると風の噂で聞いていました。堂々と楽しそうに歌っている様子にこちらも笑顔になります。

これだけのグループの演奏を聴いたら刺激を受けるし、本当に勉強になる。今日もいくつかの気付きがありました。音程が正しくても、歌が歌えていても、初級者と中級者、上級者で全然見え方聞こえ方が違う。昨日、師匠が言いたかったことはここでしょう。あとは、どうしたら自分が上級者の歌い手になれるかだな。

さあ、刺激はもういっぱい受けた。後は今度の土曜に向けて、練習あるのみ!
スポンサーサイト

Global Harmony World Fusion Concert

ブライダル錬後、メンバー3人とクレオ大阪西へタクシー移動して、コンサートを見に行ってきました!
実は事前情報なく、誘われるがままについていったのですが、いろいろ勉強になりました!

総合指揮のオーストラリア人のブライアン・マーティン氏、歌も歌えばピアノもお見事、打楽器までこなすすごい人です!そして、代表のミシェルさんの日本語の美しいこと!いやはや、日本人でもなかなか美しい日本語を使いこなせませんぞ。

1曲1曲が演奏楽器、演奏メンバー(人数)、演奏形態が違っていて、全く飽きることなく聞くことができました。

コーラスの人々が国際色豊かなんですが、だからこそ日本人が英語を歌うときの口と外国人の英語を歌うときの口の動きの違いがはっきり比較できました。根本的に「a]「o」の口のあけっぷりが全然違うし、「i」母音の口の形が違う。だからあごの動きが全然違う。あれをまねできたらいいなぁ。
ソプラノの女性(オーストラリア人)の歌がすごいな、口の動きがすごいなって見とれ聞きほれていたら音楽部門の統括責任者だって。どーりで!
テナーの女性(オーストラリア人)のリズムのノリ方、体の動かし方がとっても魅力的で、座りながらも一緒にまねして体を動かしたくなったよ。

パーカッションによる「リズムを通しての会話」、楽器のみで「楽器の会話」とか、もうびっくりです。
ボディパーカッションでは、10人で体と手と足でリズムを出す。全員一糸乱れずお見事でした!

そうそう、師匠が1曲歌で参加されていました。
他の歌い手の方と明らかに発声方法が全然違うので、声がよく通ること(笑)クレオ自体がマイクなしでもかなり響くところなので、師匠はマイクなしでもよかったかも~
つか、上半身ムキムキです。どんだけ鍛えているんでしょう<視点が何か違う

このところ、ゴスペルしか聞いていなかったから、白人の音楽に触れて、なんとなくだけどやっぱり違うもんだなって思いました。ゴスペルに比べたらコーラスに近い裏声発声、穏やかで癒し系。こういう世界の音楽もあるんだな~

それから考えると、今度歌う「Oh,Happy Day」「Hallelujah」は黒人系、「Hail Holy Queen」「明日に架ける橋」は白人系に近いかな。その空気感とニュアンスまでも表現できるようになれればいいな。
って、1週間では難しいけどさ(;^_^A

そして、ステージでの歌い顔、表現、体の動き、見え方、見せ方についてもいろいろ学ぶところありました。自分がどのように歌い、表現するかという自分からの視点と、他の人からはどのように見えるかという客観的な視点が必要だ。

練習の時にsuwanは毎回録音したのを聞いて歌の勉強しているけど、どう見えるかは鏡練習だけでなく、ビデオ撮影しての練習も大事だな~

ブライダル練②

来週、9月4日(土)にせまったブライダル・ゴスペルにむけて、大阪のスタジオBASS ON TOPにて最後の練習。

今日は、お忙しい中ににも関わらず、師匠が20分だけ練習を見てくれることになりました。「本番よりも緊張するかも…(-.-;)」といいながら、練習に臨みます。
師匠が来られる前に、メンバーで4曲を一通り通していく。う~ん、やっぱり歌いこみができていないから、みんなまだ探り探り歌っている。毎日原曲や前回の練習の録音は聴いているけど、耳で聞くだけでは曲が口や体に染み付いていないんだよね~。

そうこうしているうちに師匠登場。部屋に入ってきた瞬間から部屋に緊張感が走る。ええ、予想はしていましたが…{{ (>_<;) }}

師匠は「ゴスペルクラスの先生」の顔の時には、やさしくておもろいおにーちゃんという感じですが、一歩突っ込んだ世界では、ピリピリとした緊張感をまとい、顔に笑顔ひとつなく、目が怖く、とてもとても冗談をいえる空気ではありません。普段のやさしい顔しか知らない人はホントびっくりするよ。でも、今回は「生徒」と甘えられる状況ではないからね。こちらも真剣勝負です!

20分しか時間がないので、4曲を1回ずつ通して聞いていただき、ひとことコメントをいただく。
普段の師匠ならば「…ま、ええんちゃう。」から始まり、「ええんやけど…」といって言葉を選びながら注意点を言われるのですが。今日はその「ええんちゃう」すらない(滝汗)。はい。まだまだ修業がたりませぬ(T_T)げふっ

4曲ともに共通していることは、もっと原曲の聞き込みをして、「ニュアンス」をつかむこと。
音は取れている、ハーモニーもできている、4人の歌い方もそろってきている、発音もよくなってきている。でも伝わるものが弱い。こじんまりとしている。素人レベルの表現から抜け出せてない。

・・・あと1週間でどうしよう(ノ_・、)シクシク

以下、録音を聞いて、とりあえず改善したい課題。

★Oh,Happy Day(天ラブバージョン)★
全体的にメリスマの処理が雑で耳につく。ゆっくりひとつひとつの音を最後まで音を確認しておくこと。

【B・C】のラララの最初の音と最高音と最後の音、ピッチ高め意識。
【G】46小節の「yeah」、50小節の「yeah」のメリスマの音確認を
51小節のレの音、落ちすぎない。
【H】60小節の高い高いミの音、一発で安定させる。次の高いシの「shed」もちゃんといれる。
66小節の「me」のドbの音、ピッチ高く!
【J】が一番下手というか聞くに堪えない(T_T)。この8小節のドbがすべて低い。ここで声と意識の疲れ(中だるみ)がきていて、のどが絞まった声になっていて聞いていて辛い。感情を抜きにして、音をしっかり当てにいくこと。
【K】77小節の「sing」の音高く。78小節の「mean it」の音の動き要確認。
【L】83小節あたまの「day」のメリスマ処理、ていねいに。乱暴にならない。
【M】96小節の「oh」のメリスマ、ラストだからきっちり決めること!

