スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ノ_・、)シクシク

三昧行きたかったな~
歌ってみたかったな~
いろいろ頑張ったけどやっぱりだめだった…

いつ れ~いにん
れ~いにん

ここしかわからない(;^_^A
同じところばっか、口ずさみながら帰る夜
スポンサーサイト

焼き魚とお餅のにおいの中で

仕事が終わらず練習に30分遅刻 ごめんなさい~

本日の師匠、めずらしく帽子なし!髪の毛が短くなっていてさっぱり。Right-onの広告の岡田くんのようでした。
あ、ちょっと褒めすぎたので、これは近日中に消します(なんで~もっとほめて~by師匠)

今日は全員楽譜を持たずに歌ってました。みんなちゃんと暗譜できていてエライ!!
そしてsuwanがもっとも歌詞まちがってました…
しかもいつも激しく堂々と歌い間違えるので、周りの人に迷惑かけまくり…ごめんて~

●日本語曲
最初のスキャット、どんなイメージで歌えばいいか質問してみた。想像していたものと答えが違っていました。聞いてみるもんだ。でも、音からうけるイメージと求められる力強さがまだsuwanの中で消化しきれていない。もうちょっと自己洗脳が必要。

歌詞がまだ怪しい。みんなちゃんと覚えていて偉いよなぁ…(ノ_・、)シクシク
suwanは楽譜の感じと書き込み具合いとか、自分の手の動きやイメージで歌と歌詞を覚えるタイプなので、楽譜なく練習した曲は覚えが遅いのです。やばいやばい。なんとかしなくては…

クラップ開始場所、思っているよりも早い。忘れないように気をつけなくっちゃ。。。

●トラディショナル曲
この歌をうまく歌えるようになったら、宇多田の「Be My Last」の「Ah~~~」のメリスマが歌えるようになるんだろうなぁ。

いつも意識してメリスマいれるように心がけるけど、録音聴く限り全然ダメだ~(ノ_・、)シクシク
のどがどんな動きになっているのかなぁ。多分suwanは動きが大きすぎるせいかコロッと軽やかに回っていないんだけど、どうすればいいのかわからない。む~ん(-.-;)はがゆい

フレーズ最後の切り方や語尾の処理が人によってバラバラ。ある程度はそろったほうがきれいかも。

●日本語曲2
せっかく途中まで歌えていたのに、最後の1行の歌詞がぼろぼろで、みんなを笑わせて歌えなくした犯人はsuwanですすんません…
音程変更したテナー部分、自主練のおかげでばっちりです(^-^)v
あとは歌詞だなぁ…

●フルゴスペル曲
やっぱりテナー低いぃぃぃ(-.-;) つかしょっぱなの音が一発で取れない…要練習
最後の繰り返しの時に最高音量fffで歌うためには1番と転調後の2番はmpとmfくらいに押さえておきたい。つかある程度押さえておかないと、のどがやられてしまって「Amen」の最初の音が出ない。テナーが伸ばす3つ目のAmenからクレッシェンドかけて、下から波がドド~ンと押し寄せてくるように歌い上げるようにしよう。

●フルゴスペル曲2
3パートかけあいのテナー部分、伸ばすのは1拍分とのこと。ということは思っているよりも長め。今まではちょっと軽く歌いすぎてたのかな。1拍伸ばした後の「n」の処理がまだつかめていない。これは合同練習でもう一度やってもらいたい。

どの曲も音がとれたから、あともう一歩突っ込んだ表現をしていきたいところ。何を伝えるか、いかに伝えるか。次の練習までに考えておこう。

寿ゴスペル練①

我らが土7のCOOちゃんが12月に結婚式をあげられます
その二次会で歌ってもらえないかとクラスメンバーに声がかかりました。そこでEarth Sevenの8名が歌いに行くことに

15分の持ち時間なので3曲歌う。でも11月24日のライブもあるのでレッスン前後に練習時間をとることができない。というわけでこれから毎週日曜の夜は寿ゴスペル練で難波のスタジオに行くことになりました

