スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リズム講習

お取引先からの直帰コース手配に成功し、ハンサムガイズの安倍氏が講師のリズム講習に行ってきました!

遅れて入ると、はっちゃんのスタジオは人・人・人!すごい~~~!!
それでも最前列があいていたので、タイミングをみてベティさんと前の席に行っちゃいました(^ー^*)えへ
最前列ど真ん中にはセリーヌさん!おお~相変わらず麗しい(*^_^*)
土7からは6名参加!もう、本当にみんな勉強熱心なんだからっ。

ハンサム安倍氏がゴスペルの名曲を素材に使いつつ、リズムの取り方を教えてくれます。

4分音符通りにクラップ打つ初級編はみんならく~に出来ていたんだけど、強拍と弱拍意識で2拍目と4拍目のみクラップの中級編になるとだんだんみんなのクラップがずれてきた。

テンポの早い「Joyful Joyful」「Ain't no mountain high enough」といった曲では、裏拍のみ打つのもリズムよく打てるんだけど、「My life is in your hands」「Total praise」のようなゆったりとしたバラードで刻まずに拍を大きくとらえるのは難しい。頭の中で8分音符や16分音符をきざまないとクラップが合わない。

8分音符連続クラップでも、強拍と弱拍を意識すると、適度に力が抜けてリズムに乗りやすくなるね。安倍氏のクラップに合わせて、ツツタツ・ツツタツと3拍目に強拍をおきます。
うまくなりたければ、まずは出来ている人のマネをするのが上達と習得の早道。頭で考えず、目に見えるそのまんまをマネします。
( ・_・)じーーーーーーーーーーーーーーー→(;^_^A
なんとなくコツがつかめたじょ~!

表を足踏み、裏をクラップで、ドンタンドンタンドンタンドンタン打つ上級編では、手と足がこんがらがっちゃう。隣のまつやんと一緒に苦戦してました(;^_^A
「One and Two and Three and Four and」と唱えながら、「One・Two・Three・Four」で足踏み、「and」でクラップします。
最初はできたと思っていても、ずーっと続けていると集中力が途切れたときに足と手がズレル。リズムのキープって難しいわ~。みんな汗をかきながら一生懸命頑張りました!楽しかった~♪(^-^)

曲の前奏とか間奏で、自分の音はなんだったかなと考えるのではなく、リズムを感じることが大事という言葉に強く賛同(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン

最初から出ていなかったけど、どうやら今日のキーワードは「意識」のようです。
確かに、意識次第で変わる!
そして、今日は意識の仕方というか、何に意識をすればいいかを教えていただきました。

以前、キリヨシ練でコーチのリズム特訓をうけて、1週間ほど毎日おふろで音楽聞きながらリズムの自主練してたおかげで、今日は比較的ついていけました。o(^-^)o
コーチ、ありがとうございます!

んでもって、こんな素晴らしい機会を与えてくれた師匠、ありがとうございました。
スポンサーサイト

芽生えた?

今日も19時のゴスペル・レッスンをはさんで、18時からと20時からキリヨシ練。

今日のゴスペル・レッスンは他のクラスメンバー2名と見学の方1名!
うわあっ!なんと元月8のNさんではあ~りませんかっ!番長憧れの君のNさんで、テナーの美声の持ち主です!
コーチも振り替えで今日は土7に来てくれています(^0^)/
suwanの隣にはまつやんのお友達のAちゃんが見学。類友というかまつやん同様、目がキラッキラしている~(^-^)
まつやんとsuwanではさんで、勧誘準備完了!ふふふ( ̄ー+ ̄)

今日はピアノのはっちゃんがお休み(T_T)さみしい…
たいち氏は毎回レッスン時にくつをぬいで歌います(笑)女性がヒールの靴をぬぐならわかるんだけどね。師匠はイジリ甲斐のある相手がいてうれしそう。

●今日の発声●
2人組で向かい合って、おたがいののどが開いているかを確認します。
ツーっと息を強く出したり、ハミングをした時にのどが開いていると首周りが動くので分かるのです。

●The Weight
スキャット部分の抑揚を気をつけよう。
スキャット部分と歌詞部分の音量差をつける。
録音聴くと、録音場所とパート人数のバランスのせいかもしれないけど、アルトしか聞こえない気が…

師匠はみんなが歌う中、不安定なパートのフォローなどをしてくれるのですが、楽譜を見ずにとっさに全パートどの部分でも歌えるのは本当にすごいっす。

●Oh,Happy Day
前回のレッスンで受けた注意を再復習。
最初は息をたっぷり入れてウィスパー・ヴォイスで。
「happy」の「ae」の発音
「washed」の「wa」は「ヲ」よりも「ワ」。
「washed」の「shed」は4拍半でしっかりとそろえる。
「Jesus」はジーズスに近く。
「He taught me how」が「ヒートーミーハー」ではなく「t」や「w」の語尾処理を。
「watch」の「tch」の語尾処理。
「live Rejoicing」の「l」と「r」の歌いわけと、「ng」の語尾処理

歌い始めると即止められる(>_<)。小さく歌うのではなく、ウィスパーは息をたくさん出すというのができていなかった。
発音については、基本的に前回と同じ注意なんだけど、まだ出来ていない人が多いかな。語尾ズレまくってるし、思いっきり「ジーザス」になっている。

師匠の「リードを歌える方?」という声に、8秒間空白の時間が流れる(笑)
今回は師匠が番長をご指名\(^0^)/師匠!さすがっ!御目が高い!

