スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Feel The Gospel ワークショップ2

3週間、間があいたFeel The Gospelのワークショップ。
ネット上のお友達、ちーさん&りーさんが今日で分かるかしら。ドッキドキの第2回目です(*^_^*)

張り切っていくと、今日は会場一番乗り!
師匠がマクドをほおばっていたところなんて、見ていませんことよ。
シールに名前(ニックネーム)を書いて服に貼ります。ちーさん&りーさんに分かってもらえるように「スワン」と書きます(;^_^A

始まるまで、プロジェクタに映されたゴスペルDVDを視聴。もんのすごい迫力!あ~ん、もっと見たかったぁぁぁ。

「Oh,Happy Day」を最後まで音取り完了!
人数以上に声が出ている気がする(^0^)~~~♪
なんせお店がお風呂場のように声が響くから、気持ちいいのなんのって!ちょっと出しすぎた(;^_^A

今日も師匠のソプラノ炸裂!
いったいどこからあんな声を出しているんだと生徒達、アメリカ人のような動作で肩をすくめ、顔を見合わせます(;^_^A

終わってから、べっぴんさん二人に近づくsuwan。
名前から想像したとおり、ちーさん&りーさんでした\(^0^)/
早速メルアド交換して、メールを送りあいっこ(^ー^*)えへ
これでまたゴスペルの輪が広がりました♪

お二人に声量を褒められました(*^_^*)
師匠のレッスンうけてれば、1年でおっきい声がでるようになるよと言っておきました。(ああ、生徒の鑑やねぇ。)腹式呼吸で息が流せるようにさえなれば、体型に関係なくおっきな声はでるもんね。

次のワークショップまでまた2週間あくよ~(T_T)
待ち遠しいっっ!
スポンサーサイト

師匠のライブ!vol.11♪

2ヶ月に1度の師匠のライブ、今回で11回目となりました。
席取り部隊として、17時40分ごろ会場に行ったのですが、既に4名並んでました。いや~、皆様、本当に恐れ入ります。

いつもsuwanは会社から大急ぎで出てきても開演ギリギリ到着なのですが、今日はゆっくり食事をした上でライブを楽しむことができました。

さて、この寺尾's Radio Workshop(以下RWS)では、師匠のサポートはカホン安倍氏&ギター野口氏のハンサムガイズがされるのですが、今日はギター野口氏がお休みで、代わりに藤野氏でした。なんと藤野氏は秋にご結婚されるということ!
おめでとうございます~~~~~~~~~o(^-^)o
チャーリー氏といい、藤野氏といい、幸せな話題が多いのはいいことです♪
というわけで、既婚者の安倍氏と藤野氏のユニットは「ザ・メリー」とのこと(笑)

師匠登場し、スクリーンの海の映像をバックに白シャツに白のパンツで爽やかに「波音」を歌います。続いて夏の終わりを思わせるちょっとだけメランコリーな「もう一度」。この曲のギターの音色と師匠の歌声がマッチするとなんともせつなくってまいっちゃいます。
そして今日のテーマの山下達郎カバー1曲目は「LOVELAND,ISLAND」。夏だ~!安倍氏の手の動きをみながら、リズムまねして手と足を動かしながら聞きました(^-^)

1部のゲストは歌手の今滝真理子さん。
小田和正氏のバックコーラスをされていて、映像で「ラブストーリーは突然に」のバックコーラスしているところが紹介されていました。
今日歌ったのは「海まで」と「アンタイトル・ソング」の2曲。
外見もきれい&チャーミングな方で、声は透明感あって柔らかさがあって高音の美しいこと!癒し系の好きなタイプの声。爽やかな中に時々ドキッとするような色気を感じました。
トークは、終始親バカトークでしたが、それがまたほほえましくって癒されました(^-^)

師匠とのデュオはキャロル・キングの「You've Got A Friend」
師匠のレパートリーの曲でもあるので、いつものゲストとのデュオよりもリラックスして歌ってはるようにみえました。でも、二人の間にまだ微妙な距離があったように思います。シャイなお二人は見つめ合って歌うまでにはならなかったようです(;^_^A

