スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽譜づくり

6月くらいにあるゴスペルクラスのNさんの結婚パーティに、クラスで何か歌うように依頼があった。

昨日みんなで集まったときに曲を決める。
持ち歌であるゼクシィのCMでおなじみの「パパパパーンの歌」のほかに2曲ほど候補があがる。
そのうち1曲は原曲のCDはあるが、楽譜がない。
しかもハモリ部分はこれから作成。
というわけで、ひたすら何度もCDを繰り返しきいて楽譜に起こしてハモリ作り。

ピアノやキーボードがあれば、楽なんだろうけど、ないものは仕方がない。
でもsuwanちゃんにはPCがある!
今日お世話になったのは楽譜作成ソフトFinale NotePad for Win
・・・また面白いおもちゃを手に入れてしまった・・・
一日どっぷり楽譜作って遊んでました。(^ー^*)えへへ
スポンサーサイト

半ズボンカリアゲ君の王子様白タイツ

今日のレッスンは和音3音を聞いてそれぞれのパートの音を取る練習から始まる。

たとえば、先生がド・ミ・ソを同時にジャーンと弾いて合図とともに「A~♪」と歌う。
3音同時に鳴らされると真ん中のメゾの音を取るのは難しい。
別のパートの音を聴いてから自分の音を確認する。
このときの注意点は、自分の音だけを取らずに、3つの和音を感じて音をとる。
先生は「点で音をとるのではなく、線で音をとるように」といっていた。なるほど~φ(.. )

「ド・ミ・ソ」の和音はまだ取りやすいけど、「ラ・ド・ミ」の短調の和音のときはそれこそ和音を体で「感じ」ないと歌えない。

慣れていない分、一発でサクッと決まらなかったけど、こういう練習、すき~。
また、何度かやって欲しいなぁ~。

さて、いよいよ「YOU ARE」の練習。
息の流し方、抑揚のつけ方、大事な言葉の歌いこみ、声の色のつけ方…
歌えば歌うほど課題が見えてくる。
ウィスパー部分、先生の注意内容はよくよく理解できるんだけど、なかなか思うように歌えていないよう。
というか息が続かない。(>_<)あひ~

静かな、抑えた気持ちの中にある熱い思い。
この熱さをどのように表現すればよいか。

歌がうまい人というのは声が大きいだけではだめ。
音やリズムが正確に取れるというだけでもだめ。
やっぱり感情の込め方や抑揚や揺らしができることが大事。

本日の先生の歌い分け実践コーナーは演歌(笑)。
正しく歌っても魅力のない歌と、表現に色をつけたことでじんじん伝わる歌の違いがよ~く分かりました。

いろんな注意点、頭では分かっているんです。
でもうまく歌えない自分が歯がゆい。
歌いこむ時間が欲しいが、レッスンは60分しかない。短いよ~(;_;)
30分でいいから個人的に声や歌をみてもらいたいなぁ。

そうそう、今日のピアノはなんとはっちゃんでした!
うつくしい。。。うっとり。ピアノだけでもきいていたい。(*^_^*)

実は今日から19時から20時のレッスンをはさんで、18時~19時、20時~21時に練習部屋を取ってもらって+αの練習を始めました。
さすがに20時からの練習ではだんだん上達してきたかな。
ああっ、20時からの練習、録音するのを忘れてた…suwanのあほぅっ(>_<)
せっかく人数が集まるので、練習だけでなく衣装やその他もろもろの打ち合わせも兼ねる。
本番までリハーサル入れてあと5回しかない~~~~~(>_<)

THE GOSPEL Ⅱ ~ONE VOICE ONE HEART~

フェスティバルホールというのは演奏を見に来る場所、聞きにくる場所と思っていた。
まさか、このホールで歌うことができるなんて!
始まる前から幸せをかみしめる。

正直、5曲の暗譜はどうなるかと思ったけど、フェスで歌いたい、ライトの下で歌いたい、この思いを胸に、すきま時間さえあればずっと練習・復習をしてきた。
読書とかと違って音楽は、歩きながらでも活動しながらでも聴けるのが良かったわ~。

リハーサルで立ち位置が決まり、1本のスタンドマイクを2~3人で囲んで歌う。
先生方は何度もマイクに近づいて歌ってと指示をされていたけれど、
リハーサルのときはマイクをあまり意識せずに、客席の隅々をながめて、のびのびとうたってみました。>これこれ。ゆーことちゃんとききなはれ。
きもちよかったぁ~~~~~~(^ー^*)えへ

ちなみに「THE GOSPEL」では西日本のヤマハの6つの団体が集まってのライブ。
わが「NAMBA10,500(税込)Vクワイヤー」は総勢92名で6団体のトリを飾る!

