スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「コーラス」

sourireちゃんと映画「コーラス」を見る。
フランスで7人に一人は見たという前評判を聞いてとっても楽しみにしていたのです。

問題児ばかりの荒れた寄宿舎に赴任してきた音楽教師マチュー。
体罰ばかりの校長のもと、人間不信になっている子どもたち。
コーラスを通じて問題児たちが純粋な心を取り戻していく。

「顔は天使だが心は悪魔」という学校一の問題児モランジュの奇跡の歌声。
ボーイソプラノの美しさは息をするのを忘れるくらい!
心が洗われる心地とはこのことか。
憂いを秘めた顔がまたたまりません。

一生懸命でひたむきな子どもたちをみていると、自分もやさしい気持ちになれる。
モランジュのおかーさんへの恋心を抱くマシュー先生がまたほほえましい。
モランジュがマシュー先生に罪を許され、歌うことを許され、のびのびと歌うシーンには、心が温かくなります。
ラストシーンでは涙がぽろり(;_;)

「歌うときだけ、幸せだった。」というコピーもすき。
もう一度見たい、聞きたい映画です。
スポンサーサイト

表情つくり・表現つくり

18時からの自主練。
先週のリハーサルのときのMDを聞きなおして反省会。

いろいろと細かいチェックを入れてみたのだが、
音は取れている、歌は決して下手ではない、それでも伝わるものがないという厳しい結論に達した。
根本的な問題である。

歌がうまいというのはやっぱり表現力である。
これが一番の課題なんだけど、普通に何度も繰り返して歌うだけでは解決にならない。
ただきれいに歌うのではなく、歌い手一人一人が伝えたい思いを伝えようとして歌わなくては魅力のない歌になってしまう。
一皮むけるにはなにかきっかけが必要なのかなぁ。

****************************
19時からのレッスン
リハのMDをみんなで聞きなおす。
めちゃおっきな音で聞いたので、きたないところや下手なところまでよ~く聞こえていたたまれなかった。たは~

今日の先生の指導は終始「顔の表現」についてであった。
やっぱりここが一番の問題か。
間奏の間の顔も大事。
気がぬけないように。

せっかく自主練用にぎんちゃんのピアノを録音しようとしたら
MDの電池が切れた…(>_<)
も~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!
つか、もっと早くに録音させてもらうべきだったかも。

****************************
20時からの自主練

残念ながらピアノの録音がうまく取れていなかったため、結局アカペラで練習(;^_^A
エレクトーンがあったので、16ビートのリズムを鳴らして歌ってみた。
何もないアカペラで歌うのに比べると断然歌いやすい。

鏡のある部屋だったので、鏡を見ながら歌ってみる。
まわりの人の顔が見えるから照れがあるのかもしれないけど、あまり表情つけてうたっているように見えない。
一生懸命がゆえに無表情になっているのかもしれない。
無表情でゴスペル歌っても仕方ないよなぁ。
伝えようとすることで声が変わるはずなのです。
もったいないなぁ。
歌心を声だけで表現できるに越したことはないけど、それがすぐには無理ならば「わたし、うたってますっっ!」「この気持ちを伝えたいの~~!!」と熱唱している感じがだせるだけでも全然違うと思うんだけどなぁ。

いま、ちょうどカウントダウンTVを見ながらこの日記を書いているのだが、歌手はみんな「うたってますっ!」「私(俺)をみて~聞いて~~!」「伝われ~~~!!」という顔で歌っている。

鏡みて気になったのが、目をつぶって歌っている場所がいくつかある。
目をつぶっているから、自分の姿がみえないんだけど、目を開けた瞬間に、あ、今、目をつむってたと気づくのが何回かあった。
やっぱり目は開けて歌わないと、自分だけの世界になってしまって、伝える力が弱くなる。
合唱で歌っていたときも、油断すると目が閉じていて、声は目から出すものとよく注意されたものである。

本番は髪の毛を固めて、両方の目とまゆげとひたいがすべて見えるようにしよう。

リハーサル&ゴスペル三昧

いよいよ5月8日のライブのリハーサル。
まずはクラス演奏の分のリハ。
練習室で30分ほど歌った後、先生たちのいるサロンへ。
サロンでは各クラスが入れ代わり立ち代りでリハーサル。

