スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOUL SPOON

京橋のベロニカにて「SOUL SPOON」というイベントに師匠出演。
にごうさんと連絡をとっていたら、二人とも21時過ぎに電車一本違いで京橋着。合流して師匠出演の21:30~の2nd stageから見ることができました(^-^)

今日のイベントは「SOUL・R&Bを中心としたブラックミュージックを、オオサカのアーティストが旬な音楽へとアレンジし、個性たっぷりに生音を聴かせるMOODY&BLACKな夜」というコンセプト。師匠のライブをちゃんと見るのはなんだか久しぶり。普段師匠のライブは女性客が多いのですが、今日はベロニカという場所のせいか男性客の割合が多く、歓声や拍手の感じがいつもとは違ってました(^-^)

本日の師匠、黒のニット帽&メガネにジージャン…
ここでsuwanは気付いたっっっ!!w(・o・)w
あっ、あのジージャンの下のグレーの服はっっっ!!土7メンバーで5月のゴスペルライブ後に師匠にプレゼントした服だ~~~~~~っっっ!!!(≧∇≦)きゃ~~~~~~♪
ああ~ん、この喜びと興奮を土7メンバーと共有したかったぁぁぁ
深めVネックの胸元、いつもよりセクシーモードの師匠でございました(*^_^*)

バンドはギター藤野氏、ベース松本氏、ドラム柳氏によるThree-Peaceの3名、ピアノ小栄住さん。生バンドの迫力はやっぱりすごい。一つ一つの音が体にずんずん響いてくる。スティービー・ワンダーの「Until You Come Back To Me」が始まったとたん、師匠の声の調子のよさを感じました(^-^)

師匠オリジナル曲「最後ノ忘レモノ」では、いっしょに「bye bye good-bye」をくちずさんだりして。Three-Peaceバージョンは間の取り方がちょっと違っていて、新鮮でした。

3曲目、女優ハル・ベリーのだんなさん、エリック・べネイの「Let's Stay Together」、これはまた師匠ワールドどまんなかのあま~~~~~い曲。この曲で見つめて歌う攻撃をされたら、客席の方が照れますがな(。-_-。)ポッ♪
でも、いろんな歌のテクニック満載で目が離せない。ファルセット、ウィスパー、地声の使い分け、さすがです。曲の後半、高音で入ってくるところなんて、ただただ圧倒!バンドの音が大きいので、師匠も常に全力出して歌う。それが演奏の全体のテンションをさらにあげる…歌とバンドがそれぞれ高めあうのを感じる素晴らしい演奏でした。

ミラーボールまわる中でのオリジナル曲「City Of Sails」、ムードたっぷり。さっきまでの興奮をおさめていくような柔らかい歌声、それがシーン展開により再び熱を持っていく。最後は師匠お得意のロングトーン熱唱!前にライブで聞いたときよりもドラマチックな曲になっていると思いました。

5曲目はアイズレー・ブラザーズの「Tears」、これまたセクシーな曲でした。前半部分の息の使い方が面白かったなぁ。小栄住さん&藤野氏のコーラス、かっこよかった!師匠の歌の雰囲気を壊すことなく盛り立ててました(^-^)

2nd stage最後は、Uprightのコーラスが加わって「君がそばにいるから2」。Uprightのコーラスをはじめて聴きました。アフロヘアの外見を裏切る柔らかな歌声。まぁ、曲が優しい曲だからかな。



今日のライブは3rd stageまであります。短めに終わるということだったので、終電の時間を調べて、にごうさんとそのまま残ることにしました。ということでカクテルおかわり♪(^ー^*)えへ
もともとキャバレーということもあって、キャミソール&超ミニスカートのおねーちゃんがディスコナンバーにあわせて踊っていたり、真っ赤なホットパンツのおねーちゃんがマルボロ売りにまわっていたり、非日常の金曜の夜を味わわせていただきました。

3rd stageはThree-Peaceの熱いライブから。ドラムのビート、ベースのリズム、ギターのメロディを感じながら聞きました。どんどんどんどんペースアップしていくが崩れない。さすがです。ベースの松本氏がニヤリとしながら弾いていたのが印象的。

師匠加わってサム・クックの「Cupid」。日本語では「キューピッドよ、あの娘をねらえ」って訳されているのね(笑)soulといえばやはりサム・クックをはずせないのでしょう。この曲は以前にも聴いたことがあるので、リラックスして聞くことができました。

そして最後はスティービー・ワンダーの「My Cherie Amour(マイ・シェリー・アモール)」。これまた甘い甘~い歌声でした(*^_^*)たは~。なんというか、師匠がスティービー・ワンダー大好きという想いが伝わってきました。

今日はどの曲も非常に演奏レベルが高くって本当に良かったぁ!満足度高し!
う~ん、Best Song選び迷うなぁ。。。迷ったけど、うん、やっぱりエリック・べネイの「Let's Stay Together」にしよう!