師匠に悪い歌い方例をあげられて注意された雑な歌い方、【K】のかーもんえぶりばーでぃーの「dy」の処理、特にメリスマついていないけど、だからこそ雑にほおって聞こえるのでしょう。む~(-.-;)これこそニュアンスを大切にして聞き込もう。

★明日に架ける橋★
1番と2番は主旋律ソプラノ、3番は最初主旋律アルトで、後半はソプラノ。自分の聞かせどころを意識して歌うようにとの指導がありました。
前の練習の録音聴いた後に個人的に思ったけど、逆にテナーが出過ぎないように、主旋律のパートを聞いて意識しながら歌うことにしよう。

歌詞と音程が一番アヤシイ曲なので、4人ともがまだ探っている。それがこじんまりとした出来になっているのでしょう。これは何度も歌って口慣らしをするしかないな。そうすれば自然と盛り上げどころ、聞かせどころを意識して歌えるでしょう。

*5ページ1段目1小節目の「your eyes」の入るタイミングと歌い方、要研究。
*1番のサビ部分、ソプラノが柔らかく歌っているのに対し、テナー出すぎ。つか、出ちゃう。ここは柔らかく歌う意識をもつとともにマイクを離し目で歌って調整しよう。
*2番で、テナーの低音で長く伸ばす音がぶれて安定しない。これはsuwanが一番できていない。注意!
*3番はアルト&ソプラノ主旋律。テナーようやく出しやすい音が来たからといって勢い余って主旋律を消さないように。

★Hail Holy Queen★
前半と後半の歌いわけ。シーン変化させられていない。オケのテンポが速くてたっぷりやわらく歌いづらいけど、歌声で変化をつけるしかない。

*4ページ下の段のテナー「Maria」の低いレの音、胸に音を落として響かせる。
*「salve」は「save」にならないよう「l」の入れ方工夫。
*5ページ下の段から声質を変える。できるだけ明るい声質に。
*6ページ下の段、テナーが後から入る「salve」2小節、テンポ遅れないように。
*8ページ「alleluiah」は低音ぶれないように。常に安定。

★Hallelujah★
長い前奏の間どうやって待つか、顔と姿勢を考えておこう。

入りの一発目の「Hallelujah」は思い切り良く!これですべて決まる!
【B】の後半の2/4の「reigheth」の符点8分音符への動きが鈍い。山を作るがテンポ遅れないように。
【B’】自分のパートが主張するとき、譲るときを意識して、聞かせどころを考える。
【D】「forever」の「ver~」と「and ever」の「ver~」の歌い方、要研究!
【E】アルトとテナーの抑揚、山の持ってくる場所がまだ微妙。原曲聞いて要研究。テナーのラストの「end ever」暴発しない。
【H】の低音ぶれないように安定させたいが、それを意識するがあまりに顔の表情と目線が固まってしまう…(-.-;)余裕を持って歌えるように。
ラスト回数をまちがえないように…(-.-;)

課題山積み、雪崩寸前ですが、あと1週間、毎日お風呂場練ぞ~!!

ゴスペル三昧「Blessing In The Storm」

今日は2ヶ月に一度のお楽しみ♪ゴスペル三昧です~
11月30日(日)大阪市中央公会堂での「The Gospel」に、この三昧チームで出演決定しましたぁ!

今日練習する「Blessing In The Storm」、前回の三昧の時にはメゾ(アルト)で音取りしましたが、今回はアルト(テナー)で音を取ることにしました。(もう、メゾに行くことはあきらめたらしい…)

久しぶりのユカリせんせ、相変わらずのパワーと面白さで、笑いが絶えません。
師匠とは最終的には同じ結論に至るんだけど、指導のアプローチの仕方が違っていて勉強になります。

練習終わってからちょんさんに
「suwanちゃんが、ユカリ先生の口をめっちゃ、じ~~~~( ・o・)ーーーーーーーー(^0^ )
って見ているのを見るのが面白かった」
といわれるくらい、一生懸命ユカリ先生の顔、特に口の動きを真似して歌ってました。
常に口がおっきく、形よくあいて、あごがものっすごく動いているんだよね。
あれが、発音・発声の秘訣の一つでしょう。

それにしても、師匠…夏がまだ終わっていないのにやっぱりニット帽…(ノ_・、)シクシク

★本日の指導ポイント★
①「oh,I」…この「ああ、私!」(笑)の歌い方で優勝が決まる。オーアイではないし、おーあーでもない。
「おーあ~(i)」→おーはまっすぐ、あーはややビブラートかけてほおるように、さいご発音せず口の動きだけで(i)を入れる。これを体得したくて、ひたすら口をみて真似してました。

②「when I」や「end I」部分は「n」で伸ばす。
③「sparrow」の「r」
④12小節目の1番と2番でリズム注意、2番ではブレイク→リズムの意識変える
⑤14小節目の「it」ははねる

⑥2番7小節目の「won't a」は「ウォンタ」と「ウォンら」の間くらい
⑦2番11小節目「あーげっろんまっにーず」
⑧29小節目「どス クラゥ ズィル スーン ビー ゴォーン」

⑨33小節目テナーは上の音符を歌う。
⑩「Doot」「do」「dow」の「do」!は「dju」くらいのつもりで

⑪40小節目の「in」は「n」で伸ばす。
⑫42小節目の「storm」は「m」で伸ばす。

★個人的注意ポイント★(盗んだもの含む)
①11小節と28小節、テナーは3つ同じ音(他のパートは動く)
②16小節の「storm」の「rm」の入れ方
③25小節の「love」と27小節の「ever」の「ve」の発音

次の三昧は10月30日(木)、次回も出られるようにがんばりまっす!