今滝さん退席後、1部ラストは「君がそばにいるから2」。ハンサムガイズ・バージョンとはまた違うザ・メリー・バージョン。同じ歌でも師匠の歌はパートナーが変わると変わります。ライブはやっぱり生物ですね。



第2部は上を黒のカットソーに着替えて「ここにおいでよ」からスタート。
ザ・メリー・バージョンはややテンポ早めでどんどんせまってくる。ラストのアドリブ部分「come here now」の入りにリズムの溜めを感じます。最後は師匠お得意のロングトーン熱唱!本当は途中で拍手&歓声入れたいけど、集中力切れたら怖いからついつい見守ってしまいます(;^_^A

2曲目は新曲かな?曲名聞くの忘れた~(>_<)アップテンポでギターとカホンのリズムが心地よい。

2部のゲストは大阪プロレスより、六甲おろしの音楽にのってタイガースマスク氏登場!
「でも一人ぢゃいやっ」と期待の星の小峠氏もごいっしょに(笑)
お二人で「歩いているときに後ろからひったくりにあった時のどんなお子様でもできる護身術」を実演。
ぐるぐるまわる見事な技でおお~っ!と歓声が上がる。って誰もまねできんっちゅーの(;^_^A

トークの最後に、せまいステージ上でお得意のドロップキックを披露!力をめちゃくちゃ加減していても、その迫力に客席から悲鳴があがります。いや~、やっぱり目の前で見る技はすごいですわ。

大阪プロレスのお二人が退席後、師匠のライブステージとなります。タイガースマスクのリクエストにより、山下達郎の「おやすみロージー」。suwanは元歌を知りませんが、すっかり師匠の曲になっていたと思います。

そしてヨットレースのテーマソング候補の新曲「City Of Sails」
以前聞いた「Into The Heaven」は昼間に風を切ってグングン走るヨットを思わせるアップテンポな曲でしたが、この「City Of Sails」は夜に星空を眺めながらゆったりと進んでいるようなしっとりとしたバラード。
「君の前では勝者でいたい」という歌詞が印象的でした。

山下達郎カバー3曲目は「Get Back In Love」
ライブ最後に近づくにつれて師匠の歌は熱を帯びてきます。
ラストはマイクをおいて「君の歌を」の熱唱。
昨日のなにわサミットのライブでもそうだったけど、歌手として歌っていると、やっぱりマイクを使わない生声で伝えたくなるんだろうね(^-^)

前回のRWSはヒートアップして燃え尽きる感じでしたが、今日は夏の暑さを沈めるように、穏やかな感じでした。

今回でしばらくRWSはお休みして、これから師匠はアルバム制作や、他のライブをされるとのこと。

とりあえずsuwanちゃん、11回皆勤おめでとう!よ~がんばった。
ごほうびにいつもよりも1杯多くお酒をいただきました(^ー^*)えへ

SOUL POWER なにわ SUMMIT 2006

今日は大阪南港のWTCオープンエアスタジアムへライブを見に行ってきました!(^0^)/
ゴスペラッツ
出演者はゴスペラッツ!
その名の通り、ゴスペラーズとラッツ&スターのメンバーが夢の協演です!
ゴスペラーズ、Skoop On Somebodyなどの名前も並んでいます。
ちなみにsuwanのお目当てはやっぱりゴスペラーズ。特に黒沢さん(^ー^*)えへ

野外ライブは去年のa-nation以来の2回目。
ブロック指定でsuwanはB3ブロック、真ん中の右端ブロックでした。
開演30分前に到着するも、すでにブロックはビニールシートでうめつくされている。a-nationの場合は、場所が一人分ずつロープで区切られていたけど、今日は何もない。本当に早いもの勝ちで好きな場所をとっていくという感じ。場所がなくてどうしようかと思っていたけど、ウロウロしていたらようやく一人座れそうなスペース発見。無理やり入り込んじゃったりして(;^_^A

さて、もう始まる!という時になって突然の雨!晴れ女suwanは自分の力を過信しているので(笑)傘の用意なんてしちゃおりません(;^_^A とりあえず入り口でもらったチラシ入りビニール袋を頭の上におきます。
周りには雨合羽を持ってきている人、けっこういました。みんな野外ライブ慣れしてるなぁ。

