スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイッ!キダタローッッ!!

青空パズルのテンプレート、かなり気に入っていたのですが、隠し文字ができないので結局白背景のテンプレートに変更です~。せっかくなのでバレンタイン仕様で

さて、12月分の振替で今月はchocolaTeraレッスンは3回ありますなんか得した気分~

さて、今日は「In The Sanctuary」の仕上げです。
今日の昼休みに先週のレッスンの時の録音を聞いて課題意識を持って臨んだので、課題解決がスムーズだった

●練習ポイント
①「Jesus,we give You the praise」の歌い方
②「hallelujah」の歌い方
③焦らない走らない

個人的には発音、ピッチ、テンポキープ、強拍弱拍意識、そしてラストにむけてエネルギー(音量)が一瞬たりとも絶対に落ちないことの5つを意識して歌いました。最後の「days」の「e」母音で伸ばすトコ、Kozさんのような声になりたいものです。
それにしてもタッキーの声、おっとこまえだわ~ん

通して歌ったときの手ごたえがあったので、更なる向上のためのレッスン。
ヘッドボイスと、ビブラートの特訓ですっっ

一人ずつあてての特訓でメンバーに緊張が走るでも、こうしたほうが確実にうまくなるね。今日はsuwanは幸か不幸かあたらなかったけどがんばろ~

師匠…
あなたは今日suwanのマニアック心にカチッとスイッチ入れちゃいましたね…

ビブラート練習、めっちゃ面白い~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!
1拍の中に3連符でパルス(波)を入れるのと、16分音符で入れるの、たまにできるけど、いつもはできない。この微妙に手が届くあたりのレベルが見事にsuwanのツボにはまりました
プロのコーラスグループはメンバー同士でビブラートの波をあわせるんだって!というわけで本日のお風呂場練、Alwaysや土7曲の原曲にあわせて延々ビブラート練習しましたとも。
ちなみに師匠がビブラートの波の大きさによって、ムード歌謡からジャズ風までいろんな歌唱をしてくれました。たかじんの「とうっきょおぉぉ~~~」のモノマネがお気に入りのようです

もうひとつのヘッドボイスの方は、小犬やネコの鳴き声、スティービーワンダーから目玉オヤジのモノマネまでありました(笑)本日、師匠絶好調!ちょんさんの笑いの腕もあがりました(いったい何のレッスンだ)。今日はホントよ~わらったわ~

ちなみにsuwanは地声でガーっと出した後に即ヘッドボイスで歌うのがまだできない。裏声になっちゃうのですラストの転調、転調、また転調をエネルギーを失わずに歌えるようにするためにも、歌の中でちゃんとヘッドボイスを使えるようになりたいものです。あてどころがまだつかめていないのと、息の量がまだ足りていないのかな。でもヘッドボイスの練習ってなかなか部屋ではできない…レッスンの時に時間をとってやっていただきたいものですm(_ _)m

でも、ヘッドボイスとビブラートをみんなで意識して通したら、ちょっとだけど進歩が見られた!
最後に「Oh,Happy Day」をビブラート意識しながら歌う。常に自分の声を意識してたから、せっかくのにごうさんのリード、まったく聞く余裕なし(;^_^A 一生懸命集中して歌ってたらこの曲がこんなに短い曲だと思わなかったよ。

さて、来月は練習場所変更で三ノ宮のスタジオです。間違えないようにしよう!
スポンサーサイト

えぇおにーちゃん2人に囲まれて~

前回からレッスン前後に4月のビルボード発表会にむけて自主練いれてます。
まだ音取り確認がメインですが、今日はちょっとでも声が出せるように、発声練習を入れてみたりして。

自分で弾きながら声だしをすると、自分の音域がどこまででるのかを確認できる。やっぱり地声レベル低いなぁ~
まちがった発声で出すとのどを痛めそうなのと、きたないor幼い地声でむりやり出すくらいなら、中音域からミックスで出す方を選んでしまいます~
コーラス出身のsuwanとしては、固く鋭い地声で出すよりも、響かせてあわせやすい太い声の方がどうしても美しいハーモニーになるような気がするのです。カークの原曲聞いてても地声っぽくないし。
でも、そればっかりだとゴスペルならではの力強さが出ないんだよね~。課題だ。