30分くらいで終わったので、思ったより早く部屋に帰り着きました。正直、仕事が大変だった9月、自分へのご褒美になるライブでした。
師匠、素敵なライブをありがとうございました!
スポンサーサイト

二段熟カレーのように

「Seasons of Love」を最後まで音取り。
まずは前回音取りをしたところまで歌おうということだったんだけど、みんな勢いで最後まで歌いきっちゃいました(笑)だって、みんなそれぞれよく自主練しているもんね♪(*^_^*)

最後まで丁寧に音取りをした後、曲に肉付け、つまり表現をしていきます。

●本日のポイント●
①声の使い分けでシーンの歌い分け
②顔やしぐさでも表現
③英語の発音

最初のユニゾン部分、感情を込めて吐息で歌う。
「吐息でネット」…
ワカモノのりーさんは分からなくって頭の上を「???」が飛びまくっていたけど、
ふぢさん…思わず目が合う。年がばれますなぁ(;^_^A

この曲はいろんな人に歌われている。自分の個性を、自分の歌い方を出すことで、このグループならではの「Seasons Of Love」が出来ていく。自分なりに感じたことを前に表現していくことが大事とのこと。

師匠の松田聖子の歌真似に大ウケのメンバー。まさか「赤いスイトピー」のカラオケ指導を聞けるとは!

スキャット部分の抑揚、波のつけ方は前に指導を受けたときのことを覚えていたけど、裏拍リズム意識の「ターン・ツターン・ツターン」をしっかり歌うのはすっかり忘れていたφ(.. ) メモメモ

「measure」の発音、曲の前半部分のは意識できているけど、「measure in love」のところは音程に意識が行き過ぎていて、録音聴いてみたら見事にカタカナ発音になっていた。やっぱり冷静に聞いている人に指摘してもらうのは大事だわ~。ありがたや~。

「自分の歌声に酔えるって大事。自分の歌、最高やなぁ~、気持ちええなぁ~って思うのは人に伝わる」という師匠の言葉に、
ちー&りー&ふぢさん…なんでsuwanを見るの?(-.-;)

90分あると、一日でかなり上達するのが分かる。最初に通したのと最後に通したので、本当にびっくりするくらい全然違うよ。
やっぱり、わたしらうまいわぁ・・・(*^_^*)ヾ(- -;)コレッ

思い出したから

昨日のGospel Awardの講評を思い出したから、忘れる前に書きとめておこう!

確か審査委員長が言っていたと思うんだけど、ゴスペルを歌うときに、この言葉は問いかけなのか、語りなのか、意味がわかって歌い、アレンジしていますか?というような内容をお話されていました。
この言葉にsuwanはハッ( ̄□ ̄;)!! と思ったんでした。
(その割にさっきまで忘れていたが…(-.-;))

日本語の曲だと歌いながらも意味を分かって表現することができる。
「悲しいことがあると開く皮の表紙」という歌詞を明るい満面の笑みで歌う人は少ないでしょう。この曲をアップテンポのディスコナンバーにアレンジする人も少ないでしょう。

でも、英語になると、しかもカタカナで言葉遊びのように歌っているとき、その意味をわかって歌っているかは怪しい。

英語らしく歌おうとして、耳から聞こえる発音を真似することは非常に大事。
でも、次のステップとして、その歌詞の意味を調べておかないと、意味のない言語を発音しているだけになってしまう。その言葉の雰囲気を大事にしつつ、発音は英語っぽく歌う。この2つのステップを経てようやく、美しい発音に意味が込められ、思いのつまった表現になる。

えっと、suwanが意味わからず言葉だけ歌っているっていえば…(;^_^A

イッシマ イフィウ ネヴァ シーズ トゥ レイン!
it seems as if it would never cease to rain
「まるで雨が決してやまないかのように見える。しかし、あなたには、すべてを変えるパワーがある」
そっか!だから「But」以降は目がさめたようにシーンを変えるんだ!これでシーンを変えて違う表情で歌えるぞ!

って、何度も歌っておいて、いまごろ気付くのは遅い?(;^_^A
だって~、本当に英語苦手だったんだも~ん。頭よくない分、調べてわかった時の感動が大きいからいいのだ!<開き直り

今年は忙しさにかまけて、練習曲6曲の勉強が明らかにできていない。せっかく歌う機会に恵まれた曲はしっかり歌えるようになりたい。今週は久しぶりに土日とも予定があいているから、ちょいと勉強に時間とってみようかな(^ー^*)えへ



それと、もう1コあった!
審査委員長は、演奏後の講評コメントから、英語の発音、語尾について厳しくチェックされているのが分かりました。

そこでsuwanも演奏グループの英語の発音を一生懸命に聞いていて、それで思ったんだけど、日本語のカタカナ、母音で言えば「アイウエオ」、子音でいうと「カサタナハマヤラワガザダバパ」で発音されない言葉の表現のコツがわかれば、それだけで英語っぽくなるんだよね。