来月のa-nationのライブの時は、①ペットボトルのお茶、②ビニールシート、③タオル、④雨合羽を用意しておこう。

雨の中、最初の出演者は…エナメル・ブラザーズ。
白のスーツにエナメル靴でそろえています。
誰やねんって思ったら、なななななな~~~んと!ラッツの鈴木雅之とゴスペラーズの黒沢さんによるユニットでした。(≧∇≦)きゃ~♪
会場いっきにヒートアップ!
「前座の新人が失礼しま~す」と笑いをとります。スーツの胸ポケットからハンカチーフを取り出し、エナメル靴を拭くのがトレードマーク(笑)

1曲目はサム・デイブの曲で「Soul sister,Brown suger」。みんなしょっぱなから雨の中踊る踊る!

次の曲で終わりという声に客席からは「え~~~~~~~~!!!(T_T)」とブーイング。でも曲名聞いたらブーイングが即歓声に変わる。
それは「ロンリー・チャップリン」(≧∇≦)きゃ~♪
鈴木雅之と黒沢さんが見つめ合って手を握って「Oh, Do what you wanna do again」と歌うと、もう客席のあちこちから悲鳴が(笑)
前座にこんな豪華なユニット来ちゃったら次が大変やんか。

2番手はヒップホップ界からライムスター。suwanは今日初めて知りました(*^_^*)もちろん知らない曲ばかりだったけど、リズムの練習と思ってず~っとステップ踏んだりクラップ打ったりしてました(^-^)ラップってやっぱりすごいわー。リズム感だけでなく、語彙も必要だもんね。
このころにはもう雨も上がっていた。それでも暑かったからsuwanは上着を脱いでタンクトップに。身軽になって踊る準備はできました!

このSOUL POWERのライブは、歌手と歌手の変わり目はその2組が共演して、次の組へとうつっていきます。
ライムスターが呼び込んだ次の歌手は…ゴスペラーズっっ!(≧∇≦)きゃ~♪
白のスーツをビシッと着こなしてはります。(でもさすがに暑そう…)

新曲の「一筋の軌跡」「風をつかまえて」や、初心に帰るということでアカペラで「星屑の街」も聞けました!そして「ミモザ」も。他にもたくさん歌ったんだけど全部は知らないもんで(;^_^A
やっぱり黒沢さんかっこええわ~(うっとり)村上リーダーはやっぱり決めてくれるし、北山さんの低音はスパイスのように効いているし、酒井さんの高音は飛び交っているし、汗かきまくっている安岡さんの一生懸命さはやっぱり心をうつ。

ゴスペラーズが次の歌手を紹介。ジェイ&シルキーのお二人です。
あれ、ジェイさんって、師匠の師匠ちゃうか?
ゴスペラーズとジェイ&シルキーの7名による演奏はもう圧巻。シルキーさんと村上リーダーのファルセットが超音波のように響き渡り、ジェイ氏と黒沢さんのシャウトが炸裂する。もう客席圧倒されてみんなくちぽかーん。(・0・)

ジェイ&シルキーのステージ、知らない曲ばかりだけど、とにかくすごい!なんなんだっ!この二人はっっっ!二人だけでこれだけの演奏ができるものだ…とため息しかでない。
ソウル・ミュージックらしく、8分の6拍子のものが何曲かあったので、3連符を意識してリズムにのってみました。

次の歌手はSkoop On Somebody!
ジェイ&シルキーとTAKEさんで共演していたときのこと。
ジェイさん、1万人相手にマイクなしの生声で歌うし。これがまたちゃんと聞こえるんだわ。
するとシルキーさんも負けずに生で超音波ファルセット!そうなるとTAKEさんもマイクはずして歌う。w(・0・)wみんなまたまたくちをあんぐり。

TAKEさん、赤いシャツをビシッと着こなしてはります。
やっぱり歌めちゃうま!日本語曲ももちろんうまいんだけど、洋楽カバーの方がさらにうまいと思いました。ひさしぶりにみたけど、かっこええわ~(*^_^*)
近くで「ガレッジセールの川ちゃんに似ている」という声が聞こえてきたけど、聞こえなかったことにしておこう…(じゃあ書くなって)
客席に疲れがでてきたのと、知っている曲がなかったのとで、客席はややおとなしくなっちゃったかな(>_<)。suwanとしては「sha la la」か「潮騒」を歌って欲しかったなぁ。