19時からの土7レッスン。
自主練の成果か前回よりもましになってきたようで、ようやく師匠の表情が明るくなりました。ご心配をおかけしてホントすみません
たいち君&Cooちゃんのように声をめいっぱい出す人がパートに一人いると、それにあわせてみんなの声がでるからちゃんと4パートに聞こえたのが良かったのでしょう。

ここから下は反転にて。
●本日の指導ポイント
①8~9ページの盛り上り
ソプラノ1パートにアルト、テナーとかさなっていくシーンで、どんどん音量あげていくところだけど、繰り返すごとにソプラノもアルトも音量が明らかにダウンしている。音に自信がないからかなぁ。もったいない。。。この曲はテナーの出番少ないからいつも2パートを聞いているのですが、その歯がゆさからテナーだしすぎた?すんません

②Ohの歌い方
「o」母音に「a」をいれる。口を大きくあけて、お腹から息を出してだんだん大きく。4つ目にややポルタメント入れてなめらかに音をつなげる。

③「not」はナット。
ピッチ高めを常に意識。

最後に通したときの録音聴いて思った次回までの課題。(suwan私見ですが、このあたりを自主練で特訓しましょ)
*3ページ1段目risenのアルト&テナーの音程
*前半の歌い方。小さいだけになっている。これでは歌が聞こえない。
*休符の間のつなぎ方。休符は休むところではない。音を出していないだけであって、意識はつなげる。
*フレーズ入りの和音を最初からパシッと決める(音程&音量)


途中ではっちゃんが前奏を弾いてくれたのですが、それがもう美しくってこの伴奏で歌える幸せを感じました
さて、なかなか決まらなかった2曲目の目途がようやくたってきました…(;^_^A
次からようやく2曲目に入れる~。ペースアップして練習がんばりましょう!



練習後、虎吉君の歓迎会で心斎橋のタイ料理屋さんへ。おいしかったぁ~。ベティさん、手配ありがとうございます
残念ながらAさんはお休みだったので、また歓迎会しましょう~

主賓の虎吉君の恋愛(失恋?)話をみんなで聞く。
長男たいち氏、次男ガックン、三男虎吉君の組み合わせ、かなりいい感じです
他のクラスの女性の皆様、土7でいいオトコ3人も占領してすみません~

くしゃみしてないかしら・・・ドキドキ

「In The Sanctuary」の音取り後半。
ちなみにYouTubeのIn The Sanctuary
クワイア6人バージョン<ちょっと音がちっこいけど、リードすごいよ。
ちょっとアレンジちがうメドレー<Byron Cageの「The Presence of the Lord is here」も一度歌ってみたいなぁ(*^_^*)
ついでに曲ちがうけど大好きなFor Every Mountain<ものすごい熱唱っす( ̄□ ̄;)!!

前回休んでいたちーが最初に原曲を聞いたときに「あ。これsuwanさんがバナナホールでのライブで歌ってた曲だ!」と去年1月のEarth Sevenのステージを覚えていてくれてました(*^_^*)記憶に残っているというのは素直に嬉しいワン

本日のポイント
①リズムの感じ方
師匠のお手本歌い中、首とあごの動きに注目してました。あの感じをマネできたらいいんだけどなぁ。
「and we will praise you for the rest of our days」の強弱歌いをマスターしたい。
②「yes」の歌い方
「イ・エ・ス」という3文字で歌うのではなく、1拍に「yes」を入れる。
③「たーんたたん」のリズム部分で走らない
「pra~eeise」と「Emmanue~eel」で音が転がってしまう。落ち着いて歌いたい。
てゆーか、師匠の悪い例の歌い方、腹立つくらいうまく歌い当てるよなぁ…(-.-;)むーん

suwan個人的課題
①ピッチ
「we will」での跳躍音「wiil」と、「e」母音で下がるのと転調後注意。つか、「e」母音の発声自体がきたないんだよなぁ。。。
② 音程覚え間違い
「Emmanuel」の「Em-ma」はテナー同じ音。
③リズムキープ
勢い余って走らない。「Yes,Lord」「hallelujah」
④暴発注意
音量を出そうとするあまりに声を爆発させない。テナーソロも存在感は出すが、興奮しすぎない
⑤「Jesus」の後にテンション&音量が一瞬落ちすぎるのを改善すること。