「ve」部長立候補しますから勘弁してください(T_T)

9月6日のブライダルがあまりに心配なので、chocolaTeraレッスン前に師匠にお願いしてちょっとだけ歌をみてもらうことにしました。
その間、何度もみんながいぢめるからsuwanの瞳孔が何度も開いていたらしい(-.-;)

「Oh,Happy Day」のリードを聞いてもらっての課題2点。
①地声の当て方。
suwanの課題である高いドの音を地声であてるとき、感情表現をとりあえずおいといて純粋に音を当てに行く。鏡を見ながら練習できたので、2回目に歌うときは眉間に声を集中するように意識してみました。

②メリスマの最後の音
原曲を聞いたようになんとなくメリスマを使うと、最後の音(着地点)が荒く甘くなる。原曲のひとつひとつの動きをゆっくりていねいにたどってみて、最終音を意識する。今回いい機会だから完全コピーに挑戦してみたらとのこと。

はい。これから原曲をもっとていねいに聞くことにします。

   

19時30分からchocolaTera練。
発声練習の時に、リズム感の訓練として、HIPHOPのリズムをみんなで体感。師匠はこういうダンス系のノリ、上手だよなぁ。筋肉痛でからだがちょっとだけ萎縮したけど、ちょっとのひざの屈伸だったのでできました!

11月8日、2月27日のhumannoteのライブにむけて、いろんなことが進行しているようです。CD収録もあるかも!?楽しみです~♪

「Hallelujah」
①5つ目の「hallelujah~」の切るところ、2拍目ラストでそろえる
②「king of king~」のクレッシェンド
③「ver」の発音

そして今日から11月8日のライブむけて「Seeds Of Love」の音取りに入りました。
①「of love」の歌い方
②wooのスキャットでは柔らかく、でもクレッシェンドかける(ビブラートも)
③シゾーヴ・シーゾヴ・シーゾヴ・シーゾヴのリズムの感じ方、しーぞぶ・しーぞぶ・にならないように

さてさて、9月から10月にかけてライブやワークショップのお手伝いやそこでのミニライブやらで忙しくなりそうです。時間を調整できるようにがんばります~!

a-nation'08 みなと堺グリーン広場!

今年も行ってきました!!a-nation~~~~\(^0^)/4回目です
去年までは神戸会場だったけど、今年は会場が大阪の堺会場になりました。遠い~
昨日の夜、ゴスペルの練習から帰るときに、昨日のa-nation行った人の帰りとちょうど一緒でした。

さて、a-nationの時の準備物。
①1リットルペットボトル2本、②首にまくタオル(必需品!時に歌いながら回す小道具としても使う)、③バスタオル(必需品!昼間は日焼けよけとして、夜は寒さ対策として)、④うちわ、⑤折りたたみ傘、⑥レジャーシート(必需品)、そして①~⑥を、⑦雨にぬれても大丈夫なバッグに入れていく。
あと、小腹すいても大丈夫なようにちょっとした食べ物があれば怖いものなし

服装は動きやすい格好で。今年はたくさん歩くことを想定してTシャツ、ジーンズ、運動靴にしました。
これは大正解でした。あとは帽子があるとよかったかな。

なんやかんやでバタバタしてて、会場の行き方とか事前情報を調べたのが昨日の夜といういきあたりばったりっぷりそれでも昨日のmixiのa-nationコミュニティの情報はめっちゃ参考になった。

その事前情報とは、とにかく会場への交通の便が悪いということ。
最初、最寄り駅から徒歩30分くらいと思っていたけど、実際には徒歩だと1時間かかることが判明。シャトルバス乗り場まで徒歩15分くらい。堺駅からバスを使うのが最適ということがわかりました。乗っている時間はスムーズに行けば20分くらいだけど、混雑することも想定。そしてさらにシャトルバス降り場から会場までも20分くらいかかるとのこと。

これは予定よりもちょっと早めに出たほうがいいかなと思った午前3時。
当初の予定は家を11時50分に出て、ドアツーホームで徒歩10分、12時04分の電車に乗ること。

目覚めたら11時45分…( ̄□ ̄;)!!
アラーム5つとも鳴っているのに全く気付かずに寝てた~~~~アワワ ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ アワワ
やっちまったなぁ~おいっ(T_T)

それでも12時18分発の電車に乗ったsuwanちゃん。はい、朝食抜きです。
梅田で彼氏と合流。遅刻ごめんなさい(ぺこぺこ)
難波の駅でシャトルバスのチケットかって、南海堺駅から早歩き15分、シャトルバスに無事に乗ることができました。ここでようやくおにぎりたべて空腹を満たす

15時開演で、事前情報によると1発目がなんと安室ちゃん!なんとしてでも安室ちゃんが見たいっっっ!!それでも渋滞でバスが止まってしまった刻々と過ぎる時間…進まないバス…窓からは大渋滞が見える。前の席の人がイラつきながら携帯で「も40分くらい乗ってるけどバスが動かんのや!」としゃべってます。しばらくして、すーっとバスが動き出した!これなら間に合うかも!!
バスを降りるとまた早足で会場に向かいます。例年、a-nationのグッズを何か一つ買うんだけど、今年は売り場ガラガラだったけどとても買う余裕はなかったな。
バス降り場からぐるっと歩くこと20分、ようやく会場入り!間に合った~~~~~っっ

今年は残念ながら一番後ろのF7ブロックでした(ノ_・、)シクシク
針の先くらいにしか実物が見えない。それでも近くの巨大スクリーンを見て楽しみました。
昨日は豪雨あって大変だったと思いますが、今日は晴れすぎず雨も降らずで天気には恵まれました。さすが晴れ女suwanちゃん!