演奏する曲は、ラテンのノリで血が騒ぐ「He Reigns」
愛する人に思いをこめて歌いたいバラード「Love」
おなかの底から吼える!叫ぶ!「Do you know him」
3曲の選曲と順番が良かったこともあって、いいステージだったと思います。

途中やばい場所やビミョーな音の場所もあったけど(あ~どきどきした…)
持てる力を十分発揮できたのではないでしょうか。
リハではほぼ無視していたマイクも、メゾの音を聴かせたい場所はマイクに近づいて歌う。
流石に本番ではお客さんに声を届けなかったら意味がないからね。

3曲が終わると、6団体合同演奏。約700人での大合唱。
U2の「I Still Haven't found what I'm looking for」
Rattle and Hum

ユカリ先生の指揮による「Worship the Lord」
このころには声がガラガラだったから裏声使って無理をしないようにしてたけど、最後の最後までみんなで歌うことを楽しんでいました。

タイトルどおり、声と心がひとつになったことを感じた。
一緒にうたった仲間、ライブを運営している方々、客席で聴いてくださっている方々、そして寺尾先生と大西先生に心からありがとうをいいたい。

全力を出し切っただけに、自分たちの演奏がどうだったのか、冷静に見てみたいし、聴いてみたいなぁ。
聴きに来てくれたみわにーやまめちに今度あったとき感想きこーっと。

「一丸となってボケよ~や~」

2月20日に向けての最後の練習。遅刻したけど、2時間は練習に参加できた!
・・・スーツの女はsuwanくらいで、ちょっと浮いてる?(;^_^A

今日はユカリせんせがいらっしゃる~~~♪
アディダスのピンクジャンパーがめちゃかわいい~~~~~(*^_^*)
全体曲の「Worship the lord」はユカリせんせが指揮をふるらしい!
うわ~~~い♪って喜んだけど、今日は楽譜にかじりつきで指揮をみる余裕なっすぃんぐ。(>_<)

振り付けを考えるせんせ方、もうサイコーですっっっ(^0^)

最後の練習ということもあって人数が多かったからかもしれないけど、前回(1日)の練習に比べたらまともになっている気がする。

仕事帰りに遅刻して参加すると毎回「He Reigns」の練習ができない(>_<)
最後に全曲通したとき、なんとなく発音や歌い方が自分とみんなで違うような気がする・・・

本番まであと5日!
明日の出張移動中は今日の練習MDのエンドレスリピートや~~~!!!

suwanカンタービレ!

3月13日の関西マンドリンフェスティバルにて、マンドリン演奏のバックコーラスをすることになった。
去年大学の音楽部のOGのZ先輩に声をかけていただいたとき、
本番が神戸文化ホール(部屋から徒歩10分)だからという理由でホイホイ引き受けた。

演奏曲は「天空の城ラピュタ」の「大樹」というオーケストラ向けの組曲。
大樹

最後の曲で「君をのせて」を歌う。
今日は練習のために、淡路のクレオ大阪北までやってきました!

コーラスメンバーは大学の音楽部のOGで10人程度。
まずはコーラス隊で自主練。ただし、練習場所がないため、クレオ大阪北の廊下でちっちゃな声でひっそり練習。
途中、クレオの人らしき人が声を聞きつけてやってきたときはドキドキしたけど、目をあわさないようにして気付いていないふりをして小さな声で練習を続けていたら、見逃してくれました(;^_^A

マンドリンとの合わせでは、思っていたよりも大人数でびっくり。
ギターとマンドリンだけかと思ったら、フルートやクラリネットといった管楽器やコントラバスとかも入っていて、立派なオーケストラでした!
こんな環境で歌えるなんて!!思わず頬がゆるむ。