みんなの負担を少しでも軽くできる曲をと思うけど、今年入会メンバーは「Oh,Happy Day」すら初めて歌う状態。そして二次会は150人ほどいるらしい。えらいこっちゃ!アタフタ ヘ( ̄□ ̄;)ノ ヽ(; ̄□ ̄)ヘ アタフタ

初回練習に8人全員が集まることができました!
今日は正直suwanは参加できるかどうか、どうなることかと思ったけど(今日の事件はメインの日記の方に書いてます~)、無事に行けて本当に良かった(感涙)

1曲目は日本語曲の華やかなお祝い曲。2曲目はAlways。2曲目はOh,Happy Day。
この8人で歌うのは初めてなので、パート分けから見直します。

パートのバランスをみてsuwanはアルトに行くことになりました(^ー^*)えへ
2曲目のアルトの音を取り直しです。大変だけどちょっと嬉しい(*^_^*)
久しぶりに歌うアルト。テナーの低音世界につかりっぱなしだと転調後の高いドの音を地声で出すのがちょっとしんどかったりする。本番までにここがまともに歌えるようになりたい。

1曲目、最初のインパクトが大事だよなぁ。今日は音取りで精一杯。次は歌い方練習しましょ。
2曲目、女性の歌うとこ、最初の練習バージョンに。たいち氏のSay!とHey!に期待
3曲目、チーママのリードに乞うご期待suwanはまたもカウント係(笑)ワ~ン・トゥ~、スリー、フォー!!

練習終わった後、飲みながら話していたんだけど、練習の時に手加減というか力を抜くとすぐに音量は出なくなるし、高音の練習を怠るとすぐに音があたらなくなる。

毎週毎日歌うことができればいいけど、月に数回しか歌う機会がなく、通勤の15分で音源を聞くのと、家でお風呂場でちっこい声で鼻歌くらいしか歌えない状況では、なかなか上達していかない。
レッスン代なりスタジオ代なり、お金と時間をかけるからには、やっぱり毎回真剣に歌に取り組みたい。
suwanの24時間7日間はけっこうびっしり詰まっている。費用対効果、時間帯効果のあわないことはしたくない。歌のレベルはまだまだでも意識だけはハイレベルクラスに居たいものです。自分への挑戦はゆるめたくない。

11月の休日、見事に歌の予定で埋まりました。風邪と体調管理には十分気をつけます~

クラス発表曲決定!

18時からの自主練、今日は仕事もなくゆっくりできたのでちょっとだけ早めに練習場所へ向かう。

・・・うあっっっ!!!
壁|_・*)ソォーッ

ちょっといいことありまして、ここしばらくの疲労がぶっとびましたさ。もう超ゴキゲンなのれす(*^_^*)
早めに練習場所行ってよかった…(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)
一人で超ゴキゲンちゃんでお歌歌ってました。むふ

しばらくすると、土8のO氏がやってきた。あまり話したことない男性と二人っきりの練習というのはなんとも緊張するというか、照れますな
その割には日本語曲の最初のスキャット部分とか、フルゴスペル曲のラストのページのピッチ下がりがちな部分とか何度もやり直しさせてましたが…初めての人にも鬼suwan(^ー^*)えへヾ(- -;)

土7の大黒柱が見学のお友達を連れてきていました。お友達の方に褒められて木に登るsuwan。ああ、今日はホントにいい日だ(〃∇〃) てれっ☆
徐々に人が集まり出し、声も出てきたころに、時間が来たのでレッスンへGo!