というわけで、以下ネタばれあります。読みたい方のみ反転させてください。


①安室奈美恵
待ってましたぁぁぁ~~~(≧∇≦)きゃ~♪めちゃくちゃ細いっ!顔ちっさい!手足が細くて長いっ!かわいいっ!歌もダンスもめちゃうまっ!(T_T)
腰の動き、めっちゃキレがある。コアリズム、ちゃんとしたくなったよ。
最近の曲はわからないけど、「CHASE THE CHANCE」が流れたときは大きな歓声があがる!suwanも一緒に歌い踊りました(^0^)/~~~
ただ、まだお客さんがそろっていない状態だったのがもったいなかったなぁ。今年はとにかく会場入りまでに障害が多すぎたか。

②misono
③AAA
とワカモノ向けのアーティストが続き、ちょいと食べ物買いに行ってたら…ステージ上に獅子舞が!
もしや、もしや…たむけん登場~~~~~(大盛り上がり!)
ちょうど関テレの番組で来ていたら、出ますかといわれ、出ることにしたらしい(笑)
1、2、3…ちゃー
さすが関西、そろってます(笑)

④天上智喜
⑤三浦大知
とまたワカモノ向けのアーティストが続く。夜のために座って体力温存しようとする30代2人(;^_^A

でも次の
⑥RIKI
にみんな立ち上がる。誰かと思ったら…竹内力(ナニワ金融道でおなじみ)の双子の弟(?)のRIKIでした!
巻き舌入りまくり、気合い入りまくりのステージに大笑い!たむけんやRIKIの方が大盛り上がりするあたりが大阪だな~

⑦My Little Lover
akkoさん、歌も声もしぐさもさいっこうにかわいかったぁ~「Hello,Again」は一緒に歌いました。昔の曲ってみんなが知っていて皆が歌えるからライブで盛り上がるよなぁ。

⑧東方神起
年々東方神起ファンの数が増えていることはよくわかった。でも…あの髪型はありなん?後半にかかってきたけど、ちょいと運動不足歌い不足で消化不良のsuwanちゃん、曲とか全然わからないけど、とりあえず飛んどけ~~!と、周りの東方神起ファンたちの間でぴょんぴょん跳ねてました。

⑨alan
今日初めて知ったのですが、歌激ウマ!中国四川省美人谷出身だってさ。その名のとおりべっぴんさんでした。映画「RED CLIFF」の主題歌を歌ってるので要チェックね。「歌唱力」は今日出演アーティストの中で一番だったんじゃないかな

⑩大塚愛
ステージ始まる前の映像から凝ってた~ そしてその映像のスタイルのまま入場です!「スマイリー」はみんなで大盛り上がり。最近の曲はわからない&今年はしっとりバラード多かったので、去年ほどは盛り上がらなかったかな。

⑪後藤真希
おお~!久しぶりに見た。アイドルから路線変更しようとしているんだろうね。

⑫レミオロメン
ダーリンようやく楽しんでいる様子(;^_^A なんか曲がほっとするよね~。

⑬TRF
今年も一番の盛り上りどころはやっぱりTRFでした!誰でも知っているヒット曲を持っているアーティストは強い!ここで「フー」とジャンプとか、ここで手を左右に振るとか、動きがわかりやすいから細かいことわからなくても安心してみんなで一体になれる。
途中でYUKIがこけたのにはびっくり!でもすぐに「大丈夫だから!」と曲に戻ってました。
ここでサプライズとして、東方神起とコラボ。「サ~バイバル・ダンス!(fu~!)サ~バイバル・ダンス!(fu~!)」全力でジャンプしましたとも!
それにしても、SAMさん、CHIHARUさん、ETSUさんのダンスのすごいこと!クラップ打つのも忘れて見入ってしまいました。

⑭倖田來未
今年はあゆが来なかったのでトリは倖田來未でした。ピンクのキラキラのセクシー衣装が「キューティハニー」によくあってます
後半はメドレーで懐かしい曲もやってました。
倖田來未の歌声は、いわゆる「チェストボイス」→「ミドルボイス」→「ヘッドボイス」の3種を使って歌っていると思いました。そのつなぎ目が自然で綺麗。さすがにめっちゃボイトレしてるんだろうなぁ。

最後の曲が終わると同時に花火があがる。花火を横目で見つつ、規制退場になるまえに会場を出ます。この判断は良かったみたい。かなりスムーズに帰ることができて神戸に23時に戻ってきました。

ライブは楽しかったし、既に足がビキビキいってるくらい歌い踊ったけど、正直去年ほどのテンションにはならなかった。
その要素は3つ。

①座席がステージから遠かったから、スクリーンで見るしかなくて、歌手のアップ以外のバンドの様子とか、ステージ全体が見れなかったこと。
②ほとんどの曲がわからなかったこと…
③女王あゆのステージがみれなかったこと。正直…やっぱりものたりなかった。

今年でもうa-nationは卒業しないといけないかな~。ちょっと淋しい気分になりつつ帰りました。



毎年a-nationが終わるとsuwanの夏は終わる。今日受けた刺激とエネルギーを秋の活動に生かすようにしよう!

Aグループ自主練②&交流会

今日は17時~20時までhumannoteのAグループ自主練とゴスペルレッスン。
京都出張から無事間に合って、最初から練習参加することができました。

参加者に歌ったことのない曲の状況をきいて、アップテンポ曲を重点に練習することに。
歌いっぱなしで疲れてきたらのど休めがてら、楽譜をみながら師匠の注意ポイントをみんなでひとつひとつ確認していきます。

みんなであわせて練習していると、細かいことが定着する前にどんどん先に進むこともあるけど、このグループ練習では通して歌うのは数回で、指導ポイントと注意点を集中繰り返し練習して確実にしていきます。こういう時間がとれるのがグループ練ならでは。発音、歌い方、表現と抑揚。いつも言われていることで、自分がやっているつもりでも冷静に聴くと、自分が思っているよりもできていない。ここは次回で確実にしておきたい。

今日の練習でsuwanがやりたかったこと!
2パートずつ歌って、感想をいいあいっこするもの。ソプラノ&ベースが歌うのをアルト&テナーで見て、その後アルト&テナーが歌うのをソプラノ&ベースが見る。
少ない人数で歌うことで、人に頼れないから自分の課題がよくわかるし、何より人が歌っている様子を見るのはいろいろと勉強になる。この曲の楽譜研究をしているときから、ソプラノ×ベース、アルト×テナーの2パートずつの練習がしたいと思っていました。
いきなりのプチ発表会の提案に「ええーーーーーー?」と悲鳴があがる。普段はいぢめられっこのsuwanですが、練習進行者として前に立つときは「ええーーーーーー?」という非難の声を聴くのが快感のぷちSさんになります(; ̄з ̄)♪~♪~~♪♪

それにしてもこの2パートずつの歌いっこ練習がなかなかいい感じ!
4パート全員で歌うときは自分のパートを歌うのに必死になって、他のパートを聞く余裕なんてなかったりしますが、この曲は他のパートと自分のパートの位置づけを意識した上で歌うとより聞き手に伝えることができると思います。主旋律がどこか、どのパートが主張したほうがいいかを確認できてよかった。歌って意識でずいぶん代わるんだよね。今度また時間に余裕があったらやろうかな。おほほ。

この後に4パート全員でひとつの輪になって歌う。それぞれのパートソロや見せ場でアイコンタクトをしたり、一緒にくちずさんだり。今日初めて音取りで自信のない人は全力100%出して歌う、段々歌えるようになって楽譜無しで歌える人は90%の力でいいからパート内で聴きあって声をそろえることを意識して歌ってみる。この時、めっちゃ綺麗にリズムも歌もはまった!今日の練習でみんなで出し合った注意点をみんなが意識して歌っているのが本当に良かった!とても2回目の練習とは思えないくらい、心を一つにして歌えました。楽しいっっっ!こういう瞬間があるとsuwanのテンションはぐんぐんあがります!