さて、11月8日(水)に土7クラスで3曲ほどライブをする話がでています。
どの曲をするかみんなで考えないといけませんな。ただ…平日の夜なんだよなぁ…それも水曜か…当日がsuwanダメだったりして(-.-;)



キリヨシ練では、9月10日のライブのための新曲2曲の練習に入ります。
楽譜もオケもない曲なのですが、コーチがすべて楽譜起こしと4部のハモリを作ってくれています。

話は変わります。
いろいろ、本当にいろいろ悩み考えたのですが、suwanは少しずつ音楽の時間を削る時期にあります。本業の仕事に影響が出てきました。

もともと1週間仕事漬けだった生活を、土曜の週2回の1時間くらいならなんとかなるかなと思って始めたゴスペル。
ハマリ症で、歌好き・イベント好きなものだから、だんだん活動増えた。
このブログの右側にあるアーカイブスの記事数をみても、最初は1ケタくらいの記事数だったのが、2005年5月から2ケタになっているでしょ。つまり週2回以上、歌やライブの時間をとっているということ。

合唱団佐保の活動は毎週1回の練習が入るとしても、5~6月の2ヶ月限定。
それ以外の突発的なイベントが入るとしても、数回のもの。
だからちょっとがんばればなんとかなるかなって思っていたけど、9月のライブにむけて、キリヨシ錬は毎週、時には週2回入ることになった。

歌の技術がまだついていないから、ライブにむけて猛練習をしなくてはいけないことは頭ではわかっている。新曲の練習をする必要性もわかっている。ただ、ここまでキリヨシの活動の比重が多くなってきたら、いろいろ考えないといけない。

一人暮らしで月~金は8時半~10時近くまで働いていると、家事、買い物、睡眠などは休日にためてすることになる。
さらにこれから本業の仕事、明らかに業務が増えて、しんどくなることになりました。
こんなことになると思っていなかったので、7月、8月はライブやゴスペル・ワークショップやら予定入れすぎた。

スケジュール管理ができないsuwanが悪いんだけど、キリヨシメンバーにはいろんなわがままを言わせてもらって、結局suwanは週1回のみ参加とさせていただきました。しかも楽譜作成や編曲などもすべてお任せ。あ~あ(>_<)

あれもこれも欲張りすぎたんだよね。
既に入れてしまった予定は仕方ないけど、9月から活動減らす方向で考えよう。

とりあえず今後も細々とでも歌い続けるためにも、来週から本業の仕事を今まで以上に頑張りまーす。

奈良県合唱祭本番!

4月に結成し、6月の合唱祭に出てしまおうというチャレンジャー合唱団佐保。今年も5回の練習(suwanは4回参加)で本番を迎えました(;^_^A
今年は16人で出場ですが、去年よりも現役学生の力を借りています。大阪の合唱祭と重なってしまったので、既に大阪の社会人合唱団に入っているみわにーたちが参加できないのでした。残念!

移動中の1時間半、過去の練習MDをひたすら聞いて、このブログに書いたことを思い出しつつ、本番の演奏のイメージトレーニング。だんだんテンション上がってきた~~~!!

まずは大和高田の経済会館に9時集合で、1時間ほど練習。さすがにまだ高音、それもe母音がきれいに出ない。しかも休憩時間にまだ音確認しているという状況だったりして…だって~、まじで音が難しいんだもん~

10時過ぎにさざんかホールへ移動。みんなで後輩達の演奏を聴きます。西村朗作曲の無伴奏女性合唱曲、つまりアカペラの合唱曲です。初めて聞く曲だったけど、めちゃくちゃ難しそうな曲でした。最後の不協和音、聞いてて(≧_≦)きゃ~という和音でした。あんなハーモニー、よ~作曲するわ。

メゾとアルトがかなりしっかり声出る人がいるので、ソプラノが弱く感じられた。ん~~~~、やっぱり合唱ってソプラノがしっかりしていないと物足りないよ。しかも音が上がりきれていないのが分かっちゃった(T_T)がんばれっ!ソプラノちゃん!!
つか、メゾとアルトにええ声~♪の人がそろっているのよね。それはそれで素晴らしい。
同じ曲を7月8日(土)のジョイントコンサートでも演奏するとのこと。吹田メイシアターかφ(.. ) メモメモ
応援にいくから、本番に向けてがんばってね~

さて、佐保の本番。
今年もご指名を受けましたインタビュー。去年よりも短くあっさりとしたものだったので、ほっとしました(*^_^*)いそいそと自分のポジションに戻ります。

歌いながら、3箇所うぎゃっと思うポイントがありましたが、顔には出さなかった自信はあります(笑)最初から最後まで笑顔で歌いきった!練習の成果は出すことができました!

客席でこっそり録ったヾ(- -;)録音MDをたま嬢と聞いてみる。





思わず二人顔を見合わせる。
やばい・・・

( ̄□ ̄;)!!
こっこれは・・・

めちゃくちゃうまいやんけっっっ!!!
(*^_^*)(*^_^*)

佐保の次の団体は混声21名の演奏でしたが、録音聞く限り16人の佐保の方が断然声が出ている
v(^-^)vイエイ!イエイ!