歌はいつもの3曲。
実はまだ暗譜完全ではなかったけど、見学の方に楽譜を貸して暗譜で歌いました。それで、自分がどこの部分がまだ覚えていないか、よ~くわかりました(;^_^A
楽譜を手放したことで、歌詞もそうだけど、次はどのように表現しようか、どのように歌おうかと頭をフル回転させて歌うのはいいことだ。ただ、間違えるときはいつも大声で間違えるので、他の人に迷惑をかけてしまいます(-.-;)ごめんて~

ベティさんのリード、回を重ねるごとにどんどん熱くなってくる!アレサのような声質でカツーンと歌われると隣で歌っていてテンション上がります
たいち氏のリードも熱い!こちらも負けてられません
今日はたっぷり寝てきたので、のどの調子はなかなかいい感じ
久しぶりにQueenBee嬢の隣で歌いましたが、ホント声がよく出てはりました。アルトがしっかり出ているとテナー音程が取りやすいからとても歌いやすいです

さて、4月の発表会で歌うクラス曲2曲がきまりました。
Iさん…残念ながら提案曲は今回もボツでしたよ(ノ_・、)シクシク

1曲はカークのバラード曲、1曲はアップテンポの映画音楽。
はっちゃんは初見でいけるそうですが(笑)正直2曲とも難曲です。去年よりも発表会の日程が早まっている分、練習時間は少ない。一人一人が意識を高くもって本番に臨みたいものです。

カークの曲はライブビデオを持っているので、時間あるときにじっくり見て研究しよう!
映画音楽の方はDVD持っているからこれまた見直してみよう!



20時からの自主練。
今日こそ大人しくしていようと思ったのに、やっぱり結局口出ししてしまった(;^_^A しかもチャーリーさんにまで指示出す始末…もう性分やね…

生徒のみの自主練って、ただ通して歌って終わりになりがち。誰かが勇気を出して何かを言わないと繰り返し歌うだけで、歌詞を覚える訓練にはなっても歌が上達していかないのです。
自分よりも経験者の多い他のクラスと合同練習の時はさすがに遠慮モードのsuwanですが、明日の土7のみの練習の時は遠慮しないので、お覚悟を…
(いや~~~~~~~~~~~~by土7めんば)

うちらでひっぱっとく~?(爆)

昨日た~~~~っぷり寝たおかげで、ずいぶん声の調子がよくなったやっぱり睡眠は大事だなぁ(しみじみ)

ほぼ1ヶ月ぶりのchocolaTera練。前回のhumannote合同練習の時にちょんさんの誕生日サプライズをしたらしいのですが、その時の写真を見せてもらいました。おお~~~!!これが噂の写真ケーキかっっっ!!!すごい~~~~~~!!!!
師匠の顔はちょんさんが食べたんだってさ。きゃっ

さて、残り1ヶ月ほどになったhumannoteの曲の集中練習。1曲1曲の表現を丁寧に練習しました。大人数の合同練習のよさもあるけど、chocolaTeraのみで歌うはこれはこれで気持ちがよい。細かい表現やニュアンスを大事にしながらものびのび歌うことができる。全員が声も表現も手をぬかず、一生懸命集中して歌う、この一体感が何より楽しい。休憩や雑談がなくても全然苦ではない。あっという間に時間が過ぎて、ええっもう終わっちゃうの~って感じ。今日もめいっぱい歌いました

以下、自分に向けてのなが~い独り言です(;^_^A

<日本語曲>
入りのスキャット、準備してしっかり歌っているつもりなのにダメだし出る。ここは感覚を口で覚えるしかないかな。

日本語歌詞部分、いつもの練習よりも一歩進んだニュアンス歌いの練習に入れた!
師匠ご指名によりちょんさんの歌い回しをお手本として聞いて、みんなでニュアンスのマネをします。二段歌いがポイントか。ちょんさんは本当に幸せそうに歌うよなぁ

歌詞なかばのスキャット部分もスラーをつけたり、抑揚をつける。ここはアルトの主旋律をもりあげるスキャットでありたい。

バンプ部分、やっぱり走りがち。オケとずれるのがわかる。ここでテンポ走ってしまうとせっかくのラストが軽くなりすぎちゃうんだよね。要注意。
せっかく輪になって歌っているのでラストの「大きな」の前の休符や「ひとりの」の前の休符で、こっそり指揮法の「叩き」を入れてみたりして。みんなsuwanの動きに無意識でつられてブレスが揃いました。ブレスがそろうと入りが合うのです(^ー^*)えへ