今日なにより良かったのは、最初に通したときと練習して2時間後に歌ったときで、あきらかに上達していることをみんなで実感できたこと!上達を実感できると練習が楽しくなるよね!(^-^)v

仕事帰りでちょっと疲れていたsuwanだけど、練習してたら楽しくって結局ガンガン歌ってしまった。やっぱり歌はいいねぇ(^-^)v
つか、このAグループ、かなりいい感じです!濃く充実した2時間に大満足♪
この後は土7クラスはレッスンのため、自主練参加はここまで。

19時~20時は、響のTさん主導で、バラード曲の練習をされたそうです。

   

19時からのゴスペルレッスン。
「ハレルヤ」の復習をした後、「I'm Available to you」の音取り。

歌詞のリズムのはめ方、英語の発音に気をつけます。
たまたま偶然にも、合同自主練で注意していた「ver」の歌い方、師匠が歌の見本を見せてくれた。そうそう、この感じ!「バー」じゃないのよ。
やっているつもりでも、表現できていない抑揚部分、母音の入れ方要研究やね。

次回で音取り終わるかな。

   

終わってからAグループの交流会がありました!これがまた大盛り上がり!
今日の練習でずいぶん顔なじみになったけど、飲み会があるとさらにみんなの距離が近づくね。
って、土7メンバーはグランマに守護霊見てもらうのにすっかりはまってましたが(;^_^A

それにしても、みんなよ~飲む(笑)
飲み放題で正解でしたね。

お勉強中2

ちょっと夏風邪ひいて、早く帰ってきて夕寝をしたせいで、夜中眠れなくなってしまった。
というわけで、今日は無理をしない程度にお勉強。

昨日は英語耳にする日だったけど、今日は理論的にゴスペル式歌唱・発声についてお勉強。

テキストはwassyさんにいただいたもので45ページにわたります。
いただいた直後に一度読んだんだけど、ちょうど仕事がピークにはいって、そのままになっていたので、もう一度読み返してみました。

ポイントはチェストボイスとpush。
この重要性はヤフー掲示板でもよく書かれていますね。
師匠も「ここはチェストボイスで!」と言われることがあります。

suwanはこのチェストボイス発声にかすりつつあると思うのですが、まだのどが完全にコントロールできていない。
無理に出そうとして首やのどに力が入って閉めてしまっているのが自分でもわかる。いかにしてのどを開いた発声ができるかが課題でしょう。

時間を作って、声だししながら訓練してみたいが…
仕事の山場と歌の山場がかさなるんだよなあ~(-.-;)む~ん

お勉強中

まずは英語の発音の基本にかえる。
久しぶりにお気に入りサイトで発音の勉強です。

http://pronunciation-english.com/
一生懸命まねして発音すると口が疲れるよ。


そして、耳と口が英語に慣れたところで歌う曲の歌詞の発音記号を調べてみる。
http://www.manabo.net/


ああ、あらためて基本に帰ってみると、英語の発音がカタカナ英語に戻っていたことに気付く。いつも師匠が言っていることを思い出そう。
「oh」「happy」「day」はオーハッピーデイではないんだよね。
ou haepi dei
日本語とは違う「h」「d」の発音、中国語の子音っぽく大げさに有気音を出すくらいのイメージで。


そして、英語と発音記号を叩き込んだ後に、いったんそれを捨てて、原曲の聞き込みに戻ります。
ここで知性と感性のバランスを逆転させるのです。

ちょっとだけ耳がカタカナ英語から離れた状況で曲を聞いて、聞こえたままの発音を心がける。
するとsuwanの口から出る歌も「おーはっぴーでー」でも「おぅはっぴぃでぃ」でもなくなる。

英語の母音発音は日本語よりものどの奥を使ったり、あごを動かしたり、息を大量に出したりするよ。
そっか、母音発音が気になるのは、英語用発音になっていないからかもしれないな。日本語の母音発声はひらたい。だから幼く聞こえるのかも。


3時間かけてようやく1小節目の発音が終わった(;^_^A


まぁ、suwanが天才的耳を持ってたらこんなめんどくさいことしなくていいんだけどさ。
あっちにも書いたけど、才能ない分、努力でカバーするタイプなの。


あんなに嫌いだった英語の勉強も、歌とリンクすると3時間休みなしで熱中してやってしまうよ。
口が疲れた~

ブライダル練①

メインの日記にも書いたけど、9月6日にブライダル業界で働いている方から声をかけてもらって、ブライダルで4人でゴスペルを歌うことになった。

友人代表として余興で歌うのだったら、少々下手でも失敗してもまあご愛嬌というか、許される部分もあるけど、今回はゴスペルグループとしてお呼ばれして歌うので、責任重大である。
練習は今日あわせて2回…
正直、録音聴いてもううぎゃ~(>_<)という感じだけど、あと3週間でなんとかするしかない。がんばるー(T_T)

★Oh,Happy Day(天ラブバージョン)★
新郎がリードを歌った後、suwanがリードを引き継ぐ。諸事情によりこの曲のみマイクなし。最初ウィスパー部分、マイクなしだと聞こえないかもしれないなぁ…

・washedの部分、切らずに伸ばす。
・shedの語尾、そろえる
・ラララ~の部分、なめらかだけどひとつひとつはっきり
・2拍3連と4分音符のリズムそろえる。
・16分で走らない。