合唱祭では審査員の先生がいらっしゃって講評をいただきます。6人全員の画像はきれいにとれなかったのですが、わかる限り紹介!
講評1
「アンサンブル、ハーモニー共に美しい。声も美しい。祈りを感じました。2曲目、リズムに乗ったすばらしい演奏 ※さらに練習を!実力のある素晴らしい合唱団」
浅井先生、大好き♪(*^_^*)


講評2
「若いきれいな声、高音よくでる。e母音狭くならない(高音)、硬さとれるとよい。f・pの変化あり、表現力あり、ピアノのリズムにのり、音楽の流れとらえる。SOPきれいな声なのでどの高さも柔らかい音で伝える様がんばってください。」


講評3
「KYRIE美しいです。祈りがもっとあればいいかな。GLORIAくいつき発音を!5拍子忙しくなってきた?よゆうほしいかナ?皆若いんだから。でもいいですね」


講評4

「若さのある爽やかなハーモニーありがとうございました。オルバンのミサをこの人数でよく演奏されたと思います。GLORIAはリズムに乗りきれてないところがありました。今後に期待いたします。」



全体的に褒められているっっ!\(^0^)/
一般合唱団で若い声といわれるのは本当に嬉しいです。コーラス界において、若い声=ビブラートのついていない素直な声のこと(^-^)v

帰りの電車、M先輩、H先輩と一緒に大阪まで。
この合唱祭は2日にわたって開催されているのですが、佐保は一般の部で出場。昨日はおかあさんコーラスの部でした。一般の部は「発表会」ですが、おかあさんの部は全日本おかあさんコーラス全国大会出場権をかけての「コンクール」でもあります。

佐保は女声コーラス、なぜおかあさんの部で出ないんだろうと思っていたら、M先輩が答えを教えてくれました。
「山本先生がね、おかあさんの部にでたら多分全国に行けてしまうからって。全国大会に出場となっても、みんな行けないでしょ。」

( ̄□ ̄;)!!
すごい理由だ…

これで今年の佐保の活動に一区切りつきました。来年も春になったら合唱祭に向けて集まり、練習することになります。1年後の再会を約束して別れます。

・・・来年もこのメンバーで歌いたい。
心よりそう思いました。

合唱祭前日

気付いたらこのmusic lifeのカウンター10000hitとなりました!
携帯からのアクセスはカウントされないので、実際にはもっとたくさんの方に来ていただいているようです(*^_^*)
suwanの個人的な練習日記にも関わらず、遊びにきてくださる皆様、本当にありがとうございますm(_ _)m

これからも、直接関係のない人にとってはなんのこっちゃの内容だらけのブログだと思いますが、なんせ8割方自分のための記録なので、ご容赦くださいませ(;^_^A

いよいよ明日は奈良県合唱祭。10時からスタートで34団体中16番目、13時20分ごろ出番です。

衣装の白シャツにアイロンがけ。しわをひとつひとつ伸ばしてシャキッとさせるとこちらの気持ちもシャキッとなるね。

のび放題だったまゆげを整え、ついでに鏡をみながら歌うことで表情チェック。
表情で気をつけるのは4点。
 ①頬の肉を上げて笑顔で。
 ②上の前歯が見えるように。
 ③眉間にしわが寄らないように。
 ④目をつぶらないように。

楽譜に黒の画用紙を表紙としてつける。
あ、そういえばインタビュー受けなくっちゃいけないんだった…(-.-;)

明日出る前にみること!
①曲の入り、決めよう!
②アルシスとテーシス
③KYRIEの笑顔とGLORIAの笑顔の質を変えよう。

明日は5時半起き!寝坊しないように早く寝ましょう!

佐保練最終

今日も合唱団佐保練のため、電車にのって昨日の練習MDを聞きながらうたたねしながら奈良に向かいます。寝てるほうが多かったなんてことは…(汗)

去年もそうだったけど、4~5回の練習で本番にでてしまうって恐ろしいというか、すごいというか…本番譜面持つとはいえ、指揮をみてちゃんと歌えるように8割は見なくても歌えるような状況にしたいものです。
とはいっても、休憩時間にまだ音取りしているような状況ですが(;^_^A

練習始まる前、メンバーがほぼ集まっていたので山本先生が「音楽とは何か」と聞いていきます。「なくてはならないもの」「生活の潤い」などという答えがでてきました。
先生は黒板に
「美しい音の組み合わせで、人間の思想や感情を表現する時間芸術」
と書かれました。うは~すごい。

続いて、他の芸術にはどんなものがあるかと聞かれ、舞踊、絵画、書道、彫刻、演劇、華道、茶道、文学など、一人ひとつずつ答えていき、先生が黒板に書き出していきます。
それらをみて、「音楽だけが耳で聞く芸術」と言われました。なるほど~。確かに他の芸術は目で見る芸術がメイン。ダンスとか演劇は目でも耳でも楽しむものだけど、目で見る要素の方が大きいもんね。こんなこと考えたことなかったわ~。φ(.. ) メモメモ

さて今日はピアノ伴奏の姫野先生がいらっしゃらなくて、しかもピアノのある部屋が取れなかったので、山本先生がキーボード弾きながらの練習。ある意味、伴奏に頼らずにアカペラに近い状態で自力で歌うので自分のためにはなった。

●KIRIE
いきなり3小節目にして音をまちがえるsuwanさん(>_<)。声でかいから破壊力・影響力も大きいのよね~うわ~ん、ごめんなさ~い(ノ_・、)シクシク
楽譜に「音程!」と書く(笑)

昨日の練習MDを聞いていたら、息が足りなくなるとテンポ走ってしまう傾向があったので、危険なところは楽譜にデカデカと「落ち着いて!」と書く。

ついでにsuwan流楽譜書き込みを紹介しよう。
先生がテンポを動かすであろうポイントには「指揮見る」、明るい声で歌いたいところには「明るく」とか「笑顔」とか、声を響かせたいところには「響」「深く」「母音」などと書いていきます。
楽譜見て歌うときは、歌詞や音符、音程だけを見るのではなく、注意点を見るようにします。

楽譜を持って歌うときに、脇をしめすぎると息がお腹にしっかりと入らないので、高音やフォルテなど息をたくさん必要とするところでは、脇をすこし緩めて背筋を伸ばして楽譜を持つように心がけます。これはブレスが目的だけど、姿勢がよくなると雰囲気だけでもオペラ歌手ソリストのような気分になります(笑)

高い高いラの音を「i」母音で歌うところ、ここは口を縦にあけるために「e」の口にして「i」と歌います。つまり「kerie」と歌うと、響きのある声で、高い声が出しやすい。

●GLORIA
この曲は特に入りが大事。フォルテッシモで華々しく入る。ブレスの準備をしっかりと!