そうそう、合間にダンスマンも登場したんでした!もう、小ネタにウケまくり。空耳洋楽で「SEPTEMBER」を「接吻テーマ」って歌ってはった(笑)
ゴスペラーズの名曲「ひとり」の替え歌もおもしろかった(^m^)

最後はお待ちかねのゴスペラッツ!疲れのでていた客席も再び力を取り戻します。白の手袋している人たくさんいた!顔を黒塗りしている人までいた!

1950年代のドゥワップのカバー、シャネルズやラッツ&スターのカバーもありました。
ラッツの鈴木雅之、桑マン、ベースの佐藤氏の3人の声を聴くと、ゴスペラーズの村上リーダーと酒井さんの2人の声が幼く聞こえる。いや~、やっぱりラッツはすごいわ。
それにしても鈴木雅之、歌もMCも歌い姿もダンスも、何をとってもカッコよかった~。やられました。トークの中で微妙な「間」が魅き付けるんだよなぁ。参りましたm(_ _)m

今日の客層を鈴木雅之が「20代の人拍手~」「30代の人拍手~」という感じで聞いていっていた。50代以上もけっこうたくさんいたよ。
ちなみにsuwanの隣は40代後半くらいのおじちゃん。他の歌手の時はあまり楽しそうでなく、家族の人にむりやり来させられてきたのかなって思っていたけど、ゴスペラッツになったら、いきなり歌うわ手拍子うつわ、めっちゃ楽しそうにしてはった。青春時代の曲だったんやろうね~(^-^)

バンドメンバーも全員一旦ひいた後、鳴り止まぬアンコールに応えて、ゴスペラッツの5人だけがステージに戻ってくる。そして5人がアカペラで歌ってくれました。

そしてバンドも戻ってきて、今日のフルメンバーで「夢で逢えたら」「め組のひと」。もう盛り上がるのなんのって!最後の力をふりしぼって、みんな踊るよ。めっ!!

始まってからアンコールまで4時間半、一度も休憩なかったからず~っと立ちっぱなし。でも一度も座りたくなかった。つか、suwanは常にリズム意識して踊ってました。濃厚な4時間半だった。
ノンストップでスムーズな進行の理由は、バンドが途中で変わらずに、ずーっと同じ方々が演奏していたから。出演者は入れ代わり立ち代りだけど、お客さんとバンドメンバーはノンストップ。そういう意味では一番熱かったのはバンドのナニワエクスプレスの方々かもしれない(^-^)

最後の曲「時間飛行」で、村上氏が思わず涙で歌がつまり、鈴木雅之も声をつまらせる。サングラスの下から流れて出る涙に、もう客席まで号泣。感動の涙のフィナーレとなりました。

帰ってきたら、体重減ってた!ライブ痩せ(笑)



ライブでもらったちらしをみていたら、カーク・フランクリンとゴスペラーズ共演したCDが7月26日に発売になるんだって!
アルバムは「HERO」

( ̄□ ̄;)!!

わたしゃ輸入盤を既に買ってるよ。
日本盤には「ストンプ」「レヴォリューション」「ブライター・デイ」の3曲と、さらに“ゴスペラーズ with カーク・フランクリン”による奇跡の共演曲「リーン・オン・ミー」をプラスしたボーナスCD2枚付きスペシャル・パッケージ仕様だとさ!!