本日の笑いポイント
①「その顔、いやー」<真面目に話を聞いていたのに…by師匠
②「魔女っ子歌い
③「コソコソみーてぃんぐ」
④「なによぉ~今日ソプラノ感じ悪いよぉ
⑤「頼む…そこでは笑って

今日はなんか歌も指導もネタも盛りだくさんだったなぁ(笑)

土7歌い始め

2008年最初の土7レッスン
なんと土6に入るはずのK氏(ニックネーム虎吉)が土7に入ることになったらしい!そして前回体験に来てくれていたAさんも土7入会!新メンバー2人とチーママ復活という明るいニュースから始まりました 今度歓迎会しなくちゃね

他のクラスはもう発表曲2曲目の音取りに入ったり2曲目音取り終わったりという状況らしいですが、土7はまだ1曲目の音取りも終わっていない… なかなか全員がそろわないから、毎回最初から音取りしている状況だもんねぇ。発表会までのスケジュールを考えると各自がペースアップしていかないといけないね。がんばろー

suwanはというと、原曲聞き倒していて、ソプラノとアルトの音はほぼ歌えるのですが、肝心のテナーが一番あやしかった…だって~低すぎて原曲のテナーの音が聞き取りにくいんだもん。というわけで今日もちょこちょこ他のパート歌ってたりして

それにしても、毎晩のようにお風呂場で歌ってたけど、やっぱり普通の部屋で歌うのとは全然違うや。もっと母音も「n」も響かせたいなぁ。

以下、次回のレッスンまでのsuwan個人的課題
①4ページ「we are healed」、6ページ「He's not dead」、8ページ「Oh~~~」以下3段分のテナー音取り
②原曲の抑揚、歌いまわし研究
③ウィスパー、裏声、地声の発声強化

原曲聞けば聞くほど曲の世界にはまるくらい素敵な曲だけど、このままでは下手をすると途中で聞き手が退屈してしまう。サビに行くまでの前半の表現力をつけたいものです。
You Tube見てまた研究しよ~

歌い始め!!

やっとやっとやっとやっと歌えるぅぅぅぅぅ~~~~~~~
歌い始めの今日を楽しみにしてましたぁ

今日は体験者2名。あちこちですっかりおなじみ師匠のお弟子さんK氏とタッキーのお友達。ちなみにK氏は土6に入ったとな。む~女装3代目はまた別に探さないといけませんな。

まずは発声から。息をおなかから強く歯にあてて「スーッ!スーッ」と出しながら、のどの動きをみんなで確認。その状態とのどが同じように開くようにしてハミングや声出しをしていきます。
3週間ぶりの声だしでちゃんと声が出るか心配だったけど、毎晩のお風呂場歌いのおかげか(?)すぐに声は出ました~

2008年最初の練習曲は明るく華々しいアップテンポの曲でした
awsome-wonder

そう、「In The Sanctuary」ですぅ~\(^0^)/
英語の発音、音程を確認しながら丁寧に音取りをしていきます。7ページ2段目まで音取り完了。

●本日のポイント●
①リエゾン
師匠「リエゾンとはどういう意味ですか?」
K氏「みんなで同じメロディを歌うこと!」
師匠「それはユニゾン!(-.-;)」

K氏「りえ…りえ…?」
師匠「そんな、女性の名前を呼ばれても困ります(-.-;)」

はい、リエゾンとは、前の英語の語尾と次の単語の最初の言葉をくっつけて発音することです。

師匠「an appleって言ってみて」
K氏「はいっ!アンアップル!」
師匠「それを英語らしくリエゾンしていうと、あなぽぅ。はい!」
K氏「はい!あなぽぅ!!」

どこまでも素直なK氏、かわいいもんです(*^_^*)