よく師匠がJesusをジーザスではなくってジーズスに近くっていうけど、これもカタカナの「ズ」ではない。発音記号を調べたときに、小文字の「e」をひっくり返した発音記号、これがやっかいだね~!
この発音記号、suwanの好きな発音練習サイト英語・音の素では、日本語の「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」の中間の音を短くしたような音で、口を少しだけ開け、舌の力を完全に抜いて発音と書いている。(-.-;)むずかちぃ…

昔、キリヨシで「He Loves Me」の練習をしているときに、「broken」の「ken」は「クン」か「ケン」か「キン」かという話をしたことを思い出した。何度聞いても聞き取れなかったんだけど、どれもまちがってはいないんだ。なんせすべての中間の発音だから(笑)

それとsuwanも大好きな「We will rock you」、「we」と「will」の発音は同じ「ウィ」ではないって知ってました?発音記号調べてみて~

話がそれた(;^_^A
つまり、「ジーズス」は【Jizus】よりもむしろ【Jizs】に近いんだろう。

<今日のまとめ>
①カタカナではない英語、カタカナでは表現できない英語をマスターし、
②言葉の意味をわかって歌う。

って、これだけのことを言うのに、1時間以上もかかってしまった(;^_^A

GOSPEL AWARDS 2006

今年もGOSPEL AWARDS 2006を見に、森ノ宮ピロティホールまで行ってきました!
今年はちゃんと最初から見ようと開場20分ほど前に行ったのですが、それでもホールの前は長蛇の列!うっはーっと思っていたら「suwan!」と声がかかる。番長が列のかなり前の方に並んでいて、そこにしれ~っと混ぜてもらっちゃいました(^ー^*)えへ
しばらくするとみほりんさんも合流。
今日は久しぶりに土7の番長・裏番・影番がそろいました(笑)

まず全員で「I Need You To Survive」を演奏。う~ん、じわじわと染み入るいい曲だ~。誰の曲かな。

さて、このGOSPEL AWARDSはフレッシャー部門とエキスパート部門に分かれて、それぞれ賞があります。
フレッシャー部門1組目はなんと仙台からはるばる出場されていました!すごい!

2組目に今日のお目当ての1つ、土6クラスメンバーを中心としたLOOP。いつも白衣装ですが、めずらしく黒衣装でした。くぼっちゃん指揮によるアカペラ曲「Standing In Front Of You」とアカペラアレンジから始まった「Shake The Foundation」。素直さと熱意伝わる演奏でした。ちょんさんもとんちゃんもひたむきに一生懸命歌っていました(^-^)
アカペラ曲って全員のリズムとハーモニーを1つにしなくてはいけない。くぼっちゃんの指揮にあわせて全員が声を合わせよう、あわせようとしているのが良かったと思います。むしろ、バンドの入った「Shake~」の方が集中力がやや解けたのか、音が崩れがちだった。「Shake~」のように音の動きが少ない曲は和音の動きがよくわかるから、音程をひとつひとつビシッと決めていくといいね。

6組目神戸のクワイアVox-Toy-Boxというところの演奏はsuwan好みの演奏。始めの部分の歌詞を日本語で伝えまずひきつけた「Seasons Of Love」、リードめちゃかっこよかったぁ。「Jesus,Oh,What A Wonderful Child」も知っている曲で楽しめた上に、英語の発音も声も良かった。ここは賞をとるなと思いました。

8組目は木8クラスメンバーを中心としたSound Of Soul。曲は「My Life,My Love,My All」。出だし、いきなりおっきかったかな。もったいない~。声をユニゾンから3パートに分かれるときに、ソプラノのピッチがちょっとだけ下がっていたのが残念。この最初の和音は重要やね。
バラード曲でもやっぱりダンシング・ナッツは健在!ほとばしるエネルギーにひきつけられました(^-^)

休憩を挟んでフレッシャー部門後半の9組。どのクループもそれぞれ特徴があり、工夫を凝らしている。
去年は「My Life,My Love,My,All」を歌ったところが多かったけど、今年は「Joy」「Seasons of Love」を歌うところが多かった。ベスト・ソリスト賞を狙っての選曲かな(;^_^A
ちなみにsuwan審査員は「Joy」を聞く時に最初の「joy」と「beautiful」の発音でそのグループの英語力を聞きわけます(^ー^*)えへ

昨年のベストソリスト賞の新井さんは今年はちびっこクワイアの先生として登場!ちびっこたち、みんな英語の発音の素晴らしいこと!「He Reigns」の「now!」のあまりのかわいさに、ホントまいりました(*^_^*)

エキスパート部門1組目「12」はバレエをまじえたパフォーマンスでフレッシャーとの差を見せ付けます。リーダーらしき女性の歌う表情と体の動きはまさに宝塚!