うわぁ~ん!誰か買う?買うなら2枚目のボーナスCDだけでも貸して~(T_T)

真夏にラスト・クリスマス

19時からゴスペル・レッスン。
最近はまつやんとAちゃんの間に挟まれて座るようになった(*^_^*)
まつやんにsuwanの書き込みだらけの楽譜見られてもた。ちょっとはずかしい(。-_-。)ポッ♪

たまには教育業界で働いている人っぽいことを書きましょう(;^_^A
suwanがレッスンの内容をその日のうちに書こうとしているのには理由があります。

「エビングハウスの忘却曲線」ということばをご存知でしょうか。
suwanは大学時代に心理学の授業で学びました。そして会社に入ってからも、学力の定着をテーマにする内容でよく出てきます。

エビングハウス忘却曲線

(大急ぎで画像作成したから線がぐちゃぐちゃなのは見逃して~あうぅぅ(T_T))

エビングハウス氏の実験によると、
20分後には42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後(7日間後)には77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却し、21%を覚えていた。

そう、人は忘れるもの。
だから忘れたことが復活しやすい時期に復習すればいい。こうして学力の定着させていくのです。学習に「宿題」が重要なのもわかるでしょ。

suwanはこのブログを1日以内に書き、1週間以内に読み返し、1ヶ月以内にも読み返し、ライブ直前にも読み返す。このことにより何度も復習しているのです。
仕事で学んだことを習い事で生かすsuwanちゃんはエライ!(*^_^*)<特技自画自賛

発声練習時、前回に続いてリズム練。
クロスのステップ踏んで、リズムに乗りながら声を出します。ステップを踏むことに気を取られるのではなく、あくまでもリズムに身を任せる。音楽に乗ることができたら、力まずにステップを踏むことができます。
ここではっちゃんが弾く伴奏にsuwan即反応!「ラスト・クリスマス」だぁ!この曲、高校時代にコーラスで歌いました(^-^)ゴキゲンで一緒に歌います♪

今日は「The Weight」「Oh,Happy Day」をおさらいした後、「This Little Light Of Mine」を最後まで音取り。

「The Weight」はもっとスキャット部分抑揚つけられればよかったな。

「Oh,Happy Day」の「washed」の「shed」を意識するあまり早く入りすぎてバラバラ。先生の指揮をちゃんとみよう。

「This Little Light Of Mine」では3連符を常に意識。リズム走らないようにためて歌います。シャッフルのリズムのアクセントに身を委ねて歌いましょう。

今日は師匠がリードを歌われた。ビブラートと細かいメリスマ、さすがです。
毎晩のお風呂の練習で、ビブラートはずいぶんつけられるようになった。
ゴスペル3年目、そろそろメリスマに挑戦してみようかな~

今日は人数多かったこともあって、声の厚みを感じました(^-^)
土7クラス、練習を重ねるごとにどんどん上達しているね。この調子!この調子!
あとはソロを交えて歌えるようになるといいね。正しく美しく歌おうと思わずに、まちがってもつっかえても、楽しく歌えばいいんだよ(^-^)

他のメンバーはレッスン後も秋のライブに向けて練習している模様。
suwanは他の人よりも歌う機会が少ない分、レッスン60分を全力で臨みます。他のパートが歌っている待ち時間、小さな声で一緒に歌うか、楽譜にいろいろ書き込むかで時間を有効活用。
短い時間だけど、集中してよ~歌ったわ。

ジョイントコンサート「Twinkling tales」

毎年5月~7月になると、大学の合唱団があちこちで合同のジョイントコンサートを開きます。1回生にとっては初舞台となるこのコンサート、出会いのきっかけともなるコンサートだったりします(*^_^*)
ああ~、青春やねぇ。

さて、神女コーラス部、甲南グリー、奈良女音楽部、大阪市立大フリーデの4団によるジョイントコンサート「Twinkling tales」をsuwan、たま嬢、thaniwaちゃんのSTAの3人で吹田メイシアターまで見に行ってきました!
早めに集まって梅田でお茶しながら、あと一人のメンバーさつまくろぶたちゃんとご子息たこちゃんの話題で盛り上がりましたとも(*^_^*)

今日のコンサートは本当に本当に楽しみにしていました。suwanたちが大学1回生の時に歌った曲集「こまどりをころしたの だれ?」を客演指揮飯沼先生が振られるのです。

メインサイトのherstoryでも書いている、suwanにとって憧れだったF先輩。彼女の指揮で初めて歌った曲がこの「こまどり」、そして飯沼先生はsuwan達が学生時代にライバルだった(今でもライバルなのかな?)梅花女子大の先生。ライバル団の先生ですが、suwanは彼女の指揮は好きでした。

ジョイントコンサートといえば、最初に各校による学歌を歌いエール交歓するのが常でしたが、最近は違うようです。学歌は歌わず別の曲を歌っていました。
1st stageは神女と甲南グリーによるステージ。
神女が世界の民謡集6曲、甲南グリーがアカペラの男声合唱曲「今でも…ローセキは魔法の杖」から3曲(なつかし~!)