「deo」の「デ」が幼くべちゃっとならないように。

「et in terra」の入り、ピアノで入ろうとすると音程が狂いがち。むずかしいっ!お腹でしっかり保って柔らかく入るようにしよう。
この曲に限らず、フォルテで歌うことよりもピアノで歌う部分の方が断然難しいや。

「Gratias~」やっぱり音程難しい~。半音上がりか1音上がりかをしっかり意識して歌おう。
ユニゾンから音が分かれるところは、分かれた時のほうが広がりがでるように音量も出す!

変拍子地獄の38小節から68小節まで。リズムばかりに気をとられすぎず、アクセントのある言葉と音を意識。8分休符意識!

毎回必ず注意される「Quoniam」、ピアノで歌いつつ、深い響きを出しつつ、抑揚つける。ひ~~(>_<)むずかちぃぃぃ~~~

高い高いラの「Jesu」、「イエズ」の発音を「イヤズ」というつもりで口を縦にあける。
「Amen」では上の歯を全部見せるつもりで口を逆三角(^▽^)にして明るい発声で歌う。

そして、最後四分休符についたフェルマータ(余韻)を楽しんで終わる。

書き出してみると注意点たくさんあるよ。当日の朝読み返せるかな(;^_^A

そうそう、オーダー(並び方)はsuwanは前列はしっこになりました。声を遠くに飛ばせるようにがんばります~o(^-^)o

問題は…またインタビューに答える係に指名されてしまいました…
アタフタ ヘ( ̄□ ̄;)ノ ヽ(; ̄□ ̄)ヘ アタフタ

Mせんぱぁ~い…(T_T)今年こそは歌に専念を…去年やったんだし、今年は誰か別の方に…とおねだりしてみたんですが、ソプラノではsuwanが最年少のため、あっさり却下。早くソプラノに後輩を入れなくては…(ノ_・、)シクシク
また本番前に妙に緊張することになってしまった。あう~

ゴスペル三昧「Hello Sunshine」

2ヶ月に一度の特別レッスン大西・寺尾のゴスペル三昧!
4月は少人数だったけど、今回は参加者多かった~!しかも初めて参加という方がたくさんいらっしゃった。おお~いい感じ♪
hello sunshine
今日の練習曲は5月のライブで水7クラスの発表曲だった「Hello Sunshine」

メイシオ・ウッズの名曲をまずは聞いて、続いてレゲエ調に変えた水7クラスのライブバージョンを聞きます。途中ユカリ先生のラップまちがえた分もしっかり入っている(笑)

今回の三昧用楽譜は、水7バージョンのライブをはっちゃんが楽譜に起こしたんだって!すごい!!

今日はユカリ先生がメインで進めていきます。
大地っぽく、砂っぽい感じ、ライオンキングのようにとのこと。
この曲はメゾのパートソロ部分が多い。他のパートの音取りの時でもず~っと歌いっぱなし。今日は歌い甲斐があった~。でもこの後と明日のことを考えて、時々裏声で無理しすぎないようにしてたけど(;^_^A

<本日の指導ポイント>
①sunshine:sの子音たっぷり
②gone:aの口の形でoと発声
③伸ばす「what」「life」の語尾も忘れずに。
④It seems as if it would never:イ シ マ イ フィウ ネ ヴァ。カタカナで書くとこんなんだけど、「ドヤ!かっこええやろ!まいったか!ガハハハ」とユカリ先生(笑)
⑤you have the power~のところは、目が覚めた!という感じで。
⑥without youの「tyou」はカタカナのチューではなく、t・you

録音聴いていたら、メゾちっこいわ攻撃ではなく、「アルトしっかりうたい~や(-.-;)」オーラが耳からも感じられました(;^_^A
メゾは「入り遅れた攻撃」を受けて何度も繰り返し練習でしたが(>_<)
でも、メゾ「エクセレントッ!」と褒められたときは、みんなうれしくってにっこりです(^-^)v

個人的には「gone」で膨らませて「for」の入りを印象付けたい。
ついでに「long time」もそれぞれ膨らませたい。
「all change」のところが幼くなってしまうのがもったいない。コーラスならば「a」の口をして「e」を発音するんだけどね

「hello hello sunshine」部分は「sunshine」が一番音圧欲しいけど、なんとなく落ち着いてしまっているかなぁ。かけあいからせっかく3パートそろうから「sunshine」が一番ぐわーっと欲しいね。

ラストの「it's been gone~」の5回繰り返し部分、5回分をどのように歌えばいいのかなぁ。普通に歌っていたら4回目か5回目がダレてくるもの。要研究。



この後さらにキリヨシ練。スタジオへGo!
9月10日のライブにむけて、どの曲にするかを考えます。
でも、それぞれのステージ構成に対して考えや曲の好みが違うから、なかなか決まらない~(>_<)むずかしいね。

suwanはゴスペルに詳しくない人視点でステージ構成をしたいタイプ。
なんせ高校・大学で演奏会にいかに集客するかでさんざん悩んできたから。知人友人たちに声をかけるときに、マニアックな曲ばかりだと声かけにくいし、知らない曲ばかりだとせっかくきてくれた人が疲れてしまう。