ギタマンの指揮って、合唱のものとも、オーケストラのものとも微妙に違う。
何が違うんだろうって思っていたら、ブレスが違うの。
合唱は息を合わせること、特に歌い始めの前のブレスが命。
指揮をするときにはブレスをあわせるような指揮をすることが何よりも大事。
だから息を吸うための準備のために1拍が必要。
入りの前の1拍はテンポをあらわすのと同時にブレスの合図でもある。
これは管楽器があるオーケストラも同じだと思う。

ギタマンの場合は、1拍目の入りの合図さえあれば、息を吸わなくても入れちゃう。だから指揮が全然違うの。
いや~、カルチャーショックだったわ。
あ、もちろんブレスの指揮をしている部分もあったけどね。

合唱ではsuwanはソプラノ。
今日はたまたまコーラス隊の右端の位置で、すぐ右隣にはクラリネットがいた。
約30分の組曲のうち、コーラス隊の歌うのはラストの5分くらい。あとは着席しておとなしく聞いている。
クラリネットは管楽器だから、息の使い方などのテクニックは歌い手と共通する項目がある。
隣で聞いていて面白かったわ~。
オーケストラの演奏って聞いていて自然と体が動く。なんというか音のひっぱりに体がつられるのよね~。
特に隣のクラリネットさんと一緒にブレスしたり、体を動かしたりして音楽を楽しんでました。(^ー^*)えへ

さて、自分の歌はというと、あまりに息が続かないのでショックをうける。マジで肺活量が少ないというか腹筋が弱すぎる。本当に衰えてしまったもんだ。
音を長く伸ばせないのが辛い。
しかも録音聴いてみたら全体的に声がフラット気味。あかんなぁ。(>_<)

だけど、日本語の歌詞で裏声で歌うのって、ゴスペルを歌うのと比べると楽~。
暗譜も全然怖くないし。

2月20日が終わったら、ラピュタのサントラ買お~っと。

「洋子はそっと目を閉じた・・・」

先生に部屋取りをお願いして、6時からUさんと二人で2月20日のための自主練。
今回、2月20日には土曜7時クラスからは残念ながらUさんと私の2名しか参加できない。
さみしい。。。でもその分、二人でがんばりまっせ!

2月8日の強化練習に出られなかったので「Do you know him」の動きや「Worship the lord」の発音、当日の衣装などを教えてもらう。
一度「Worship the lord」を二人で歌ってみるが、まぁ、この曲は勢いで歌っとけばいいかということで終了。
とにかくあとは歌詞を覚えるのみ。(これがsuwanにとって一番むずかしい…)

その後二人で腹式呼吸と地声で高い音を出す練習をしてみる。
腹筋を使えば高い音でもでるはずなんだけど、いきなりはうまく出せない。
そこで、合唱のときにやっていた腹筋アタックを使った発声練習をゴスペル式でやってみた!
おおお~~~~~!高いドまで地声で出たぁぁぁ~~~~~!!
Uさんの声もかなり大きくはっきり出ている!
やっぱり腹筋と息の流れがポイントか。

声を出す練習ということで久しぶりに「Soon and very soon」を歌ってみる。
ソプラノのUさんとメゾのsuwan。
もうびっくりするくらい声と息がぴったんこ合ってて歌ってて気持ちよかった~♪爽快!

7時からは通常レッスン。
まずは先生とピアノのぎんちゃんに感謝の気持ちをこめて、全員からチョコを贈る。
早速食べてるし(;^_^A
喜んでいただいてよかった~(^ー^*)えへ

このところ2月20日の5曲の練習に必死で、「You Are」の復習を怠っていた…(>_<)
誰だったかの名言で「一日練習しないと、自分にわかる。二日だと、批評家にわかる。三日になれば、聴衆にわかる。」という言葉がある。
もう自分でまるわかり。たはは(;^_^A
後半のフェイク部分を結局やることになったのだが、準備というか曲の聞き込みをしていなかったため、単純な掛け合いしかできないし。
も~、やっぱりちゃんと復習しとかないとだめね~(>_<)
レッスンは月に2回しかないのに…(反省)

ウィスパーヴォイスをたくさん使って歌う曲だけど、音量は大きくなくても息を出す量が多いだけに息が持たず、フレーズの最後は息も絶え絶え。音がなくなってるし(;^_^A
案の定、先生からも「もっと声出して」の指示。
さてさて、カンニングブレスをどこでしようかなぁ。