金曜に痛めていたのどはまだ完治せず。
練習室で歌ったときにはやっぱり声がガラガラ…(>_<)
マジでどうしようと一人で真っ青。
ペットボトルのお茶でひたすらのどを潤す。

リハでは、実際に一人一本マイクを持って歌ってみる。
自分の声が全然聞こえなくって、他の人の声ばかりが聞こえてくるからついつい声を出してみたが、実際には周りの人には十分聞こえていたらしい(;^_^A

アカペラ部分が全体的に音が下がっていて、ピアノが入ってきた瞬間に不協和音が…(>_<)いや~~~
3パートに分かれるところ、アルトが下がりきれていなくって音がはまっていない…
ぶへ~。これは私の声だわ。ごめんなさい~~

ラストのソロ部分、声が割れているわ、上がりきっていないわ、頭痛がしてきた…
なんだかもう、涙なくしては聞けないわ…(T_T)

録音MD聞き直してみたとき、テンポがまだ定まっていないから歌っていて不安がある。
アカペラ部分はゆったりたっぷり、ピアノが入ってからのところはやや早めの方が歌いやすいんだけどなぁ。

発音と伸ばすところの処理もまだまだそろっていない。
先生から指摘のあった「everything」の発音はやっぱりカタカナやなぁ。
個人的には「are」の発音も気に入らない。
ライブまであと練習は2回、課題はいろいろあるけど、ひとつずつ明確にしていきたい。
はやくのどなおれ~~~~~~~~~~~~~!!!

*****************************
全体曲の4曲のリハーサル。
さすがにすごい人数。
suwanたちの土曜7時クラスは後ろから2列目。
緊張することなく、余裕をもって歌えそう。

とりあえず、のどをいたわるためにも自分の出すべきところ以外はすべて口パク、もしくは裏声で乗り切る。
自分の声が入っていない録音MDを聞くのは新鮮。
私の地声は低め&暗めなんだけど、周りの声はどちらかというと明るめ&若い感じかなぁ。

声を出さない代わりに英語の発音を確かめながら歌い、表情を意識してみる。
本番までに合同曲も鏡を見ながら歌ってみよう。

合同曲のソロの人たちというのは、難しい音程やリズムをあまり力はいることなく見事に歌いあげている。
「一生懸命練習しました!」という感じがしなくて、自然に歌っているようにみえるのがすごいわ~。

練習の終わりに、合同練習前回制覇の人に寺尾先生と大西先生のサイン色紙が!
うわ~~~い♪がんばった甲斐がありました~~~!(大歓喜!)
05-04-19_20-13.jpg

*****************************
18時からはゴスペル三昧。
大学時代の後輩まめちを誘っていたので、早めに場所をとるべくスタンバイ。
おかげで前列どまんなかに座ることができました♪
曲はなんと「You Are」!

このときにはすでに500mlペットボトル3本目に突入!
いくらのどが渇くからって飲みすぎです…(;^_^A
音はもう全部取れているので、初心に帰ってイチから音と発音の確認をしていきました。
冷静に楽譜を見直す時間があるというのはありがたいことです。

ユカリ先生は見るからにお疲れがたまっているようで、口数も少なかった。
その分寺尾先生がテンション高くしきっていく。
はっちゃんのピアノとマンボさんのキーボードに歌いながらも引き込まれる。

休憩時間にユカリ先生のCDにサインをもらいに行ってきました(^ー^*)えへ
それもただのサインではなく、プレゼント用にメッセージを入れていただく。
本当にありがとうございます。m(_ _)m
サイン入りCD、きっと喜んでもらえると思います♪

のどを守るために途中まで声だしを控えていたけど、せっかくの豪華メンバーによるレッスンなので、最後の20分は今日の私にできるだけの声を出して歌ってみました。

さてさてひたすらトローチなめとこ~

のど、かぽーん。

日曜のボイトレで習ったのどあけ、今日も懲りずに鏡片手に訓練中。

(-o-)ふあ~。
(・o・)あー。
(>o<)おえ。
あごがいたひ~(>_<)

何度もおえおえしているうちに(;^_^A
10回に1回くらいのどの奥がみえる瞬間がある。
まったくできないならすぐにあきらめるんだけど、
ビミョーにできそうなだけになかなかやめられない。

1時間ほど鏡の前で大口あけていたら
だんだんできるようになってきたかも~!