<リード部分>
・happyの発音
・Jesus、whenのピッチ高く
・【F】から全体的にピッチ高めに
・転調後、高いドの音がぜんぶフラットしているピッチ高く!
・高い高いミの悲鳴音、狙いをさだめて、安定させる。

リード部分、suwan音域で地声がキツイところだから、全体的に必死感まるだし…時に声がひっくりかえるし…
てゆーか、てゆーか、てゆーか、全然ダメ…………(卒倒)
まだ、リードとる実力全然ついてないことを思い知らされた…(ノ_・、)シクシク
聞いてて声がキンキンしててしんどいわ(>_<)
歌いまわしとか、歌い方ではなく、完全に歌声の問題。
あ”~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!
ジタバタo(><)oジタバタ

★明日に架ける橋★
この曲歌うのは2年ぶりか。久しぶりすぎて、楽譜にかじりつき状態。最初から全力出しすぎるけど、3番をもっと盛り上げるために温存しておきたい。
録音きくと英語の発音や語尾の処理、伸ばすところ、歌い方のちょっとしたところが4人揃っていないなぁ。

・1番と2番は主旋律ソプラノ、3番は主旋律アルト。
歌っているときは必死すぎて周りを聞く余裕がないけど、本番はちゃんと他のパートを聞きたい。主旋律がソプラノか、アルトかを意識して、そこを盛りたてるテナーでありたい。時々主旋律よりもテナーが主張しすぎているな。特に1番はもうちょっとテナー音量落とそう。
伸ばしているところでどこかのパートが動くことで和音がかわる部分も意識して歌いたい。

・最後切るタイミング、1拍たっぷりブレスとってしっかりのばす。

★Hail Holy Queen★
土7で歌ったとき、前半部分番長の指揮にあわせて歌ったからゆっくりたっぷり歌えて歌いやすかったけど、今回はオケに合わせる。テンポが速くてちょっと歌いづらいけど、仕方ないか。

・前半、元気よすぎるからしっとりと厳かに
・後半、ユニゾンから3パートに分かれる瞬間の和音をきっちりはめる。ピッチ下がり気味。
・alleluiahは低音ぶれないように維持しながらクレッシェンドかけたい

★Hallelujah★
・「ハッレッるぅぅ~ヤッ」が基本
・【B’】最初3小節、アルトとテナーがしっかり主張して歌い、ソプラノとベースは軽やかに、
 次の2小節、ソプラノとベースがしっかり主張して歌い、アルトとテナーは軽やかに
 レイネスでソプ・アルト・テナーの3パートがそろえ、次のハレルヤ1つで4パート揃う。
 次の2小節、アルト&テナー主張、ソプラノとベースは軽やかに
 レイネスでソプ、テナー、ベースの3パートがそろい、アルトのレガートハレルヤがあって4パート揃う
・【C】の最後の「end of his Christ」気持ちよくなりすぎて暴発しない
・【D】のパート受け渡し意識
・【E】のソプラノとベースのオクターブそろえ、アルトとテナーの抑揚の波、大げさに。4パートそろう「King of Kings」のクレッシェンド劇的に効かせ、「Lord」と「Lords」をたっぷり歌い、最後おなかで切る。
・【H】の低音キープ、ゆれないぶれない
・【I】の歌詞、2つめは「エンデヴァ」(毎回間違えるsuwan)
・【J】は4小節、8小節、9コ目でラスト

それにしてもしょっぱなの「Oh,Happy Day」が一番下手ってどうよ…(-.-;)
4人での練習はあと1回のみ。それまでにリード、暗譜がんばらなくっちゃ~(T_T)

女優モードで太極拳

昨日のライブの余韻冷めぬなか、chocolaTera練習日。
練習始まるまで昨日のライブの内容についてみんなでミーティング。いろんな人の視点で感想を聞くのは面白いわ~
suwanの視点は予想通りマニアック(;^_^A だってぇ~それだけ一生懸命見て聞いているんだもん。

今日は「Hallelujah」の後半音取り。といってもsuwanを含め数名は○マハでも歌っているのでずいぶん音と歌詞が頭に入ってきている。suwanはもう楽譜はずして歌えたので、ひたすら鏡をみて歌ってました。
昨日までの鼻炎&風邪でのどの調子かなり心配だったけど、歌いだしたら声が出てほっ…

個人的なチェックポイントは口のあけ方、顔の表情、あごの角度、ブレス。
そして余裕ができてきたら、曲調にあわせて少しずつ表現をくわえていく。
息のまわし方、抑揚のつけ方、あともうちょっとなんだけどな。イメージどおりに歌える歌唱力が欲しいものです。

   

メインの日記にも書いたけど、練習後にみんなで飲みに。そこで師匠の言葉に血の気引くsuwan。
昨日の攻撃の100倍返しがさっそく来た…

つか、なんでそんなに黒目をキラッキラさせてるんですか(-.-;)
なんでそんなに行動はやいんですか(-.-;)
なんでみんな先生に意見あわせて盛り上がっているんですか(-.-;)
井高氏まで、なんで即返事返してくるんですか(-.-;)
suwanは何か悪いことしましたか(T_T)
じーざす!へるぷみぃ~(T_T)

FRIENDS #1 ライブ!

おひさしぶりの師匠のライブ参戦!というわけで、お久しぶりの長文ライブレポです。
明日も仕事だし、自分で読み返して推敲する余裕ないので、誤字脱字乱文暴言あったらまた今度直します~。




昨日から体調は最悪、昨日の腹痛に引き続き、今日は鼻炎と夏風邪の三重奏で、会社では鉄の女と呼ばれるsuwanちゃんもダウン寸前。
それでもBIG EASYが見たい! HEART & SOULが見たい! TAEKOさんが見たい!の一心で気力で難波まで向かいましたさ。あ、もちろん師匠もですよ。ええ、ホントですよ。やだなぁ~、とってつけてなんかいないですよ………・・・・・(爆)

今日は完全入れ替え制の2部構成。今日は土7メンバーと一緒に19時30分スタートの2部を見てきました。18時に並びにいくとsuwanは5番目!暑さと蚊と鼻水とくしゃみと戦いつつ、外に漏れ聞こえてくる1部の音楽に耳をすまします。待っている間、いろんな人に「suwanさ~ん!」と声をかけていただいて、humannoteでできた輪を感じました(*^_^*)
それにしても、ベティさん、その服…今からステージに立つんですか?(笑)さすが土7のせくすぃ部長!やってくれました。