今日も盛りだくさんのレッスンだったわぁ~。
腹式呼吸の確認から始まり、R18指定(?)テープを聞き、本場のゴスペルのビデオ視聴。(あれ、一部ゴスペルに関係ないものが…)

部屋で自主練習

2月20日の「The Gospel」で歌う曲は全部で5曲。
そのうち全体演奏の2曲は練習をほとんどしていないため
歌詞をなかなか覚えることができない。(T_T)
しかも英語の韻を踏んだ歌詞が並んでて、ややこしいのなんのって。全然覚えられん。

まずはパソコンに音符を入力して音をとる。
あれ・・・まちがって音をとっていることを発見(;^_^A
よかった~。気づいて。

次に英語の発音の確認。分からない単語をネットで調べる。
ちなみにお世話になっているサイトはココ
SPACE ALC

さらに今日便利なサイトを2つ発見!掘り出し物よ~!
英文を一気に発音記号に変換できる!
テキスト/発音記号変換フォーム
発音記号の正しい発音の練習ができる!
英語・音の素

苦手意識の強かった英語だけど、今は勉強が楽しいわ。
3つ目のサイトで発音練習の猛特訓。あごとしたが疲れた~。
けっこう発音記号の正しい発音忘れていたわ。

発音を確認してから再び楽譜に戻り、英語の下に発音記号やカタカナを記入。
そして、パソコンに入力した音符の演奏にあわせて歌ってみる。
さらに自分で歌っているのをMDに録音してチェック。
これからこのMDを毎日聞いて、歌詞を覚えるぞ~~~~~!

ハトのリズム感を大切に。

2月20日の「The Gospel」にむけての強化練習。
18時~21時の練習に、会社を18時に出て、19時ごろから参加できた。
ユカリ先生は風邪引きでお休み。(T_T)お大事に~

練習室に入ったとき、ちょうど新しい曲「Worship The Lord」の音取りが終わろうとしていた…
以前によふかしして探していたのがこの曲の原曲なんだけど、実はまだ探し当てていないのです。
あう~これは音も発音もほぼ自学自習せなあかんなぁ。(>_<)
だいじょぶかしらん。。。

続いて大大大好きな曲「Love」。
1回目に通したときはなんだかなぁ・・・という感じだったが、先生がウィスパーヴォイスの指導をしたとたん、雰囲気が見事に変わった!!
すごい~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!
今日で曲に色がついてきた。もっとニュアンスの違いの歌い分けが明確にでるといいなぁ。

録音MD聞きなおしてみると子音がばらばらだなぁ。
たとえば「goes」の最後のsがばらばらでgoessssと聞こえる。(;^_^A
「ダッッ・ラー」は次回までに要特訓。
最後の「To Love」の伸ばしはウィスパーで歌った方がいいかな。

続いて歌い終わったときに酸欠になる「Do You Know Him」。
普段土曜のクラスでは人数に合わせてsuwanの出す声量が自然と80%くらいになるんだけど、この曲の時は何も考えずに100%ガーーーっと声を出して歌っている。
地声の発声の特訓になっていいわぁ。

「I wanna ナォゥ!」の連続はこめかみの血管がぴくぴく浮き上がりそう。(>_<)
歌い終わった後に水分補給しないと、のどがすりきれそうでござる。

先生の8beatと16beatの違いの歌い分けはやっぱり面白い!
そしてソロ部分はもう何度聞いてもブラヴォー!
めちゃかっこええーー!ぞくぞくする。(*^_^*)
次の練習までに「ッドゥッッ・ッドゥッッ・ユー・ノゥ・ッドゥ・ユー・ッドゥッッ・ユー・ノゥ・ジーズス!」を要特訓。

そしてU2の「終わりなき旅」の音取り。これまためちゃくちゃかっこいい曲である。
クラスのUさんに去年の「The Gospel」のDVDを借りて、それこそ10回くらい繰り返して聞いたおかげで、曲はすぐに覚えられた。

練習の最後にもう一度「Love」を通す。
この曲はやっぱりうまく歌えるようになりたい。
うまくなりたいです。
カレンダー
01 | 2005/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。