エキスパート5組目CLAP ONのリード・ヴォーカルはマンティスのあの男性でした!歌と表現に自信ありというのがビンビン伝わってきました。いやぁ、みせつけますねぇ~。きかせますねぇ~(ニヤリ)

そして6組目は待ってました!大西クラスによる「Voice Of West」。昨年のフレッシャー部門最優秀チームです!曲は「Hello Sunshine」と「This Little Light Of Mine」。Mさんとジョッシュさんのツイン・リード・ヴォーカルの素晴らしいこと!英語の発音といい、表現といい、もうため息でるくらい美しい。もっさんの「hello!」も超かっこよかった(≧∇≦)きゃ~♪naminamiさん、相変わらずめっちゃいい顔してうたってはりますo(^-^)o
「Hello Sunshine」は5月のライブと比べて格段にうまくなっていると思いました。

ただ、本当にもったいなかったのが、マイクの距離。
大人数で歌うから、リードの二人がハンドマイク使い、パートの基本になる人がひとりずつマイクを持ち、後は二人で1本マイクを使うという作戦は良かったんだけど、譲り合い精神が悪いほうに出て、明らかにマイクから口が離れていた。歌う前、ステージにみんなが立った瞬間から「あっ!」って思ってみていたんだけど、マイクとの距離によって、欲しい音量が即聞こえてこなくって0.5秒後くらいに伝わるのが本当に本当に惜しかった。せっかくの人数と歌声が…(T_T)次のグループの方が人数少ないのに声が聞こえていたくらい。

審査員の亀渕友香さんが「可憐」「やまとなでしこ」と評していたけど、まさにその通りでした。小さくまとまることで終わらず、次のステップに進むためにもうひとアレンジ必要とのこと。

それにしても、このコンテストの客席にはゴスペルやっている人が多いから、自然と客席から手拍子が鳴るし、いい演奏には歓声があがる。ゴスペルという共通の音楽を通じて1つになっているという、通常のライブとはまた違う盛り上がりがありました(^-^)



エキスパート部門9組終了後、去年のエキスパート最優秀賞受賞のBlessing Church Intによるゲストステージ。なんというか、格の違いを見せ付けられた感じ。うは~、参りました!これはプロのレベルだよ。

そして、いよいよ表彰式!
自分がステージ出ていなくても一緒に緊張してドキドキしてしまうのはなぜだろう(笑)
審査員特別賞がちびっこたちの2グループに贈られ、ムードメーカー賞、ベスト・ドレッサー賞、優秀賞が続く。(メモしてないので覚えていない…汗)

そして、ベスト・ソリスト賞は…
CLAP ONの山口氏!つまり、マンティスの男性でした!ひゅ~ひゅ~♪

どっきどきの最優秀賞は!
フレッシャー部門は予想通りVox-Toy-Box、エキスパート部門は12でした。

それにしても、亀渕友香さんの講評のコメント力は本当にすばらしかった。ただ「よかった」というのではなくって、具体的に「ここのこういう点がよかった」と具体的に褒め、そして褒めるだけでなく次につなげるための課題を必ず1つ伝える。他の審査員の方は褒めるだけで終わっていたんだけど、それではその場は嬉しくっても次へのステップにならない。もちろん、キツイことをいうだけの批評家はもっとダメだけど、そのグループを良くするためにちゃんと聞いてあげようとする熱意を亀淵さんから感じて感銘をうけた。

たくさん素晴らしいアドバイスがあったんだけど、「ゴスペルって、黒人の方が歌っててかっこいいでしょ。だからみなさんかっこよく歌おうとするんだけどそんなことは大事じゃないの。ゴスペルは素直にまっすぐ歌うものなんです」という言葉に非常に刺激を受けましたφ(.. ) メモメモ

そして、エキスパート部門の方には「さらにもっと声を出そうと思ったら腹筋だけでなく、背中を使って声をだしなさい」とアドバイスされていました。歌うときにどんどん体が前に傾くのを見てのアドバイスでした。ちなみに普通のグループよりも十分声がでているグループです。その人たちに更なるステップアップのアドバイスができるというのがまたすごい!
ちなみにsuwanが学生時代にコーラスで歌うときに、腹筋だけでなく背筋も鍛えられました。あれもちゃんと意味があったのね~(しみじみ)

最初から最後まで一生懸命に聞いていたから、こちらも疲れちゃったけど、今日もいろいろ見て聞いて勉強になった。
今日の出演者の皆様、本当にお疲れさまでした!

「My life,My Love,My All」音取り開始!

なんばへ向かう電車の中でハッと気付く。福岡みやげもってくるの忘れたぁぁぁ(T_T)
次回suwanは社内行事参加(つか社員旅行の幹事)のため、レッスンお休みだし…せっかく買ったのに(ノ_・、)シクシク
さすがに「博多通りもん」18個を一人では食べきれないし(>_<)

会社へのお土産は別に買って既にもっていったけど、連休明けにまた持って行こう…あ~あ(;^_^A
土7のみんなへは次回のレッスンの時に社員旅行の土産を持っていくから、今回はみのがしてもらお~



さて、レッスンは「Hello sunshine」の復習から。
う~ん、今日のsuwan、疲れがたまっているせいか、声の調子イマイチ(>_<)
高音でないし、音はずしまくりだし。むぅ(-.-;)

the rebirth of kirk franklinさて、今日は前々からめっちゃ楽しみにしていた「My Life,My Love,My All」の音取り!