文化祭やジョイントコンサート、定期演奏会などでsuwanがコーラスで指揮する時の選曲は、唱歌だとか映画音楽とか洋楽とか邦楽(J-pop)とかのコーラスバージョンが多かった。3部合唱の楽譜がないビートルズの「The long and winding road」やドリカムの「サンキュ」とか、原曲聞いて和音考えて3部合唱の楽譜を作ったものでした。

いかにもコーラスという曲を選ばなかったのは、歌い手だけが満足しているのではなくって、聴き手に喜んでもらうステージにしたかったから。
もちろんコンクールとかでは、木下牧子とか高嶋みどりとかバリバリの現代作曲家による合唱曲を選びます。だって聴き手は審査員だから。

でも、自分の意見ばかりを通しても仕方ない。ちょうどsuwan以外の3人が帰りの方向が一緒なので、最終的に選曲はおまかせしました。
結果的に、曲や楽譜の準備とかもすべて選曲者におまかせすることになったので、ある意味良かったのかも。

STAがそろった

12時に部屋を出て、12時半に部屋に戻ってきました(;^_^A
2時から奈良で合唱団佐保練でソプラノ、7時からなんばでゴスペル三昧でメゾ、9時からなんばのスタジオにてキリヨシ練でアルト。
今日一日で全パート制覇ですわ。
もうsuwanったらどんだけ歌えば気が済むねんな!!

といっても、今一番大事なのは本番が来週にせまった合唱団佐保!
行く前に前回の練習のブログを読み直し、移動中は前回の練習のMDを聞いて復習。
ただ…前回歌っている音が間違えていたことに後で気付く…まちがった音程を繰り返し練習していた~(T_T)
音取りはしっかりしないといけませんな。

今日はThaniwaちゃんも練習に登場!本番は残念ながら仕事ででられないのですが、久しぶりにコーラスが歌いたいと参加してくれました!(^0^)/
ソプラノのsuwan、メゾのたま嬢、アルトのThaniwaちゃん、ああ、あとここにさつまくろぶたちゃんがそろえばなぁ。まぁ、仕方ないけどさ。またSTIAの4人で歌いたいね。

●「Kirie」の指導ポイント
入りの「K」の子音しっかり、伸ばす「e」母音美しく。
「Kirie」でも「Christe」でも注意点は一緒ね。
「eleison」の「e」「lei」の母音、「son」は深く響く声で。
「son」の「n」も忘れずに響かせる。

言葉のアクセントどおりに表現を。
5ページ3段目の「Chri-ste」(クリステ)の連続歌唱部分、「Chri」の方が低い音で、「ste」の方が高い音になっているけど、アクセントは「Chri」にある。ということは「Chri」の方をたっぷり歌って、「ste」のほうは抜く感じで。
つまり、指揮法で習ったアルシス(飛躍)とテーシス(休息)を意識だ!先生と一緒に右手で指揮をふると歌いやすい(笑)

アルシスとテーシスをどう説明しようか。
たとえばね、童謡の「赤とんぼ」で「夕焼け小焼けの赤とんぼ」と歌うときに、「夕焼け小焼け」部分、音の高さでは「け」が一番高いけど、「夕」や「小」の方をしっかり歌った方が美しいでしょ。どの言葉をたっぷり印象的に歌ったほうがいいか、逆にこの言葉では抜いたほうが他の言葉が引き立つというようなことなんです。
こういうことを実践しないと「棒読み」ならぬ「棒歌い」になってしまう。
あ~う~、歌ったほうが説明しやすいや(;^_^A

楽譜についていないリズムの揺らし、音楽家の山本先生ならでは。3拍目と4拍目にリタルダンドでひっぱった後に、ア・テンポ(元に戻す)。これを1小節単位で入れていく。
そういえばこういうテンポの揺らしもゴスペルではあまりないよね。そうか、オケを使って演奏するから無理なのか。生演奏でないとこういうのは出来ないもんね。
suwanがいろんな曲を歌うときに、ついつい音符の流れで、実際の楽譜の音符の長さよりも、ためたり早めたりして歌いたくなるのは、山本先生の影響を受けているからでしょう。

休憩時間の時、不安な部分の音をとっていたときのこと。現役生がはなしかけようとしていたのにまったく気付かなかったsuwan。現役生が恐る恐る怖々の様子だったらしく、Thaniwaちゃんがsuwanに呼びかけてくれた。
んでもって、現役生にsuwanを紹介してくれました。
「この人が元・指揮者のsuwanです」

( ̄□ ̄;)!!
(元・鬼部長&鬼会計のThaniwaちゃんにいわれたくないやい!)

でも現役生に歌を褒められて、ちょっとゴキゲンちゃんのsuwanです。

●「Gloria」の指導ポイント
p(ピアノ)の表現と歌いまわしについて何度も注意がありました。
ゴスペルではpで表現すること、ほとんどないもんね。
ちなみにpというのは、弱く歌うのではなく、柔らかく、もしくは緊張感を持ってうたう。母音のみを響かせるpか、小さい音だからこそ子音を立たせるpかはその場に応じて考えよう。
「et in terra」のpで入るところは、明るく柔らかい声で響かせる。そう、小さい声でも響かせるのです。しっかり準備して入ろう。

「lauda muste」はさっきと同じで、言葉のアクセントが強い低音の方の音をしっかり出して、高い音は抜いて歌う。抜くほうが腹筋をより使うんです。強く出すほうがむしろ楽だよ。

19P以降、まだ音が正確に取れていない…♯や♭があちこちについていて難しいのなんのって!来週はもう本番なのに…ヤバイ、ヤバイっす
アタフタ ヘ( ̄□ ̄;)ノ ヽ(; ̄□ ̄)ヘ アタフタ

今日は何度も「深い声で!」「響きのある声で!」という声が飛んだ。
ただ声を出すだけではだめ。美しい声になるように、口のあけ方、のどの開き方、響かせ方を研究しよう。

山本先生はもともとはピアニスト。だから私らからみたら完璧な姫野先生の伴奏にもどんどん指示を出していく。するとまた、さらにピアノが素晴らしくなる。すごいわ~!