さて、フラミンゴでライブの時には必ず狙う席があるのです。
最前列かぶりつきの場所?
いえいえ違います。今日suwanがいた場所、1階席の4列目、とはいっても段差のあって最前列のテーブル。ここが全体を見えるし、ステージが見やすいし、ステージからも見やすいし、声がよく飛んでくる場所。今日もナイスな席取りができました!o(^-^)o

ライブはBIG EASYからスタート!
実はsuwan、○マハに入る前にHPをみていて、○マハに入るか、BIG EASYに入るか迷っていた時期があったので、今日演奏を聞けるのを本当に楽しみにしていました。
今日は10人での演奏。オリジナル曲中心の演奏でしたが、一人一人が「もうっ歌いたくってしかたがないっっ!!」「あたしの出番よ!」「私をみてぇぇぇ~」オーラをバシバシ出していた。まさに10人のボーカリストが歌っている感じ。一人として誰かの後ろに隠れるような人はいない。あ、吉田美和っぽい、あ、YUKIっぽい、という印象を受けながら聞いてました。自分が見られていることを最大限意識して歌い表現している、プロ意識を感じました。
リーダーの女性の歌とパフォーマンスのすばらしいこと!めっちゃ華がある!あ、首でハトのリズムとってはる。マラカスでリズムとりながら歌ってもぶれないのがすごい。一挙一動すべてにもうくぎづけでした。どこかで見たことがある気がするんだけどなぁ~。どこでだろう?

クワイアリーダーのピアニストの男性の演奏がまた熱い!!ドラムの人、このまえウィステリアライブでお世話になったもんちーにょさんだぁっ!ベースはお久しぶりに拝見するスリーピースの方だ!
ひとつだけ残念だったのが、バンドの音がおっきすぎて、歌の音量が飲まれて聞こえないときがあったこと。これはPAの問題か。

2組目は我らが寺尾仁志 with Heart & Soul!ひゅ~!ひゅ~!どんどんぱふぱふ
バンドはピアノ井高氏、ギター藤野氏、パーカッション木村さん<ひとりだけ下の名前がわからなかったらしい(笑)
師匠は普段の眼鏡&帽子でぺちゃんこ頭、Tシャツ&ジーンズのおもろいおにーちゃんから一転、コンタクトで髪の毛セットしてスーツをバリッと着こなした麗しバージョン。後ろから「今日は先生がカッコよくみえるのは気のせいやろか、目がおかしいんやろか」という声が…(笑)

曲目は「Seeds Of Love」「NATURAL THING」「My life,My Love, My All」「Lean On Me」「地球兄弟」とオリジナル曲とゴスペルのMIX。もうどの曲もぜ~んぶコーラス歌えるもんね~。ずっと一緒に歌っていたら、前のテーブルの人にちらちらと変な目で見られてしまった(。-_-。)ポッ

「NATURAL THING」の時、chocolaTeraでやったように歌詞にあわせて「うとう~ととね~むぅくなぁるぅ~」「あたま~がいたぁくなるぅ~」を始め諸々の歌詞ジェスチャーをしていたら、ステージ上の師匠の笑いを一瞬だけ取ることに成功。やった!すぐに視線をそらして一瞬にして冷静に戻ってはったけど…おがぁぢゃん、いぢめっご師匠に復讐のプチ攻撃が効いたよ…(T_T)ヾ(- -;)やめなさいって

そして、もしかしてもしかしてもしかして、chocolaTeraの「yeah~」の息の量は本家を越したのではないか???と自画自賛してみたりして(*^_^*)ヾ(- -;)いやいやちがうから

師匠のお歌はもちろんHEART & SOULの見事な歌声に、初めてステージをみるらしい人から「すごい…すごい…あの人たちすごい…」と感嘆の声があがるのが聞こえました。なんか生徒として、自分が褒められているようにめっちゃ誇らしげな気分でした(^ー^*)えへ

ただ、師匠とHEART & SOULのおっかけというくらい何度もライブを見て聞いてきたsuwanからすると、今日の歌声はいつものと比べると最高レベルではなかったのではないかと思いました。想像するに、リハーサルと第1部で全力出しきって声が枯れて限界近かったのでしょう。1部と2部の間にほとんど時間なかったし。それでも2部から初めて見にきているお客さんのために、自分たちの声を限界ギリギリまでもってきて、ひたすら気力で声を絞り出して歌ってくれたように見えました。

それで2年前のクリスマス、大日ショッピングセンターで3回ステージ歌って、夜になんばロケッツでライブしたときのことを思い出した。のどがちぎれて血が出そうになりながら、あらゆる部分の力をおなかとのどに集中させて、5人で力を合わせて歌ったよなぁ。のどが思うように働いてくれなくって、ひっくりかえったり、細かい音程がコントロールできなくなっていたけど、必死に全力で歌う様子がお客さんに伝わったのか、めっちゃ熱いステージになった。あのときの自分のライブと今日の師匠たちが重なりました。
そう、あの師匠たちをこれほど熱くさせるくらい今日のライブは素晴らしいということの証明でもあるでしょう。それでも、もちろん声が少々枯れても凡人とは比べ物にならないレベルの高さではあるんですけどね。

その力を振り絞った熱い演奏に、客席もオールスタンディングで地球兄弟を歌います。客席にhumannoteメンバーがたくさんいるからあちこちから歌声が。知らない人たちがきょろきょろしているし(;^_^A
このバンプ部分の井高氏の2拍3連のアドリブ演奏はいつ聞いてもゾクゾクするわ~。テンションあがる!\(^0^)/
つか、この曲は「スキャット、ぱーんと入らないと怒られる(-.-;)」「バンプの入りを決めないとにらまれる(>_<)」という恐怖が体に染み付いているので、ついブレスの準備をしていつでも入れるようにしてしまいます(;^_^A

ここでTAEKOさんが入場!とともに、ハッピバースデイの音楽と花火付きケーキが!昨日が師匠のお誕生日ということで、みんなでハッピバースディの大合唱です。いやいや、花火は息吹いても消えませんし(笑)

そして寺尾組とTAEKO組で合同演奏で「I Believe I Can Fly」!これがまたすんごいの!師匠のソロ、渾身の歌声。やっぱりすごいわぁ~。あの「地球兄弟」熱唱後にこれだけ歌えるとは!脱帽です。
そしてTAEKOさん…歌を聞けば聞くほど歌のうまさとすごさが体にジンジン響いてくる。音域の広さ、高いところでも低いところでも無理をしているように聞こえないまろやかな発声、それでいて熱い!熱い!

