スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠のライブ!

寺尾先生のコンサートに行くために
朝から「今日は6時には帰ります!」宣言。

でも総局長との打ち合わせが5時から入り、
しかも途中で総局長が部長からの電話に呼び出され
打ち合わせ途中で待たされてヒヤヒヤそわそわ。
も~~~~~~~~~~~~~~!!!
早く電話終わってくれ~~~~~!!!!!(T_T)

結局6時40分に会社を出る。
そりゃあもう、駅まで髪を振り乱して猛ダッシュですわ。
ゴスペルクラスのほかのメンバーに電話とメールでやりとりし、
席を取ってもらうことに。

梅田のバナナホールには無事7時半過ぎに着く!
チケットを買って中に入り、仲間を探すと・・・
ウッキー!
一番前のど真ん中じゃないっすかっっっ!!!
うわ~、なぜかこっちが緊張するわ。

8時になり、波の音が流れてコンサート開始!!
スポットライトを浴びて浮かび上がる先生。
黒いステージに白い服だったこともあって、
光が反射してキラキラ輝いていた。

それにしても近い!近い!近い~~~!!!
さすが一番前のど真ん中!(*^_^*)
こんな場所で先生の歌が聞けるなんて…(感涙)
これだけ近いとステージからも
客席の私たちの顔がよ~く見えているんやろなぁ。

コンサートは二部構成。
一部はギターとバイオリンのデュオ「ジュスカ グランペール」との協演。
素人は1曲目って緊張して固さが出るもんだけど、さすがはプロ。
最初から安心して聞くことができました。

1曲1曲をとても心をこめて歌ってはるのがよ~く伝わってくる。
ステージ上から一人一人を見つめ、
語りかけるように歌われているので
聞いている誰もが「私のために歌っているわ♪」と
目をハートにしてカンチガイしながら聞き入る女性たち。
うう~ん。寺尾マジック!!

力を入れるところと、ふっとぬくところと。
声を飛ばすところと、トンとおくところと。
地声と裏声の切り替えがとっても綺麗やし。
言葉もすべてきれいにはっきりと聞こえる。
英語の語尾の処理もかっこええ。
さすがやなぁ。ため息。

第2部は黒い服できりりとしたお姿。
自然と体がリズムをとり、客席も一体に。

曲と曲名をすべて覚えることができなかったけど
メリハリの利いたステージ構成で
少しも飽きることなくあっという間の2時間でした。
あのラテンの曲、良かったなぁ。なんて曲やろ。
ギター弾き語りは聞いているみんなが緊張した。(;^_^A
でもうまくいってよかった。よかった。
マキシシングルの3曲は歌いこんでいるだけあって
想いがじんじん伝わってきたし~

傷を癒すだけでなく、元気を注ぎ込んでいただいて
さらに背中を押してもらった気がする。

寺尾先生、本当にお疲れ様でした。
そしてありがとうございました!!
スポンサーサイト

「What a friend we have in Jesus」音取り開始

今日のゴスペルは発声の時点で
びっくりするくらい全然あかんかった。
裏声も地声も出ない。(>_<)
ようやく声が出だしたのが30分経過後。
レッスンは60分しかない。
やっぱり90分は歌いたいなぁ。

寺尾先生、焼けていた。鼻がまっかっか(笑)
今日の午後、滋賀でライブをしてきたからか、
普段はおろしている前髪をあげてはって
おっとこまえ度20%UP。

「Soon and very soon」「Jesus,Oh what a wonderful child」
を軽く流し、新しい曲「What a friend we have in Jesus」
の音取りに入る。
ああ~、もっと時間がほしい~。
Amazing Grace

でも今日のレッスンで一番学んだことは
スパイダーマンは1も2も絶対に見ること!!
(でもやっぱり今日も全部借りられていたんだよなぁ)

レッスン2倍!

今日は待望のゴスペルの日!!
1ヶ月ぶり~~~~~(T_T)
本当に待ち遠しかった~~~~~!!!

1週間前まで咳がでていたから
声がちゃんとでるかどうか心配だったけど
レッスン始まって20分ほど経ったら声も出るようになりました♪

合唱では裏声で美しく歌うこと、ハーモニーを大事にしてきた。
ゴスペルは地声でのびのびと歌っている人が多い。
地声で歌ったほうがいいのかなぁ。

今のパートはメゾなので、地声でも十分歌える。
今日は試しに裏声で歌ったり地声で歌ったりしてみた。

裏声で歌っているときは周りの人と声を合わせやすい。
地声で歌っているときは断然大きな声が出る。
どっちがいいんだろう・・・

今日の寺尾先生はいつも以上にテンション高くって面白かった~!
いつも少しでも私たちがわかりやすいように
「鳥羽一郎のように」とか「長谷キョーのように」とか
寺尾先生独特の例えを使って笑いをとりながら話をしてくださる。
わかりやすいのかわかりにくいのかビミョーだが(;^_^A

今日はちょびっと寺尾先生がアドリブで歌ってくださった。
かっこええわ~(はーと)
裏声、めっちゃきれいやし。(うっとり)

先生のコンサートが7月26日にあるんだけど
月曜日なんだよなぁ・・・(>_<)
梅田かぁ・・・
行きたいなぁ・・・

レッスンが終わって外にでると雷鳴が!
でもおかげでうれしいオマケがありました♪むふふ。

Joint Concert

今日は大学の後輩たちのジョイントコンサート。
仕事をなんとしてでも早く終わらせるよう
出勤時にコンビニでお弁当を買っていって
昼ごはんを10分で済ませて仕事にあたる。

今日の私は1時間おきに仕事の段取を組みなおし、
とにかく朝からバリバリ仕事してました。
毎日これくらいの集中力で仕事したら
もんのすごいとおもうわ。

おかげで6時前には会社を出る。
尼崎のアルカイックホールに入ると
ちょうど後輩たちのステージが始まるところでした!
ぎりぎり間に合って良かった~。

もう部員で顔も名前もわかる人がひとりもいないけど
今年は12月に第40回の記念コンサートがあり
OG合同ステージに乗ることにしました。
再び合唱で先輩後輩たちと歌えることをうれしく思う。

5つの合唱団の合同ステージは
加藤直作詞、青島広志作曲のシアターピース「星からとどいた歌」
シアターピースとは動きを伴った合唱作品のこと。
おもしろかった~

ウィットに富んだ青島先生の作品は個人的に好きで、
高校時代に「マザーグースの歌」の指揮をしたことがある。

今日の客演指揮の西牧潤先生は
大学時代に合唱指揮の講習会で指導を受けたことがある。
うわ~なつかしい~
というわけでいろんな意味で楽しむことができました。
カレンダー
06 | 2004/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ライブInfo






最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
プロフィール

suwan

  • Author:suwan
  • ★中学~大学:女声コーラス一筋
    ★高校&大学:合唱指揮にハマル
    ★仕事に集中するため歌STOP

    ★2004年5月:封印を解き、Gospelの世界へ足を踏み入れる!
    ★2004年12月:大学OG合唱団に参加。合唱団佐保スタート

    仕事の合間をぬってあちこち出没してます。見つけたらお気軽に声をかけてくださいね!
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。