<トラディショナル曲>
毎回の練習の録音を聞いて、A~から曲名を歌う瞬間の最初の音とリズムがいつもバラバラなのが気になっていた。ここは16分音符ではなく8分音符でしっかりたっぷり歌う。
こぶしをうまいこと入れられないかいつも意識して歌っているんだけど、どうも思うように歌えない。要練習。

歌詞というか単語の意味を考えると、いくつかの言葉は甘く恍惚として歌いたい。
そういえば、今年は忙しさにかまけて全然英語の意味調べとか和訳とか発音記号調べしてないや本番までに時間作ってでもやろう!φ(.. ) メモメモ

最後の3パート掛け合い部分、どうしても後になればなるほどピッチとテンションが落ちて聞こえる。ここを如何に高めていくかだなぁ。アルトを一緒に歌うつもりで、その音の高さを狙って歌いきる。

<Always>
ソプラノソロ部分も一緒に歌うつもりで。テナーはいる1小節前から息をゆっくりたっぷり吸っておいて、深呼吸で息をはくように声を出す。ここは空気に声を溶け込ませるように余韻を残したい。
サビ部分、ねばる。chocolaTeraで歌うときはここは絶対走らない、むしろ遅くなっていくくらいなんだけど、合同練の時はなんであんなに早いんだろうなぁ??

転調展開していくところ、クレッシェンドで盛り上げてつなげたいところだけど音は下降系。さて、どうもりあげよう。ためしにノンブレスで歌ってみたが息が続かず焦って走ってしまってイマイチやった。む~ん(-.-;)ここも要研究。

最後、決して弱くするのではない。歌い方が変わるだけ。でもそれを「弱くなった」と思わせない歌い方はどうしたらいいかなぁ。
1)身振り・手振り・顔の表情の3点セットでごまかす
2)息はフォルテッシモと同じくらい出す
3)気の持ち方、意識

<追加日本語曲>
英語バンプ部分のテナー、音が変わるかもだって(笑)あっちの楽譜のテナーの音よりも歌いやすくするみたいです。
そこからスキャットに入る部分、指揮をよくみてあわせること。

あるメンバーが帰り道、「本番1ヶ月前なのにまだ歌詞を覚えていないなんて…」と言っていた。確かにそうだ。
ゴスペル初めて4年目になり、最初の頃と比べて一つのステージにあがるための意識と緊張感が薄くなっていることに気付かされた。忙しいことを言い訳に逃げてはいけないな。だってお客さんはお金を払ってきているんだもんね。うん、がんばる~

ハロウィン仕様

久しぶりに歌うことができたぁぁぁ~~~~
仕事でhumannote練習2回でられなかったから、歌う場があること、歌う時間があることが嬉しくて仕方ない

18時からの土7・土8の合同自主練。この時間帯は毎回参加者数名なので、それぞれ自分の自信のないところを自己申告して個人的に強化練習となるsuwanもここ2回のhumannote練習の注意点を教えてもらいます
Yさん…音程わからないからってsuwanの声をまるまる録音せんでも…うそ歌ってたらすんません~(;^_^A<音程&ピッチ自信なし

それにしてもこの2週間の仕事漬け&睡眠不足のせいで、声の調子は激悪。のどがささくれだっている感じ。低音も高音も出ない。む~ん(-.-;)Total Praiseを発声練習代わりにして、19時からのレッスンに備えます。



19時からのゴスペルレッスン。
練習室がハロウィンの飾りつけでにぎやかになってました
こどもたちのイラストが壁に張り出されていて、それがまたかわいい。最近の子の名前はほんとにいろんな名前があるものです。