カーク・フランクリンの「the rebirth of kirk franklin」の中に入っているバラードで、2年前からいつか歌ってみたいと思っていた曲です!

今日のレッスンお休みした方のために、suwanからのアドバイス!
この曲は長い曲で、しかも行きつ戻りつするため、楽譜を見やすいようにしておくといいよ。
まずは楽譜に1~10までページ番号を打とう。

そうそう、楽譜にコーダが抜けているところがあります。
5ページ3段目2小節目の頭にコーダというOと+を合体させたような記号を追加します。(クラスでは亀だのゴキブリだのと呼ばれてましたが…(>_<)。)
あと、歌詞が抜けているところが4ページ2段目1小節目のソプラノ&アルトは「my love」

◆曲の順番◆
①1ページからはじまり4ページの1段目の1カッコ(Your Touch)まできたら…
②3ページ(Your Kiss)へ戻り、3ページ一番下(My Life)まできたら…
③4ページ2段目の2カッコ(my love)へ。

今日はここまで音取りしたけど、予習のために続きを書いとこ。



④③から7ページ一番下(My past)まできたら…
⑤5ページ頭(my past)へ戻り、5ページ3段目1小節目(me new)まできたら…
⑥8ページ頭(oh Lamb)へ進み、8ページを3回歌ったら…
⑦9ページへ進み、9ページを2回歌い、10ページで終了。

なお、suwanは歌っているときに迷わないように、楽譜にいろいろ書いてます。
◆4ページ1段目1カッコの最後に「前の3ページへ」
◆5ページ3段目2小節目あたまのコーダの記号となりに「8ページへ」
◆7ページ一番下には「5ページへ」
という具合。そして、行き先がわかるようにコーダやセーニョやダルセーニョの記号にぐるぐるおっきな○を書いておいて、みつけやすくする。これで歌っていても迷い子になりにくくなります。楽譜が苦手なかた、お試しあれ(^-^)

ついでに言うと、5ページ一番下の歌詞抜けは
「I sur-ren - - - der - to you - - - my life」

●本日の指導ポイント●
①最初のところは息たっぷりまぜて優しく歌う
②「surrender」で「r」は舌をつけずに発音
③「my life」部分は目を閉じてニュアンス伝えて歌うように
④3ページ一番下の段2小節目「out」は息をたっぷりいれるが故に「hout」に近くなる

ウィスパー・ヴォイスで息をガンガン送って歌っていたら酸欠で頭がくらっくらしたよ(;^_^A
個人的には英語の語尾の処理とリエゾン注意しながら歌いました。

「Hello Sunshine」では強く固めの声で褐色のイメージを意識して出しているけど、「My life,My Love,My All」の前半部分では白や薄いピンクのベールがかったようなイメージで柔らかい声を意識する。

英語の発音と意味調べはまた後日しよーっと。

魅せ方も研究したい

最初はワークショップのみの参加にしようと思っていたFeel The Gospel。4回のワークショップとライブによってすっかり仲良くなったメンバー。結局9人が残りました(*^_^*)
月に2回月曜は19時に仕事終えるよう、それ以外の平日の仕事がんばりまっす。

いつも難波まで1時間かけていることを思うとやっぱり近いって楽~。会社から15分で行けるし、帰りもおんなじ15分で部屋に着く。
ワークショップは1回60分だったけど、今日のレッスンから90分。いつも60分では物足りないsuwanにとって、これは嬉しい!19時30分から21時まで練習して、部屋に戻っても普段会社から帰る時間よりも早い♪いいことづくしっo(^-^)o

まずは8月27日のライブのDVDをみんなでみる。
・・・やっぱりうまいわぁ!(。-_-。)ポッ♪自画自賛するメンバー(笑)
MDで聞くのと映像で見るのは印象がまた違いましたが、楽しんで歌っている様子が外に現れていて良かったと思います。

さて、今日からメンバーのリクエストで「Seasons Of Love」を練習することになりました。

まずは英語の発音から。
基礎の基礎から「Seasons of Love」の歌詞を見直すというのもいいものです。おそらく1年前に同じ指導を受けているはずなのに、改めて「five hundred twenty-five thousand six hundred minutes」の英語の発音に向き合うことができました。
曲に慣れたことで、頭の中にある「カタカナ英語」に近くなっていたなあと気付いたんです。うはぁ、気付いてよかった(T_T)もっと英語っぽく歌おう。

先に進んでは初心に帰り、再び基礎を固めて、さらに先に前進する。
スパイラル方式で確実に技術を身につけつつ上昇していきたいものです。

発音確認できたら、カラオケと師匠の歌を頼りに音を取っていきます。
音が取れているザ・ハシモトメンバーがそれぞれ3パートに分かれているので、4人でしっかり歌うことで、初めてのメンバーが少しでも歌えるようにカバーしていきます。