明日が最後の練習。頑張る~(>_<)。

なんばへThaniwaちゃん、たま嬢と移動中、山本先生と同じ電車になりました。山本先生が気を使ってくださって、先生の隣の座席に3人のうちの誰かを座らせようと声をかけてくれました。
先生「suwanさん、一番上なんだから座りなさい」
suwan「(T_T)、3人同回生ですぅ…」
(ちなみにこの3人の中では一番若い)」

先生「ところでsuwanさんはまだ(苗字は)suwan?」
suwan「(T_T)はい…」

(ノ_・、)シクシク



この後のゴスペル三昧とキリヨシ錬の模様はまた後日~
(-_-)zzz

行方不明CD

いろんな人にCDを貸していたら、誰に何を貸したか、わからなくなっちゃいました(;^_^A

suwanからCDを借りたという記憶がある方、ご連絡いただけますでしょうか(;^_^A
どうぞよろしくです~m(_ _)m

1枚目はゴスペルのオムニバスアルバム「ヒーリング・ゴスペル・プレミアム」
healing gospels premium
1.アメイジング・グレイス(ボーイズ・クワイアー・オブ・ハーレム・フィーチャリング・ジェラルド・アルブライト)
2.「ママ,アイ・ウォント・トゥ・シング」
3.小さな願い(アレサ・フランクリン)
4.アイム・ゴーイング・オール・ザ・ウェイ(サウンズ・オブ・ブラックネス)
5.ハッピー・デイ(ビービー・ワイナンズ)
6.ピープル・ゲット・レディ(TAKE 6)
7.アイ・ビリーヴ・アイ・キャン・フライ(ヨランダ・アダムス・デュエット・ウィズ・ジェラルド・レヴァート)
8.リーン・オン・ミー(フォンテラ・バス)
9.ネヴァー・ゲット・オーヴァー・ユー(ザ・スティールズ)
10.ザ・ロード・イズ・マイ・ライト(アンドレ・クラウチ)
11.エヴリデイ・ザ・セイム(ワイナンズ)
12.真理を求めて(リンダ・ルイス)
13.きみの友だち(ダニー・ハサウェイ)
14.イッツ・ノット・オーヴァー(カレン・クラーク・シェアード)
15.アイル・ビー・ゼア(Baby Boo)

2枚目はカーク・フランクリンの「The Nu Nation Project」
nu nation
1.Interlude: The Verdict
2.Revolution
3.Lean on Me
4.Something About the Name Jesus
5.Riverside
6.He Loves Me
7.Gonna Be a Lovely Day
8.Praise Joint [Remix]
9.Hold Me Now
10.You Are
11.Interlude: The Car (Stomp)
12.If You've Been Delivered
13.Smile Again
14.Love [Remix]
15.My Desire
16.Blessing in the Storm
17.I Can

って、呼びかけておいて、自分の部屋からでてきたらどうしよう…
どきどき

選曲と葛藤と

佐保練の後、歌で仕事しているようやなと呆れられつつもキリヨシ練のため、奈良からなんばへ移動。電車に乗ったとたん寝てて、起こされたらなんばだった(;^_^A

スタジオで、まずは9月10日(日)のライブのための選曲。いろんな楽譜をみて、MDで曲を聴いてあーでもない、こーでもないといろいろ意見を出します。それぞれ持ち寄った曲を書き出し、30分のステージをどのような構成にするかで考えていく。
コーチの人脈、番長のアイディアをフル活用で、面白いことになりそうです(^-^)

本日のsuwan、佐保ではソプラノで高い高いラを歌い、キリヨシではテナーで低い低いミを歌う。のど酷使でガラガラでやんす(>_<)
このところ低音ほとんど歌っていなかったから、テナーの音階が辛かった。後半は音量セーブしたけど、ちょっと遅かったかな。

とはいっても、問題はやっぱり練習時間。
本当はみんなもっと練習したいんだろうけど、今のsuwanはキリヨシ練、週1のペースでも、心身・時間・お金の3要素でしんどくなってきている。毎回毎回suwanがみんなのやる気に水をさしていて申し訳ないのだけど…さてどうしたものか。

今日でこれだけヘロヘロということは、来週の佐保・三昧・キリヨシ練3レンチャンのりきれるんやろか…
仕事も音楽もそれ以外でも、考えなしに予定入れすぎたか。。。

てゆーか、今週4日連続研修出張でした!
はよねよ!

楽譜にカタカナ書いても口がついていかない(T_T)

6月18日(日)の奈良県合唱祭にむけて、合唱団佐保練。
本番は大和高田さざんかホールで13:20頃の予定。
当日練習は大和高田で9時集合からだから、当日は6時起きか…(;^_^A

今日は発声練習の前に柔軟体操や腹式呼吸を多めにしました。まさしく大学時代の部活のようだよ。
<体操>
・肩をまわす
・首をまわす→目を閉じないこと
・体はまっするで首だけ真横を向く
・上半身脱力でウエストひねり
・手をぶらぶら
・ひざをまわす

<腹式呼吸>
①お腹に息を入れるようにしっかり吸って、2拍そのまま息をとめて、ツーと歯の裏に息をあてながら息をはききる。
②①で息を吸うときに背伸びをして、息をはくときに足を戻す
③②で息を止めるのを4拍→6拍と伸ばしていく
④吸って、止めて、息をはききって、体を90度前に倒して、背中に息を入れるつもりで2拍で吸って、体を起こして息を吐ききる。
⑤④をして最後に息をはききる時に「マメミモム~」の発声をする
体操と呼吸法だけで汗びっしょりです。