そしてTAEKOさんとVOICE OF VICTRYのステージ。1部で転倒流血事件があったということで腕にばんそうこうを貼ってステージにあがられました(;^_^A 1部でカツラは落ちるわ花は飛ぶわのステージだったということですが、2部では髪の毛が落ちそうになってて、お弟子さんが必死でピンで留めようとする様子がなんとも面白かったです。

1曲目、ヨランダ・アダムスの「VICTRY」に思わず歓声あげちゃったよ(≧∇≦)きゃ~♪
歌うときの姿勢がなんとなくヨランダに似ていると思いました。貫禄!もう、すんごいの!きっと憧れる人に歌う姿は似るんだろうね。立ち姿からオーラ放出が見える人って、越智順子さん以来かも。うん、今日のライブはあの越智さんとマキさんがゲストだったRADIO WORKSHOP Vol.10を彷彿とさせる。

TAEKOさんの歌を聴きながら、自分の課題について考えてました。「声」を「歌声」にしないといけないなと。地声は地声でも「歌声」にしておかないと、ハードなステージで声をつぶしてしまう。suwanはコーラス用歌声ならソプラノで絶叫しててもかなり長時間でも持つ。学生時代とか岡山にこにこ会でカラオケオールナイトで6時間とかしてても大丈夫だったのは、のどを痛めない裏声発声ができあがっているから。でもゴスペル用の声では全力で歌ったら90分で荒れてくる。中高音を地声で出そうとしようもんなら10分でのどがひっくりかえる。
TAEKOさんの声やユカリ先生の声は根本的な発声方法が違う。やっぱり母音のボイトレだなぁ。無理のない声の出し方があるはず。今はテナーになったから地声高音出す機会はあまりないけど、いつかどの音域でもどんな曲でも歌える歌声の出し方をマスターしたいものです。

「てぃんさぐぬ花」も素晴らしかったけど、「Because who you are」というバラード曲にはまさにノックダウン。。。グランマが静かに涙流していたというのもうなずけます。人間讃歌をテーマに歌われているTAEKOさんの「あの鐘を鳴らすのはあなた」、一緒に歌い踊りました!

そしてTAEKO組とBIG EASYとの共演。客席もオールスタンディングでTAEKOさんの歌う声にあわせて歌い踊ります。こちらも全力で声を出していたので、ステージ上のTAEKOさんにsuwanらの歌う様子が目に留まったようで…ライブ終わった後、土7の3人に対して「ゴスペル歌っているの?」って言っていただけました(。-_-。)ポッ♪

最後、フルゴスペルで「Oh,Happy Day」、もちろん客席でも歌いますとも!全力出し切って歌いました。あれ、いつのまにか風邪がなおってる??まさに風邪を吹き飛ばすステージでした。
最後、グランマの花束渡すタイミング、最っ高でしたね!!お見事っっっ!!!

それにしても、師匠のライブに行くことで今日もまた尊敬すべき素晴らしいシンガーと出会うことができました。いつも新しいつながりを作っていただいています。本当にありがたいことです。今日のライブでもhumannoteのたくさんのメンバーと顔を合わせて楽しい時間を過ごすことができました。
まさにPIPES!!

humannote自主練開始!

今日から11月と来年2月にむけてのhumannoteのAグループ合同練習が始まりました。
17時~21時までの4時間!
土7からはsuwan一人だけ参加…他のグループの方が17時からけっこう集まってくださっているだけに、かなり肩身がせまかった(ノ_・、)シクシク
遅れてグランマが着てくれたときには、本当に嬉しかったです(T_T)

当初バラード曲から音取り予定だったのですが、メンバーの状況を見て、アップテンポ曲の音取りからすることにしました。

今回Aグループは僭越ながら練習進行役をすることになったので、全パートの音を覚えて練習に臨みました。やっぱり一緒に歌う人が必要だもんね。
ピアノはtomoちゃんが弾いてくれたから助かりました。
レッスン含めて4時間、全パート歌うから休み無しで歌いっぱなし。師匠の毎回のレッスンの状況を体感させていただきました。さすがに4時間後には声が割れます…

さすがに4時間あると、2曲ともの音取りが最後まで行きました。
今日は音取りのみで終わったけど、次回はちょっとつっこんだ練習にしたいなぁ。ただ何度も歌うだけだと飽きちゃうし、意思なく意図なく繰り返し歌うだけでは上手くならないから、あと3回×4時間、どう練習を進めていくか考えておかなくっちゃね。

4時間全部に参加されたメンバーの方、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m

   

19時~20時の1時間だけは抜けて、通常レッスンに参加。
ハレルヤを通して歌った後、新曲「I'm available to you」の音取りに入ります。

chocolaTeraで歌ったばかりなので、暗譜OK!と思ったら…今日改めて楽譜をじっくり見て歌ってみたら、歌詞を完全に間違えて覚えていたことを発見…アワワ ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ アワワ
これでライブ歌っちゃってたよ(大汗)ごめんなさい~

   

20時からは再び自主練に戻って1時間歌ったあと、土7メンバーで師匠のお誕生会をしました。
グランマの怖い話に悲鳴を上げる女性たち。今度はsuwanもグランマにみてもらおう!

トリプルベリーの見事なお誕生ケーキにみんなのテンションがあがります!ベティさんありがとうございました!
そして、昨日がお誕生日だったルカちんと師匠で同時にろうそくを吹き消す。
虎ちゃんの見事な配慮にも拍手~!喜んでもらってよかったね!
楽しい会になって、時を忘れました。終電近い時間になったけど、みんな帰れたのかな(;^_^A

<今日の発見>
師匠は大事な話をするときには必ず正座をします。
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。