今日の発声練習はマイナーの和音練習。
普段はド・ミ・ソでハモルのですが、ド・ミ♭・ソで和音を作ります。

学生時代のコーラスの発声練習で「ドレミファソファミレド~」の音程で半音ずつあがっていく発声をよくしたけど、たまに「ドレミ♭ファソファミ♭レド~」をするとなんとも物悲しい気持ちになったものです。しかも恩師の名前9文字を使って暗くマイナー発声練習していた大馬鹿モノの生徒たちです(; ̄з ̄)♪~♪~~♪♪

◆I'm Going All The Way◆
①8beatではなく16beatの歌い方で。16分音符部分意識。自分では歌っているつもりでも録音聴くと確かにリズム甘いわ~(>_<)
②keep onの「n」のbeat感

ベティさんのリード、前回よりもさらに上手になってました師匠からお褒めの言葉が(^-^)v
レッスン行くまでの移動時間に原曲何度も聞いていくんだけど、イヤホンで聞くのと練習室のスピーカーで聞くのでは全然違うものです。「down」の歌い方のニュアンスというか発音発声を聞き取ってまねできるようになりたいものです。

声の調子がイマイチだったから、ちょっと抑え気味にしておこうと思ったけど、「(-.-;)もうちょっと声出して」の指摘で結局いつもどおりに歌うことに。普段必要以上にガンガン出してあおっているだけに小さくなるとバレバレか。少人数だとごまかしがきかないや(;^_^A

◆Do You Know Him◆
①I wanna knowの歌い方。ブラックミュージックならではの間を「ッ」で作る

そろそろ来年4月の発表会のクラス曲の選曲時期です。Iさん、一昨年ボツになった曲を再提案。おお!これはなんとなく好感触か!?採用されますように( ̄人 ̄)

◆Always◆
のどの調子悪くて音程が不安定な分、言葉をひとつひとつしっかりためてうたってみました。デカ声で歌詞おもいっきし間違えてみんなを戸惑わせた犯人はsuwanです(ノ_・、)シクシク



20時からの土6・土7・木8合同練習は人数多い分、歌い甲斐があります
歌って3時間目になる人が多いのでちょいと疲れがでてくる頃だけど、少しずつそれぞれの自信のないところ、課題解決ができたのではないでしょうか。



まるちゃんに10月12日のhumannote練習のMDを借りたので聞いてみる。ありがと~~~めちゃ助かります

◆Always◆
あ~あ、はっちゃんの前奏が始まり師匠がせっかく合図しているのに歌い手の準備ができてないし…(>_<)

ソプラノ、もうちょっと声の幼さが抜けて、大人の声になるといいけどなぁ。口が横に開いているか、のどの奥が開いていないと幼く聞こえがち。「pay」のラの音が上がりきっていないのがおしい。

アルト&テナー、「I know you feel」で入るところとか「Jesus~」のハモリ部分、歌いたくてうずうずしているからかもしれないけど、もうちょっとたっぷりゆったり歌ったほうがいいよなぁ。はっちゃんのピアノがせっかく包み込むように、穏やかな波が寄せては返すように弾いてくれているのに、歌がせかせかした感じがする。

後半の盛り上がりは良い。みんなが曲に入り込んでひたって歌っているようすが目に浮かぶようだよ(^-^)

◆トラディショナル曲◆
ちょいとカタカナ英語になってきているかな(;^_^A
ラストのシンコペーションが甘くなっているのもちょいと気になる。

◆日本語曲◆
う~ん…棒歌いになっている。
たとえば「小さな」ということばだったら「ちい」はたっぷり「さな」は軽く歌うとか、「いのち」なら「い」をたっぷり歌うとか、ことばのなかでもテヌートつける言葉と軽くする言葉を意識すると音楽に波ができていいんだけどね。

バンプの「we~」が8分+8分(ウィーイー)になっている。ホントは16分+符点8分(ウィイー)なんだけどなぁ。これはノリの変化の準備ができてないんだろう。

練習参加者から評判聞いていたスピヴォの方々のアカペラ演奏「My Soul Doth Magnify The Lord」!数年前に月7クラスが歌っていたあの曲です。もう衝撃ですな!激ウマ!これは何人で歌っているのか?
英語の発音、語尾処理のタイミング、間の緊張感、ひとつひとつの言葉のタイミング、ハーモニー…ブラヴォー!!これは是非生で聞きたかったぁぁぁ(T_T)