5ページ1段目の「うぃりfったっぴょねー」に苦戦する人多数。原曲何度も聞いた方が頭に入るかも。今度CDまわします~

②「r」「and」などの発音
油断すると「r」が「l」になるし「and」が日本語の「アン」になる。ヒマさえあれば楽譜に「r」に丸をつけ、「ae」の発音記号をひたすら書き込む。

suwanは去年の1月にEarth Sevenで歌ったから音はわかっている。だからこそ、英語の発音を基本に戻って常に意識しながら歌ってみました。個人的には「w」と「m」を日本語ではなく英語の発音で歌うことに注意してみた。うん、akkoさんのような「m」を歌えるように頑張るぞ!!

声の出し方、歌い方をいろいろ試しながら、3パートすべてを一緒に歌う。久しぶりにソプラノ歌って、ちょうどいい裏声&ヘッドボイスの発声練習になりました(^ー^*)えへ
オケにあわせて歌っていたら、テンションあがってめっちゃ楽しくなってきた!
3パート分2時間たっぷり歌って、大満足の歌い始めとなったsuwanちゃんです

「Soul For Real vol.4」DVD視聴

今頃ですが…去年chocolaTeraで出演した7月24日の「Soul For Real vol.4」ライブDVDを昨日入手!!早速見る!!
2枚組みDVDダビングしてくださったBECのsatomiさ~ん大大大大大感謝ですぅ~~~~~~~ありがとうございました

もう半年前になるんだよなぁ。どきどきどきどき…
その時の様子は「Soul For Real vol.4!!」にて。

BOON EARTH CHOIR、Choirシロキタ、Eighth Colors、angel crea、そしてchocolaTera、最後に寺尾仁志 with Heart & Soul。このときももんちさんがいらっしゃらなくて3人だったんだ。あ、この方はここの人だったんだという発見もあり、11月24日のhumannoteの前に見ておけばよかったなぁ。残念!そうすればもうちょっと会話のネタがあったのに。
でも、このライブ後humannoteでお友達になれた人が何人もいて、ちょっと嬉しくなりました。確実にゴスペルの友人の輪が広がっていたんだなぁ。ありがたいことです。

BECの3曲「Blessing In The Storm」「People Get Ready」「You Are」、一緒にくちずさみつつ、あ、この方が噂の朝青龍…(笑)などとニヤニヤしながら見てました。noriさんはやっぱり華やかだなぁ。satomiさん、かわいいじゃないっすか。おはなはん、リードブラボーでした。スターさん、さすがヅカ!おっとこまえやなぁ。そっか、この頃はまだトム&ジェリーがいないのか。

シロキタの3曲「Joy」「Let It Be Me」「Order My Steps」。Kさんだ、Mさんだ!ソプラノのリードはゆみりんさんがほとんど歌っていたのか。そうそう、思い出した!「Order My Steps」のリード、テナーアレンジにおどろいたんでした。

Eighth Colorsの方々、一人一人が本当に上手いよなぁ。英語の発音も自然で美しいし、発声も歌い回しもなめらか。
ボビーズで指揮されていたあのお方、歌もうまい。常に輝く笑顔だ。自信と誇りがみなぎっているのに力の入りすぎていないなぁ。

angel creaのステージは舞台袖待機で見れなかったので、しっかりみる。「Love」「Melodies From Heaven」「Joyful Joyful」の3曲。Kさん、やっぱり美人だなぁ。あ、あの色気匂い立つソプラノの方はangel creaの方だったのか。しかもリードだ。

さて、chocolaTera!!やっぱりこの衣装&髪型、笑える~~~んぷんぷ。
ライブ後の練習でライブ映像一回見たけど、半年立って頭の中から記憶が薄れた状態で見てみると新鮮だし、あのときには気付かなかった発見がある。

・・・まずsuwan、もうちょっと音程正確に歌えるようになろうね…
そして、誰よりも走っているsuwan。もうちょっと冷静になろうね…
顔の表情、ライブ直後はあんまり思わなかったけど、今みてみるとなんかちょっと違う気がする。そっか。曲の歌詞、ニュアンスと顔がちょっとずれているんだ!「笑顔」ひとつとっても、確かに笑顔なんだけど、「Shake The Foundation」と「My Life,My Love,My All」の笑顔は全然違うはず。「戦闘」オーラが出すぎているよなぁ。ウ~ン、まだまだだなぁ。