土7やゴスペル三昧の練習は完全に「生徒」として臨んでいるのですが、フィールでは、ちょうど今までの3曲が既に習った曲だったこともあり、ザ・ハシモトの4人がちょっとした先輩として他のメンバーを歌で引っ張っている。先生にただ頼るだけではなく、メンバーで支えあい、助け合う。この感じがsuwanにとって、フィールの練習の一味違った楽しいポイントかもしれません(^-^)

昨日Aquaでステージ終えたばかりのにごうさん、ちょんさん、とんちゃん、昨日の今日だったので、顔にやや疲れが残っていたのですが、歌いだすといつものペースに戻っています(^-^)
りーさん、今日のレッスンまでに「RENT」のCD聞いて、予習をしっかりしてきたようで、自信をもって嬉しそうに歌っているのを見るとこちらまで嬉しく楽しい。
アッキー&マサコさんはsuwanの手の動き(音の動き)に合わせて首が動く(笑)。それが面白くって何度も手を動かして遊んでみたりして(*^_^*)ヾ(- -;)コレコレ
ふぢさんは師匠に「予習してきたん?」といわれるくらいの吸収の早さ。
師匠はちーさんの名前覚えていることをささやかにアピール(^m^)

さて、次までにチーム名を決めたいものです。
メンバーのイメージどおりの可愛い名前になりそうかな♪(^ー^*)えへ

Touch The Gospel

梅田のジャズダイニングレストラン・アズールにて「Touch The Gospel」というライブがありました。師匠とかかわりのある3つのゴスペル・グループによる競演です。
今日はsuwanは裏方として声をかけてもらっていました。

4時に会場に着くとちょうど開場したところ。今日の仕事が何かを知らなかったsuwan、リハーサルから会場入りさせてもらうべきだったと後悔しても後の祭り…(T_T)

仕事内容とはPA。
PAとはPublic Addressの略で公衆伝達というのが語源ですが、つまり音響のことです。
といっても、ド素人のsuwanがいきなり大層なことはできません(;^_^A
3つのグループの入場曲、カラオケ、退場後の音楽のCD、MDなどが用意されていて、指定されたとおりに流します。

リハに出ていなかったので、機器の使い方、曲を切るタイミングなどなど、ぶっつけ本番…土6のNanaoさんと二人でドキドキしながらブースに立ちます。
普段師匠がライブをしているときに、段取りやタイミング含めかなりの神経使っているのを知っている。ちょっとのミスも出演者の歌とテンションに影響を与えることを思うと身が引き締まる思いでした(-.-;)はふぅ~
2回もミスったけど(T_T)、suwanは転んでもタダでは起きないタイプ。この失敗経験は今後何かの時に生かします。はい。

さて、最初のステージはAqua!土6クラスやフィールでおなじみのにごうさん、ちょんさん、とんちゃんなど女性5人のグループです。
白や水色をベースとした衣装で、イメージ通り爽やかな歌声を聞かせてくれました。
まずはカート・カーの「In The Sanctuary」で場を盛り上げます!

suwanたちのいるブースはステージのちょうど真横にあるので、ステージの様子は横からしか見えなかったけど、チャーリーさんが撮影しているビデオでステージの様子を見ることができました。ちなみに、真横からみると、歌い手とマイクの位置がよくわかる。師匠からマイクの位置について、コメントをいただきながら聞きました。確かにちょっと離れてしまうと音が入りづらくなりますφ(.. ) メモメモ

「Melodies From Heaven」「Free」「My Life Is In Your Hands」とカーク・フランクリンの曲が3曲続く。Aquaならではのアレンジが効いていました(^-^)
ラストはカート・カーの大曲「For Every Mountain」。5人で、実際にはtomoさんがピアノだったので、4人でこの曲を歌うとはびっくりです。ちょんさんがあの大変なリードをしっかりと歌いきってはりました(^0^)/そして、あの間の緊張感。やりよったなぁ(ニヤリ)
以前に一度「Free」と「For Every Mountain」の練習しているのを聞いたことがあるのですが、その時と比べても本番良くなっていましたo(^-^)o



2組目はグラスホッパーのメンバーによって結成された男性1名女性3名によるマンティス。
グラスホッパーがバッタという意味なら、マンティスはカマキリらしい。なぜ、バッタやカマキリ?

歌のレベルも非常に高いのですが、見せ方、ステージの盛り上げ方をよく分かってはると思いました。例をあげると、今日のようなライブでは、出演者の家族知人友人が来ているので、誰もがゴスペルの曲に詳しいとは限らない。それでもお客さんも含めて盛り上げようとするとき、歌を始める前に、ちょっとだけレクチャーして、どう歌に参加し盛り上げたらいいのか伝えたうえで歌に入ると、お客さんもまごつかずに歌に参加することができる。なるほどね~φ(.. ) メモメモ

師匠の昔の教え子というテナーの女性の歌と声がめっちゃsuwan好み♪無駄な力が入らずに、でもしっかり前へ前へと主張していて、かっこよかったぁ(*^_^*)男性の歌も良かった。