◆フルゴスペル曲◆
「heaven」がカタカナのヘブン(hebun)に聞こえる。「hevon」と歌う人がちょっと混じったほうがいいかも。

って、この記事書くのに4時間もかかってもた(;^_^A

コーラス部分楽譜作成

←このライブ告知の色つき動く文字を作りたくって、昨晩4時まで夜更しした馬鹿者suwanです。
今日のsuwanちゃん、humannoteで追加で歌うことになった日本語曲の楽譜作成にチャレンジ!

パソコンのとなりにキーボードを置く。そしてパソコンで音源をかけながら、楽譜作成ソフト(Finale NotePad)に打ち込んでいきます。って書くと大したことないように見えるけど、けっこう大変なのよ~

音楽の専門家だったらもっと早く楽に耳コピーできいるんだろうけど、音楽のコードとか難しいことはわからないから、まずは聞こえた音を口で音を取って、それと同じ音(和音)を横のキーボードで確認して、パソコンに入力していく。もちろん音源は何度も何度も再生しては止めて繰り返し聞きなおし。この地道な作業が楽しいというか、音のパズルを解いているようではまるのです。

リズムのはめ方はsuwanの場合は歌いながらゆっくり指揮を振ると、何拍目にどのことばがくるというのがわかる。できてきた楽譜を自動演奏させた時にリズムがあっていたときの感動というか達成感はがんばったものにしか得られないもの(^ー^*)えへ

結局4時間半ほどかかった…でもオタッキーなんで苦痛ではない。というかかなり楽しんでやってます(;^_^A というわけで、バックコーラスの3パート分、楽譜起こしできました。
さて、これ、どうしようかなぁ。

神戸ジャズストリート

今日は天満音楽祭やゲイリーハインズのワークショップなどいろんなイベントがあちこちで行われている。芸術の秋だねぇ~(^-^)
さて、suwanはというと、土7のチーママが属する神戸マスクワイアの演奏を見に、神戸ジャズストリートの開催地三ノ宮へ行ってきました!
Image240.jpg
神戸ジャズストリートでは、あちこちの会場でジャズ演奏がなされている。
あんまり下調べもせず何も考えずにぶらりと行ったので(笑)当日券4600円の値段にちょっとびっくり(;^_^Aでもその値段のせいか、お客さんの年齢層は高め。お金と心に余裕のある人々が優雅に一日ジャズを楽しむという感じ(^-^)

さて、会場の神戸バプテスト教会は北野坂をずっと異人館の方へあがっていったところにあります。ジャズバーのソネ、にしむら珈琲などのさらに先の交差点を右折してすぐ。
suwanは神戸マスクワイアの時間に間に合うように行ったのですが、既に教会内はお客さんでいっぱい。演奏者の交代とともにお客さんの入れ替えを狙って座る場所を探します。毎年の出演ということもあって立見客がぐるりと周りを囲みます。チーママの応援のため、●マハから友人らが何名も来てました(^-^)天満音楽祭からはしごしてきたツワモノも!なっつさんは椅子に座っていてもノリノリでした(笑)

全員で神戸マスクワイアの黒Tシャツをきて黒でそろえている。そのなかでもやっぱりチーママは目立つ。あんなに細くて小柄なのに、あのオーラというか存在感はすごいものです。自信と誇りが全身から放出されているのです。すごいわ~

そしてチーママのリードの素晴らしいこと!さすがです!芯の通った声は主張し、パフォーマンスも華やか。常に人の視線をひきつけます。そして何より本当に楽しそうに歌っているその笑顔が輝いている!見ていてこちらも楽しくなりました。