まだ鏡をみながら時間をかけないとできないけど、一歩前進!
わ~い♪

ねぇねぇ、おかーちゃん。
私の集中力というか、はまり症というか、のめりこむところって
おとーちゃんそっくりだよね・・・。

ボイストレーニング体験!

5日の合同練習の時にアナウンスのあった、寺尾先生のボイストレーニングの体験レッスンに行ってきました!

通常1時間5万円のレッスンをなんと1000円で体験できる!
しかも、なんと!おさわり付き!
(不適切な表現が2つも含まれています。)
(先生、ごめんなさい。)
(謝るくらいなら書くなっちゅーねん!)

参加者7人中4人が土7クラス!(4人で大笑い)
残りの3人のうちの2人も別のクラスの教え子らしい(笑)
知った顔ばかりで体験レッスンの意味ないし。先生、困惑気味。(;^_^A
みんながそれぞれもっといい声になりたい、自分の声をしっかり見てもらいたいと思っているということで。。。わはは。

だって~、歌えば歌うほど自分の声や歌い方をよくしたいという欲が出てくるんだもん。
どうせ歌うなら自分も聞いてくれる人も満足できるものにしたいから。
ちなみに「どうせやるなら…」は、suwan口癖のうちのひとつデス。

さて、本題。
内容は通常レッスンの最初に10分くらいやっている発声練習を、いつも以上に時間をかけてじっくり丁寧にしていただきました。
まずは腹筋を使って「S・S・S・S・Sー」と息を鋭く出す。
その後呼吸法。
このときにお手本として先生のおなかとせなかをさわらせていただく。
みんなで円陣組むようにして、先生のおなかをぺたぺたさわる。すごい姿である(笑)
しかもOさん、さわるというより突いてるし(笑)
さすがに先生はめっちゃ腹筋と背筋使ってはります。よくうごく~。

先生の「最近おなかがでてきて…」の言葉に過剰に反応するみほりんさんとsuwan。
二人して笑いすぎ。(;^_^A
いや~、昨日のみほりんさんとUさんと3人で飲んでいるときの会話を聞かれているのかと思いましたわ。(滝汗)
早速、Uさんにメールで報告したら「それは腹筋じゃないんですかってフォローしてあげればよかったのに」との答えが。
そっか~、suwan、まだまだです(>_<)

suwanは合唱訓練のおかげで腹式呼吸はできていると思うが、今度は背中も意識してみることにしよう。
(あう~、おなかもせなかも脂肪が…(>_<)人のこと、言えんし。)

続いて「m」のハミングを響かせる練習と「m」の発音から口をあけて「A」への展開。
今日の練習室はおっきな鏡がある部屋だったので、全員で鏡をみながら口の形やのどの奥をみて発声をする。これはイイ!!

自分ののどが本当に開いているのか、上の歯がちゃんと見えるように口があいているのかなどは、やっぱり鏡を見て確認しながらするのが一番!
そういえば中学の時、部活(コーラス部)で鏡を見ながら練習してたよなぁ。

のどをあける練習で、先生が口を大きく開けて、まさにのどの奥まで見せていただいた。
これが本当にすごくって、この日記に書けないくらいの感動モノ!!
今日のレッスンの一番のポイントでしょう!
舌の位置が全然違うんです!
百聞は一見に如かず。もう、それはまじまじと口の中を覗き込んで見てました。
普通、人ののどの奥をのぞきこむことなんてないでしょう。本当に貴重な経験をさせていただきましたm(_ _)m

口を大きく開けてのどを開けているつもりでも、舌の奥がぺターンと平たくなっていなければ、結局はのどの奥があいていないのである。
これは鏡を使って自分の目でのどを見てみないとできているか、できていないかが分からない。
先生の見事なお手本をみた直後に実際に鏡で自分ののどを見たからこそ、自分ができていないことがわかる。

むりやりのどの奥をさげようとすると、おえっとなるのです。(>o<)
舌の奥があがっていると、のどの奥が見えそうでみえない。
惜しいところまでいっているんだけどなぁ。

ちなみに今、日記書きながら、片手に鏡を持っておえおえしたり(笑)、あくびをしてのどを覗き込んだりしすぎて、すっかり涙目。あごがいたひ~(>_<)
残念ながら本物のあくびをしても、今日の先生ののどの状態にはなっていない。む~~
・・・人には見せられない姿ですわ。(苦笑)

先生のボイトレは木曜のお昼ということが判明。
これだけ参加しといて誰も行けないし(;^_^A
年に何回か(できれば休日に)、ゴスペル三昧みたいに単発で、ボイストレーニングの集中講座のようなものをしてくれないかなぁ。

ほな、おつかれちゃ~ん!