<発声>
・のどをあけて腹筋アタックで「ノア・ノア・ノア」(ソ・ミ・ド)
・子音も意識してアタック使って「ミッヒッヒッ」(ソ・ミ・ド)
・レガートで息を流して「ミーサーイ」(ドミソミドー)
・細かいスタッカートで「ヤパパパパー」(ソ・ファ・ミ・レ・ドー)
この前やった4種の発声に加えて、ハーモニー作りの発声を。
 ソプラノ:ドドドシ・ド~
 メゾ:ソラソソ・ソ~
 アルト:ミファミレ・ミ~
3パート同時に歌って和音の動きを確認します。最後5つめの音の前にブレスをして、最後の和音はクレッシェンド&デクレッシェンドをつけて膨らませます。
歌からしばらく離れているOGばかりだけど、すぐに声が合うものです(^-^)

●「Gloria」の指導ポイント●
・曲の入り、ここですべてが決まる!ブレスの準備しっかりして、華々しくはっきり!息を吐ききる!
・楽譜に書いてある記号の表現は最低限入れた上で、指揮をよく見ること!
・「tis」の語尾の「s」は指揮をみてあわせる
・「bus」や「mus」の「u」母音は「o」母音の口で。のどの奥をあけて深い発声で。
・同じ8分音符でも、アクセントの強い言葉の音符の方はしっかりたっぷり歌う。
・8分音符などの短い音符でも一つ一つの母音を響かせる。
・「Quoniam」が「クオーニャム」にならないように。のどの奥を開けて「クオーニアム」と響かせる。
・ラストの高い高いラの「Amen」、ffからさらにクレッシェンド!

8分の6拍子と8分の5拍子のリズム難しい部分、8分休符を意識しよう。
ピアノ伴奏の左手の音を聴くと良いね。

●「Kyrie」の指導ポイント●
・やっぱり曲の入り、一発目の「Kyrie」が命!
・「e」で伸ばすとき、響きを落とさないように。
・「eleison」のアクセントは「lei」
・「eleison」の語尾の「n」、切る前に響かせる。

まだまだ全然指揮を見れていない。テンポの揺らしや抑揚、語尾の入れるタイミングは指揮を見てきっちりあわせたい。

本番まで練習、あと2回。
なのにまだ音が取れていないところがある。
も~~~~がんばらなくっちゃ~~~~~~~~~(T_T)

K・Y・K、うぅ~ん♪

まずは告知から!!
9月10日(日)夕方に梅田のアズールというお店でキリヨシライブすることが決定しました!
(≧∇≦)きゃ~♪
他のゴスペル・グループとのジョイント・コンサートのようなものになる予定です。お時間ある方、是非是非見に来て~~~~!!!応援しに来て~~~~~~!!!

というわけで、ゴスペル・レッスンの前に18時からみほりんさんと番長とでキリヨシ候補曲について話し合う。なんせまだまだレパートリー少ないもんで(;^_^A

そのときにあることに気付いた。
候補曲のためにたくさん楽譜やらCDやら持ってきていたんだけど、今日のゴスペル・レッスンで使う肝心の楽譜を忘れてきている…
( ̄□ ̄;)!!
リズム読みの練習しようと部屋で楽譜をおけいこバッグから取り出したんだった…
も~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!
suwanのあほぉぉぉぉぉぉぉぉぅぅぅぅぅぅぅ~~~~~~~~~~~(T_T)

毎回、何かひとつは大事なことが抜けている。。。
・・・年?
(ノ_・、)シクシク



19時からのゴスペル・レッスン。
はっちゃんのあざやかな黄色の洋服、めっちゃかわいい~!

今日は久しぶりにQueen Bee嬢のお隣で歌いました(^-^)Queen Bee嬢、歌声が以前よりもしっかりとして大きくなってはる!!彼女はもともと音程がめっちゃ正確なので、楽譜忘れて一緒に見せてもらう身としては、非常にありがたかった~。5月のライブ終えて、全員経験値が確実にアップし、実力ついているのを感じますv(^-^)v

●本日の発声
バズ、ハミング、お腹から声だし、3声ハーモニー作り(メジャー&マイナー)

歌うときの姿勢について指導がありました。
高い声を出すときってあごがあがりがちだけど、額から声を出すイメージであごは引いてまっすぐの姿勢でおなかからそのまま息を出す。

それにしてもハーモニー作り、土7は安定しているわぁ。めっちゃ気持ちいい!

●「The Weight」
【スキャット部分】波(抑揚)をつける。お腹で息を調節して自然な抑揚をつける。音が動く部分は軽いポルタメントか。あっ、そういえば「一人ドップラー効果」ってゆーてはった(;^_^A

【4-A部分】発音つなげて、なめらかに。息を流すというか、母音長めか。
  ×キャッチャッキャーノンボール
  ○キャーチャキャーノンボール

音の正確なQueen Bee嬢の隣で歌ったおかげで、音取り不安定な部分を意識できた。
65P1段目「Fanny」の「ド」の音と、2段目2小節目の「the」の「レ」の音、要注意!