Eighth Colorsの後に自分の歌をみると、なんというかsuwanの歌は悪い意味で若さが出ているなぁ。30代女性の歌に至っていない気がする(ノ_・、)シクシク 春にゴスペル5年生になるときには、もうひとつステップアップしていたいものです。
でも、まあ、楽しそうに歌っているから許したろ

最後は師匠 with Heart & Soulのステージで「The Seeds Of Love」「Soullin Train」「Lean On Me」「Kumbaya」「Don't Stop」「パートナーズ」でした。
やっぱりもんちさんのいない「Lean On Me」「Kunbaya」はちょっと寂しい。あれだけのソプラノが歌える人ってなかなかいないもんだね。

ここでもakkoさんの表情が以前と比べてなんともセクシーというか綺麗になった感じ。「恋をしているのか?」と評判です。akkoさんの「Lean On Me」の「mm~~let me take to a~」の「mm~」のハミングと「a~」を聞くとモーレツにまねしたくなってライブ後は毎回お風呂場練でここばっかりまねしてしまいます。でも全然近づけない…orz
「Open Up!」のシャウトはさすがに近所迷惑になるので自粛。

麗しの女神Kozさまはもう何をしても何を着ても何を歌ってもびゅりふぉーああ、神様。いったいどのように過ごしたらKozさんに近づけるのでしょうか?

ああっ、そろそろ外出準備しなくっちゃ。ではでは~
(こら!俺らのこともちょっとは褒めろ(-.-;)by師匠&hideki氏)

「Pipes」発売記念ライブ!

2008年ライブ初めは師匠のCD発売ライブでございます!
レポ、今回も長いっすよ~。簡潔にまとめられなくてすんません(;^_^A お時間あるときにどうぞ。

今回は土7とchocolaTera合同軍11名で臨みます。外で待つのはめっちゃ寒かったので、開場が30分早まったのは本当にありがたかった~( ̄人 ̄)
にごうさんとちょんさんが3時から並んでくれたおかげで最前列~2列目確保ですっ!
ブラヴォー!!ホントにホントにホントにホントにありがとうござます~~~~~~~!!!!!!
suwanはハート&ソウルの3人のどまんまえ、かぶりつきの席ですぅ(*^_^*)きゃー

今日は200名限定ライブ。入場時に師匠とティーブレンダー熊崎俊太郎氏とのコラボの紅茶プレゼント
師匠の曲3曲をイメージして、熊崎氏がレシピを作成したとのこと。
pipes1  pipes2
左の写真の上のがパッケージ表面、下のが紅茶(アールグレイとキャラメル)とコースター。
右の写真の上のがパッケージ中面(紅茶3種のレシピ)、下が今日買った師匠のCDです。
あ、しまった。CDにサインもらい損ねた…



立見客がたくさんでて熱気あふれる中、ライブは15分押しでスタート!
師匠のアカペラ時代、ジェイズマスクワイア時代、ソロ活動を始めて出した3枚のCDと歴史を刻む音楽が流れます
そしてバンドメンバーが入場し、師匠登場
おお~~~~~!!!本日の師匠、シングル二つボタンのグレースーツです。めちゃ決まってる!胸元に指にアクセサリーが光る。黒シャツにえんじ色のネクタイ、ぴかぴかの黒靴。コーディネイト過去最高のかっこよさですっっ。レコ発ライブで初めて登場時に笑いが起きなかった!!!ヾ(- -;)コレッ

1)「ラブ・シュプール」
2)「Lay Your Hands On Me」
3)「DOOR」
4)「Voice」
5)「Just The Two Of Us」

MC挟まずに一気に5曲、ノンストップでかけぬける!