本日は4時間歌づくし! 長いけどいきまっせ~~~~~~!!

 ●17時の部●
ThaniwaちゃんとTama嬢の結婚披露宴で歌う「パパパパーンの歌」の音取り。
アルトの音はけっこう低くて難しいわぁ。

suwanも今まではメゾだったけど、STIAのときはソプラノだから音の取り直し。
まだ自分の中でソプラノの音が定着していないから、アルトを引きながらソプラノをうまく歌うことができない。(;^_^A

Thaniwaちゃんが練習中ずっとMDで録音している。
suwanがしょっちゅう大事なところでピアノを弾き間違えて、動揺しているところまで見事に録音されているのがなぁ(;^_^A
satsumakurobutaちゃんのためにメゾの音をとったMDも録音しようとしたが…やっぱり弾き間違える。
正しい音、がんばって自力でとってね~。

----------------------------
 ●18時の部●
「You Are」の自主練習。
suwanは土曜は仕事お休みなので、練習はすべて出ることができているのだけど、
他のメンバーは土曜も仕事の人が多い。
先生の指導内容やみんなで決めた歌い方とかがなかなか全員に伝わらない。

とはいっても、本番まであと1ヶ月しかない。
ということで、A4の紙に歌詞を書いて、今までの内容のまとめというか復習項目をすべて記入したものを用意してみた。(でた~!suwanのおせっかい攻撃!)

まとめ用紙を見ながら、今までで一番上手に歌えていたと自画自賛している3月12日のレッスンのMDと原曲のMDを聞いて、改善点と歌のポイントをみんなで考える。

行き着くところ、課題は3点。
①英語の発音、②抑揚、③伸ばす音の歌い方(どこまで伸ばすか&語尾の処理)である。
そうこうしているうちにあまり歌わないうちに時間が来てしまった。

----------------------------
 ●19時の部●
通常レッスン。なんと見学の人がきていた!!
suwanが最初見学したように土曜の3つのクラスをすべて見学されている模様。
「うちのクラスは少人数だから先生にしっかりみてもらえていいですよぉ~♪」
と、suwanが見学のときにMさんに言われたこととおんなじことを言って勧誘してみる。(笑)

今日で立ち位置が決まりました。
5月8日(日)のライブを見に厚生年金会館まで来てくださるあなた!
suwanちゃんは客席からみて左から4番目です!(^0^)/

本日の寺尾先生は白の妖精ルック(笑)
あれ、おなかがdddddddガガガガ…ピーーーーーー!!!(電波障害が起こりました。)
ピアノのぎんちゃん、花粉症で大変なことになってました(;^_^A
それにしても先生…
見学の人がいるのにあんなシモネタ、大丈夫だったんでしょうか。。。(>_<)

さて、本題。
今日から見せ場のハモリ部分のみ、suwanさんはアルトにいくことに。
よってこの部分はパートバランスが「ソプラノ:メゾ:アルト=3:3:4」
おお~!いい感じかも~♪

さっきの自主練で課題として出た語尾の処理を集中練習していただく。
練習するとその場で良くなるのがうれしい。

曲の入りのアレンジ。
やさしくうたうようにという指示。MD聞いてみると、全体的に幼い声に聞こえてしまう。
低い音だけど次はあえて裏声で柔らかくうたってみよう。柔らかく響きのある合唱声がうまく出せるといいなぁ。

今日から表情をつける指導が入る。顔で歌う合唱人suwanにとって大好きな分野!(笑)
今度の練習までに鏡をみて自分の歌い顔をチェックしておこ~。

「everything I need,You are」のときに誰のことを思い浮かべて歌うかがこの曲のポイントかもしれない。
それがこの曲のすべての表情を決める。
あ~、ガラスの仮面を読みなおしたくなってきた。
(危険!危険!一気買い警報発令!suwan!目を覚ましなさいっっ!)