2nd stageは奈良女と市大フリーデによるステージ。
奈良女が村山槐多作詞、西村朗作曲のアカペラの「青色廃園」、フリーデは寺山修司作詞、信長貴富作曲「思い出すために」。この曲は去年よどこんが演奏していたなぁ。

後輩達、先日の合唱祭よりはずいぶん上手になっていたよ!合唱祭の時はハラハラしたけど、安心して聞くことができました。パートバランスもソプラノ、ましになっていた。練習したんだろうね(^-^)
それにしてもアルトの子、ええ声だわぁ~。うっとり。表情豊かでめちゃsuwan好み♪うちの団はアルトとメゾに毎年いい人材が入る。低音が美しいとハーモニーが引き締まるもんね。あの子とまた佐保で歌いたいものです(^ー^*)えへ

このジョイントコンサートはただ、4団がそれぞれのステージを演奏するのではなく、工夫が見られました。
神女と甲南の間にミニ合同ステージとして、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の「ドレミの歌」を、
奈良女と市大の間のミニ合同ステージは、「オー、シャンゼリゼ」を演奏していました。
それもただ歌うだけでなく、楽しく歌い踊る。マイクを使わない合唱はいくらでも場所移動が自由にできるから、あちこち動き回ることができます(^-^)

パンフの最初に実行委員長のことばでこう書いてありました。

(前略)
私たちは今回、1つの目標を持ってこの演奏会に臨んできました。それは「お客様に親しんでいただけるステージを作る」ということです。合唱をやっている方もそうでない方も、年齢を問わず楽しんでいただける・・・・・・基本的なことですが、一番忘れてしまいがちなことであり、また一番大事なことでもあります。歌っている私たちだけが楽しいだけでは、本当に楽しい演奏会とはいえません。お越しくださった皆様がつい時間を忘れてしまうような、そんな夢の世界を作り出すことができたら・・・そしてその世界をほんのひとときでも皆様と共有することができたら・・・これ以上嬉しいことはありません。
(後略)

(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン
suwanはこういう考え、だ~~~~~~~~~~いすきです。
客席を見回してみた時、いかにもご家族、そして団の付き合いで来ている学生たち、そして私たちのようなOB・OGたちが来ています。コンクールではないんだから、2時間以上のコンサートを飽きさせないようにするには工夫が必要。いかに音が美しくてもミサ曲や難解な曲ばかりでは眠気を誘うだけだったり、記憶に残らない演奏になってしまう。聞いたことのあるメロディの曲、日本語の歌詞を楽しめるの曲にはかないません。

3nd stage、4団合同ステージは飯沼先生指揮による楽しみにしていたこまどり!
suwanたちは女声3部合唱で歌ったけど、混声4部合唱は編曲が違っていて新鮮でした。
何より、飯沼先生の指揮と曲作りにsuwanはくぎづけ!
ほう、そこをそう振りますか、へぇ~、ここでこういう風に膨らますかと、知っている曲なだけに興味津々で見てました。

でもね、やっぱり聞きながら思い出すのはF先輩。
「ねこちゃん」の、ここでいつもメゾが注意受けてたなぁ、にゃーお(笑)とか、
「おかみさん 今夜のおかずは何?」の「はじめに牛肉 食べたいのさ」という歌詞では、アルトに「思わずよだれが出そうな声で」という注意が飛んでいたなぁとか(笑)、
「ロンドン橋」で青筋でそうな高音の部分、何度もやり直しさせられたなぁとか、
「子守歌」で、そんな歌では赤ちゃん起きてまうわ!(-.-;)って怒られたなぁとか、
「目の見えない三びきのねずみ」では、子音を立てて歌う練習したなぁとか、
「こまどりをころしたの だれ?」では、p(ピアノ)を緊張感たっぷりで歌い、f(フォルテ)では壮大に歌う表現力をつけてもらったなぁとか、
「キラキラ星」では、ソプラノは高音ハミングを美しく響かせるのが大変だったなぁとか、
1曲1曲、F先輩の注意が思い出されて胸がいっぱいになりました(T_T)
お星様になって私たちを見守ってくれているF先輩、今夜は一緒に楽しんで聞いていることでしょう。