●「Oh,Happy Day」
Oh Happy Day

今日から音取り開始。といっても5月のライブでメドレーで音は全員とってあるので、歌詞の意味、発音などをしっかりとしていきます。
新しい楽譜(vol.1)を購入。これで楽譜4冊がそろった!うわ~「People Get Ready」とか「Hallelujah」が入っているぅぅぅ!!\(^0^)/


師匠が「praise song」と「worship song」の違いを教えてくれました。φ(.. ) メモメモ

<praise song>
「神様ってすごいよなぁ!」「そうやなぁ!」というように、人間同士で神様の素晴らしさを歌う曲。「Oh,happy day」はこちらにあたります。そっか!神様のことを「He」と歌っている。
<worship song>
「神様、いつもありがとうございます~」と、神様にむけて歌う曲。神様に「You」を呼びかけている曲がそうなんだろうね。

「Oh」「happy」「Day」の歌い方、息をたっぷり入れてウィスパー。
「washed」の「wa」は「ヲ」よりも「ワ」に近く。o母音の時のようにのどの奥をあけるけど、声がこもり過ぎないように口を「a」母音のようにあける感じ。
「washed」の「shed」は4拍半でしっかりとそろえる。
「Jesus」はジーザスではなくジーズスに近く。
「He taught me how」が「ヒートーミーハー」にならないように「t」や「w」の語尾処理を。

師匠の伸ばす音のビブラートは本当に自然できれいだわ~。
コーラスの世界ではビブラート厳禁でしつけられてきた。ビブラートって下手するとピッチ下がって聞こえるのと、年をとるとビブラートつけたくなくてもビブラート声になってしまうから、ママさんコーラス声とかオペラ声になりがちなんです。
でも、師匠のビブラートを聴くと、歌い方なんだなと思います。「ビブラート声になっちゃった」ではなく、歌のテクニックとしてビブラートを使いこなせるようになりたいものです。

はっちゃんのピアノ伴奏のイントロ、今日はエドウィン・ホーキンス・バージョンだそうです。いろんなバージョンをパパーっと弾けるはっちゃん、やっぱりすごいっっ!



終了後、今日はさらにお楽しみが!
土7メンバー5人で合コンに行ってきました♪(^ー^*)えへ
社会人になって二度目の合コンです。ああ、土7に入ってよかった!(感涙)
ベティ部長!本当にありがとうございますっ。楽しい時間となりました(^0^)/

アトランティス ちいさな音楽会

ゴスペルレッスンに行く途中、梅田DTタワーにて師匠が無料ライブをする、それもギターがハンサム野口氏ということで、みほりんさんと一緒に張り切って見に行ってきました!

「アトランティス ちいさな音楽会」というのはドコモ主催の無料イベント。過去も様々なアーティストたちがライブをしてきたようです。
アンケート用紙にシアトルズ・ベスト・コーヒーの無料券がついていて、コーヒー飲みながら聞きました(^ー^*)えへ

師匠のHPやメルマガで情報を知ってきた師匠ファンもたくさんいたけど、人通りの多い場所でのライブだったので、たまたま聞こえた師匠の歌声に立ち止まって聞き入っている人もたくさんいたようでした(^-^)

本日の師匠は白と薄いピンクのチェックのシャツとジーンズでさわやかさん。久しぶりに眼鏡なしの師匠をみたーo(^-^)o
爽やかに晴れ渡る初夏、野外で歌う師匠はとても気持ち良さそう。こちらも日陰で風に吹かれながら気持ちよく聞くことができました♪

第1部は「君がそばにいるから」「Time after time」「最後ノ忘レモノ」の3曲。
第2部は「君がそばにいるから2」「STARS」「People Get Ready」「パートナーズ」「君の歌を」の5曲。

「君そば2」はやっぱり好きな曲で、
「STARS」は優しく一途な師匠わーるどど真ん中の曲で、
歌の技術という点では今日は「People Get Ready」が一番優れていて、
ファンとしては、目が合った(?)「パートナーズ」で心奪われ(。-_-。)ポッ♪
マイクなしで歌うパフォーマンスが印象的だった「君の歌を」も良かった!
あふぅ、今日のBest song選びも難しい。
う~ん。う~ん。う~ん。
やっぱり冷静に考えて「People Get Ready」かな。

ライブ後はお楽しみ抽選会や師匠のトークショー。
急遽、トークショーをしている隣で師匠のCD販売をお手伝いすることになった元土6クラスの2号さんとみほりんさんとsuwan(笑)
おつり用の小銭用意のために駆け回ったみほりんさん、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
それにしても2号さんのまつげは何度見ても長くて、くりんっ♪としてて美しいわ~。
今日も2号さんの横顔をじーっ(・_・)と凝視してしまうsuwanなのでした。

この後のレッスンについては、別トピックにて。

お誘い♪

ホットペッパー神戸版6月号をお持ちの方!
100ページ「音楽・ダンス・芸能」の上から3つ目の写真を見てみてください。
どこかでみた人が載ってます。
そう・・・あの顔の角度は!(≧∇≦)きゃ~♪タムナ…ヾ(- -;)

元町で7~8月にゴスペル・ワークショップがあるんです。
第1・3月曜19:30~
4回のワークショップで5回目はライブとのこと。
5回で10,000円というのはなかなかお得だと思うんですが。
Feel The Gospel

ね~ね~誰か、一緒に行きません?
会社から近いので、仕事帰りに行こうと思っているんだけど、一人はさみしいの~
仕事終わって、歌って、飲みに行こうよぉぉぉ~~~
って、飲みが一番の目的かよ(*^_^*)ヾ(- -;)



7月16日(日)のゴスペラッツのライブに続き、今年も8月19日(土)のa-nationのライブチケット、取れちゃいました(;^_^A

ね~ね~誰か、一緒に行きません?
場所は去年と同じ神戸ポートアイランド2期“神戸空港北会場”で3時から。
7800円で浜崎あゆみ・倖田來未・大塚 愛たちを見にいこう!
a-nation'06

ここ数日、メインサイトの日記でさんざんお金がないと言っておきながら、歌とライブに使うお金は全っ然減らせないsuwanなのでした~(;^_^A
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。