そしていよいよ最後、3組目がキリヨシ!
suwanがキリヨシを離れてから2ヶ月ちょい。その間、3人でモーレツに練習しているだろうと思っていたけど、5曲の演奏、アレンジ聞いていたら、予想をはるかにしのぐ、ものっすごい努力の跡があちこちに見えて涙が出そうになりました。本当に本当によくがんばったんでしょうね。

コーチを中心として、番長とみほりんさんがしっかりついていっている。途中崩れそうになっても3人で支えあってひたむきに熱唱する姿は感動を生むものでした。「He Loves Me」も「You Are」も4人4パートだったのを3人3パートに修正して、3人の新生キリヨシバージョンになってました。モー娘脱退した後に、別のメンバーが自分のパートを歌うのをみる、嬉しいような淋しいようなという気分がちょっとわかりました。

「Bridge Over Troubled Water」「飛び方を忘れた小さな鳥」「Let Our God Arise」の3曲も3人が頻繁に集まってものすごい時間と手間をかけて作り上げたのがわかるアレンジ内容でした。コーチの音楽室であーだこーだ言いながら、音やハーモニーや動きやステージ構成を作っていったんだろうなぁと思い浮かべる。もしもsuwanがいたら、このステージのこのレベルの出来にはなっていなかったと思いました。足手まといにならなくてよかったんだと自分に言い聞かせる。

今のsuwanの状況ではあまり練習時間と負担をかけずに楽しむ程度の歌しかできない。どんどん先を進んでいくキリヨシの3人を見ると、脱落者としてちょっぴり辛いものがあるけど、今はどうしようもない。

ピアノ、ギター、ドラムの生バンドの演奏で、キリヨシの歌がさらに美しく豪華なものになっていました。3人が全力を出し切ったのが会場全員にもよく伝わっていたと思います。

3つのグループの皆様、本当にお疲れ様でした。感動的な素晴らしいステージをありがとうございました。

MI3は面白いらしい

ちょいと早めに練習室についたsuwan。MDを聞きながら「My life, My Love, My All」を気分よく歌っていたら、IさんとHさんが来ていることに気付かずずっと歌っていて恥ずかしい思いをしてしまった(-.-;)

本日のレッスンは参加者8名。suwanが入った頃は8名いたら今日は多いと思っていたのに、今ではめっちゃ少ないと感じる。2年間でずいぶん変わったものです。

「Shake The Foundation」を通した後、メイシオ・ウッズの「Hello Sunshine」の音取り。
hello sunshine
●本日の指導ポイント●
①アルトの「Hello」(helou)の入り、早実野球部の掛け声のように(笑)なんせ曲の一番最初の入りになるから、印象深い歌が歌いたいものです。ここは三昧の時のユカリ先生の声と歌い方を思い出しつつ、ちょっとマネして歌ってみました。学ぶことは、まねる(まねぶ)ことから始まるのです(^ー^*)えへ
②「sunshine」の音、楽譜変更。ちなみに後の「bright sunshine」も同様
   ソプラノ:シーラー
   アルト:ソーファー(つまりソプラノの音程)
   テナー:ミーレー(つまりアルトの音程)
③「It's mighty~」はソプラノのみ歌う。
④「It seems as if it would never cease to rain」は
   イ シ マ イフィウ ネヴァ シーズトゥレイン
⑤【D】の「but now I see」の音程はとりあえず楽譜通り。ただし、力関係上、変更の可能性あり(笑)「舎弟」とのこと(;^_^A

録音聴くとsuwanがあちこちでちょっと走っている。ためるところとリズムを意識してしっかりと歌おう。

8人中4人がゴスペル三昧で音取り済んでいるので、かなり早いペースで進んでいきました。残りの4人はついてこれたかなぁ。周りのメンバーの音取り手助けするためにできるだけ気合い入れて歌うよう心がけました。
この曲はひたすらアルトが活躍する曲。シェイク~もハロー・サンシャインといい、今日はおっきな声でたくさんうたったなぁ。心地よい疲れです(^-^)

1月に土7メンバーもライブをしようということで、参考までに先日の「Soul For Real」のライブのDVDをみんなで視聴しました!この前のブログで表情いいと書いた方、ツバサではなくて響の方だったんだー(;^_^A書き直しとこ~

師匠とハート&ソウルの「My Life,My Love,My All」の映像も見せていただきました!2階席からではよく見えなかった細かい表情も見ることができました。やっぱりうまいわぁ・・・声もハーモニーの作り方も表現も学ぶことたくさんあります。うれしいことにレッスンの録音MDにしっかり歌が入っている!今日の録音は保存版ね♪(^ー^*)えへ

これまで人数増え続けてきた土7ですが、残念ながらプミラさんが8月で退会(T_T)これでまたテナーが減ってしまった…
今日来ていたメンバーには相談したんだけど、とりあえずあと1曲の課題曲「My Life, My Love,My All」まではアルトで音取りさせていただいて、クラス曲になったらsuwanは今年もテナーに行こうと思います。
あ…1月のライブに出るときもテナーに行ったほうがいいのかな。

