FC2ブログ

ryou zan pakuライブ

梅田で16時過ぎまでイベント受付嬢をして、その足で西中島南方のryou zan pakuへ越智順子さんのライブを見に行ってきました!
といっても師匠がゲスト出演するという情報から知ったんですが(;^_^A

越智さんのライブは1年ぶりくらいか。最後に聞いたのは新開地音楽祭。雨の中、アフロヘアのJT'sライブで踊りまくったんでした(^ー^*)えへ

ライブは大西教文氏のギター、安次嶺悟氏のピアノ、魚谷のぶまさ氏のウッドベースのインストからスタート。それぞれが魅せます!聴かせます!suwanの席は真正面のカウンター席だったのでよく見えた(*^_^*)ラッキー♪プレスリーの曲ではお客さんもノリノリでした。

続いてハウス・ミュージシャンの塩崎美砂さんの歌が加わる。病気から復帰後初ライブとのこと。匂いたつような色気ある歌声。
「My Foolish Heart」ってホリー・コールも歌ってたなぁ。懐かしい。suwanもこんなオトナの曲をムードたっぷりに歌えるようになりたいなぁ(*^_^*)ラストの日本語曲「涙もろいペギー」良かった~(;_;)

そしていよいよ越智順子さん登場!待ってましたっ!
越智さんといえば「come together」のようなどこまでも広がっていく迫力ある歌声のイメージ強かったんだけど、こじんまりとした店内と雰囲気にあわせて、決して大きすぎない穏やかで心地よい演奏でした。

越智さんのリズムの取り方、常に16分音符で首を横刻みでリズムを取ってはる。首で細かくリズムを取っているのをまねしようとしたけど、途中でついていけなくなった…師匠のおかげで縦刻みのハトのリズムの取り方はできるようになったけど、今後はsuwanも曲によっては横で取ることも意識して練習してみよう。
そして歌いながらもバンドの音とリズムを細かいところまでよく聞いているのがわかる。越智さんの目線、表情、表現によって、「あ、いまピアノの聞かせどころなんだ」「ここはベースがポイントなんだ」という具合に気付かされる。こういうのも大事だなぁ~。

カーペンターズの「superman」に心奪われ、「Fly Me To The Moon」にやられました。ベースとのお茶目なパフォーマンスも良かったし、なによりテンポ・ルバートにぐいぐいひきつけられた。いやはや、語彙の少ないsuwanはすごい!としかかけないよ。
ステージ終わったとき、退席する越智さんから「また来てくれてありがとう」と声をかけていただき、あまりの幸せに体中の血液が顔に集まった。覚えてもらっていた~(。-_-。)ポッ♪大感激!

休憩の時、Boon Earth Choirのノリさんとおはなはんに「ブログみました~」と声をかけていただきました(〃∇〃) てれっ☆
ノリさんは前回お話したときには気付かなかったのですが、しゃべるときの表情から、クレオでのライブの時にソプラノでめっちゃイキイキノリノリで歌ってはった方だ!と歌い姿を思い出しました!
今度7月にBoon Earth Choirとショコラテラは共演することになります。めっちゃ楽しみ!一緒にがんばりましょうね~(^0^)/

* * *

2部のゲストとして師匠登場。スタイリスティックスの「You Make Me Feel Brand New」。甘~く穏やか~に始まった曲が盛り上がりとともに高音ファルセットが天上を舞う。師匠の歌を初めて聞いたお客さんらびっくりしてたのがわかった(笑)

そして師匠オリジナル「Stars」、ディズニーの名曲「When You Wish Upon A Star」とおほしさまソング2曲。
「Stars」では「ネヴァネヴァネヴァゴナゲッチュー」とコーラス入れたくなるよ(^ー^*)えへ

ピノキオのMCが始まったとき、suwanを含め師匠トークを何回か聞いて知っているファンたちの間に思わず緊張が走る。まままままままさか…ここであのトークをしますか!?
(ノ゚ο゚)ノオオオオオォォォォォ-----うわぁぁぁぁ~~~~~~~~それはやばいですって。
ここではやめときましょうよぉぉ~~~~~アワワ ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ アワワ

ファンたちの心配を知ってか知らずか、今日は下ネタに走らず男前のジェントルマンで通していてホッとしました。いやぁ、ドキドキしたぁ…あそこで思わずふきだしてしまったファンたちは同じことを思っていたはず!師匠ファンの中で無言で心が通じた瞬間を感じました(笑)

「When You Wish Upon A Star」は大学時代にsuwanもコーラスで歌いました。ソプラノの音は高くて死にそうだったけど、また歌いたいものです。
師匠が歌うのを聞くのはこれで4回目かな。今までで一番ゆったりとした気分で聞くことができました。曲の後半、ノンブレスでフレーズ続けて歌っているところには本当にすごいと思います。跳躍音多く聞いている印象よりも実際は難しいこの曲、柔らかく優しい余裕ある歌に癒されました。

そして再び越智順子さんにバトンタッチ。
トム・ウェイツの「I Want You」を聞けて胸いっぱいのsuwanです。フレーズの入りのスクラッチ効いているなぁ。
日本語曲「花とおじさん」、せつなかった・・・よく考えたら越智さんの日本語曲って初めて聴いたかも。

そうそう、越智さんってブレスをしている様子が見えないんです。吸っているときに口も体も全然動かないし、吸うときの音が聞こえない。いつ息を吸っているんだろう思いながらず~っと顔をみてました。
そして、腹筋だけでなく背筋を思いっきり使って歌っている。ぐっと体をそらして歌う瞬間の緊張感と期待にsuwanの目はくぎづけでした。

そして最後に客席からの98,000円でのリクエスト曲はチック・コリアの「Spain」!鳥肌モノとはこのこと!!
ひっく~い低音も全く無理している感なくめっちゃ自然に美しく出ているし、細かい音符の中にさらに装飾音が入っているし。越智さんの口からはどんな音もリズムもさらさらつるつるとつむぎだされてくる。
前半のスキャットも、後半の英語も本当に素晴らしかった!バンドのソロ演奏も素敵だった!客先からの「oh!」の掛け声もブラボーだった(*^_^*)

素晴らしいライブを聞いた後というのは、suwanの練習欲が高まります。自分も歌が少しでも上手くなりたい。少しでも近づきたい。
今月も正直仕事との時間調整大変ですが、できるだけの努力をしたいと思います。
スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索