歌は、ソプラノが弱いとやっぱり迫力に欠けるのよねぇ。。。ものたりんかった。
その分、飯沼先生の指揮をず~っと見てました。
細くて小さな体だけど、力強く安定感ある指揮で歌いやすそう!
手の動きを見ていると京都の浅井先生の指揮の影響を受けているように見える。
下半身が安定してひざが動かない指揮は、美しいだけでなく指揮者のリズムが歌い手に伝わりやすい。
女性指揮者は手首が動いてしまう人が多いけど、飯沼先生は腕と手首がしっかり安定しているから、指先と手首とひじが1本の棒のように見やすい指揮でした。さすがや~

学生指揮者たちの指揮をみていて、歌い手に歌わせようとしている指揮と、自分がかっこいい指揮をしようとしているかがはっきりわかりました。
確かに指揮は型が美しくないと歌い手に分かりにくいんだけど、かっこつけようとしているナルシスト指揮では、歌い手からいい声は引き出せないよ~(;^_^A
指揮は歌い手のブレスやことばの入りの合図、リズム&テンポ、息の流れをイメージさせる表現が大事。がんばれー。

帰りにボイストレーナーの藤島先生とお会いすることができました!学生時代、プロの声楽家のボイストレーニングを毎月受けることができたというのは本当に幸せなことです。地声が低いsuwanでも裏声なら高い高いレまで出るのは、藤島先生のおかげです(^-^)v

藤島先生、Thaniwaちゃんと別れてから、お腹がすいたたま嬢とsuwanは梅田で晩御飯。
(また食べたんかい(-.-;)by Thaniwa)

今年の奈良女の定期演奏会は12月23日(土)やまと郡山城ホールにて。仕事さえ入らなければいけるかな。
それぞれの生活や環境が変化する可能性を持っているだけに、次、このメンバーで集まるのはいつになるかわからないけど、共に歌い、共に遊ぶ時間を大切にしたいものです。

Feel The Gospel ワークショップ1

師匠プロデュースのFeel The Gospelというゴスペル・ワークショップに参加してきました。
suwanは月曜は比較的早く会社を出やすく、水曜~金曜は残業&出張多い。月曜でよかった~。

会社からドアtoドアで20分!近い!19時過ぎに会社でてもまにあった!
神戸・元町の大丸のお向かい、お洒落なダイニング・カフェ KISS47での練習。グッチのお店の上で歌うなんて(^ー^*)えへ
4回のレッスンの後、8月27日(日)にライブをするのです。がんばるー

さて、会場につくと既に10人ほどが集まってました。神戸っ子、みんなきれいでお洒落~。ビジネススーツ姿のsuwanは浮いてます(T_T)。あれ!どこかで見た顔が数名…(笑)
メンバーの緊張感を少しでもほぐそうと、師匠は微妙な間を楽しむトークを連発してはりました(;^_^A

さて、師匠の自己紹介の後、いすに座って前かがみになって腹式呼吸の確認。ゴスペル初心者もいらっしゃるので土7レッスンと比べて、いつも以上に丁寧な解説。あらためて腹式呼吸のしくみを理解することができました。

パート分けの時、一人一人にカラオケでどんな曲を歌うかを聞いていく。
・・・歌が全く浮かばず、答えられんかった(-.-;)我ながら頭の回転わるいわ~
suwanはアルト(真ん中のパート)になりました(^-^)v

お腹からしっかり息を出すところで、師匠の声量に驚くメンバー。師匠お得意の「のどかぽーん」を披露。う~ん、何度見てもすごい。。。

腹式呼吸、バズ、ハミング、声だしの後、3パートでハーモニー作り。ここまでで30分。かなり丁寧に基礎練習をしました。
それにしてもこの会場、めっちゃ声響く~。気持ちいい~~~!o(^0^)o