師匠、のどの調子絶好調の模様!不安要素まったくなし
やわらかくセクシーなウィスパーといい、ここちよいゆらぎのビブラートといい、ハリのあるフォルテといい、切なさを増すスクラッチといい、天上を舞うファルセットといい、新年早々アーティスト「寺尾仁志」の歌唱を堪能させていただきました。

2曲目でキーボードのロング氏のかなり激しい動きにsuwanの笑いのツボ、さっそく連打!マッシュルームカット振り乱してのプレイ、そりゃ顔も赤くなりますわな。ロング氏の熱い熱いテンションが栗田氏に移り、野口氏に移り、安倍氏に…とどんどん伝播していく(笑)

今日のドラム安倍氏、いつもよりたくさんノリノリ大サービスで叩いてはりました(笑)2拍3連で刻むところ、たまらんっっ!!
サックス栗田氏、いつもよりもたくさんノリノリ大サービスでピロピロ入れてはりました(笑)演奏していないときも歌を口ずさんだり、サックス胸にかかえてリズムに乗ったり、見ていて幸せ感が伝わってきます。

いつもクールなギターハンサム野口氏。ロング氏や栗田氏のはじけた様子を見てニヤリ。赤い靴が目立つなぁって思ってたら、やっぱり師匠に最後にいじられてました。
ベースの張木氏、いつも口をややとがらせ気味にしてリズムを取りながら楽しそうに弾いてはります。ウッドベース弾く姿、suwanの心わしづかみです

今回フルバンド初参加の太田氏、やっぱりメタボ&挙動不審キャラ。でもやっぱり奏でるピアノは力強く美しい。このギャップがたまらない。
今日はハート&ソウルはKozさん、hidekiさん、akkoさんの3人。今日も憧れの麗しのKozさまを前にうっとり、目はハートのsuwanちゃんです。残念ながらもんちさん不在でしたが、3人でも素晴らしいハーモニーでした。つか、Kozさん、ソプラノでもいいのでは?でも、過去に4人で聞いたことのある曲はどうしてももんちさんの声を探してしまうよ

ここでドラム安倍氏、ギター野口氏、ベース張木氏と師匠の4人を残して退場。
6)「Seeds of Love」 (ハワイアンバージョン
予想外のアレンジでした。それも歌が本当に上手くないととても歌えないアレンジだ~。
7)「名もない星」 
ああ、やっぱりこの曲、ものすごく好きだ

ここで張木氏退場で、ハンサムガイズ(安倍氏&野口氏)と師匠の3人となる。
8)「Don't Stop」
この曲をギターと打楽器のみで歌うってめっちゃ難しいと思うんだけど、そんな難易度を感じさせない歌唱でした。この歌を歌うときある場所で必ずする師匠のマイクのクセ発見。ニヤリ
9)「アトリエ」
歌詞が以前とちょっと変えてある~。「リビングでテレビみてそのまま寝てて」の歌詞にドキッ(。-_-。)<常習犯

ここでハンサムガイズの二人も退場。ん?もしかして…師匠久々の弾き語り?
10)「パートナーズ」
やっぱり見ているほうがどきどき緊張したぁ…(;^_^A ピアノにあれだけ集中しているのに音が崩れたり歌詞を間違えることなく歌えるのがすごい。

ここでピアノ太田氏、キーボードロング氏、ドラム安倍氏が再びステージに戻ってきます!ほぅ、面白いバンド編成だ。よりによってハート&ソウルを呼び込み忘れですか(笑)
11)「We Are The One」
太田氏のピアノとロング氏のキーボードがあわさるとまた違う世界が広がります。ハート&ソウルがコーラスするだけでなんでこんなに違うんだろう…なんというかゴスペルに聞こえる。「u」の響かせ方、Kozさんとakkoさんののどと顔の動きをじっくり見て研究。

そしてベース張木氏とギター野口氏を呼び込んでフルバンドで…って、サックス栗田氏をわざと呼び込まず、ちょっぴちいぢわるな師匠。
12)「NATURAL THING」
11月24日のなんばHatchライブで聞いてめっちゃお気に入りの曲。帰省移動中に何度も聞いて聞いてソプラノとアルトのコーラス覚えたのでKozさんの口にあわせて一緒に歌ってみた(笑)4人が3人になっているせいか、音程が前と変わっている。最後の師匠の「thing thingthing thing」のスキャットのとこ、何度聞いてもかっこいい
13)「Soullin Train」
疾走感あふれてダンサブルな曲。ハート&ソウルのダンスがかっこいい
ここで久しぶりにでました!師匠がライブで燃えて熱くなるとやるアレです…
必殺ひざまずき歌唱!!(≧∇≦)(≧∇≦)きゃ~♪みほりんさんと二人で思わず大爆笑!