<本日の復習ポイント>
①語尾の処理:within、wind、sins
②伸ばすところ:You are(ブレス取って4拍分伸ばす)
③発音:Your arms

----------------------------
 ●20時の部●
再び自主練習。指導のあったところを再度確認しながら復習。

ピアノ伴奏がないのでアカペラで練習になるのだが、そうなるとどうしても全員のリズムがずれる。
そこでみんなでステップを踏んで歌うことにした。

その場でテープに録音して確認しながら練習を進める。
「You are」の「are」の発音が油断すると幼くなってしまう。
毎回きちんとできている部分もあるから意識の問題か。

「everything」の発音も気になる。

ラストのアドリブ(ソロ)とクワイアのかけあい部分。
アドリブということは毎回どんなことになるか、いつ終わるのかわからないため、みんなの不安が大きい。
そこでソロのメロディ・長さを決めてしまって、曲の終わり方も決めて、安心して歌おうということになった。

というわけで、次までに楽譜用意しまっす!

強化練習!

ゴスペルライブまであと1ヶ月となった。
全員による合同曲4曲の練習も、今日と金曜の強化練習とリハーサルくらいとなった。
今日の練習にでるために昨日めっちゃくっちゃがんばった甲斐あって、18時半には会社を出ることができましたぁ~(^0^)/

会場に入ったとき、4曲のうち2曲目「Jesus,oh what a wonderful child」をやっているところでした。
発声をしていないから、最初はのど慣らしついでに歌う。
む~今日は声の調子が悪い。。。昨日睡眠少なかったからなぁ。
あんま無理せんどこ~

移動中にマライヤ・キャリーの原曲聞きながら来たから、頭の中で復習をしてきたんだけど、周りの人たちがあまり過去の練習で注意をうけたことを実践できていないので歌いづらかった~。注意ポイントを知らない人が多かったのかなぁ。

例えば「listen」の発音が「リッスーン」になっている(→先生は「リッサーン」と歌うようにと言っていた)とか、
「Oh~」は「a」の口をして「o」と歌うとか。

ラスト、寺尾せんせ、いったいどんだけ伸ばすんですかい!
でもおもろかった~♪

続いて「What a friend we have in Jesus」。
なんとなくみんな疲れているせいか、テンションが低い。
この曲はテンション低いとしんどいだけである。
でも、きばりすぎてものどをいためそうなのでsuwanもやや音量は抑え気味。
てゆーか、リード・ヴォーカルのTさんがいなかったからというのもあるかな。
その代わり発音を意識して歌ってみました。

休憩後は、Kさんがわざわざ取っておいてくれた前列で(;^_^Aうたうことに。
あっ…木曜12時の憧れのべっぴんさんの隣になっちゃった~!きゃ~(*^_^*)

ちなみに明日がユカリ先生のお誕生日ということで、全員でHappy Birthdayを歌う!
この場にいて、お祝いすることができてうれしいわぁ。
練習これて本当によかった~♪

「He Reigns」は好きな曲なのでテンション高く歌う!
「now!」のシャウトは我ながらなかなかいい感じ(^ー^*)えへ
最後のリタルダンドがもっと全員でパシッとはまると気持ちいいんだけどなぁ。

最後に実際の並び通りになるようにクラスごとに並んで4曲を歌うことに。
ちなみにsuwanが勝手に憧れている人は複数いるのだけど、そのうちの一人、土曜6時クラスの憧れの女性の隣となった。きゃあああ~~~(*^_^*)
この方もスタイル良く、キレイで、歌がめっちゃうまい人なのです。
ああ、もうsuwanちゃん、しあわせです。たは~。

次の強化練習は金曜。
金曜は仕事の締め切りが重なっているのです。行けるかなぁ…(>_<)

♪I love you forever あなただけのこと

5月にひかえたTちゃんの結婚披露宴で伝説の美少女ユニットSTIAが再結集し、歌うことになった。(*^_^*)
曲はゼクシィのCMでおなじみの「パパパパーンのうた」

もともと持っている4部合唱版のコピーを送ってもいいんだけど、歌詞が読みにくいし、せっかくだから3部合唱版の楽譜を作る。
メンバーに楽譜作成ソフトFinale NotePad for Win を紹介して、楽譜をメール配信。
みんな、うまくダウンロードできたかなぁ。

以前に歌ったときはメゾだったけど、STIAのときはソプラノのsuwanさん。
また覚えなおしだ~(;^_^A

4人全員がそろうのは前日くらい。
その前になんとかして全員が音をとれるようにしないとなぁ。
Aちゃんのためにも、休みを使ってぼちぼち音取りMDの準備をしよ~。
カレンダー
03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。