去年もやったけど客席も一緒になって歌う曲は、黒人霊歌でも有名な「Down By The Riverside」。これは盛り上がりましたっ!(^0^)/
suwanはもともと高校時代から黒人霊歌が好きなんです。学生時代にも歌った「Michael row the boat ashore」とかグリークラブがよく歌う「Everytime I Feel the Spirit」「ジェリコの戦い」「In That Great Gettin' Up Mornin'」とか血が騒ぐ~~!!これを歌うために男に生まれたかったと思うくらい(笑)

話を戻してっと。曲は日本語の歌詞の曲、英語の曲などいろいろありましたが、suwanたちが習い事としてやっている「音楽のジャンルとしてのゴスペル」とは違う「信仰のあるゴスペル」でした。心からの賛美の笑顔、歌いながら本当に泣いている人の姿は感動を生みます。
素晴らしい演奏をありがとうございました!

その後も少しでも元をとるため(笑)別のグループのジャズ演奏を聴く。トランペットやトロンボーンのような金管楽器が入るとやっぱり華やかだし、バンジョーの音色に癒された。優雅な大人の休日を過ごすことができて満足です(^ー^*)えへ

グルーヴ感を大切に

19時からのゴスペル・レッスン。
まつやん、ストパあててすっかりかあいくなってました。

発声のときにボックスのステップをふみながら声を出す。去年もやったメンバーは慣れたもんだけど、初めてのメンバーは苦戦してました(;^_^A あんまり頭で難しく考えないほうがいいかもね。

●I'm Going All The Way●
ベティさんのリード、中盤の高音部分、めちゃきれい!ベティさんはテナーですが、もともとしゃべり声高いので、高音もかなりでる。ベティさんのリード聞いていて「Just keep pressing」を歌い忘れていたのは内緒(;^_^A

ラストの「keep on」特訓。「n」を8分休符のところにうまいこといれるとリズムの感じ方が変わる。

今日のキーワードはタイトル通り「グルーヴ感」。1時間の間に何度もこの言葉がでてきました。「Total Praise」のような壮大な曲でも「Amen」部分でグルーブ間を出すのは「n」の入れ方。

ちなみにコーラスで宗教曲を歌うとき、「Amen」の「n」をいかに響かせ、残すかは非常に大事でした。「雨」や「飴」ではないと何度言われたことか(;^_^A「n」が本番で上手くいくと「祈りを感じた」といわれたものです(*^_^*)
ゴスペルのリズム感を大事にしながら語尾の入れ方をマスターしたいものです。

●Do You Know Him●
たいち氏のリードも回数を重ねるごとに安定してきたね(^-^)
「ッドゥッ」のアタックがうまく効いてくるとこれまたグルーヴ感がでてくる。そしてこのちっこい「ッ」がテンポを走らないようにするポイントでもある。がんばる~

●Always●
ソプラノのみというのを忘れていつも最初歌ってまう(;^_^A 自分なりの表現の仕方が整理できてきたけど、あとはそれに自分ののどがおいつくかどうか。思い通りに歌えるようになりたいものです。



18時からと20時からは●マハ合同の自主練習。土曜以外のほかの曜日のクラスの人もきてくれました!特に20時は人数も多く集まって、歌っていて楽しかったぁ!毎回顔と名前が一致する人が増えるのは嬉しいことです♪

追加になった日本語曲の音取りと練習をさっそくやってみました。いただいた音源が音が聞き取りにくいため、これだけで自主的に音をとるのはかなり難しいかも。これは残り時間すくないこと考えると楽譜があったほうがいいなぁ。

連休中に耳コピーで作る時間が作れたら作ってみます~(って、また自ら自分の首をしめる発言をしてもた。できなかったらゴメン)

帰り道、ヒッコンさんに仕事のグチを聞いてもらってすっきり(^ー^*)えへ。ありがとさんです~★

そしてやっぱり飲みに行く(笑)今日はみっちりめいっぱい歌ったので、練習後の生ビールのおいしいこと!この一杯のためにがんばっているようなものよねぇ~(*^0^*)プハァ
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。