ノンストップで曲は続く。イントロが流れた瞬間、うれしくって思わず声が出た!\(^0^)/
14)「Hosanna」
カーク・フランクリンのゴスペル曲。ちゃんと歌ったことないから歌詞はわからないけど、何度も聞いているから、メロディとサビはなんとなくわかる。4人でもこの曲がこんな風に歌えるんだ!すごい!!
15)「WHITE JAMMING」
最後の曲はバンドメンバーを一人ずつレゲエのリズムとメロディに乗って歌いながら紹介。あ、安倍氏が抜けました~(T_T)この曲は客席もまきこんでいっしょに歌う。
♪ウォォーウォォーれっつらいどんほわいじゃみん

鳴り止まぬ拍手にアンコールで全員が戻ってくる。80年代フワフゥッの客席の盛り上げに大笑い。今日の客席はいつも以上にテンション高い!
そしてここでやってくれましたっっ!太田氏パンダのかぶりもの着て登場!

アンコール)「地球兄弟」
2007年下期はこの曲とともにありました。バンプ部分から客席も全員立って一緒に歌いクラップクラップ

16曲2時間、どれもこれも素晴らしく、最初から最後までめいっぱい楽しむことができました!
今までの師匠のライブで最高の2時間!!
楽しい時間をありがとうございました~~~~~!!!!!!

クラス曲研究チュー

12月15日の土7レッスンの記事書きリベンジだぁ~っっっ!!!

と思ったが、MDの調子悪くてレッスンの録音できなかったし、練習の様子ほとんど覚えていない…
というわけで、曲のお勉強記事にしましょう(;^_^A

【単語調べ】
りずん…復活した
うぃーぴんg…すすりなく
ぁのぉいんてぃんg…聖油を塗ること?
しぇっd…血を流す
とらんすぐれっしょんs…宗教上の罪
すとらいぷs…むち打ち、棒たたき
ひーるd…救われる
ぅわいぷ…ふく、ぬぐう
じぇいほうv…エホバ

このところ毎晩お風呂場でCDにあわせて歌っているおかげで、曲の雰囲気はずいぶんつかめた。
前半のウィスパー、これでもかというくらいの酸欠歌い。
そして常に息を流してレガート歌い。
目の前の人に語りかけるように歌う<お風呂場の壁にむかってかなりアヤシイ人である

って、今楽譜みててショックをうける。
最後の盛り上りソプラノだけだったんだ…
いいなぁ~~~~~~~~~~~~~~~~(T_T)<毎晩浸って歌ってた人

それにしてもこの曲もピアノ伴奏がなんとドラマチックなんでしょう。
ピアノ知識なっすぃんぐのsuwanは難しいことはわからないけど、音符の長さ、音の動き、和音の雰囲気、すべてに意味があるんだろうなぁ。ああ~~~~わくわくするぅぅぅ~~~~~~!!!!!!!

そしてなんといっても最後のフェルマータ!!
特に休符についたフェルマータがにくらしぃっっっ!!!

原曲は最後のフェードアウト具合がなんとも幻想的。このラストを土7はどのようにしようかなぁ。
昨日睡眠3時間だったので、テンション高く空想ふくらますsuwanなのでした~~~

ブログパーツで遊び中

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ブログのテンプレートを変えてみました。
自分がジグソーパズルにはまるワナ(;^_^A
これ、何パターンあるんだろう…
とりあえず3つクリアで現実に戻る。

そして、ブログパーツのぷちぷち…
ぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷち…
とりあえず110コつぶして現実に戻る。

(携帯で見ている方、パソコンからアクセスしてみてね)

あ、humannoteの皆様、あっちのブログも久々記事更新してみました。
たまにはのぞいてみてね~ん
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。