ちなみに1月は県外出張(研修)がすでに3日間入っている。ライブの日がこの日以外になることを祈っています( ̄人 ̄)~~~★

Soul For Real

師匠の教え子たちのクワイア3つによるライブに、フィール・ザ・ゴスペルのちーさん、りーさん、ふぢさん、suwanの神戸っ娘4人が神戸より参戦!
師匠が「ライブ会場で歌う経験」をしたほうがいいということで、3つのクワイアの合同演奏「Oh,Happy Day」に4人もこっそり(笑)まじって歌わせていただくことになったんです♪

7時になんばのライブハウス、フラミンゴ・ジ・アルーシャへ集合。神戸から向かうには6時には会社を出ないといけない。いろんな人に頭さげて、今週残り4日間頑張るからということで、上司がまだ仕事する中、こそこそと脱出成功(;^_^A
他の3人もなんとかライブスタートの7時半に間に合いました(^0^)/

フラミンゴには何度も来ているけど、2階席は初めて。つか、出演者用立見席でしたが。やっぱりライブを見るには1階席が良い!

はっちゃんのソロ演奏によりライブスタート!「Jesus Loves Me」ってどこかで聞いたことあると思ったら、ホイットニー・ヒューストンが映画「ボディガード」で歌っている曲ですよね!うわ~~~なつかしい!

さて、Sounds of Fellow、響、ツバサの3つのクワイヤ、どこもライブハウスでの演奏は初めてということで、初々しさと緊張感が伝わってきました。どのクワイアにも発音や歌いまわしに師匠の指導の跡が見えました(^-^)「ジーズス」とか「My Life Is In Your Hands」でのウィスパーとか。

知っている曲ばかりだったので、一緒にクラップ&歌い踊りながら楽しみました。最初のハイハットや和音で「あ、Seasons of Loveだ」「これはPeople Get Readyだ」「おっStompだ!」とイントロクイズに答えられるくらいのなじみっぷり(笑)
それにしても「This Little Light Of Mine」のリード・ヴォーカル、かっこよかった~♪
間の取り方とラストの歌いまわし、レド~ドソシ♭~φ(.. ) メモメモ

ライブ始まる前に隣にいてちょっとだけ話をした女性、ステージ中央でめっちゃ表情よく歌ってはってひきつけられました、あ~いうふうに見ている人に癒しと幸せを与えるような歌を歌いたいなぁ(^-^)
最初ツバサの女性って書いてたけど、白い衣装だったから響の方かな(;^_^A

他の人が歌っている姿、様子を見るのは本当に勉強になる。特にsuwanのように、見て聞いて技術を盗み勝手に学ぶタイプにとって(笑)、ライブも学びの場。今日もいろいろ刺激を受けました。

そして、一番のお楽しみ!寺尾仁志 with Heart & Soul(≧∇≦)きゃ~♪
ああ、もんちさん、今宵も女神様のように神々しく、
hideki氏は相変わらずちょいワルで、
akkoさんのチャーミングな笑顔にいやされる。
そして、suwanの憧れの憧れの憧れのKOZさん・・・
歌も声も動きも姿も笑顔も、なにもかもが素敵で、目が離せない~(*^_^*)

曲順は違うかもしれないけど「Seeds Of Love」「In the Sanctuary」「君がそばにいるから2」「Melodies From Heaven」「パートナーズ」「My Life,My Love,My All」「Don't Stop」
やっぱりこの5人での歌は何度聞いてもすごいっっ!力強い曲も柔らかい曲も明るい曲も切ない曲も、フレーズや曲のシーンごとに変わる空気にドラマを感じます。

ラストは出演者全員&こっそりまぎれこんだsuwanら4人による「Oh,Happy Day」!
すぐうしろにバンド、前には3つのクワイアの方々に囲まれて歌う中で、今までと全然違う感覚を味わいました。

自分の声が全然聞こえない。音があっているのか、外れているのかすら分からない状態でテンションのみ高い(笑)これは音痴の元だ(;^_^A

1階席はステージのライトが明るいからお客さんの顔が見えるけど、さっきまでいた2階席、まっくらで全然人の顔が見えない。うわ~、あれだけ2階席で奇声あげて盛り上がって歌っていたのに、ステージからは全然見えないのかぁ。やっぱりライブではいい場所を取らないといけないなぁ。
フラミンゴはステージから客席がめちゃくちゃ近い。後ろの方にいても、すぐそこに客席がある。だからこそ、ステージと客席との一体感がでるんだろうね(*^_^*)

今日は緊張しなかったこともあり、周りを見ながら歌う余裕があった。師匠の後ろで、そして憧れのハート&ソウルと同じステージで歌っているという喜びをかみ締めながら歌いました。1曲はあっという間でしたが、本当に楽しい最高の時間でした。

帰りの電車のこともあるので、ご挨拶もせず、バタバタと走り去る4人。駅までひたすら走る。大阪駅でも走る走る。運動不足で横腹が痛む。あう~

今日も本当に楽しく貴重な経験をさせていただきました。
師匠、いつも本当に感謝しています(^ー^*)えへ
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。