さて、今日の練習曲は「Oh,Happy Day」
この曲、土7レッスンとあわせて、人の倍練習していることになるから、発音や歌い方を完全にマスターしたいものです。

「This Little Light Of Mine」音取り開始

今日のゴスペル・レッスンにはさっそく前回見学のAちゃんが入会してくれました\(^0^)/
ラブリーなまつやん&Aちゃんにはさまれて、ウハウハのsuwanです(*^_^*)ヾ(- -;)
まつやん、1年でずいぶんおっきな声がでるようになったよねぇ(^-^)v

今日は発声は簡単にして、先週やったリズム講習の内容をクラス全員でやってみました。といっても、今日の方がバージョンアップ版でむずかしかったんですが(;^_^A

「Oh,Happy Day」にあわせてクラップを打ちます。
①4分音符でクラップ
 → 既にみんなのクラップずれる
②8分音符でクラップ
 → ずれまくり
②足踏みしながら4分音符クラップ
 → やっぱりずれる
③足踏みしながら8分音符クラップ
 → 収集がつかない(T_T)

いやぁ、みごとにバラバラ(;^_^A

特に8分音符クラップの時は、「早く叩かなくっちゃ!」と思うがあまりに、意識が音楽から手に行っていて、音楽を聴いていないためにおこる。だから実際の音楽よりもクラップが早くなっちゃう。
「Seasons Of Love」を歌うときに、最初の「five hundred twenty-five thousand」の部分を「一生懸命英語しゃべらなきゃ!」と張り切りすぎて実際のテンポよりも早くなるのと同じ原理でしょう。

まずは4分音符を音楽にあわせて打ち、その半分を軽くクラップすれば音楽からずれにくくなる。
手を叩くことよりも、音楽に合わせることを意識するのがポイントね!

足踏みがプラスされても、コツは同じ。拍を体でとるだけ。
「足踏みをしなくっちゃ」って思うんじゃなくって、ダンスをするつもりでリズムをとろう。
「Don't Think. Feel !(考えるな!感じろ!)」
とはブルース・リーのお言葉でした(^-^)

●「The Weight」
スキャット部分、リズムに乗りながら、抑揚つける。
歌詞部分、しっかりはっきり。

●「Oh,Happy Day」
息を入れてしっかりウィスパー
washedの「ed」そろえる
howの「w」
watchの「tch」

さて、今日から3曲目「This Little Light Of Mine」の音取り開始。
ウーピー・ゴールドバーク主演のハートウォーミング映画「コリーナ・コリーナ」でも使われています。
ウン・タン・ウン・タンというシャッフルのリズムの曲。

「この曲とともに歩いた10年!」というほど師匠の発音指導には気合いが入ってます(;^_^A

まず最初のポイントは、最初のことば「This」の「th」の発音。
ジス(Jis)でもディス(Dis)でもない。舌先をかんでズィス(δis)。

「little」はリ・ト・ルと3音で発音しない。「t」は「l」とくっついてほぼ発音されず、リロに近い。

「light of」はリエゾンで「t」と「o」がくっつくんだけど、「tof」というよりも「lof」に近い発音に聞こえるね。

そして師匠の説明が一番熱くなる「I'm gonna」は「アイゴナ」ではなく、「アィムガナ」。
体使って「m」の入れ方を実演していただきました(^-^)
3連符のリズムを感じて歌うためにもこの「m」は重要!

「let it」もリエゾンで「letit」なんだけど「lelit」に近い。
「let it shine」と歌うとき、shineの前に「t」の語尾がくるから、小さな「ッ」が入る感じ。大げさに書くと「レリーッシャーインヌ」(笑)

練習の最後に、今日はベティさんのお誕生日ということで、番長提案によりみんなでHappy Birthdayを歌いました(^0^)
おめでとうございます~~~~!!!幸せな出来事の多い1年になりますようにo(^-^)o

今日、残り3曲の楽譜をもらいました。新しい楽譜をもらうのは嬉しいものです。



9月10日のキリヨシライブ、本当に残念ですが、suwanは出られなくなってしまいました。
これからは影からキリヨシの3人を応援していこうと思います。
カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。